森木麻未 さん プロフィール

  •  
森木麻未さん: あかるい明日
ハンドル名森木麻未 さん
ブログタイトルあかるい明日
ブログURLhttp://akaruiasita.com/
サイト紹介文「誰にも 必ず訪れる あかるい明日」 ここは気学と風水の吉方旅行開運サイト。明日の吉方位毎日掲載!
自由文気学と風水の吉方旅行開運サイト。
明日の吉方位毎日掲載!
芸能人占いも楽しめます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/04/17 16:29

森木麻未 さんのブログ記事

  • 2018年2月24日の吉方位
  •  火災といえば火と風、相生ですので燃え上がると激しいですね。 2018年2月24日は三隣亡(さんりんぼう)です。 三隣亡は江戸時代から取り入れられた慣習で 実は、特に由来がありません。 しかしこの三隣亡、この日に建築事を行えば 三軒隣まで亡ぼすとされ 建築関係では大凶日となります。 今でも建築関係の会社では この三隣亡を取り入れているところもあります。 由来はなくとも、縁起を大切にする人は多いようですね [続きを読む]
  • 2018年2月23日の吉方位
  •  仕事の帰りにでも夜空を見上げてみてくださいね。 2018年2月23日は月齢で上弦の月です。 上弦とは月の満ち欠けの状態を表す言葉のひとつで 上弦と下弦があり、総称して弦月といいます。 上弦も下弦も同じ半月ですが 上弦では新月から徐々に満ちてきた月が さらに満月に向かう時の半月です。 上弦が示唆するのは物事の完成であり 心身を含めて、満ちていく状態にあります。 この時期は精神的に揺らぐ人もあり 心を落ち [続きを読む]
  • 2018年2月22日の吉方位
  •  今日は猫の日でしたっけ? 2018年2月22日は二十八宿で斗(と)の日です。 そもそも二十八宿とは、月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。  占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。  斗(北方・玄武七宿 8 ひつきぼし)は 動土、増改築、衣類の裁断は吉。 そ [続きを読む]
  • 2018年2月21日の吉方位
  •  途方に暮れないように、気を付けたいですね。 2018年2月21日は行事で 十方暮入り(じっぽうぐれいり、じゅっぽうぐれいり)です。 十方暮は選日の一つで、本来は十方闇と書きます。 甲申から癸巳までの十日間のうち 干支の組み合わせが相剋となる日が八日あり この期間は天地の気が相剋し、天地の和合が崩れるため 万事うまく行かない厄日とされています。 ”十方暮”から“途方に暮れる”の語呂合わせという説も。 旅 [続きを読む]
  • 2018年2月20日の吉方位
  •  大安吉日、なんとなく嬉しいですね。 2018年2月20日は六輝では大安(たいあん、だいあん)の日です。 六輝(ろっき)とは六曜、六曜星ともいい ルーツは中国ですが日本でアレンジされた 暦関連ではもっともポピュラーな占いです。 仏滅に結婚式を行わない、友引に葬式を行わないなど 気にされる方も多いのではないでしょうか。 大安の日は大安吉日と称されますね。 もともとは泰安と言われ、万事において吉日です。 成 [続きを読む]
  • 2018年2月19日の吉方位
  •  今年は雪がすごかったですね。雪解けです。 2018年2月19日は二十四節季で雨水です。 雨水は二十四節気の二番目 寅月の中気です。 暦便覧では陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也とありますが 降る雪は雨に変わり 雪も氷も解けはじめ 農耕の準備を始める季節です。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年2月19日 月曜日六輝・仏滅干支・壬午中宮九星・七赤金星行事・雨水(2時18分)・二の午・一粒万倍日 [続きを読む]
  • 2018年2月18日の吉方位
  •  今日もお祝い、ありそうですね。 2018年2月18日は二十八宿で房(ぼう)の日です。 そもそも二十八宿とは 月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 二十八宿・房(東方・青龍七宿 4 そいぼし)は 婚礼、旅行、神仏祭祀 [続きを読む]
  • 卯(東)の神様を内包する亀戸天神社の梅まつりへ日帰り吉方旅行
  • 九州太宰府天満宮の東の宰府、菅原道真公を御祭神とする亀戸天神社。場所は東京都江東区亀戸にあり、花の天満宮と呼ばれるくらい、梅まつり、藤まつり、菊まつりなどの季節の花を楽しめるほか、境内には筆塚や石碑など、書道に長け多くの歌を詠んだ学問の神様、菅原道真公に東京で親しめる神社です。卯の神様、御嶽神社この亀戸天神社の中には、菅原道真公の師を祀った御嶽神社があり、こちらの御祭神は法性坊尊意僧正で、卯の神様 [続きを読む]
  • 2018年2月17日の吉方位
  •  土曜日でお祝い事もありそうです。 2018年2月17日は二十八宿では氐(てい)の日です。 そもそも二十八宿とは 月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 二十八宿・氐(東方・青龍七宿 3 ともぼし)は 婚礼、酒造り、移 [続きを読む]
  • 2018年2月16日の吉方位
  •  プチ断食もたまにはいいですよ。 2018年2月16日は朔、新月です。 月を地球から見たとき 朔の日には、月が太陽と同じ方向にあるため 地上から月が見えにくくなります。 そこにあるのに見えない、天体の妙です。 新月は厳密には、朔の次に見えた月のことで 陰暦三日ごろの三日月が新月とされています。 月齢の占いでは、この時期に新しいことを始めるのによいといわれていますね。 デトックスにもよく、感情が噴出しやす [続きを読む]
  • 2018年2月15日の吉方位
  •  立春からの新しい年、最初の最良日です。 2018年2月15日は天赦日(てんしゃにち)です。 天赦日は選日のひとつで、てんしゃびとも読みます。 読んで字のごとく、天の赦しがある最上の大吉日です。 歴注で万(よろず)よしとなるのは この天赦日のみとなります。 結婚、開業、事始めに最高の日ですが 特に結婚には最高の日となります。 年に数日しかない貴重な開運日ですので 有意義にお使いください。  よい一日を過ご [続きを読む]
  • 2018年2月14日の吉方位
  •  こんな日でなくても。チョコをもらうと、嬉しいですよね。 2018年2月14日は聖バレンタインデー(Saint Valentine’s Day)ですね。 日本では説明するまでもないメジャーな行事です。 愛の気持ちをチョコレートに託して贈る。 その由来は、西暦3世紀のローマに遡ります。 キリスト教の司祭であるバレンティヌスは 当時、皇帝によって禁じられていた結婚を執り行い 投獄され処刑されます。 バレンティヌスは処刑されるま [続きを読む]
  • 2018年2月13日の吉方位
  •  ガーデニングにいい日ですね。 2018年2月13日は十二直で開(ひらく)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので 日の吉凶を占います。  十二直・開の日は、 種まき、建築、移転、婚礼、開店などは吉です。 葬式、その他の不浄事は凶となります。 どうぞよい種をまいてくださいね。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年2月13日 火曜日六輝・先 [続きを読む]
  • 2018年2月12日の吉方位
  •  今日はお休みですが、お祝い事される方、おりますでしょうか? 2018年2月12日は二十八宿で張(ちょう)の日です。 そもそも二十八宿とは、月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 二十八宿・張(南方・朱雀七宿 26 ち [続きを読む]
  • 2018年2月11日の吉方位
  •  体調、万全ですか? 2018年2月11日は二十八宿で星(せい)の日です。 そもそも二十八宿とは、月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。  占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。  星(南方・朱雀七宿 25 ほとおりぼし)は、 治療始め、増改築などは吉。 冠婚 [続きを読む]
  • 2018年2月10日の吉方位
  •  こんな日は穏やかに過ごしましょう・・・。 2018年2月10日は六輝で赤口(しゃっく、しゃっこう)です。 六輝(ろっき)とは六曜、六曜星ともいい ルーツは中国ですが日本でアレンジされた 暦関連ではもっともポピュラーな占いです。  仏滅に結婚式を行わない、友引に葬式を行わないなど 気にされる方も多いのではないでしょうか。  赤口の日は赤舌日とも言われます。 そもそも赤口とは羅刹神という悩みをまき散らす鬼の [続きを読む]
  • 2018年2月9日の吉方位
  •  争い事はない方がいいですけどね。 2018年2月9日は十二直で破(やぶる)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので、 日の吉凶を占います。 十二直・破の日は、 訴訟、交渉などは吉。 神仏祭祀、婚礼、移転、建築、種まきなどは凶です。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年2月9日 金曜日六輝・大安干支・壬申中宮九星・六白金星行事・なし十二 [続きを読む]
  • 2018年2月8日の吉方位
  •  お裁縫はお好きですか? 2018年2月8日は行事で針供養です。 針供養は事八日の行事のひとつで この日は針仕事を休み、折れたり古くなった縫い針を供養します。 地方によって針供養の仕方は異なりますが お豆腐やこんにゃくなどの柔かいものに針を刺すことが多いようで 感謝の気持ちとともに供養し、裁縫の上達を祈願します。 全国の社寺で行われますが、淡島神社が有名です。 よい一日を過ごされますように。暦の話2018年 [続きを読む]
  • 2018年2月7日の吉方位
  •  今日は運気の高い日ですよ! 2018年2月7日は初午です。 初午とは、立春を過ぎて新年最初の午の日です。 由来は、和銅4年(711年)に 全国の稲荷社の総本社である京都の伏見稲荷大社に 御祭神の宇迦御霊神様が鎮座された日と 伝えられています。 この日は全国にある稲荷神社で 初午大祭とよばれるお祭りが行われます。画像引用:伏見稲荷大社 http://inari.jp/rite/?month=2%E6%9C%88#308 やはり、伏見稲荷の初午大祭が [続きを読む]
  • 2018年2月6日の吉方位
  •  今日は今年最初の金運によい日ですよ! 2018年2月6日は財運に縁起の良い、己巳日(つちのとみび)です。 己巳日は選日のひとつで、 巳の日は、芸術や財運の神様、弁財天に縁のある日です。 弁財天の遣いである白蛇(巳)に願い事をすることで 願いが弁財天に届く日と言われています。 なかでも六十日に一度の己巳の日は 巳待ちともいい、弁財天を祀る日とされています。 弁財天にお詣りするほか 金運や財運に縁起の良い [続きを読む]
  • 2018年2月5日の吉方位
  •  立春から年盤が変わって、早速旅行に行きたいですね! 2018年2月5日は十二直で満(みつ)の日です。 十二直とは北斗七星信仰に由来しています。 方位の十二支と北斗七星の回転とが結びついたもので、 日の吉凶を占います。 十二直・満の日は 移転、旅行、婚礼、建築などは吉。 動土、薬の飲み始めなどは凶です。  よい一日を過ごされますように。 暦の話2018年2月5日 月曜日六輝・先勝干支・戊辰中宮九星・二黒土星行事 [続きを読む]
  • 二〇一八年戊戌年・年盤の吉方位と九星別運勢
  • 二〇一八年の立春より新しい年となります。あけましておめでとうございます。この一年が皆様にとって健やかで実りある一年になること心よりお祈り申し上げます。吉方位と運勢の使い方西暦二〇一八年(平成三〇年)戊戌年は九紫火星中宮の年となります。節入りは二月四日六時二八分年盤の使い方は、吉方転居や海外旅行距離のある国内旅行の時に使うのは基本ですが普段の移動でも、もちろん年盤も吉方である方がよく移動の際には確認 [続きを読む]
  • 2018年2月4日の吉方位
  •  立春です。あけましておめでとうございます。 2018年2月4日、いよいよ立春、新しい年です。 暦の上では立春から新しい年に入ります。 立春は寅月の正節で 旧暦では正月節となります。 暦便覧では春の気たつを以て也とありますが 立春から春の気が立ち上り 暦の上ではこの日から季節は春になります。 年盤もこの日から新しくなり 戊戌、九紫火星中宮の年が始まります。画像引用:株式会社宇賀福屋 http://www.ugafukuya. [続きを読む]
  • 2018年2月3日の吉方位
  •  2月3日は皆さんご存知の節分ですね。 節分とは季節を分けるという意味で 二月の立春前の節分が有名ですが 立春の前だけでなく 実は立夏、立秋、立冬の前日も節分になります。 しかし特に立春前の節分は 一年の最後に邪気を祓い 新しい年を迎えるという意味があるため 特に重要な一日になっています。 節分には多くの地方で福豆を撒いて厄を除け 柊鰯などを飾っています。 また、近年は福を巻き込むことから『巻き寿司 [続きを読む]
  • 2018年2月2日の吉方位
  •  新しい靴を履いて出かけましょうか。 2018年2月2日は二十八宿で婁(ろう)の日です。 そもそも二十八宿とは 月の運行日数がおよそ二十八日であることから 一日に一宿ずつ割り当てたもので 東西南北の四神に七つずつの星宿が配当されています。 占いとしては日の吉凶に用います。 それぞれの星宿に吉凶がありますが 読み解き方は諸説あるようです。 二十八宿・婁(西方・百虎七宿 16 たたらぼし・たたみ)は 婚礼、 [続きを読む]