あんころ猫 さん プロフィール

  •  
あんころ猫さん: 40歳から始める八光流柔術〜あんころ猫の手〜
ハンドル名あんころ猫 さん
ブログタイトル40歳から始める八光流柔術〜あんころ猫の手〜
ブログURLhttp://ankoroneko.blog115.fc2.com/
サイト紹介文ゆるゆる武道ともくもく読書の毎日をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供534回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2014/04/15 10:43

あんころ猫 さんのブログ記事

  • 英語の多動力
  • 英語の多動力著者 : 堀江貴文ディーエイチシー発売日 : 2018-08-09ブクログでレビューを見る?実践あるのみのホリエモンの英語学習法は非常に説得力があります。また何人もの英語学習に関するインタビューも非常に参考になりました。面白かったです。 [続きを読む]
  • E=mc2のからくり エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか
  • E=mc2のからくり エネルギーと質量はなぜ「等しい」のか (ブルーバックス)著者 : 山田克哉講談社発売日 : 2018-02-15ブクログでレビューを見る?非常に有名な公式である<E=mc2>では、これが一体どういう意味なのかと言えば正直よくわからなかった。この本ではその謎をとても丁寧に解き明かしてくれます。基本的な物理学から始まり量子学までの解説がとにかくわかりやすいうえに無茶苦茶面白い!全てを理解できたわけではないけど [続きを読む]
  • お金2.0 新しい経済のルールと生き方
  • お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)著者 : 佐藤航陽幻冬舎発売日 : 2017-11-30ブクログでレビューを見る?2章ぐらいまでは内容的には普通かな、と思ったが3章からは凄く面白い内容でものすごくひきつけられました。「お金」とは一体何なのか?IT時代の今、お金やお金を生み出す仕組みについて知っておきたい事が書かれています。非常に面白かった。おすすめです。 [続きを読む]
  • 紫月香帆の厄除け風水
  • 紫月香帆の厄除け風水著者 : 宝島社発売日 : 2012-05-18ブクログでレビューを見る?風水って気にしすぎると面倒くさいというイメージがありましたが、この本はどれも実行しやすいものばかり。単純に言えば、丁寧な暮らしを心がけましょうということなんだと思います。参考になりました。 [続きを読む]
  • 身心一如のニュー・カウンセリング
  • 身心一如のニュー・カウンセリング著者 : 伊東博誠信書房発売日 : 1999-06ブクログでレビューを見る?カウンセリングというと言葉だけのやりとりを思い浮かべるが、人間というのはもともと心身一如。心と身体の両方からアプローチしたものがニュー・カウンセリングで、どちらかといえば身体からのアプローチがメインのようです。著者自身は58歳からヨガを始めたそうだ。一般的には遅いスタートとも言えるが、その年からでも身体が [続きを読む]
  • 3つの鍵の扉: ニコの素粒子をめぐる冒険
  • 3つの鍵の扉: ニコの素粒子をめぐる冒険著者 : ソニア・フェルナンデス=ビダル晶文社発売日 : 2013-11-04ブクログでレビューを見る?少年ニコの冒険物語。難しいイメージがある量子論をストーリ仕立てで優しく説明されています。読みやすいですが、小説としての内容はちょっと物足りないかな。量子論についてももう少しわかりやすい説明があると良かったかなと思いました。 [続きを読む]
  • ゼロトレ
  • ゼロトレ著者 : 石村友見サンマーク出版発売日 : 2018-05-11ブクログでレビューを見る?ゼロトレとはいったい、と興味をもって読みましたが書かれていることは非常に基本的な事。多少でも身体について学んでいる人にすればあまりにもシンプルな内容でゼロトレ=姿勢を良くする、という以上の情報は入ってきません。この程度、と感じるほどの中身ですがこれはおそらく本自体の「ねらい」なんだと思います。著者のプロフィールを見る [続きを読む]
  • 血流がすべて整う食べ方
  • 血流がすべて整う食べ方著者 : 堀江昭佳サンマーク出版発売日 : 2017-12-27ブクログでレビューを見る?前作を読んだ時も感じたが、血流は本当に大事だと思います。そのためにも食の改善は絶対、欠かせない。全体を通して、あれはダメ、これはダメ、あれしろ、これしろ、といった表現はいっさい無くとてもやさしい文章です。昆布や海藻を消化する能力は世界でも日本人だけ、という話はびっくり。これ、本当なら非常に興味深いです。 [続きを読む]
  • 「脳が不快なこと」をやめれば健康になる
  • 「脳が不快なこと」をやめれば健康になる著者 : 石川陽二郎サンマーク出版発売日 : 2018-06-19ブクログでレビューを見る?脳の扁桃体に注目した内容。 「病気のない生活が健康的である」というのは錯覚であるという話はまさに!と納得です。 「がんが身体にやさしい」という言葉はそれだけ切り取るとえっ!と思いそうだが、その言葉の真意は本を読めばわかるし、とても腑に落ちました。大変為になりました。これは読んで損はない [続きを読む]
  • 死ぬこと以外かすり傷
  • 死ぬこと以外かすり傷著者 : 箕輪厚介マガジンハウス発売日 : 2018-08-28ブクログでレビューを見る?カリスマ性を持った行動力を持った著者の言葉は非常に刺激的。納得出来ないところもあるけど、心に深く刺さる言葉も多かった。「動け、動け」成功するための法則は、もしかしたらこれ一つだけかなのかもしれません。 [続きを読む]
  • 面白くて眠れなくなる解剖学
  • 面白くて眠れなくなる解剖学著者 : 坂井建雄PHP研究所発売日 : 2017-05-25ブクログでレビューを見る?解剖学は医療に携わる人なら誰でも勉強しますが、実際に死体を使って解剖を学ぶ経験出来る人はごく一部。この本はそんな人体解剖についていろいろな事がわかります。はじめて聞く話が多く、とても勉強になりました。 [続きを読む]
  • 死んだらどうなる
  • 死んだらどうなる著者 : 石原結實ビジネス社発売日 : 2018-05-22ブクログでレビューを見る?健康本を沢山書いている著者ですが、今回の本はちょっと毛色がかわって「気」や「霊」のはなし。気=電気という仮説は興味深いし、おおよそ外れていないのではという気もします。この手の本は怪しげに見られがちですが、数多くの著作があり、医学博士である著者が書くことで説得力が出てきますね。面白かったです。 [続きを読む]
  • MINDSPAN 脳老化は食で止められる
  • MINDSPAN 脳老化は食で止められる著者 : プレストンW.エステップⅢ文響社発売日 : 2018-04-27ブクログでレビューを見る?最近は炭水化物を悪者扱いにした本が多いが、この本は逆。白米やパスタなどは身体に良い、という持論で書かれている。納得できない部分もあるが、読み進めていくとなるほどと思える部分も多く興味深い内容でした。この本で一番の悪者は「鉄分」この辺り、今後もう少し詳しく知っていきたいですね。 [続きを読む]
  • プチ哲学
  • プチ哲学 (中公文庫)著者 : 佐藤雅彦中央公論新社発売日 : 2004-03-01ブクログでレビューを見る?非常にさらっと書かれていますが内容はとても深く、読みながら脳細胞がとても刺激されます。イラストも可愛く、見て読んで楽しい本です。 [続きを読む]
  • 優しいのに無敵
  • 優しいのに無敵著者 : Dr.スティーブン・トルドーサンクチュアリ出版発売日 : 2017-04-11ブクログでレビューを見る?著者自身の経験をもとに書かれている内容は言葉の一つ一つに重みがあります。「優しいのに無敵」というタイトルもいいですね。 [続きを読む]
  • 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事
  • 世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事著者 : 津川友介東洋経済新報社発売日 : 2018-04-13ブクログでレビューを見る?食事に関しての本は主張がみな違うので何を信用するべきか難しいところだが、この本はエビデンスが高いので信用性はある気がします。とはいえ、現時点での食の常識が数年後にひっくり変えることもあるので鵜呑みにはできませんが。この本ですすめている食事はおおむね今の私の食事法と近いので共感出来る [続きを読む]
  • 「デキる人」の脳
  • 「デキる人」の脳著者 : ノア・セント・ジョン三笠書房発売日 : 2009-07-07ブクログでレビューを見る?うわべだけの成功法則ではなく地に足をつけた成功法則の本という印象。「時間がない」という言い訳は通用しない、という話が何度も出てきますがこれは本当に同意です。時間というのは増えるものでも減るものでもなく誰でも24時間平等にあるものです。単純に時間の使い方と意識の問題ですね。 [続きを読む]