kk さん プロフィール

  •  
kkさん: ベイスターズファンの慟哭
ハンドル名kk さん
ブログタイトルベイスターズファンの慟哭
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kkj1998/
サイト紹介文ポンセ、パチョレックの時代から応援してます。横浜ベイスターズをひたすら前向きに応援するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/04/18 08:04

kk さんのブログ記事

  • 猛打に屈する。3連敗。
  • 対広島戦。先発は京山でした。しかし、序盤から広島打線に捕まってしまいます。途切れない猛打を集中されて、2回を投げきれず7失点。事実上、昨日のゲームはここで決まってしまいました。ここまで3戦3勝だった京山。広島打線も前回を踏まえて、本腰で向かってきました。そうなればリーグナンバーワンの広島打線は怖い。恐ろしい破壊力です。変わった平田からも4点を奪って計11点。決定的な差がついてしまいます。打線はよく [続きを読む]
  • 今永復帰。苦い敗戦も前を向く。
  • 対 広島戦。完敗ですね。。先発は今永。ウィーランドに引き続き、頼もしい男が戻ってきてくれました。CSでの因縁もある、広島戦での復帰。熱い部分を持つ今永は結果を出してくれる、と読んでの起用と思うのですが・・・。気持ちが入りすぎたでしょうか。ボール自体は来ていましたし、空振りを奪える切れもあった。しかし、ここという勝負球が甘く入ってしまいました。相手はリーグナンバーワンの破壊力を持つ広島打線。失点を重ね [続きを読む]
  • 敗戦。おかえりウィーランド。
  • 対ヤクルト戦敗戦ですが、まずは良いニュース。肘の故障で離脱していたウィーランド。上々の復帰戦でした。直球とカーブのキレは離脱前と遜色なし。5回までを0封し、6回にバレンティン選手に痛打をくらいましたが、これは起こりうること。合計6回2失点なら十分な及第点です。復帰を勝利で祝いたい・・・ところでしたが、昨日は相手先発由規投手が良すぎましたね。全盛期を彷彿とする投球でねじ伏せられます。それでも僅差 で [続きを読む]
  • 熱戦の果て。筒香の一撃で勝利!!
  • 対 ヤクルト戦厳しいゲームでした。先発はバリオス。球威でねじ伏せる、もしくは決定的な決め球があるタイプではないバリオスにとっては、しっかりボールを見極めてコンタクトしてくるヤクルト打線は天敵です。しかし、それにしても点の失い方はいただけませんでした。2対3とされて、さらに一死23塁の場面で2暴投で2点。ここは相性以前の問題です。嫌な点の取られ方。相手先発が苦手石川投手であることを考えれば、これは厳 [続きを読む]
  • 東、好投。完封勝利!
  • 対 巨人戦先発は東。素晴らしい投球を見せてくれましたね。伸びる直球と、ブレーキの効いたチェンジアップは、素人目にも効果的な組み合わせでした。初回こそ、やや制球に苦労した感じですが、その後はまさに尻上がりに調子を上げます。7回1死まで投げて無失点。ルーキーとしては申し分ない投球を見せました。東がしっかりと投げられた背景には打線の援護もあるでしょう。初回二死から筒香の四球をきっかけに猛攻。連打連打で3 [続きを読む]
  • 新潟で苦杯を飲む。一休み。
  • 対巨人戦。むむ。やられましたね。。。。先発は飯塚。調子はあまり良くなかったと思います。制球は全体にもうひとつでカウントに苦労していた印象ですし、切れ、スピードも少しですが精彩を欠いていたでしょうか。今日は苦労するかな。そんな印象で見ていましたが・・・それでも、気がつけば5回2死までゲレーロ選手の本塁打での1点に抑えていたことは凄い。調子が悪い時でも、それなりに結果を出せたことは収穫ではないでしょう [続きを読む]
  • 14試合を終えて。
  • 対中日戦。6対1。見事な勝利でした。 これで何と8連勝。。。。。書いていて嘘みたいですね。さて、試合がなくて一息つく月曜日。ここまでの振り返りを書いておこうと思います。14試合を消化して、 ここまで9勝5敗。もちろん特筆すべきは、8連勝中であることです。順位は何と首位。首位。。。。。すごい響きです。とはいえ、出だしは非常に苦労しました。最初の6試合は1勝5敗でしたからね。厳しい空気でしたが、一つ勝っ [続きを読む]
  • 完封勝利。遂に7連勝!
  • 対中日戦。おお。もう驚きの言葉しか出てきません。先発のバリオスは、前回登板で何か掴んだか、または結果が出て落ち着いたか。全体に安定度が増してきたように思います。強いて言えば初回がやや不安ですが、ここをしのぐと安定飛行。7回頭までを0に抑えてくれました。打線は初回に筒香が先制の本塁打。またロペスも4回に追加点の本塁打。二点を奪います。実はこれ以上の点は取れなかったのですが、昨日の投手陣はしっかりと答 [続きを読む]
  • 厳しいゲームを逆転。6連勝!
  • 対中日戦。やりました。厳しいゲーム展開でしたが、逆転で6連勝です!中日は現在良いチーム状態にあります。アルモンテ選手が好調である現在、大島選手、京田選手の12番、アルモンテ選手とビシエド選手の中軸、高橋選手、平田選手まで揃う打線は脅威です。昨日もその力を存分に見せつけられます。アルモンテ選手、京田選手。5回にはビシエド選手に特大の三点本塁打。5点を奪われます。5回の三点は倉本のエラーがらみでしたか [続きを読む]
  • 東プロ初勝利。破竹の5連勝!
  • 対巨人戦。やりました。望外の巨人戦3タテ、チームは5連勝です!ポイントは初回。神里が先頭打者本塁打でチームを勢いづけます。ロペスが特大の二点本塁打。宮崎、桑原がつなぐと、東、倉本にも適時打が飛び出して、あれよと5得点。大きなリードを奪います。ですが、そういう展開の時は荒れがちになるもの。東は立ち上がりに三点を失って、ゲームの行方は未確定となります。大きかったのは8回ですね。宮崎の安打、代走の宮本が [続きを読む]
  • 平田、輝く。4連勝!
  • 対巨人戦何よりも、まずは平田の好投を称えるべきでしょう。能力はある選手と入団当時から評価されていました。フォークという決め球も持ち、中継ぎとして期待されていながら、勝負どころでは弱気の虫が顔をのぞかせるような投球で、内容を残せませんでした。「ビハインドの平田は神」なんて言われていましたっけ。ですが、ビハインドの展開だろうと、しっかり抑えることができるのは能力のある証。 何かきっかけがあれば、必ず一 [続きを読む]
  • 熱戦を制して。3連勝!
  • 対巨人戦。熱いゲームになりました。飯塚は本当に成長しましたね。安定感が去年とは段違いです。相変わらず、決定的なボールはありませんが、丁寧な投球。フォークもあるので、全く空振りが取れないわけでもありません。印象は番長に似てきましたか。6回途中までしっかり投げて、無失点。成長を確かに感じさせる投球でした。でも無援護なところまで番長に似なくても。打線は山口投手に抑え込まれて、0行進となります。それでも5 [続きを読む]
  • 筒香お目覚めの2発。2連勝!
  • 対 広島戦やりました!見事な2連勝です。先発は京山。前回の好投で期待は高まっていましたが、今回も素晴らしい投球を見せてくれました。派手さはないんですがとにかく丁寧。コーナーにしっかり配球することで 打たせて取る。徹底していましたね。強打のカープに対しても臆することなくトライする姿勢に運も味方。要所で強打が野手の正面を突くなどして、6回途中までで無失点。十分すぎる結果を出してくれました。打線はなかな [続きを読む]
  • 短報。二軍状況を見て。
  • 今日は広島戦。まだ試合開始まで時間があります。仕事が少し早く落ち着いたので、二軍の成績を概観してみました。13試合で8勝5敗。悪くない成績を残しています。打者で目を引くのは、網谷、山下、大河、細川。細川以外の3人は3割越えしています。このままなら十分二軍卒業できる成績です。細川は三振数が20とぶち抜いて多く、まだまだ不安定ですが、270と率が出るようにはなってきています。四球数もチームトップの6つ [続きを読む]
  • まずは一つ。地に足をつける勝利。
  • 対広島戦。いや、、、、、勝ちました。苦しいこの序盤戦。「優勝を目指す」とチームとして公言して臨んだ今季。意気込みが空回りしてしまった部分もあるのでしょう。負けが着くごとに、「こんなはずじゃない」と気が焦り、悪循環にはまっているように見受けられました。今日のゲームも、その呪縛を痛感します。打線は全くジョンソン投手を捉えられません。見逃せば三振、手を出して凡打。4回までパーフェクトとは・・・。しかし、 [続きを読む]
  • 完敗。上を向いてもう一度。
  • 対 広島戦厳しいゲームになりました。昨年のチャンピオンチーム、その爆発力の前に完敗です。。。。分岐点は初回でしょう。神里の足を生かして1点をもぎ取った直後。流れを引き寄せたいところでしたが、石田が広島打線を止められません。田中選手、菊池選手、丸選手に出塁を許し、エルドレッド選手には押し出し四球。嫌な嫌な雰囲気の中で、そのあとの3ゴロを宮崎が後逸。完全に相手に流れを渡してしまいます。そのあとは完全に [続きを読む]
  • 東好投も敗戦。焦らずいきましょう。
  • 対阪神戦東は素晴らしい投球でしたね。小さな体から繰り出されるボールは迫力十分。150キロに達する直球とブレーキの効いた変化球。冴え渡っていました。戸柱のリードもはまっていたのか、実に気持ちよさそうに投げ続けます。5回に1失点を喫したものの、結局7回を1失点。バッター有利のハマスタであることも併せて、実に良い結果を残してくれました。しかし、0得点では勝てません。。。。メッセンジャー投手に捻られてしま [続きを読む]
  • 飯塚好投。あと一歩及ばず。
  • 対 阪神戦。悔しいですね。。。。。飯塚はよく投げました。マウンドに登るたびに成長を感じます。分類するならフォークPと思いますが、そこまで決定的な球種があるわけではありません。制球と配球で抑えていくスタイルであり、その分行き詰まると集中打を受ける印象がありました。しかし、オープン戦から大崩れすることなく結果を出し、昨日の阪神戦でも持ち味を出してくれました。6回2失点なら十二分に及第点です。しかし、打 [続きを読む]
  • 京山躍動。今季初勝利!
  • 対ヤクルト戦。京山の先発。多くを望むのは酷、と書いたのが昨日ですが、5回1失点。見事すぎる回答を出してくれました。初回、山田選手を中フライに打ち取り、バレンティン選手に安打されながらも好守で2塁で刺して初回を乗り切ったところから、しっかり落ち着きが出てきたように思います。剛球でねじ伏せるタイプではないですが、丁寧にコーナーを突く投球で、強力なヤクルト打線を抑え込んでくれました。5回の山田選手の適時 [続きを読む]
  • 悔しい連敗。明日取り返しましょう。
  • 対ヤクルト戦厳しいゲームになりましたね。ポイントは1点、バリオスの乱調でしょう。4回までに4失点。それももちろんですが、 とにかく球数が多かった。ラミレス監督もちょっと怒っていましたね。球数がかさむこと、四球を出すことには厳しいラミレス監督。確かに、ポジティブなことは何もない、ですからね。厳しい登板になってしまいました。石川投手は対照的に好投。以前から苦手にしている相手ですから、先に点をやってしま [続きを読む]
  • 戦いの始まり。この苦味こそが糧になる。
  • 開幕戦対ヤクルトやられましたね。開幕戦の独特な雰囲気。今年は頂点を目指すんだという意気込み。これが嫌な形に出てしまったような気がします。 初回、名手大和のまさかのエラー。3回、先頭への四球。ルーキー神里とコンバートされた倉本でのお見合い。こちらのミスがことごとく失点に繋がりました。3回までに5失点。すべてミスがらみとなれば、決定的に流れは相手です。3−7。期待感に満ちたスタジアムの雰囲気には応えら [続きを読む]
  • 開戦間近。今年度もよろしくお願いします。
  • 前回の記事を終えて、数ヶ月。いよいよ今週末、セリーグが開幕しますね。大和、ソトといった新戦力を加えた一方、昨年チームを支えた先発陣が故障続きである現状。星が読みにくい3月4月となりそうです。今期の最終目標は、昨季敗退した日本シリーズに戻り、日本一を奪うこと。もちろんそうですが、セリーグを勝ち抜くことも、厳しい戦いには違いがありません。戦力アップを遂げている巨人を筆頭に、優勝、クライマックスシリーズの [続きを読む]
  • お礼とお引越し
  • 久しぶりの記事更新となります。本来ですと、オフシーズンは記事を書くことは少ないのですが、この度のスポーツナビさまのブログサービス終了に伴い、記事をあげさせていただきました。スポーツナビさまで当ブログを開始させていただき、早数年になります。毎回記事を更新すると、スポナビのサイトでリンクされることで、不相応なアクセス数をいただくことができました。このアクセス数は、率直に非常に強いモチベーションです。記 [続きを読む]
  • 死闘の果て。チームを心から誇りに思う。
  • 日本シリーズ game6対ソフトバンクホークス戦11回裏、川島選手の打球を受けた梶谷からのホームへの送球が、大きくイレギュラーバウンドしたところで、ベイスターズの日本シリーズは終わりを迎えました。本当によく戦ってくれました。難攻不落の東浜投手から、白崎が本塁打を放ち、梶谷がシーズン通じてなかったバントを決めて、ロペスが痛烈な勝ち越し打を放った5回の攻撃は、震えました。今永は鬼気迫る投球で、8回まで投げてく [続きを読む]
  • 死闘の果て。チームを心から誇りに思う。
  • 日本シリーズ game6対ソフトバンクホークス戦11回裏、川島選手の打球を受けた梶谷からのホームへの送球が、大きくイレギュラーバウンドしたところで、ベイスターズの日本シリーズは終わりを迎えました。本当によく戦ってくれました。難攻不落の東浜投手から、白崎が本塁打を放ち、梶谷がシーズン通じてなかったバントを決めて、ロペスが痛烈な勝ち越し打を放った5回の攻撃は、震えました。今永は鬼気迫る投球で、8回まで投げてく [続きを読む]