迷えるオッサン さん プロフィール

  •  
迷えるオッサンさん: いたたた・・タイ
ハンドル名迷えるオッサン さん
ブログタイトルいたたた・・タイ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hsm88452
サイト紹介文チェンマイ在住もうすぐ10年、ブログ暦8年目。変化を求めてランキングに参加しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2014/04/15 11:05

迷えるオッサン さんのブログ記事

  • 白菜漬け&夢の寒波襲来
  • ■今朝の気温は15℃、久しぶりの冬日で朝市へは薄手のセーターを着て出かけたが、バイクの風が肌寒かった。実は昨日も17℃と低く前日隣の料理人O氏が白菜を買い込んでいたので、待ってましたと私もムンマイ市場に出かけたのである。白菜は10キロで100バーツ(300円)、去年より20バーツ安く、日本では白菜一個の値段に等しい安値で、これが私がチェンマイにこだわる大きな理由のひとつである。上写真は白菜を2つ切りにして2階の宴 [続きを読む]
  • “愚や愚や汝を如何にせん“
  • 1年ビザの更新が近づいてきたので年金支給証明書をもらいに日本領事館へ出かけた。今年から奥様が65歳の年金支給年に入るので私の年金に加算されていた奥様分の「加給年金」が停止になり、私の年金は 20%以上の大幅減収となっている。加えて今年は、母の逝去や法事、目の手術もあって3度も帰国したため出費は急増したが、預金取り崩しで補填したこともあって減収の実感には乏しかった。で本日もらった年金証明書を拝見すると・・ [続きを読む]
  • ♪「赤い橋」とイムジン河
  • ●赤い橋(作詞:北山 修;作曲:山本幸三郎 1971年)YouTube→https://youtu.be/TUBrQqDvaHw不思議な橋が この町にある渡った人は 帰らない昔、 むかしから 橋は変わらない水は流れない いつの日も不思議な橋が この町にある渡った人は 帰らないいろんな人が この町を出る渡った人は 帰らない赤く赤く 塗った橋のたもとには赤い赤い花が 咲いている不思議な橋が この町にある渡った人は 帰らない不思議な橋が この町にある渡っ [続きを読む]
  • ジャングル・キャットと枯れ木花
  • ■ジャングルは見飽きない。10月初めに窓側に机移動して以来毎日眺めるジャングル景観であるが、異国暮らしを実感する緑の木々の圧倒的な生命力に癒される日々である。■怪鳥・鵺(ヌエ)で紹介したオオバンケンともほぼ毎日遭遇、ホエ〜ホエ〜と気色悪い声を立てている。■そんなある朝、裏のジャングルが見える台所で朝食を食っていると密林の中に黒いジャングルキャットを見つけた。慌ててカメラを向けたが逃げることなく私を鋭 [続きを読む]
  • 人肉響食とカーニバル
  • ●この記事は12月7日17時10分に投稿したのだが、「確認」は出来るが、何回やっても「エラーが発生しました」と表示されて記事の投稿ができない。投稿のみでなくコメントもトラバ承認も一切不可・後で回復することもあろうとヤフーブログに抗議を込めてメモした次第である。●翌日12/8(金)朝5〜6時なお不可なれど7時突然14時間ぶりに投稿完了???・・・とまれホッと一息 確かねえねさんから紹介さ [続きを読む]
  • ♪再掲「お山の杉の子」と亡父
  • ●どうもやる気が失せている。ブログも今一つ乗らない。こんな時は放っておいてもイイのだろうが・・再掲記事にするかと昔の歌書庫を見てたら「お山の杉の子」を見つけた。 ♪お山の杉の子(作詞・吉田テフ子 作曲佐々木すぐる 1944年)YouTube→ http://www.youtube.com/watch?v=O9ZAqgdrN3A ① 昔々のその昔椎 の木林のすぐ傍に 小さなお山が あったとさ あったとさ 丸々坊主の禿山は いつでもみんなの笑いもの 「こ [続きを読む]
  • 籠の鳥「トンガリノック」
  • もう12月かあ・・11月終わり頃まで寒い日本にいたので生温いチェンマイの冬は実感に乏しい。天気予報を見ると来週の6日(水)あたりから寒波襲来で最低気温は11〜12℃に下がるようで、それを待って白菜漬けを仕込もうかと考えている。尤も最高気温は25〜26℃と日本から見れば真夏日であるが・・。■ところで本日は特に書くようなこともないなあ〜と窓の外の景色を眺めていたら200mくらい離れた向かいの家の屋根の上に沢山の鳥が群 [続きを読む]
  • 大家さん4ヶ月ぶり「6本足」で帰宅
  • ■チェンマイはご覧のような好天なのでプールへ行った・・といっても目の手術の関係で年内は水泳禁止。Yさんかmo-100さんでも誘って昼飯でも食うかと10時過ぎにやってきたのだが、ご覧のようにだ〜れもいない。Yさんがプール休むのはマイサバーイで寝込んだ時くらいだがと帰途アパートへ寄ってみたが不在???。気温29℃暑くはない・・水泳がダメなら日光浴を兼ねてリハビリのスロージョキングでもやるかと海パンに着替え、プール [続きを読む]
  • メコンを超えて帰還したが・・
  • ■■昨日夜7時チェンマイに帰還した。今回の旅は富士山や「天空のピラミッド」鳥形山など空からの絶景に遭遇したが、タイ帰還時も空から悠久の大河メコン川が撮れたので紹介する。日本からのタイへの空路は南シナ海からベトナム・ラオスを経てタイのイサーンからバンコクに入るが、何と言ってもチベット高原に発して東南アジアを縦貫、タイとラオスの国境を形成する大河メコン川(全長4025km)の印象が強く、大地を這う巨大な白蛇 [続きを読む]
  • ♪「氷雨」発祥の百島
  • ♪氷雨(作詞・作曲・とまりれん 歌・日野美香 1982年)YouTube→https://youtu.be/Lki3dPFoXpQ飲ませて下さい もう少し今夜は帰らない 帰りたくない誰が待つと言うの あの部屋でそうよ誰もいないわ 今では唄わないで下さい その歌は別れたあの人を 想い出すから飲めばやけに 涙もろくなるこんなあたし許して下さい外は冬の雨まだやまぬこの胸を濡らすように傘がないわけじゃないけれど帰りたくないもっと酔う程に飲んであの人を [続きを読む]
  • 閑古鳥商店街「ハレ祭り」
  • 前回の「閑古鳥商店街の人気店」は好評だったようだが、昨日午後3時過ぎだったかヤフーブログアクセス数が200から突如11に激減した!。明らかなヤフー不具合であるがその後も直る様子がないので不愉快、コメント欄に「●Yahooさんブログ・コメント集計が壊れているようだけどいったいどうなってんの 」と書いて早めに寝たが、起きてみたら直っていた。で本日は朝から「氷雨」・・術後禁酒6日目だ [続きを読む]
  • 閑古鳥商店街の人気店
  • 術後4日目・右目はまだぼやけている。しかし、寒い・・昨日も今日も3℃である・・チェンマイじゃあタイ最高峰ドイインタノン(2565m)まで上らないと味わえない寒さで、Pを始め熱タイ人はさぞや羨ましいことだろうナ!。■ところで奥様の住むこの街もあと僅か・・奥様は本日休暇を取ってこの寒空テニスに行っているが、私は暖房下でブログ作業中・・突然ドアが開いて息子が登場、出勤自由族で今隣りでPC作業・・会社勤めもだいぶ [続きを読む]
  • 今回の白内障手術・・少し不安也。
  • ■17日に右目の白内障手術をした。2年前の左目と同じ三井記念病院の名医赤星隆幸先生の執刀で、費用もさることながら何よりも安全第一と日本を選択したのである。ところが今回は前回とは様子が少し違うようだ。私の目の瞳孔の開きが不十分とかで手術は少し手間取ったようで、前回と違ってやや痛みを感じ終わっても良くなった気がしなかった。先生の話では術後通常は1・0程度に見えるのだが今は炎症があるので少し見づらい、しかし [続きを読む]
  • 空から見た「天空のピラミッド」
  • ■14・15の九州訪問は9月の葬儀に出席できなかった弟の美人の奥方への焼香(写真)が第一であったが、帰郷するならぜひ会いたいとポン友Mまで弟宅に来訪、Mは元料理人の腕を振るって馳走、後は飲めやうたえやの響乱パーティの果てにカラオケ屋で転倒、アタマに二個のタンコブを作ったというわけである。ポン友Mについては4月帰国時に「ケニー村上73歳の歌手デビュー!!!」として更新、その際に触れた6月のNHKのど自慢出場の話その他 [続きを読む]
  • 予告「天空のピラミッド」鳥形山
  • ♪毎日毎僕は東京で、病院通いのお爺さんだよ・・・一昨日九州の弟宅で、ポン友Mと3人で飲んでカラオケに行ったまではOKカップだったけど、帰途カラオケ屋でスッコロンで頭を強打、昨日やっとこさ東京へ帰ったんだよ。で行きつけの病院で診てもらおうと朝9時、自転車に乗ってスタコラ出かけたが、本日休診日でパー!!!でやんした。しゃあない明日行くかと昼食後いつもの昼寝、2日ぶりにブログ更新するかとPCを開いた途端に頭痛!! [続きを読む]
  • アクセス急増の謎解きでちと失礼・・
  • 一昨日の「秋色・墨田区京島界隈」を更新後アクセスが急増!!!ン年ぶりに500に到達した。はて可笑しナ?昭和の木造長屋が密集す旧スラム街区の墨田区京島はそんなに人気があるはずもないが、ひょっとして何かの間違いでは???と翌日のブログ解析を見て疑問が解けた。理由は今評判の「怖い絵展」・・もっとも私が先日紹介した「怖い絵展の一番怖い絵」ではなく以前にも当たった「セザンヌ殺人」で、私が9月に更新した旧稿「セザン [続きを読む]
  • 秋色・墨田区京島界隈
  • ■わが奥様に足が悪いからといってPCばかりで遊んでるけど・無理してでも散歩位しないとホントに動けなくなっちゃうよ・・といわれて反省、家の近くを散歩することにした。どこからでもスカイツリーが見えるこの界隈は墨田区京島といって昭和時代までは木造二階建ての棟割長屋が迷路状に密集するスラム街を形成、当ブログでも2年前の10月「墨田区京島今昔」と「続・墨田区京島今昔」の2回にわたって紹介してきた。あれから2年大き [続きを読む]
  • 秋色・墨田区京島界隈
  • ■わが奥様に足が悪いからといってPCばかりで遊んでるけど・無理してでも散歩位しないとホントに動けなくなっちゃうよ・・といわれて反省、家の近くを散歩することにした。どこからでもスカイツリーが見えるこの界隈は墨田区京島といって昭和時代までは木造二階建ての棟割長屋が迷路状に密集するスラム街を形成、当ブログでも2年前の10月「墨田区京島今昔」と「続・墨田区京島今昔」の2回にわたって紹介してきた。あれから2年大き [続きを読む]
  • 「怖い絵展」の一番怖い絵
  • ■昨日旧友に誘われ、上野公園の梅川亭で鰻を馳走になった。 12時公園口駅だったが、足元不如意のため自宅そばのバス停より早めに出て11時に公園下に着いた。上野は芸術の秋らしくゴッホや北斎・運慶その他の美術展をやっているようだったが、目についたのはこの「怖い絵展」のポスター。 「怖い絵展」と言えば開催ひと月前の9月半ばからテレビで話題になったようで、その関係で当ブログ「セザンヌ殺人と首吊りの家」にアクセスが [続きを読む]
  • Pと初めて電話が通じた「小糠雨.」
  • 昨日チェンマイのお隣さんO氏より「6日夜部屋に人有りPさんかなと思うも確認できず 問題無いですか」とのコメントがあった。たぶんPでしょうとリコメしたが、施錠して行かなかったのでちょっと気になってPにテルして確認が必要だと思った。しかし日本からPへのテルは何度かけても通じず、もう何年になるべか・・電話はすっかり諦めていたのである。電話は先ずタイの国番号66を入れ、次いでPの番号を入れるのだが、「おかけになった [続きを読む]
  • ふるさと納税と株主優待券
  • ●3日前から右肩が激痛、腕を上げることさえ不可、一昨日は痛みで悶々として寝ることも出来ない状態であった。家人はそれを見て腱鞘炎だと断定、原因は新しいPCウインドウズ10購入で神経がイラつき、潜在していたPC病が顕在化したもので、治すには第一にブログをしばらく休止せよという。娘も奥様もともに腱鞘炎の経験があり、奥様は全治3週間、友人は3年かかったと聞いて白内障に糖尿病・脳梗塞に続いて又一つ新たな老人病に罹患 [続きを読む]
  • 千里山の紅葉柿採り
  • ■娘と孫たちの住む吹田市千里山は4年前の夏に「千里山の棚田と蓮田」で紹介したことがあるが、大阪北方の低い丘陵地帯に広がる日本最初のニュータウン住宅都市であるが、その名のように千の丘と千の坂が織りなす迷路状の市街が展開している。家のすぐ裏手には千の丘の一つである小高い「愛宕山」があって愛宕神社(写真)の鎮守の森を形成している。■愛宕神社の参道には桜並木が連なり、山頂の標高は僅か54mである眺望はよく、大 [続きを読む]
  • ”天高く富士映ゆる秋”
  • ■新しいパソコンに慣れるまでは相当時間がかかりそうであるが、何とかブログ更新していく外にイイ手はあるまい。 本日は奥様と二人東京を離れ、連休を利用して大阪の娘宅へ孫の顔を見に出かけた。あまり気には乗らなかったがこれが「見納め」かもと奥様に言われそれもそうだなと従った。 右写真は東京駅の新幹線ホーム乗車待ち、新幹線も見納めかと撮ったがこの一枚でカメラがバッテリー切れ、充電ケーブルを家に忘れてきたことを [続きを読む]
  • ウインドウズ10で四苦八苦右往左往
  • 28(土)夜8時成田車椅子帰国、チェンマイ14年目で初めて奥様のお出迎えに老い先の風景が見えるような感覚を覚える。翌日さっそく近くに開店した大型電機店ノジマで、パソコンを購入。PCは香港本社のレノボ製品で価格は6・5万円。ぜっかく帰国したので本当は日本製品を買いたかったが、同一製品で10〜15万と高く手が出ない。しかし、レノボは米国IBM社を買収した世界的PCメーカーで現在では台湾のASUS社と世界低価格PC市場を2分し [続きを読む]
  • 今年はマラコーが大豊作☆☆☆
  • ■今年は台所前のジャングル畑でマラコー(パパイヤ)が大豊作である。私はタイの果物の中ではラムヤイ(龍眼)とこのマラコーが好きだが,前者は季節限定(8月頃)に対し、コチラはほぼ年中収穫可能である。しかも食べた種をプッと地面に吐き出せば勝手に芽が出てアレよアレよと成長、花が咲いてデッカイ実が鈴なりに生るってんだからこれほど手間のかからぬタイ人向きな果物はない。わがジャングルのマラコーもすべて私が食べて [続きを読む]