福崎こたろう さん プロフィール

  •  
福崎こたろうさん: デリヘル開業〜風俗の売上げを考えるブログ
ハンドル名福崎こたろう さん
ブログタイトルデリヘル開業〜風俗の売上げを考えるブログ
ブログURLhttp://fuzokup.jp/
サイト紹介文風俗経営の女子管理やホームページ制作、求人・営業広告などをまじめに考えたブログです。
自由文デリヘル開業から、風俗経営の女子管理やホームページ制作、求人・営業広告などをまじめに考えたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/04/16 15:47

福崎こたろう さんのブログ記事

  • 目先の利益を求めて、何が悪いんだジョー!!(行動経済学)
  • 戦後日本のベンチャーの父、『大川功』は言いました。本当の意味で強力な儲ける仕組みは『チャリンチャリン』。金額は大きくないけれど、細く長く稼いでいく。損して得取れ、とか、気長に辛抱強く励み利得を急いではいけない。目先の利益に目が眩むと、将来的に潰れる、というのは自分の経験からしても正論だと思います。あのAmazonだって短期的な利益を出そうと思えばいくらでも出せる企業ですが、安売りして利益を消費者に還元し [続きを読む]
  • 写メ日記の更新頻度と利用数は比例しない(いつだって市場は正しい)
  • ツイッターでは報告済みですが、20年、いや20年は言い過ぎた。それくらい続いた店が閉店。そして、後続店として再度オープンしました。予定では来年からスタートするはずだったのですが、まぁ色々ございまして、閉店理由はどうでもいいかと思うので多くを語ることはしませんが、『店を作ってきた数』も『潰してきた数』も日本でも指折りの人物になってきたかと思います。(自虐ですよ?)わたくし自身、大して成功してきた人物では [続きを読む]
  • 数字から見る女の本音と風俗求人の作り方(感情至上主義)
  • 自分は集客や求人が専門ですが、もうかれこれ15年以上もウェブの世界で活動してきました。そこにはどういった客層や女子がいて、どういう心理で、どういったことに興味が湧くということが頭に入っています。そしてサイトやブログ、広告で情報を発信し反応を見てきたので、どういうことをしたらどうなるのか、ということを予測できます。もちろん、わたくしに『生まれ持った才能』などといったミステリアスな能力が備わっていたわけ [続きを読む]
  • 優れた従業員になる。超一流になる。
  • 先日、起業志願者への出資を提案しましたが・・・。な、なんと!応募数ゼロ。。厳密にいえば、本来の趣旨と異なる応募が2通あっただけでした。まぁ自分の提案に魅力が無かったのか、採用条件が厳しく感じたか、どちらかでしょう。応募がなかったことは残念でもあり、反省でもありますが、わたくし自身も勉強にもなりました。それに今回の出資話でも、開業希望者にとっていくらリスクが限定的とはいえ、ビジネスで稼ぐことは人気な [続きを読む]
  • 2017年版 悩める風俗経営を質問から振り返る②
  • 今回のブログは、前回に引き続き『2017年に頂いた質問』の第2弾になるのですが、その前にツイッターで予告していた出資に関するお知らせです。出来る男は自分の力で道を切り開くことができます。逆に埋もれてしまっているのは、単に今までの努力が足りなかったともいえます。しかし世の中には『素質はあるけど』埋もれている。上司に恵まれず『才能を開花させる土壌』がない、なんてケースもある・・かもしれない。(まぁ確率的に [続きを読む]
  • 2017年版 悩める風俗経営を質問から振り返る①
  • 今年第1号のブログなので、何か気が利いたネタを探していたのですが、これがなかなか・・。そこで昨年、仕事やメルマガで頂いたご質問の中からピックアップした内容を2回に分けて書いて参ります。ちなみに1番多い質問は『求人について』でした。たとえば『広告プランを変えたら効果が出るのか?』『求人サイトを作ったらどうなのか?』的なことですが、利益が出た分をさらに投資して、もっと利益を出すのがビジネスの基本ではあ [続きを読む]
  • 【2017版】格言集まとめ
  • 現場を離れてもう100年くらい経つので、うる覚えになりすが、クリスマス前になると店の娘に『彼氏にどんなクリスマスプレゼントあげればいい?』なんて尋ねられていたものです。まぁ答えはだいたい決まっていて、『ちょっとオシャレな下着付けて、枕元にピンクローターでも置いておけば最高じゃん!』な〜んて答えてました。皆様こんにちは。1年の結果が『正月』に出る。毎年の決まり文句をいう時期になりました。自分が現役の頃 [続きを読む]
  • 売れない風俗嬢の悲劇の物語
  • 長く風俗経営をやっていると、たまにとんでもない美女の入店があります。可愛いだけではなく、愛嬌があり、とても素直。『保証だ、バック率だ、雑費だ』などのグタグタが一切ない。文句一ついわない。ハードサービスだってすんなり受け入れてくれる。もちろん、そんなことはしょっちゅう起こることではありません。風俗の女神様が気まぐれに微笑んでくれた時だけ。それは半年に1回かもしれないし、1年に1回かもしれない。うちじ [続きを読む]
  • 風俗嬢を叱る時の1つのガイドライン
  • 今の世の中で金持ちになっている人々は、ITの力か、人の力、あるいはその両方を上手く使いこなすことに成功した人達です。IT、たとえばウェブなどは、情報や情報サービスの複製費用が限りなくゼロになるので、知恵と技術さえあれば多くの利益が生まれます。人の場合は株式会社が仕組みを提供しています。多くの従業員を雇い、他人に働いてもらって経営者は利益を頂く。ところが風俗店において、多くの従業員に働いてもらうこと [続きを読む]
  • 金を使わず金を生むことが、実力を付ける近道【実力主義】
  • 風俗業界に限らず、金持ちはそれぞれ違う方法で金持ちになってる。なるほど、これは真実です。そして成功者と同じだけ『実力』や『集中力』を兼ね備えて起業した人でも、失敗した人はいくらでもいます。しかしです。政治家や芸能界などの特殊な業界では、一度の過ちがレッドカードに繋がることもありますが、ビジネスの世界では実力があればまたどこかで拾い上げられることも事実。そして、まぐれ当たりで終わらせず山あり谷ありで [続きを読む]
  • 男には理解しにくい風俗嬢の感情的コスト
  • アップルがMacを開発した時、ライバルのIBMは少なくともその100倍の研究開発費を投じていたように、風俗での成功はいくら金を使えるかなどほとんど関係ありません。もちろん最低限度は必要だとしても、大切なことは知恵。そもそも食料が溢れている現代社会において、人々の悩みのほとんどが金より人間関係だということからも明らかです。そしてこのブログが今まで明らかにしてきた女商売の本質は、風俗嬢を愛するといっても『愛情 [続きを読む]
  • 弱者には弱者の戦い方があるように、大手には大手の戦い方がある。
  • 弱者の戦略は差別化です。では大手の戦略はどうでしょうか?答えは一番多い客層を鷲掴みにすることです。風俗の客層で一番多いのは、選ぶことが面倒な層です。差別化、差別化、と言われる世の中ですが、じつは一番多いのは『適当な金額で適当な女がいればいいよ』といった方々。一般人はイメクラもM性感もデリヘルという一括りにしか考えておりません。少なくとも自分が大手社長なら、こういった層を狙います。それに10年後の風 [続きを読む]
  • デリヘル開業して成功する方のポイント(まとめ)
  • デリヘル開業して成功する方のポイントとして自分がいつも挙げているのが1.女好き(20歳でも60歳でも愛せる能力)2.大胆なリスクを取れる3.先見の明(チャンスを感じ取れる能力)4.徹底して経費削減(広告と女子管理以外)5.精神的にも肉体的にもタフという感じでありましょうか。学歴も風俗経験もいらない。必要なセンスは、これってチャンスかもと思える『先見の明』と、イチかバチかの度胸。LINEとカカオトークのシェア争 [続きを読む]
  • 【業務連絡】どうでもいいとは思いますが、今後の展望について
  • ウェブの時代で生きていくには、念入りなサイトの作りだったり、ブログ等のソーシャルが強力な営業ツールになります。最初は全く知名度がなくたって、伝家の宝刀『顧客視点』さえあれば読者は増えますし、仕事の依頼が来たり売上げがあがる。あとは継続は力なり、ですね。コツコツ更新していけば見てくれている人はちゃんといて、自然に広がっていく。実際にそうやって武器が買えない弓矢の時代から戦ってきました。こちらを身を以 [続きを読む]
  • 経営は理論的に得することを考えて、素直に実行していくだけ。
  • 世の中にはどうしても貧乏から抜け出せない人々がいます。たとえばデリヘル経営では、基本的に仕事でピンハネされる分が自分の給料になるので収入が増えて当たり前ですが、それでも上手くいかない方が多い。そういった場合、経済合理的な行動が何かを理解できないほど認知能力が劣っていたり、経済合理的なことを嫌うような『性格』だったりすると、いつまで経っても貧乏のまま・・・ということになります。認知能力は本人の自覚と [続きを読む]
  • いつから自分は商売人になろうと思ったのか、振り返ってみた。
  • 熊本県に『ブルーシャトー』というソープランドがあります。わたくしは知らなかったのですが、日本でも指折りの風俗店だそう。じつは先月、夜の職業の方々と行ってみました。感想はというと、自分はマネしたいとは思わなかったけれど、全体のサービス含め良かったといえば良かった・・ですね。一番ビックリしたのは、接客後に行う店員さんのアンケート。詳細過ぎて適当に答えてしまうとめちゃ突っ込んでくる。『もっと具体的に教え [続きを読む]
  • kaku-butsu(カクブツ)から見る、マーケティングの落とし穴。
  • 首都圏で経営されている方はご存知かと思われますが、口コミを活用し、ランキングにする『kaku-butsu』という風俗情報サイトがあります。運営元は、あの大手AV会社『ソフト・オン・デマンド』。調査員を育成し、媒体側が自腹を切って資金を提供し、店を調べる。という謳い文句。なんと調査費用は1億円突破らしいです。■kaku-butsu(カクブツ)■媒体側が調査費用を自腹で捻出■ソフト・オン・デマンドが運営■http://fuzoku.sod. [続きを読む]
  • ミランダ・カーの再婚から考えた、美貌で稼ぐ女の恋愛模様。
  • 美女といっても、好みは人それぞれで主観的になり定義が難しいのですが、そこそこルックスが良い女は結構います。ところが『自分の美貌で実際に金を稼げる』という条件を加えると、とたんに希少になるのです。職業的にいえば、モデル、タレント、女優でしょうか。モデルといっても、学生とかOLが読者モデルとかしてるお遊びみたいなものから、雑誌の専属モデルやCM出演までピンきり。読者モデル場合は、自分が美人だということ [続きを読む]
  • 【マネジメント】店を辞めてどこへ行くんだ、ジョー!!
  • 少しでも多く稼げるようにと、皆様は日頃から素晴らしいアドバイスを送っていらっしゃると思います。『こうした方がいいよ』『ああした方がいいよ』と。ところが素直に受け止めてくれない。反抗してくる女の子だっている。以前、エステ店の社長さんが『エステで働く女の子はプライドが高くて・・』とぼやいておりましたが、素晴らしいアドバイスをしても、聞く耳を持たない。正当性があるし合理的なのに、分かってくれない。そして [続きを読む]
  • ぶっちゃげ、コンサルって成功体験の使い回し。
  • 世の中には『1ミリも信用できない』というモノが存在しまして、風俗コンサルってのもその一種でしょうか。つまりこのブログのことですね。それでも果敢に問い合わせしてくれるお客様がいらっしゃいます。最近では新宿にある『ロボットデリヘル』の社長さんだったわけですが、ブログで依頼のやり取りを書いておりましたので、まずはお読み下さい。URL⇒http://www.robo-deli.com/blog/2017/05/08/202/申し訳ありません・・(汗お断 [続きを読む]
  • 経営者になった時に一番に悩むこと【資金繰り】
  • 起業しようと思っても『その一歩』が踏み出せずにいる方って多いのですが、個人的にはそのスタンスでいいと思います。やっぱり『金持ちになった男はなるべくしてなった』感があるので、起業に至らなかったということはそれまでのこと。また金持ちになるには起業か投資しかないとはいえ、闇雲にデリヘル始めたけれど素質がなかった・・となれば苦い人生経験しか残りません。それにデリヘルなんて『既に先行者』がいるわけで、焦って [続きを読む]
  • 金と女には気をつけろ、の『女』の部分を解説しよう!
  • 仕事が上手くいかなくなる時ほど女に走る、という自分自身の悪い傾向がございまして、風俗辞めたきっかけが『女子管理』と『色ボケ』です。当時ハマっていた女とどっぷり過ごしていたら、仕事なんてどうでも良くなってしまい、もう一度ちゃんと仕事しようと思うまでかなりの時間を要しました。これが学生の頃なら、先生に単なる甘えだと言われ、ぶん殴られれば済む話ですが、社会人になると自由になり過ぎる。会社を辞めるのは自由 [続きを読む]