いわい やすし さん プロフィール

  •  
いわい やすしさん: 独逸岩井泰的絵画音楽活動日記
ハンドル名いわい やすし さん
ブログタイトル独逸岩井泰的絵画音楽活動日記
ブログURLhttp://yasushiiwai.blog.jp/
サイト紹介文ドレスデンで裸婦やバレエの人を描いてます。パイプオルガンで演奏会もします。ガンバ、最近は真面目に練習
自由文4月30日にはロスヴァインという町で、パイプ≒オルガンコンサート、5月25日からはドレスデン市内DREWAGで個展が始まります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/04/18 04:00

いわい やすし さんのブログ記事

  • モーリッツブルグに飛べ!
  • ご無沙汰していました。ちょっと体調を崩していた、と言うほどではないのですが、昔読んだ新聞のコラムで、「春眠暁を覚えず」とか言うけれど、春は草花の成長に身体がついて行かず、それで眠いとか、書いてありました。今回もまた、そんなかと思っていましたが、どうやらほんのちょっとアレルギーで就寝中鼻が詰まっている→睡眠不足と言うことかも、と今日思い到りました。素人判断ですが。当たっているかどうかは兎も角、ここ一 [続きを読む]
  • 契約しに
  • 昨日は今月29日から始まる(オープニング28日)個展の件でライスニッヒと言う町のミルデンシュタイン城に行って正式に契約書を交わしてきました。日本にいるころは、こちらは契約社会と言って、何かにつけてすぐに契約書を交わす、とか思っていて、来た頃には、「ああ、やっぱり」と言うこともありましたが、実際は良くも悪くも「人は皆同じ」で「まぁまぁ、かたいことは言わないで」とは言わないものの、無しで済ますこともありま [続きを読む]
  • 個展の準備
  • 今日は個展で展示する絵のパスパトゥアを切ってもらいに Bösner に行ってきました。ドイツでは Bösner と Gerstecker と言う画材2大チェーン店があります。Bösner の方が Gerstecker よりちょっとだけ専門家向きと言う印象。ドレスデンには二つともあるのですが、 Bösner が町はずれにあるのに対して Gerstecker は街の中心部からアクセスが良く、特に若い人や芸術家がたくさん住んでいるノイシュタットからほど遠く無く、微 [続きを読む]
  • 僕らのヒーロー 完結編
  • 前回までのあらすじ中田先生は激昂すると黙って掃除を始める人だった。ある日僕が放課後一番乗りで部室に行くと黙って掃除をしている中田先生の姿があった・・・話は少し時間を遡る。美術室に備品として新しい霧吹き器が幾つか届けられた。早速水鉄砲合戦が始まった。それは彫塑用の粘土の湿気加減を調整するためのものだった。が、ノズルを調整すると5メートルぐらい楽に水を飛ばすことが出来る。その時は何故だか覚えていないが [続きを読む]
  • ホームページ 新装開店
  • イースター休暇と言うか、イースターの週も終わりました。以前はイースターと言うか、受苦日(イースター前の金曜日)が近づくのが楽しみでした。と言うのも僕は受難曲マニアでシュッツガルトで学生をやっていたときにはお金と時間が許す限り受苦日やその前後に演奏されるいろんな受難曲を聞きに行った。(一度はカールスルーエでやってたヘンデル祭?の閉めのマッテゾンの受難曲も聞きに行った)と言っても片手で数えられるくらい?大したこ [続きを読む]
  • お知らせとお詫び
  • 家族がイースター休暇でうちに居ない間にちょっと集中してやることがあるので、ブログもお休みさせて頂きます。特に前回のこの記事とかさらに続きがあるのですが・・・と言っても、今週末には再会すると思います。それと、ここの記事で受苦日前の木曜日を Gründonnerstag から、「緑の木曜日」と訳してしまいましたが、Gründonnerstag の Grün は「緑」では無くて grönen とか言う古語で、「嘆く」を意味する言葉からきており [続きを読む]
  • 続・われらのヒーロー
  • 前回の記事はもう長いことブログを再開したら書こうと決めていたのだけれど、書いたり遂行したりしているうちに「俺は中田先生のことを書いて何が言いたいのだろう。中田先生のことを知らない人に何の意味があるのだろう」とか考えて(僕は優柔不断なせいなのか、長いこと「やろう」と思っていたことをいざやり始めた時には、何故それをやるべきなのかわからなくなっている、と言うことがときどきあります)一瞬消そうかとも思った [続きを読む]
  • Lukaskirche その2
  • 演奏した曲はオリジナルは3本のガンバの為に書かれた、コントラ・プンクト、コントラ・プンクトした作品群の中から上声部をそのままリコーダーで吹ける曲を。僕は真ん中の声部をアルト・ガンバで弾きました。(写真に写ってるのはこの教会の牧師さん)バッハは合奏とかでチェンバロ弾かない時は中声部(ヴィオラ?)のポジションを好んで弾いたとか言うエピソードがありますが、そういう意味ではバッハ・ポジションで弾いていたこ [続きを読む]
  • Lukaskirche
  • 昨日は「嘆きの木曜日」と言う教会の行事・礼拝の音楽演奏で聖ルカ教会へ (写真はカメラに納まりきらなかったので、画像切り合わせ)ここの教会はまだ学生やってる頃やはり受苦日に催されたバッハのマタイ受難曲を聞きに来て以来。マタイは教会自前の合唱団でやったのだと思うのだけれど、ここの教会は「コンサート教会」としてしょっちゅういろんな演奏会をしてます。この日も行くとコンチェルト・メランテとか言う名前のアンサ [続きを読む]
  • われらのヒーロー
  • 東京のゲーテ・インスティテュートでドイツ語を勉強していたときに知り合った娘から聞いた話。ある教室で先生が「あなたたちのヒーローは誰か」と質問したところ、それはやっぱウルトラマン、がしかし、ウルトラマンのマンは、男 (Mann) なのか人間 (Mensch)なのか生徒たちが議論し出したところ、先生が「そういうことじゃない!」(ノ`Д´)ノと怒り出したとか。しょうがないよね、そういう風に刷り込まれているもの。それは、某国 [続きを読む]
  • ブログ再開
  • すでにしているわけですが、ブログをほったらかしにしていたのは、お察しの通りフェイスブックに記事をブロックされたのが遠因ではあります。僕はブロックするよう申請した人のことを思うとちょっと心が痛みます。それが怒りなのか悲しみなのかいずれにせよそういう負の感情に突き動かされてブロック大変申し訳ないなんだかんだ言って、僕も見栄っ張りの下らないことばっかり書いてますし。今回はそんな方にぐっと溜飲を下げてもら [続きを読む]
  • 年会費を払いに 最終章
  • えのきど いちろうさんのコラムに、彼が文章を載せている雑誌やなんかが次々と廃・休刊になって行く話があった。そのうち、初めて頼まれ、まだ何も書いてないところもそうなったりするうち、しまいには企画会議で彼の名が出たとたんに雑誌が終わってしまうのでは、と続く。彼の様なポジティヴの権化のような人でもそんな風に考えるんだとちょっと意外に思った。でも、人が自己中心だったりするのは自然なことなので、彼の様な人が [続きを読む]
  • 年会費を払いに その2
  • ドレスデン芸術家協会は基本的には芸大・美大を出た人は自動的に入会出来て、それ以外の人は作品を提出して入会審査されます。僕の場合はあっさり一回目の申請で通ったのですが、勿論嬉しくて。それで何かにつけてここに所属していることを言う様にしています。コンプレックスじゃないの、と言われれば否定しません。が、なんだかんだ言って絵を見る前にそういう所を見る人はドイツにもいるので。逆に、僕が入ってるぐらいだから、 [続きを読む]
  • 年会費
  • 今日はドレスデン芸術家協会へ年会費を払いに行ってきました。 天気は悪かったのですが、白黒にすると何か見れますね。日本も寒いところはそうだったようですが、こちらもそろそろ春の兆し?と思ってたところ、バーンε=ε=(;´Д`)といきなり冬に逆戻り。春待ちゲームにおいて、いきなり振り出しに戻る、です。ところで、写真は、ドレスデン、まだまだ戦後の再建とか言うのではなく、古くなった橋の補修工事。ついこの前まで [続きを読む]
  • 年会費
  • 今日はドレスデン芸術家協会へ年会費を払いに行ってきました。 天気は悪かったのですが、白黒にすると何か見れますね。日本も寒いところはそうだったようですが、こちらもそろそろ春の兆し?と思ってたところ、バーンε=ε=(;´Д`)といきなり冬に逆戻り。春待ちゲームにおいて、いきなり振り出しに戻る、ってやつですね。ところで、写真は、ドレスデン、まだまだ戦後の再建とか言うのではなく、古くなった橋の補修工事。つい [続きを読む]
  • あけまして
  • って、あけてないです、ここ、ドイツでは。でも、日本では明けてるので。ちょっとタイムスリップ感覚ですか。何だか、下半期、見事に放置してました。のみならず、自分がチェックしているブロガーさんに、新しい記事を書くよう催促したりしていました。何と言うことでしょう!まぁ、2度目の個展がちょっととんでもないことになった、とか言うエクスキューズはありますが、はっきり言って怠けてただけです。まぁ、来年は・・・とか [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • って、あけてないです、ここ、ドイツでは。でも、日本では明けてるので。ちょっとタイムスリップ感覚ですか。何だか、下半期、見事に放置してました。のみならず、自分がチェックしているブロガーさんに、新しい記事を書くよう催促したりしていました。何と言うことでしょう!まぁ、2度目の個展がちょっととんでもないことになった、とか言うエクスキューズはありますが、はっきり言って怠けてただけです。まぁ、来年は・・・とか [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • って、あけてないんですけど、ここ、ドイツでは。でも、日本では明けてるので。ちょっとタイムスリップ感覚ですか。何だか、下半期、見事に放置してました。のみならず、自分がチェックしているブロガーさんに、新しい記事を書くよう催促したりしていました。何と言うことでしょう!まぁ、2度目の個展がちょっととんでもないことになった、とか言うエクスキューズはありますが、はっきり言って怠けてただけです。まぁ、来年は・・ [続きを読む]
  • FBから削除された件
  • 何だか、ドイツ異例の9月の暑さのせいか、満月のせいか身の回りでトラブルが多い。今週月曜日には友人が自転車で車と接触する事故。木曜日には知人の息子がパン包丁であやまって手を怪我し大量出血、救急病院へ。僕はなんだか、古いコンピューターでは全然問題無かったのだけれど、新しいコンピューターで画像ソフトにプラグインが出来ず、一日無駄にして。別の方法で何とか仕上げたデータを印刷会社に出したら、クレジット決済が [続きを読む]
  • バレエ成分を
  • 一般には、理想的なプロポーションは8頭身からで、身長は170センチからとか言う。偶然なのか長いことやっていればなのか、モデルさんもこっちで絵を再開した最初の頃は160センチ台の女の子しか来てくれなかった。当時はそれで全然不都合を感じ無かった。(考えたら日本でやってたときは160センチ台が来ただけで大喜びしていたはず)が、その内、ポツリポツリと、そしてだんだんと170センチ台とか180センチ級クラス [続きを読む]
  • バレエ要素を
  • 一般には、理想的なプロポーションは8頭身からで、身長は170センチからとか言う。偶然なのか長いことやっていればなのか、モデルさんもこっちで絵を再開した最初の頃は160センチ代の女の子しか来てくれなかった。当時はそれで全然不都合を感じ無かった。(考えたら日本でやってたときは160センチ代が来ただけで大喜びしていたはず)が、その内、ポツリポツリと、そしてだんだんと170センチ代とか180センチ級クラス [続きを読む]
  • 9月になりました
  • 何だか最近、お疲れ気味です。色々あって、週二回、朝、夜二回絵を描いたりして。又、個展が始まって、そこにかなりの、しかも殆どの最新作を出していて、その会期中(11月20日)に offene ateliers があったりするので、そのためにも作品を作らなければいけないし。って言うかそんなの関係無く描き続けなければダメです。坂本竜馬が死ぬまで前進し続けた様に、もう、描いて描いて。オルガンとガンバの練習もして。碁も打って [続きを読む]
  • 9月になりました
  • 何だか、最近、お疲れ気味です。色々あって、週二回、朝、夜二回絵を描いたりして。又、個展が始まってそこにかなりの、しかも殆どの最新作を出していて、その会期中(11月20日)に offene ateliers があったりするので、そのためにも作品を作らなければいけないし。って言うかそんなの関係無く描き続けなければダメです。坂本竜馬が死ぬまで前進し続けた様に、もう、描いて描いて。オルガンとガンバの練習もして。しかも、モ [続きを読む]
  • 最高気温16.5℃
  • 何だかちょっと涼しくなってきました。僕は北海道釧路市の生まれで、霧などのせいで夏最高気温25℃、20℃越え、8月の一週間だけ、と言うのが普通の世界で生きてきました。念のために言っておくと、北海道の他の所だいたい、釧路でも市街を抜けて阿寒の方とか行くと普通に30度越えます。なんちゅうか、バミューダトライアングルより凄くないか?いや、凄い。バミューダなんかより全然凄い。僕の中では。第一僕は、バミューダと言う [続きを読む]
  • おひさ
  • 久し振りに油絵を描き始めた。考えたら個展、始まって以来?モデルさん達と都合が合わなかったり、色々忙しかったり、と言い訳はありますがこれはちょっといかん。今来てる、この娘は直近結構時間があるそうなので、9月から始まる次の個展(また、詳しく報告したいと思います)に間に合いそう、とかついつい考えてしまいます。そういうのはちょっといかんな。一方で高校の時の美術の、中田先生がたいていは、個展とかそういう期日 [続きを読む]