森木麻未 さん プロフィール

  •  
森木麻未さん: あかるい明日
ハンドル名森木麻未 さん
ブログタイトルあかるい明日
ブログURLhttp://akaruiasita.com/
サイト紹介文「誰にも 必ず訪れる あかるい明日」 ここは気学と風水の吉方旅行開運サイト。明日の吉方位毎日掲載!
自由文気学と風水の吉方旅行開運サイト。
明日の吉方位毎日掲載!
芸能人占いも楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供395回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2014/04/17 16:29

森木麻未 さんのブログ記事

  • 2018年8月19日の吉方位
  •  よい種を蒔き、よい実が実るようにしましょう。 2018年8月19日は行事で一粒万倍日です。 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は選日のひとつで、 一粒のモミが、万倍にも実る稲穂になるという日です。 大変縁起が良く、事始めに適しています。 小さな粒が万倍にも実るということで 宝くじ売り場も賑わっていますね。 ただし、この日に借金などをすると 苦労の種も万倍になりますので どうぞお気を付けください。   よ [続きを読む]
  • 2018年8月18日の吉方位
  •  今日から七十二候もお伝えしていきますね。 2018年8月18日〜は七十二候で蒙霧升降-ふかききりまとう-です。  七十二候は二十四節気を初候、二候、三候に分けたもので それぞれに五日ほどが割り振られており 二十四節季よりさらに細かく、季節を表しています。  七十二候もルーツは古代中国にありますが 日本の気候風土に合わせて直されていますので 暮らしの中で気に留めていくとよいですね。  蒙霧升降(もうむしょうこ [続きを読む]
  • 2018年8月17日の吉方位
  •  整理整頓、頑張りましょう。 2018年8月17日は十二直で納(おさん)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので、 日の吉凶を占います。 十二直・納の日は、 万事につき納めるに吉の日です。 収納、買い物、建築、移転などは吉。 神仏祭祀、婚礼、縁談などは凶です。 お休みなら、片づけをして過ごすにはよい日です。  よい一日を過ごされますように。 暦 [続きを読む]
  • 2018年8月16日の吉方位
  •  今日から仕事の方も多いですかね。 2018年8月16日は行事で月遅れお盆送り火です。 お盆で戻って来られていたご先祖様を 再びあちらの世界へと送っていく儀式です。 この日、午後になったら玄関口で火を焚きます。 ご先祖様をお送りした後は、 また、来年まで日々精進して過ごします。 戻って来られたご先祖様の魂が 楽しまれたならよいのですが。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年8月16日 木曜日六輝・赤 [続きを読む]
  • 2018年8月15日の吉方位
  •  お休み、取れていますか? 8月15日は終戦記念日です。  第二次世界大戦が終結したのが 1945年(昭和20年)8月15日でした。 この戦争では8月6日に広島 8月9日に長崎には原爆が投下されました。 当時は、お盆は7月15日に行われておりましたので お盆と終戦記念日が同じ日というのは、偶然です。 しかし、死者を弔うという意味合いでは この二つが重なっていることは 特別な意味があるのかもしれませんね。 私も含め、昭 [続きを読む]
  • 2018年8月14日の吉方位
  •  お盆休み、お墓参りは行きましたか? 2018年8月14日は十二直で破(やぶる)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので、 今日は日がいまひとつですね。 十二直・破の日は、 訴訟、交渉などは吉。 神仏祭祀、婚礼、移転、建築、種まきなどは凶です。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年8月14日 火曜日六輝・仏滅干支・戊寅中宮九星・七赤金星行 [続きを読む]
  • 2018年8月13日の吉方位
  •  昨日お伝えしたペルセウス座流星群、ぜひ観測してくださいね! 2018年8月13日は行事で月遅れ盆迎え火です。 盂蘭盆ですね。旧暦七月十五日のお盆行事です。 十三日は迎え火です。 お盆休み、お墓参りなどに行かれる方も多いのではないでしょうか。 迎え火を炊いて、ご先祖様の霊が迷うことなく戻ってこれるよう 道しるべを灯します。 こんなふうにお盆の時期は どこか異空間とつながっているのかもしれません。  よい一 [続きを読む]
  • 2018年8月12日の吉方位
  •  ペルセウス座流星群ってご存知ですか? 毎年、この時期に観測できるペルセウス座流星群。 観測しやすい流星群としても知られていますが 今年は特に条件がよく 多くの流星が観測できるのではと期待されています。 もっとも見頃なのは12日から13日にかけてですが 13日から14日の夜にも出現しますので 今夜は都合が悪い方は 明晩、チャレンジしてみてください。 観察に適した時間は夜半から未明まで。 毎年、夏休み、お盆 [続きを読む]
  • 2018年8月11日の吉方位
  •  山登りはお好きですか? 2018年8月11日は山の日ですね。 山の日は2016年から施行された休日で 日本山岳会ほか、山岳関連団体からの要望で制定されたそうです。 山に親しみ感謝する機会にということですが 確かに、山の恩恵はたくさんありますものね。 最近は山ガールなんて言葉もあり 登山を楽しむ若い女性も増えていますが 自然を知り自然に親しむ 健康にもよいですし、よいことづくめの趣味ですね。 ぜひ山へのお出 [続きを読む]
  • 2018年8月10日の吉方位
  •  地味にいい日なんですよね。 2018年8月10日は二十八宿で牛(ぎゅう)の日です。 そもそも二十八宿とは 月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 牛(北方・玄武七宿 9 いなみぼし)は 何事に用いても吉の日です。 特 [続きを読む]
  • 2018年8月9日の吉方位
  •  百の不浄を祓う日ですよ。 2018年8月9日は十二直で除(のぞく)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので 日の吉凶を占います。 十二直・除の日は 不浄を祓い、百凶を除く日です。 通院はじめ、薬の飲み始め、種まきなどは吉。 婚礼、金貸しは凶です。 よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年8月9日 木曜日六輝・先負干支・癸酉中宮九星・三碧木 [続きを読む]
  • 2018年8月8日の吉方位
  •  お葬式はいつもない方がいいですけどね。 2018年8月8日は二十八宿で箕(き)の日です。 そもそも二十八宿とは、月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。  占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。  二十八宿・箕(東方・青龍七宿 7 みぼし)は 金銭収納は吉。  [続きを読む]
  • 2018年8月7日の吉方位
  •  今年ももう立秋なんて嘘みたいですね。 2018年8月7日は二十四節季で立秋(りっしゅう)です。 立秋は申月の正節で 暦便覧では初めて秋の気立つがゆゑなれば也とありますが 暦の上ではこの日を境に 秋へと季節が移行していきます。 立秋を過ぎると残暑見舞いになりますが 確かにまだまだ残暑厳しい折でありながら 風の流れや雲の形に 秋の気配を感じることができます。 よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年8月 [続きを読む]
  • 2018年8月6日の吉方位
  •  土用明けです。旅行に行きましょう。 2018年8月6日から大つち入りです。 庚午の日から丙子までの七日間を 大つち(大槌、大土、大犯土)といい この期間は土を司る土公神(どくじん)が 本宮あるいは土中にいるため 土を動かす事は禁忌とされています。 土木工事や穴を掘る作業、井戸を掘る 伐採などは慎まなくてはなりません。 特に、地鎮祭にはまったく不向きですので ご注意くださいね。   よい一日を過ごされま [続きを読む]
  • 2018年8月5日の吉方位
  •  大安で己巳日です。宝くじでも買いますか? 2018年8月5日は財運に縁起の良い、己巳日(つちのとみび)です。 己巳日は選日のひとつで、 巳の日は、芸術や財運の神様、弁財天に縁のある日です。 弁財天の遣いである白蛇(巳)に願い事をすることで 願いが弁財天に届く日と言われています。 なかでも六十日に一度の己巳の日は 巳待ちともいい、弁財天を祀る日とされています。 弁財天にお詣りするほか 金運や財運に縁起の [続きを読む]
  • 2018年8月4日の吉方位
  •  今年は火星大接近。空を見上げてくださいね。 2018年8月4日は六輝で仏滅(ぶつめつ)の日です。 六輝(ろっき)とは六曜、六曜星ともいい ルーツは中国ですが日本でアレンジされた 暦関連ではもっともポピュラーな占いです。  仏滅に結婚式を行わない、友引に葬式を行わないなど 六輝を気にされる方も多いのではないでしょうか。  仏滅の日は「仏も滅ぶ」という意味があります。 もともと、空亡、虚亡を「すべてがむなし [続きを読む]
  • 2018年8月3日の吉方位
  •  暑くて眠れてないことはないですか? 2018年8月3日は六輝で先負(せんまけ、せんぶ)の日です。 六輝(ろっき)とは六曜、六曜星ともいい ルーツは中国ですが日本でアレンジされた 暦関連ではもっともポピュラーな占いです。  仏滅に結婚式を行わない、友引に葬式を行わないなど 気にされる方も多いのではないでしょうか。  先負の日は「先んずれば負け」という意味があります。 この日は勝負事は避けるか相手の出方を見 [続きを読む]
  • 2018年8月2日の吉方位
  •  それにしても暑いですね。 2018年8月2日は二十八宿で角(かく)の日です。 そもそも二十八宿とは 月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 二十八宿・角(東方・青龍七宿 1 すぼし)は 動土、婚礼、建築、衣類の裁断、 [続きを読む]
  • 2018年8月の吉方位と運勢
  • 2018年8月の吉方位とプチ運勢です。今月も運勢が高い方は、何かにチャレンジしてみたり、仕事でさらに活躍できるようにするため、運勢を上手に使いながら、さらに吉方旅行で運気アップしてくださいね。また、運勢が低い方は、運気をなるべく安定させるため、あまり無理な動きはせず、そして吉方旅行でバランスを取ってください。運気低迷によって起こる精神不安定にも、吉方旅行は効果があります。2018年8月の過ごし方節入りは 立 [続きを読む]
  • 2018年8月1日の吉方位
  •  はっさくと鰻、食べ合わせはどうでしょう? 2018年8月1日は暦で八朔(はっさく)です。 八朔とは、八月朔日(ついたち)のことです。 八朔は八朔節句や田の実の節句とも呼ばれ 旧くは初穂を、お世話になった方に贈る風習がありました。 そこから発展し、日ごろ、頼み(田の実)ごとをしている人に 感謝の気持ちを込めて、贈り物をする日になりました。 あまり耳にしない節句かと思いますが こんな機会に、誰かに贈り物を [続きを読む]
  • 2018年7月31日の吉方位
  •  今日は水が木を育む、吉日です。 2018年7月31日は選日で甲子日(きのえねび)です。 甲子日というのは、日の干支 十干十二支の組み合わせで一番目の甲子の日を差します。 陰陽五行では十干の甲は陽の木 十二支の子は陽の水で 水生木で相生の日となり、吉日とされています。 十干十二支の一番最初は この「甲子」から始まりますので 甲子日には新しいスタートを切るといいですね。 習い事や新しい本に手を付ける、日記 [続きを読む]
  • 2018年7月30日の吉方位
  •  毎日暑いですが、頑張って参りましょう! 2018年7月30日は二十八宿で張(ちょう)の日です。 そもそも二十八宿とは、月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 二十八宿・張(南方・朱雀七宿 26 ちりこぼし)は 婚礼、 [続きを読む]
  • 2018年7月29日の吉方位
  •  昨日の皆既月食は何か発見がありましたか? 2018年7月29日は十二直で平(たいら)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので、 日の吉凶を占います。 十二直・平の日は 婚礼、移転、建築、種まきなど、万事に用いて吉。 ただし、動土は凶です。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年7月29日 日曜日六輝・仏滅干支・壬戌中宮九星・五黄土星行事・ [続きを読む]
  • 2018年7月28日の吉方位
  •  皆既月食、残念ながら今回はあまり見えないようですね。 2018年7月28日は今年2回目の皆既月食です。2018年7月28日未明に今年2回目の皆既月食が起こります。おおよそ東北地方以西で月の入りの前に皆既食を迎え、そのまま沈みます。それ以外の地域では、月は皆既食になる前に沈みます。月は3時24分に欠け始め、4時30分に完全に欠けて皆既食となります。皆既食は、6時14分まで1時間44分も続きますが、日本ではこの時刻よりも早く月 [続きを読む]
  • 2018年7月27日の吉方位
  •  中伏でもありますので、凶日になります。 2018年7月27日は選日で庚申日(こうしんび)です。 庚申日というのは、日の干支 十干十二支の組み合わせで庚申の日を差します。 この庚申日には言い伝えがあり 人の頭とお腹と足には三尸の虫がいて その虫はその人の悪事を監視しているそうです。 そしてこの庚申日に三尸の虫は 夜、人が寝ている間に天に登って 天帝(閻魔大王)に日頃の悪事を報告に行きます。 そのため、こ [続きを読む]