kaz さん プロフィール

  •  
kazさん: 木の模型
ハンドル名kaz さん
ブログタイトル木の模型
ブログURLhttp://kinomokei.blog.fc2.com/
サイト紹介文銘木でつくる精密模型の紹介、制作日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/04/18 21:17

kaz さんのブログ記事

  • 足の切り出し 1/35木製ガンダム(3)
  • 部品の切り出しは、先ず、部品図を作り、それをもとに型紙を作成します。足は3部品としました。 ①底部(赤っぽいウォールナット) ②甲(メープル) ③足首(暗いウォールナット)部品図といっても方眼紙に書いた自分が解る程度の図です。 1/100ガンプラから採寸すると2.85倍になります。部品図をコピーして、正面、側面、上面、いわゆる3Dの型紙を作ります。型紙に沿って、木に書き込みます。切り出しますが、1面だけ切り [続きを読む]
  • 10月の模型道場
  • 先月の道場は台風接近のため中止になり、2ヵ月ぶりの開催で、参加者も新作展示も賑わいました。道場は、朝10時から夕5時まで、どなたでも出入り自由、会費なしの開催ですが、僕は皆さんとお昼ご飯(外食組とお弁当組)を食べに行く感じです。新作展示作品を全てではありませんが紹介します。制作中のヤマト第一艦橋内部。覗くといい感じです。僕の展示は制作中のガンダムヘッドにほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Bl [続きを読む]
  • 頭部の仮組  1/35木製ガンダム (2)
  • ヘッドの部品が揃い、とりあえず組み合わせました。トサカ?の部分は2個のLEDを組み込みました。明かり過ぎですが、木製クリア仕上げですのでこれくらいのインパクトはあっていいかも。本体へ接着木製無着色でも目力は欲しいので、目の周りは黒つや消しで塗装。赤っぽい木はローズウッドで削るといい匂いがします。仮組します。本組は磨き、クリア塗装をしてから。LED点灯、眼が少し大きいような。仕上げ塗装は全体の部品が揃って [続きを読む]
  • 先ずはヘッドから 1/35木製ガンダム(1)
  • ヘッドからの制作ですが、今まで制作してきた1/35ガンダムシリーズに比べ、かなり小振りです。それと、プラモデルなど市販されてない物を選び、制作してきましたが、1/35ガンダムはバンダイプラモデルなど販売されていました。テンション下がるなぁ。今回はGファイターとの組み合せと、木質を生かしたガンダムで存在感をアピールしたいと思っています。ヘッドはメープルで制作。切り出して、荒仕上です。トサカ?の前後、眼にLEDを [続きを読む]
  • ガンダムRX-78 -02
  • 間違って購入した「THE ORIGIN」ですがショルダーキャノンがいい感じです。全くの素組です。Gファイターに乗せてみました。足幅はかなり広くなります。1/144と1/100スケール暫く休んでいた制作活動をのらりくらりと再開します。このガンダム&Gファイターを参考に(^-^)/木製1/35スケールで、素材はメープル、ウォールナット、部位によっては紫檀、黒檀を使います。Gファイターはガンダムの台座となりますので着色塗装を考えてい [続きを読む]
  • Gファイター 1/100
  • いつの間にか朝夕は秋を感じます。そろそろ制作を始めなくては・・・。資料として一回り大きい「1/100Gファイター」を組み立ててみました。箱絵は雰囲気が出ています。素組だと・・・塗装をしないとやっぱり玩具っぽいですね。ガンダムVer.2.0と組み合わせて、いろいろと変形ができ、そのためのパーツが多く、箱が大きく、価格も高めです。必要なのはGファイター飛行形の資料ですので半分は不要部品です。1/144と比較RX-78Xガ [続きを読む]
  • Gファイター
  • 夏真っ盛り!働く人たちの多くも夏休みで、日常ではできない遠出や趣味に没頭など、計画、実行され充実した時間を持っている思います。ほぼ毎日、日曜日の僕にとって、夏は何にもしない「長い夏休み」です。もったいない時間ですね。気力も体も指先も訛ります。何を作るか思案中ですが、製作期間が長いので悩むところです。暫くガンダム系だったので他を思案したのですが、1/35スケールの「基本のガンダムRX-78 」を作っていません [続きを読む]
  • 土佐模型クラブ、7月の道場
  • 夏がやって来ました。模型作りも何となく夏休みです。加齢と共に集中力も希薄になるようです。7月の模型道場は、先月に展示会があり、その反動か展示作品がいつもより少なめでした。もちろん?僕も展示する新作はありません。展示作すべてではありませんが作品を紹介します。いつも完成度、緻密さ、アイデアで僕を魅了するNiiyaさんの作品。AFV飛行機は1機のみキャラ系は元気です次の制作作品はまだ決まっていません( ̄^ ̄)ゞに [続きを読む]
  • 高知家の大模型展示会、作品紹介
  • 第20回の展示会も盛況のうちの終了しました。土佐模型クラブは会員出入り自由のゆるーいクラブですが、20回も続き、また、盛大に、楽しく開催できることはお世話人がしっかりしている、このことに尽きると思います。今回の作品数は600点以上、出展者は100〜150名(正確には解らないそうです)。作品の紹介ですが余りにも多いので、今回初出展の段ボール作品を紹介します。この方は、会場近くで八百屋さんを経営されていて材料には [続きを読む]
  • 1/35ズゴック完成
  • 木を素材に制作している「木の模型」工房ですが、なぜか、このズゴックは粘土製です。スタイロフォーム、発泡スチロールを芯として石粉粘土で整形しています。粘土細工です。ズゴックはずんぐり体形ですので台座は少し高くしました。完成画像の羅列です。メガ粒子砲はブルーLEDの高速点滅です。爪・アイアンネイルと肩は可動。脛にグリーンLED、邪道??股間のバーニア点滅バーニアの下にリペイントの「シャー」フィギュア。約1/17 [続きを読む]
  • 高知家の大模型展示会のご案内
  • 土佐模型クラブ等の模型展示会が開催されます。   日時  6月11日〜18日   会場  いの町 紙の博物館毎年1回の大イベントです。今年もこの展示会に向けて制作した力作が出展されます。お近くの方、また、遠くの方も是非、お越しください!土佐模型クラブは、今年も5月に開催された「静岡ホビーショー」に参加し、好評を得ました。出展した作品も展示されます。ご期待ください!にほんブログ村←良かったらボチッ!   F [続きを読む]
  • 台座の作成  (7)
  • ズゴックの最終組み立て、配線を行いました。数日後、見てみるとしっかりと固定しているはずの脚に亀裂が走り、ガタが来ていました。10ミリ丸棒の芯に石粉粘土がきれいに沿ってなくて、ひずみが出ていたと思われます。修理ですが、中に配線があり分解してというわけにはいかず修理跡が残りそうです。完成し撮影はお預けです。台座を作りました。材料は残り物のスタロンフォームと石粉粘土、上下板はベニヤ板です。1/144ガンダム [続きを読む]
  • 塗装完了とします (6)
  • 部品が揃ったところで、すべての塗装をしました。濃い赤系はあずき色主体、薄い赤系はメタリックを混ぜた色合い、腕などはミッドナイトブルー系としました。下地に黒を全体にに吹き、グラデーション風にしたので、赤系は似たような風合いになりました。これもまた、いいかな。シールを作成マスキングを剥がすと粘土の表面がはがれ、注意が必要でした。腕脚上体配電基板は背中に後、組み立てと配線です。にほんブログ村←良かったら [続きを読む]
  • ズゴック 爪、腕の制作 (5)
  • 腕を制作して、ほぼ部品が出揃います。このズゴックの唯一の可動部分が肩、手首、爪です。手首にLEDを埋め込みますので配線が必要です。爪のヒンジは市販ガンダム部品を使います。360度回転しますが、爪の動きは縦方向のみです。1/144ガンダムと胴体の整形もっほぼ終わりました。下の穴は給電ソケットです。手首が大きいのが特徴。下半身から塗装を始めました。踵にスイッチを仕込んでいます。蓋はマグネットで固定。シールを作る [続きを読む]
  • 4月の模型道場
  • ゴールデンウイークも、もう後半。少し遅れて4月の土佐模型クラブの集い(プラモ道場)のリポート。相変わらず会場は盛況です。展示作品は少し控えめでしょうか。土佐模型クラブの展示会(6月)向けて秘策中かもしれません。静岡ホビーショー出展作品もお披露目です。超巨大戦艦アトランティスも完成寸前プラ板で制作すること2年余り、静岡ホビーショーで初公開です。展示作品の一部の紹介です。光沢が半端じゃないですエヴァルタ [続きを読む]
  • ズゴック 上半身 (4)
  • 少しずつ製作は進んでいますが、粘土の乾燥に時間がかかること。部品間の合わせや整形で、乾燥粘土を切削やペーパー掛けをしますので部屋中が石粉埃にまみれる悩みがあります。ガンダムファミリーの中では部品数は少ないようです。胴体(頭部と一体です)両腕の部品がほぼ揃いました。石粉粘土は石膏のように角がもろく欠けやすいため、ラッカーで表面を固めますが粘土層が薄いと内部のスチロールを溶かし、再度粘土の盛り付けの繰 [続きを読む]
  • 3月の模型道場
  • 3月のレポートが4月になりました。道場は新しいメンバーも加わり、今月も盛況です。また、4月の中四国AFVの会(山口会場)、5月の静岡ホビーショー、6月には土佐模型クラブの展示会向けて制作にも力が入ります。持ち寄った作品の一部を紹介します。中四国AFVの会参加作品も展示されていました。・・・金賞を狙え!度々紹介しています「超巨大戦艦」も急ピッチで建造が進んでいます。5月の静岡ホビーショーへ出展します。1メートル [続きを読む]
  • ズゴック 下半身の仮組 (3)
  • 部品が乾燥し、整形が終えたので仮組みをしました。組み立ては、そろばんの珠を通す要領です。接着はまだ先のことです。この時点で石粉粘土を2,5?の消化。上部の制作に掛かりますが、芯を発泡スチロールからスタイロフォームに変えてみました。使ってみると、硬さもあり、切削性もよく、こちらのほうが合っているように感じます。腰へ載せてみました。にほんブログ村←良かったらボチッ!   FC2 Blog Ranking [続きを読む]
  • ズゴック 下半身 (2)
  • 太い上半身を支える脚部の補強をします。骨として10mm丸棒を腰から電池ボックスへ固定します。部品をはめ込みます。発泡スチロールに石粉粘土を貼り付け整形していますが、ここで大きな問題が。ズゴックの制作方法は部品を作り、それを組み立てる方法で、部品の寸法があいまいではバランスよく組みあがりません。ですから、部品はノギスを使って10分の1ミリ単位の気分で制作しています。ある程度、乾燥をした部品を計測すると、か [続きを読む]
  • 2月のプラモ道場
  • 2月のプラモ道場は会場を「海洋堂ホビー館四万十」でした。高知市から高速道路を使って西へ約1.5時間の山深いところですが、参加者は多く、盛況でした。ホビー館は「情景師アラーキー」さんの代表作20点を3ヶ月に渡り特別展示をしていましたが、この日は最終日でアラーキーさんと土佐模型クラブのコラボというものでした。アラーキーさんの作品は凄い!今日はケースを外しての展示です。だから、写真撮影もバッチリ。どう見ても本 [続きを読む]
  • 1/35ズゴック  (1)
  • 「木の模型」ですが、今回は一部骨組みなどに木を使う程度で発泡スチロールと木粉粘土です。未経験ですので、材料の量や製作期間は全く未定です。いつもは頭から(上から下へ)制作ですが、今回は足から。発泡スチロールで足の切り出し。カッターナイフでサクサクと切削できますが、切りくずが静電気を帯びてあちこちに引っ付き厄介です。電飾の電源は台座から供給していましたが、ズゴックの電源は本体に組み込みます。両足に単二 [続きを読む]
  • 粘土ズゴック
  • 先日、家内のお供で特売セールの手芸店に行ってきました。石塑粘土も30%OFF。土佐模型クラブに造形部なるものが出来ており、レベルの高い作品を作っています。ギラ・ドーガの次の作品を思案中ですが、「ズゴック」を発泡スチロールを芯とした石粉粘土での制作を検討しています。1/35スケールガンダムファミリーは木製となると10?近くになり、収納や移動が大変です。ガンダムを粘土で作っても造形かは疑問ですが、電飾も組み [続きを読む]
  • ルガーP08 10インチバレル カービン完結
  • ストックをウレタン塗装をし、ルガーP08は終結とします。「かっこいい銃を美しく」をテーマに制作してきました。かっこよく撮るには格好をつけます。バックに赤い布を配し、しゃれてみました。ストック右側の木目、アメリカ産ウォールナットの特徴的な美しさです。右側も変化に富んでいます。ストックはレバーでワンタッチ固定ですメカもすべて木製ですので、モノクロで金属感を・・・むり?「みんなのモノづくり展」開催中!南国 [続きを読む]
  • 新しい年
  • あけましておめでとうございます。と、いってももう5日。昨年の制作作品はただ一つ。手が遅い!動きも遅い! 今年も新年のあいさつが遅いですね。高知の元旦、初日の出は快晴で、雲一つありませんでした。目が覚めるとすでに太陽は頭を出し、危機一髪でパチリ。いい写真が撮れました。初詣は地元氏神様と、高知から40??くらい離れた須崎市の賀茂神社に参拝してきました。須崎市のゆるキャラ「しんじょう君」が、2016年全国ゆる [続きを読む]