迷えるオッサン さん プロフィール

  •  
迷えるオッサンさん: いたたた・・タイ
ハンドル名迷えるオッサン さん
ブログタイトルいたたた・・タイ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hsm88452
サイト紹介文チェンマイ在住もうすぐ10年、ブログ暦8年目。変化を求めてランキングに参加しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/04/15 11:05

迷えるオッサン さんのブログ記事

  • インドネシアのマナド美人
  • ●先日バリ在住のねえねさんより「インドネシアではスラウェシ島のマナドが美人の産地として有名で、メナード化粧品のメナードはマナドからとってるらしいです」とのコメントがあった。ン!これは格好の好奇地理博物誌のネタになるナと直感した!!!               ?ちなみにインドネシア人とマレーシア人は同一語族のマレー民族でともにイスラム教徒であるが、私のマレー人像は3年前に行ったペナン島で見た印象が強 [続きを読む]
  • タイは斎食(キンジェー)ウィーク
  • 昨夜コーヒーのこぼれ汁が固まってカメラの画面に付着、タオルを水に濡らして拭き取ったのだが、再び「電源を入れなおしてください」が始まってシャッター画面が作動しなくなった。したがって本日の画像は昨日昼までに撮ったモノである。■昨日プールから帰ると大家さん「今キンジェーだから観音様のお寺(中国寺院ー写真)でタダでご飯食べれるよ・・タンブンに20バーツあげればイイ」というので、いつもの昼ラーメンを止めて行 [続きを読む]
  • カリブ海南北の蘭領アンチル列島
  • 先日9日に仏蘭共存のセントマーチン島を書いて、おおそうじゃ次はカリブ海のオランダ植民地にするかと予告したものの連続先送り・・待ってた人はほとんどいないとは存じますが、お待たせいたしました。                               拡大可↑■最初に地図で位置を確認するとカリブ海が大きく大西洋に湾曲して半円状に張り出した部分に小アンチル列島があります。ちなみにカリブ海の島々は一般的 [続きを読む]
  • 復活!!!アササン写真「四季混沌」
  • ■先週の4日からカメラが作動せず、こりゃあ奥様来タイの来月下旬まで自撮り写真掲載はパーだナと嘆息!自撮り写真不用の「好奇地理博物誌」の連作を書いてきた。しかし、この間アササン時には未練がましく毎日カメラを持参 ・ ♪もしかしてもしかしてだけどと〜と万が一の奇跡到来を待っていた・・・。それが昨日その奇跡が起こったのである―いつもの「電源を入れなおして下さい」に従ってボタンを押すとカメラが作動!!!−こ [続きを読む]
  • 世界最富裕の海上帝国だったオランダ
  • ×昨夜地図作成後少し書いて寝たのだが、昼寝後続きを書くかと開けてみれば「重大なエラーが発生」との警告ですべて消滅!!!Microsoftのクソ野郎奴!!!!!・・・何書いたか思い出せんよ・オヨヨヨヨ・・号泣!!!!!!! ン!地図を見たら少し思い出してきた「前回、仏蘭共存の植民地セントマーチン島を書いたが、中心はオランダ領のシントーマルテンだった」。でカリブ海には外にもユニークなオランダ領の島があるのを思 [続きを読む]
  • 仏・蘭分断のカリブ海植民地SM島
  • ●一昨日から再びカメラが「電池を入れなおして下さい」と作動しなくなった・今日で3日目・・これは諦めるしか無さそうだ。ツーことは奥様が来タイする11月下旬までは自撮り写真ゼロとはかなりキツイ・・アササン記事外かなり影響大である。                               拡大可↑■でPCの待ち受け画面に出ていた上の写真が気に入って拝借、件の「好奇地理博物誌」でもやるかとなったが、例によ [続きを読む]
  • タイのカエル養殖とカエル料理
  • ■先日雨季は終わって「秋休み」に入ったと書いたが、昨日は大雨でわがジャングルを周回する道もご覧のように水浸しとなった。そういえば昨夜来たPがピン川がテムタン(満タン)で、今にも溢れそうよナムツワム(洪水)になるかも・と言っていたナ。■しかし、本日はくっきりと晴れて・・わがジャングル横丁のシンボル・ワットサンパリアンもご覧のような雄姿を屹立していた。■田んぼの養魚池に行くと珍しく沢山の人が居た。どう [続きを読む]
  • ジャングル新居の女優とタイ映画「メナムの残照」
  • ■4月だったか“消滅寸前「私のジャングル」”という記事でわがジャングルが伐採されて売地が増殖中と「ジャングル消滅マップ」を作製したことがあったが、あれから5ヶ月その第1号新宅が完成間近である(上写真)。あの新宅には一体誰が住むねんと大家さんに聞くと有名な映画女優が越してくるというので俄然興味をひかれた。■聞けば大家さん家の娘エイコちゃんと同学年のリス族出身の女優リッチーさん(写真24歳)で、4年前「メナ [続きを読む]
  • 「秋休み」に入ったタイと蒼井そら
  • ■昨日は朝から昼過ぎまで大雨・・こりゃあプールは無しだなと諦めてたが、昼寝後3時に起きると晴れ出現!!!たまには午後から行って見るかとプールを覗くと子供がいっぱい・・その中に入ったが直ぐに子供にぶつかって右往左往!!!今日は土曜日かあ・・ははーん!タイは「秋休み」に入ったか?と観念した。タイの学期休暇(ピットツーム)は2回、うち学年末の3・4・5月までの3ヶ月間がピットツーム・ヤイ(大きい休み)と呼ば [続きを読む]
  • 甘いパプリカと苦いピーマン
  • ■私が今ほぼ毎日ラオ酒(チェンマイ焼酎)のアテにしているのが、写真の生パプリカ(黄ピーマン)とムーデーン(赤豚燻製肉)の無添加サラダである。ムーデーンはキロ100バーツ(350円)、パプリカはその日によって差があるが2個で20〜40バーツほどで、一週間でムーデーン一袋(1キロ)、パプリカ4個ほど食している。■私がパプリカを食べるようになったのはチェンマイでYさんと会ったことが大きく、最初はわが家で作ったYさんの [続きを読む]
  • 中秋の満月ですタイ
  • ■昨夜は「中秋の名月」だったようで、ブロ友あるくさんも素晴らしい満月を撮っていた。私はついつい万葉集だったかなんだったか沢山の月を並べた名歌「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」を思い出してパクリコメしたが・・、誰の歌なんだろう?と調べると            「詠み人知らず」であった。■今朝は寝坊して6時過ぎに散歩に出たが、上写真は2枚ともそこで見つけた西空の満月であるが、見る見る浅雲 [続きを読む]
  • ♪宗右衛門町ブルース今昔
  • 宗右衛門町ブルース(作詞 平和勝次 作曲 山路進一1972年)YouTube→https://youtu.be/Hd8niB-e9y8(平和勝次とダークホース)きっと来てねと 泣いていたかわいあの娘は うぶなのかなぜに泣かすか 宗右衛門町よさよなら さよなら 又来る日まで涙をふいて さようなら街のネオンも 消えてゆくうぶなあの娘も 消えてゆくなぜかさびしい 宗右衛門町よさよなら さよなら うしろ姿も夜霧にぬれて さみしそういちょう並木に 春が来る君に [続きを読む]
  • ピン川用水のドブさらい余談
  • ■いやあ前回の「ブードゥー教とゾンビの国?ベナン」豪華2本立て劇場は想定外の不入りであった。更新記事アクセス数を見ると通常2日目には100を超えるのだが、今回は最高60と激減、100を切ったのはいつだっけと調べてみると8月28日の「京都盆地の『巨椋池』の消滅」以来だが、あの時は84だから60とはおそらく今年の最低記録ではなかろうか。てな訳でいささかやる気を削がれ、一日サボった3日目は総アクセス数も300を割り込むなど [続きを読む]
  • ブードゥー教とゾンビの国ハイチ✚ベナン
  • ■前回「最貧国ハイチと泥のクッキー」で上記のような8年前に更新した「ハイチ5連作」を列挙、 すれば閲覧可として紹介した。・・ンで、読者が したのは最初の?「フランス一豊かな植民地」が多く,?以下の記事 は少なかった。しかし、この中で一番面白いのは?の「ブードゥー教とゾンビの国」でまさに“好奇地理博物誌”にピッタリの記事であるが、ぜひ皆様に再読して頂こうと「ブードゥーとゾンビの国ハイ [続きを読む]
  • カメラが直った蟹・トッケイ・Yさん写真
  • ■先日デジカメの調子が悪く、電源を入れる度に「電源を入れなおしてください」のエラー表示が出るとして「昨今の日本製品の劣化は目に余るものがある」と糾弾したところ、読者somtamさんより貴重なアドバイスを頂いた。★「そのエラー表示は8割くらいの確率で原因はズーム・レンズの微細なゴミだと思います。なるべく細かい歯ブラシか、タイの例の先の尖りに尖ったツマ楊枝を用意して、電源を入れます。続いてカメラを下向きに [続きを読む]
  • 世界最貧国ハイチと「泥のクッキー」
  • ■本日プールにYさんが来訪、ご飯食べに来ましたとのことだが、SPプールの一人泳ぎは退屈らしく・話し相手に飢えてた様子であった。早速テニスの話、全米オープンで勝った自国のジョコビッチそして大坂なおみ・・「大坂、新聞―日本のことばかりでお父さんハイチ人でしょ!ハイチのこと何も出ていません」とYさん.「お母さん日本人です・それにハイチはビンボーですから子供は日本を選択するのが当然、Yさんが日本人と結婚したら [続きを読む]
  • 朝顔とどぜう鍋✚セリーナ漫画
  • ■日本最高齢ブロガー紫蘭さん(94歳)のブログについては以前「人肉響食とカーニバル」・「酒は飲むべし百薬の長・・」の2回にわたって引用記事を書いたことがあるが、今回の「朝顔とどぜう鍋云々・・」は3回目になる。つまり紫蘭さんの近作「秋の七草②」の中で,桔梗を万葉集では「朝貌(あさがほ)の花」と呼んで秋の七草の一つに数えられていたとの記事を見たのであるが・・。ふーん昔は桔梗を「朝顔」と言ったのかと思いつ [続きを読む]
  • 911忌と朝焼け夕焼け
  • ■本日は911忌・・2001年ニューヨークの同時多発テロ日だが・ブッシュが怒り狂ってアフガン・イラクに侵攻,〜あれから17年・アメリカは非常識の極みトランプ時代・世界は今破滅の途中に見えて仕方がない。対して日本は311・・・東日本大地震&大津波&チェルノブイリ超の原発事故〜以来御岳山噴火や熊本地震・北海道胆振地震のブラックアウトなど、天災・人災を交えた経験したことのない大型台風や殺人的猛暑・豪雨災害が繰り返さ [続きを読む]
  • 大阪なおみ全米オープン優勝
  • ■スポーツ好きなら何と言っても本日最大のニュースは、大阪なおみの全米オープンテニス優勝だろう、特に世界最強女セリーナWに圧勝して日本人初のグランドスラム(4大大会)初優勝は、お見事あっぱれと言う外に無い。試合の中身については私の出る幕ではないが、勝って喜ぶ大阪選手のお母さん(環=たまき)を撮ったバンコクポストの写真があったので、日本人離れした大阪選手の家族についてミーハー風探索記事を書いてみようと思 [続きを読む]
  • ワーイナム200km達成✚バイク故障
  • ■昨日ワーイナム(水泳)の年間キロ数が200kmに到達した。で記念に撮ってもらおうと受付兄ちゃんにポーズをとっていたら・・そこへ突然マドンナ様がご乱入!左のツーショッ写真実現と相成ったのである。大学院に通うマドンナ様は明日帰国されるようで、先日のパーティでメーテン僧B氏に依頼された書籍を渡してほしいとのこと・・なお、ご研究の方は大きな成果があったとの話であった。それはさておきワーイナムだが5月6日に100k [続きを読む]
  • タイ語の下着はブラジャーだけ???
  • ■前回の「新カースト云々」は折角のマドンナブームに水をぶっ掛けるようなシラケ記事だったようで、特に女性はドン引!ナイス・コメントは激減した。「AI化の加速する現代、格差社会はさらに拡大して新カーストが固定化、下々の未来は夢もチボーもない」との屁理屈記事が支持される訳無いなと反省した次第である。              下着姿のオッサン反省すると即変わり身が早いのがオッサンブログの特徴だが、本日は昨 [続きを読む]
  • 新カースト化の加速する現代世界
  • ■先日ネットで「シリコンバレーで加速する『カースト制度』の真実」(上図)という記事をみていささか衝撃を覚えた。曰く世界最先端テクノロジー都市であるサンフランシスコのシリコンバレーで「新しいカースト制度」の固定化が進行中で、明日の日本や世界モデルとなるやも知れずの懸念を感じたのである。「新カースト」の懸念を指摘したのはFacebook創業の起業家で現ベストセラー作家のA.G.マルチネスで、カーストはジョージ・オ [続きを読む]
  • マドンナ家でのスキヤキ&ワインパーティー
  • ■昨夜はマドンナ家でのスキヤキ&ワインパーティーがあった。パーティの表向きの趣旨はマドンナN子さんの学術研究のための参考人聴取で、遠くメーテン山から呼ばれたボランティア老僧B氏と  70代の子作り名人「リスっ子の旦那」の2人をメーンに、旧知の食客外人Yさんおよび料理人役のオッサンの5人が参加した。料理はいつもならYさんが作るハンガリー料理グヤーシュの予定だったが、Pに昨年のオッサン誕生日に作ったグヤーシュ [続きを読む]
  • マドンナ様御帰還とカミラカベロ
  • ■前回の「妹への虐待と怖い怪猫」はちと暗すぎる自虐ネタで不快に感じられた方も多々いるのではと反省している。で暗い話の次は一転パッと明るく行きたいもんだが・・先週19日マドンナN子様よりチェンマイご帰還の一報あり、先日5年ぶりに再会した件を書かずばなるまい。でマドンナ様とは誰ぞやであるが私がジャングルアパート以前に住んでたDマンションの伝説の女神で、長い黒髪が印象的な大和撫子(写真)であるが、英語・タイ [続きを読む]
  • 妹への「虐待」と怖い怪描
  • ■写真を見てオヤ!「今日はいつものアササン」かと思った人も多いだろうが・然にあらず、少し深刻な話である。先日ブロ友ぼそっとさんのブログでお母さんから虐待されてきたぼそっとさんがその捌け口を9歳下の弟に向けて虐待してきたことを告白していた。それを読んでふと4つ下の妹を思い出し「妹は思春期の頃に受けた私からの虐待を共に70歳過ぎた未だに非難されています・・おそらく死んでも許してはくれないでしょう。」とコメ [続きを読む]