kk さん プロフィール

  •  
kkさん: ベイスターズファンの慟哭
ハンドル名kk さん
ブログタイトルベイスターズファンの慟哭
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kkj1998/
サイト紹介文ポンセ、パチョレックの時代から応援してます。横浜ベイスターズをひたすら前向きに応援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/04/18 08:04

kk さんのブログ記事

  • 勝負の12連戦。感謝を持って臨みたい。
  • 昨日はお休み。いよいよ今日から、中日戦を皮切りに12連戦が始まります。ここをどのような数字で終えるか、でほぼCSの行方は決まるでしょう。先発はなんとも読めません。東、平良、浜口が複数試合を投げるのは確定です。石田は先発復帰と思われますが、調子はどうか。井納は投げられるのか。ウィーランド、バリオスの力も借りたいところですが、枠の関係上、調整は難しい。12連戦の中では、中継ぎ陣の疲労も確実に溜まってしま [続きを読む]
  • 東好投で勝利。3位へ肉薄す。
  • 対巨人戦。負けられないゲーム。もう今月何回この言葉を使ったかもわかりません。置かれた順位上、もう負けていいゲームがないのは事実なのですが、3位との直接対決である昨日は、特にそう位置付けられる試合でした。その大切な試合。東がやってくれましたね。好投を期待、予想していましたが、まさか7回2死まで完全投球とは。恐れ入りました。凄いルーキーです。新人王はまず間違いないでしょう。ここまでの内容、結果を見れば [続きを読む]
  • 窮地救う一撃。ソト千金のサヨナラ本塁打!
  • 対 阪神戦。辛い、とにかく厳しいゲームでした。とにかく勝たなきゃならない位置付けの試合でしたが、ゲーム前から中継ぎが足りないことは明白でした。前の日の大炎上でだいぶ中継ぎを使わされていましたからね。おそらく勝ちパターンの誰かが回またぎをしなくてはならないだろうと思ってはいました。無理をはらんで開始されたゲームだったわけですが、打つ手打つ手が裏切られてしまいます。まずは6回。3対1で迎えた局面、1点 [続きを読む]
  • ぐうの音も出ません。大敗。
  • 対 阪神戦。どうしてこのタイミングなのか・・・・。仕事が立て込み、この2日更新ができませんでした。その間に、ベイスターズは巨人に連勝。執念を存分に見せてくれていました。3位までは1.5ゲーム差。今日の阪神戦はとにかく大切でした。仕事もなんとか整理できて、ようやく落ち着いて観戦、記事更新できると思ったのに・・・・恐ろしい惨殺劇を目撃させられることになるとは。。。。4対20。19安打、4本塁打(うち藤 [続きを読む]
  • 完封負け。もう一度ハマスタから。
  • 対広島戦。敗戦です・・・。悔しい負けでしたね。先発の飯塚、ゲームを作ることができませんでした。初回を切り抜けた後の2回に松山選手に被弾。3回にも鈴木選手にツーランを被弾。さらに連続四球をきっかけに計3失点。3回4失点では合格点とは言えません。。攻撃陣にももう一つ元気がなかった。1−4回は好機を作ることも多かったのですが、結局適時打が出ず。5回以降は走者こそポツリポツリと出せましたが、後が続かず。終 [続きを読む]
  • 勝負手実らず。明日はまた別の日。
  • 対 広島戦。勝負手でした。1対1で迎えた6回。2死満塁の場面で、ここまで凌いできた東に変えて佐野を代打で送りました。先発を5回で降ろすのは決断です。ましてや調子はともかく1失点だったのですから。雨の状況も影響していたと思います。降雨中断が挟まったゲーム。ホームチームに先行されたら、そのままコールドゲームの可能性もあると判断したのでしょう。リードの展開でしたら、東を打たせたでしょう。何としても勝ち越 [続きを読む]
  • 接戦を制して勝利。一つ一つ重ねよう。
  • 対 広島戦。出張から帰ってきたら、たまった仕事が出迎えてくれるとは、厳しい歓迎でした。 ようやく更新ができます。この間、富山での巨人戦を制し、ヤクルト3連戦を勝ち越し、そして昨日の広島戦を勝ちきることができました。昨日のゲームは良かったですね。敵地マツダスタジアムでのゲームはいつも厳しいものになりますが、浜口がよく投げてくれました。6回1失点は十分な働きです。打線も援護しましたね。ラミレス監督の細 [続きを読む]
  • 本日は中止でしょう。明日からの勝利を祈る。
  • 台風が四国、近畿、北陸を直撃するコースで進んでいます。今日は巨人と石川でのゲームですが、さすがに開催は厳しいでしょう。ひとまず両チームが無事で過ごされることと、通過地域の皆さんのご無事を祈らせていただきます。明日は巨人と富山でのゲーム。台風一過となるためゲームは可能でしょう。現在のCS圏内とのゲーム差は5。3位当該チームの巨人との直接対決ですから、本当に大切なゲームになります。おそらく富山は巨人ファ [続きを読む]
  • 屈辱の完敗。悔しい、ただ悔しい。
  • 対 阪神戦。精も根も尽き果てそうな敗戦でした。。もうスコアから書きましょう。3対12。完膚なきまでにボコボコでした。今永は2回まではしのいでいましたが、3回に一つのエラーをきっかけに炎上。同情の余地はもちろんありますが、本来の今永であれば最少失点でしのいで欲しいところ。先発陣の状況の悪さも反映されたような、投壊でした。悔しい。ただひたすらこの一言に尽きます。勝負の終盤であるのに、この点差での大敗を [続きを読む]
  • 中止明け、苦杯。取り返しましょう。
  • 対 阪神戦。いやな予感が当たってしまいました・・・・。悪くはない展開でしたが、守備の乱れが絡んで一気に逆転を許した5回以降は、流れが全くありませんでしたね。京山も粘り強く投げてはいましたが、5回は替える間もなく攻略されてしまいました。失策3。うち名手大和が2。最も守備の良い大和からエラーが出たなら、これはもう、どうしようもないです。昨日は我々の日ではなかったと、切り替えましょう。つまり、今日が大切 [続きを読む]
  • 消化不良の中止。気持ちを切り替えましょう。
  • 私用にて更新ができない間に、ベイスターズは勝負の中日戦に見事に勝利。希望をつないでくれました。そうなると勢いを駆って昨日の阪神戦もものにしたかったのですが・・・・。3回途中まで進めながらも、中止の判断。4対1とゲームを優位に進めていての状況でしたから、少しうがった見方もしてしまいたくなるタイミングでしたね。もちろん決めるのは審判団なのですが。しかし、決まったことに不平を抱いても何にもなりません。怖 [続きを読む]
  • 乗り切れない敗戦。今日が大切。
  • 対中日戦。初戦を良い形でとった後の2戦目。ここ最近の課題のようになっています。昨日も解決できませんでした。井納は悪い方の顔が出てしまいましたね。変化球が主体となり、決めきれず、痛打を浴びる。 2回で4失点。そのあと立ち直って6回4失点でまとめましたが、最初に4点を献上してしまうことが今のチームにとっては苦しい。この点差を追って反撃を試みますが、小熊投手に抑え込まれて7回で2得点に止まります。投手が [続きを読む]
  • 難敵からもぎ取った勝利。最下位脱出。
  • 対 中日戦。クロスゲームでしたが、勝ち切ることができました!先発は平良。相手先発は好投手の難敵、ガルシア投手。厳しいマッチアップではありました。それでも、何故か好相性であるソトの本塁打を含めて2得点。しかしそれ以降はぴしゃりと押さえ込まれます。平良は序盤から我慢の投球。これといった決め球のない平良は辛抱強くコーナーに投げ続けます。球数も嵩みますし、回を追うごとに捉えられる率は上がる。ボールに最低限 [続きを読む]
  • 今日から中日戦。執念を見せましょう。
  • お休みが明けて今日。ハマスタでの中日戦が始まります。残り試合とゲーム差を考えると、CS進出のためには、2勝1敗を少し上回るペースで勝ちまくらなくてはなりません。ここまで5割を切る戦いを強いられている我々に、そんな戦いができるのか。不安は尽きません。しかし、直近のソフトバンクや、我々が序盤8連勝したように、噛み合う時には噛み合うのがチームというもの。大きな上昇気流が起きること、期待したいですね。首脳陣 [続きを読む]
  • 痛恨の一敗。顔を上げましょう。
  • 対 ヤクルト戦。悔しい、苦しいゲームでしたね。初回、2番宮崎の打順が効を奏して2点を先制。今永を援護するという思惑通りだったのですが、その裏にその宮崎のエラーをきっかけに即2失点。掴みかけた流れを手放してしまいます。その後も実にもどかしい展開が続きました。2死から安打と本塁打で勝ち越しを許し、こちらの追い上げの直後に再度失策で失点。反撃の糸口を探っている中で、中継ぎ陣が失点。3対7。終わってみれば [続きを読む]
  • 肉薄するもあとわずか及ばす。敗戦。
  • 対 ヤクルト戦。勝ちたかった。。厳しいゲームでしたね。ウィーランドが3回までに7失点してしまったのが全て。そう言ってしまえばそれまでですが、負けられない気持ちを前面に感じるゲームにはしてくれました。筒香の2打席連続本塁打、佐野の代打3ラン。走者も多く出して、最終回は2点差で2死満塁。同点、逆転まで見えた展開でした。あとほんのひと押し。大和、ソト、ロペスに当たりが出ていれば。。。。7対9。たらればに [続きを読む]
  • 獲りたかった初戦を制する。粘り勝ち!
  • 対 ヤクルト戦。順位争いを考える上で、この3連戦を負け越すわけにはいきません。初戦、どうしても勝ちたいゲームでした。浜口は粘り強く投げましたね。制球は相変わらずアバウトですが、決まった時のチェンジアップはまさに魔球。勝負どころでコマンドできたことで、なんとか5回2失点でしのぐことができました。打線も少しづつ形がまとまりつつあります。1番で大和が出塁してくれることで、ソト、ロペス、筒香、宮崎の並びが [続きを読む]
  • 完封勝利。ついにカード勝ち越し!!
  • 対 巨人戦。長かった。。。。本当に久しぶりのような気がします。昨日の巨人戦、初回から仕掛けます。ソト、筒香が本塁打を放って2点を先制。先発の東に貴重な援護をもたらします。4回にも石川の犠飛で加点して3点リードへ。中5日で先発となった東。ルーキーをフル回転させざるをえないほど、チームも崖っぷちということです。その期待に結果で答えてくれました。鬼門の初回を切り抜けると、援護もあって安定の投球を見せまし [続きを読む]
  • 完封勝利。まずは1勝。
  • 対巨人戦。やってくれました・・・!先発の井納、よく投げましたね。突然崩れる悪癖も出さず、辛抱強く投げました。7回無失点は最高の結果。ここ最近苦しみに苦しんだ先発陣で、ようやく結果を出してくれました。このままで終わらない、という井納の意地が見えるような投球でした。いかにも調子が悪いチームのように、投手が好投するときには打線が打てない。そんな展開でしたが、筒香の2点本塁打が大きかった。先に点を取って多 [続きを読む]
  • 投打嚙み合わぬ敗戦。前に進むのみ。
  • 対 巨人戦。厳しい厳しいゲームとなりました。平良は悪くない内容でした。ボールに力があり、初回を三者凡退に切って取った時には好投の予感しかしませんでした。しかし、阿部選手、岡本選手に要所で痛打を食ってしまいましたね。結局6回を投げて4失点。もう一息、どこかワンポイントを抑えることができていればかなり見栄えもしたのですが。とはいえ6回を投げ切ってくれたことは評価できますね。昨日の敗因はやはり打線。内海 [続きを読む]
  • 苦渋の負け越しから一夜。まだ心は折れていない。
  • 昨日は私用で更新ができず、、、申し訳ありませんでした。広島戦三連戦が終わりました。勝ち越しをかけて挑んだ最終戦は、悔しい悔しい結果に終わりましたね。期待を託した今永、結果を出せませんでした。絶対にやりたくなかった先制点、はおろか初回に4点の大量失点。4回にも3失点。イニングを食うこともできず4回途中7失点で降板の惨状でした。打線は歯を食いしばって反撃し(山本のプロ初本塁打は見事!)、最終回は一打同 [続きを読む]
  • まだ日の出は見えず。今日もう一度。
  • 対 広島戦。あと少しでしたが・・・・!悔しいゲームでしたね。野球の流れの怖さを感じるゲームでもありました。昨日の良い流れを受けて1点を先制し、3回裏に1死満塁。ここで筒香。点が入ればこちらに勝負の天秤は傾くはずでしたが、ここで痛恨の併殺。そうなれば流れは相手へ。返す回で逆転を食ってしまいます。とはいえ、浜口は辛抱強く投げてくれました。6回を2失点。特に最後の6回は、前回登板を彷彿とするような2死満 [続きを読む]
  • 夜明けの光となるか。3連発で逆転勝利!
  • 対 広島戦。やってくれました・・・・!!! きついゲームでした。先発は東。やはり今一番頼りになる男は期待通りの投球を見せてはくれました。奪三振は二桁を超えて、ボールはとても来ていたと思います。しかしそれを上回るのがカープ。菊池選手、丸選手に痛打を浴びて気がつけば4失点。抑え込むことはできませんでした。それでも、7回を投げきってくれた東。ゲームを壊さなかった部分は十分に評価できます。しかし、打線がな [続きを読む]
  • 投壊止まらず。何度でも立ち上がりましょう。
  • 対 中日戦。コテンパンにやられました。。。。ラミレス監督はスタメン打順に横浜高校出身選手を並べました。松坂投手に対するモチベーションを上げて臨もうという奇策。ストーリーを意識したその作戦、とても面白いと感じましたが、効果を論じるに及びませんでしたね。投手が毎回失点して6回までに11点を奪われては、そりゃもう、どんな打線を組んでいても攻撃は淀みますし、相手も余裕を持って投げられます。。。こちらがゲー [続きを読む]
  • 道未だ険し。悔しい敗戦。
  • 対中日戦。チャレンジを感じる先発とスタメンの選択でした。先発の石田は、エースを期待されながらそれに沿う投球がなかなかできていません。それでも先発陣の駒不足もあって、何度もチャンスをもらってきました。昨日はその機会を生かすチャンスだったのですが。。。2回に死球をきっかけに2失点。3回には中軸に打ち込まれて2失点。早々に4失点を喫してしまいます。結局6回途中を投げて5失点。ゲームを作ることはできません [続きを読む]