高桐遊 さん プロフィール

  •  
高桐遊さん: いじめ対策兵法指南
ハンドル名高桐遊 さん
ブログタイトルいじめ対策兵法指南
ブログURLhttp://anti0bully0strategy.com/
サイト紹介文いじめとの戦い方(兵法)を教えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/04/19 15:00

高桐遊 さんのブログ記事

  • イラク日報
  • イラク派兵された自衛隊の日報を政府(自衛隊?)が隠蔽したと騒ぎになりましたが、記述が話題を集めております。生々しい戦闘の様子の合間に、多国籍軍将兵との交流の様子や日常が生き生きと描かれているのです。でっかいトンボに驚いたり、幻想的な月夜にアラビアンナイトの世界に想いを馳せたり、日本食を巡って、自衛隊員たちの鉄の団結にヒビが入りかけたり。極めて貴重な歴史資料です。小役人だか、薄汚い政治家だか知りませ [続きを読む]
  • セクハラ辞任とマスコミの自殺
  • 財務官僚がセクハラで辞任しました。異常に往生際が悪かったですね。元々はユーモアのある人だったみたいですが、調子に乗りすぎたのでしょう。財務省が総攻撃を食らっている最中に脇が甘すぎるとは思いますが、きっと普段からやっていたので、大丈夫と慢心したと思われます。感度がなかったとも云えます。一方、被害者は昨夜になって、実はテレビ朝日の社員だったと発覚しました。テレ朝のネタとして出さなかったテレ朝も猛省せね [続きを読む]
  • 新学習指導要領と置き勉禁止
  • 新学習指導要領により、教科書の分量が増え、理解し易いようにビジュアルを良くして教科書の重量が増しております。おかげで最大10?もの重さになるそうですが、小学1年生の平均体重は20?だそうです。実に体重の半分もの重さを毎日強いているのだとか。置き勉といって、学校に教科書を置いていくことは禁止だそうです。馬鹿なの?体重の半分って、仮に高校生だったら、平均60?として30?にもなります。それって軍隊ぢゃ [続きを読む]
  • 唄う犬の帰還
  • イスラエルで迷子になった犬が芸によって、飼い主の元に戻れたそうです。シベリアンハスキーが迷子になり、警察に保護されました。飼い主では、という人物に警官が電話したところ、「自分の犬ならば唄えるはずだ」と警官に確かめるよう依頼します。他の曲を流しても無反応だった犬が、ある人気コメディドラマのテーマ曲を流した瞬間に激しく反応。まさに曲に合わせるように唄い始めます。詳しくはYouTubeをご覧下さい。かなりキュ [続きを読む]
  • 加藤廣さんが亡くなりました
  • 『信長の棺』を引っ提げ、75歳で衝撃のデビューを果たした方です。金融機関にお勤めの傍ら、歴史探求をされてきました。博覧強記にして、偉大な小説家でした。お人柄は温厚で、質問をすれば、懇切丁寧に接して下さいました。87歳でした。ご冥福をお祈り申し上げます。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ [続きを読む]
  • 発汗デトックスの嘘
  • ナショナルジオグラフィックのWeb記事を読んでいたら、面白い情報が載っておりました。よく、エクササイズやサウナ、岩盤浴などで「デトックス効果」を謳うものがあります。ところが、実際に科学者が調べたところ、汗の量が倍になったところで、汗に含まれる汚染物質の量は0.04%までしか増えないそうです。脂肪を燃焼したり、ストレス解消したりと、運動やサウナに何の効果もない訳ではありません。デトックスという意味で遥かに [続きを読む]
  • ネット炎上を回避する方法
  • ITmediaニュースを読んでいたら、考えさせられました。今は何でもネット上に上げてしまい、誰でも叩く相手を探している状態。ネット上で叩くだけなら、ネットを見なければ済む話ですが、実際に正義を気取って行動を起こす馬鹿がいます。たとえば、東名高速で煽り運転の挙げ句に犠牲者を出した事件で、犯人と何の関係もない方が嫌がらせに苦しんだ事件がありました。正義を気取る馬鹿は何処にでもいます。数多のスキャンダルに揺れ [続きを読む]
  • コックローチからゴキブリの絵が消える
  • 世の中、ゴキブリという単語すら見たくない方も結構おります。ですので、以下Gと表記させて頂きますが、Gに対する強力な兵器『コックローチ』の表には分かり易いようにGの絵が描いてあります。「それが不快だ」と思う方が大勢いたのですが、パッケージを外すと無印の白い缶になる商品が発売されたそうです。これが思いの外好評なのだそうです。私も子供の頃からGとは苦闘してきましたが、結婚してからはGとはほとんど無縁とな [続きを読む]
  • 文書を改竄する国
  • モリカケ問題で国会が揺れております。時の権力者に忖度して、正規の手続きをすっ飛ばして行政をしていた、という問題は本質を議論して頂きたいです。これで安倍首相の三選は無くなったでしょうから、それは良かったんじゃないでしょうか。ちなみに文書の改竄が前代未聞みたいな論調になってますが、嘘です。安倍政権よりもずっと前から役人は文書を改竄してきました。きちんと記事にもなっております。だから安倍排除をしても問題 [続きを読む]
  • 受刑者脱獄
  • 愛媛の刑務所から受刑者が脱走し、騒ぎになっております。逃走した受刑者は二十件以上もの窃盗で捕まり、服役しておりました。服役した刑務所は規律が厳しい所みたいですが、模範囚が多く、入ると刑期が短くなると志願者が多い刑務所だったようです。日本は執行猶予でなければ、刑務所に入りますが、海外ではGPSを付けて普段の生活を送らせる刑が結構あるようです。再犯率が低くなり、経費が安く済むので、トータルではそれなりに [続きを読む]
  • 引きこもり対策が必要
  • 鹿児島で五人も殺害する凄惨な事件が起きました。38歳の親族が逮捕されましたが、長い間無職だったようで、親族からかなり責められていたと想像できます。たしかに外に出たほうが健康には良いし、精神衛生上も良いに決まっている。しかし、1度負のスパイラルに入ってしまった人に無理をさせたって不幸になるだけです。プライドがあったから、挫折が重い心の負担になったのでしょう。でも、プライドがあるのなら、能力はあるので [続きを読む]
  • ストーカー運転手
  • タレントの菊池桃子がタクシー運転手にストーカーされ、運転手が逮捕されました。きっかけは客として利用しただけなので、とんでもない話です。何も菊池桃子だけに限った話でもなく、また、タクシーだけ気を付ければいい訳でもありません。タクシーを数ブロック手前で降りたところで、近隣に住んでいることはバレる訳ですし、タクシーに限らず、出前とか、機器の修理とか、引っ越しや物件探しでバレたケースもあります。ストーカー [続きを読む]
  • 人命救助の女性が土俵に上がり塩を撒かれる
  • 舞鶴市で大相撲の巡業が行われておりましたが、舞鶴市長がくも膜下出血を起こし倒れました。看護師資格を持つ女性が咄嗟の判断で心臓マッサージをし、市長は一命を取り留めました。「女は土俵に上がるな」と何度か行司がアナウンスし、後で大量の塩が撒かれたそうです。土俵の女人禁制問題はずいぶん前から物議を醸し、また女性の役職者が増えた事から不可避の問題ではありました。私は不合理な伝統はあっても良いとは思います。博 [続きを読む]
  • 第2回人工知能EXPOに行きました
  • 第2回人工知能EXPOに行きました。相変わらず人が凄く、すぐ隣のクリエイターEXPOが可哀想なくらい。人工知能の課題と限界も見えてきました。人間に取って替わるなんて嘘だそうです。大量のデータを一度に処理したりとかは得意ですが、状況判断を都度求められる自動運転とかはかなり厳しいそうです。例えば、動物なら全部備わっている物理的常識がありません。教え込もうにも、どんなケースがあるのかをいちいちルール化し [続きを読む]
  • ギャンブル法案が決まりそう
  • 正確にはIR法案、カジノを含む統合型リゾート法案の審議で、与党案として、入場料を六千円にすることで妥結したそうです。果たしてディズニーランド並の入場料を払う価値があるのか疑問ですが、日本人と日本に居住する外国人は払わないといけないみたいです。たまたま遊びにきた外国人がすっからかんになって帰れなくなっても、考慮されません。日本は夜の遊びが少ないと、一部外国人が不満に思っていたそうですから、限定された一 [続きを読む]
  • 限定販売トラブル
  • ちょっと前に京都高島屋が100体限定の人形を発売しました。1人2体まで、実質先着50人でしたが、50人に達した段階で整理券の配布を中止しました。ところがいざ開店して整理券を回収しながら販売すると、先頭の1人が50人分の整理券を示して全て精算して行きました。ネット上で騒然となり、抗議も殺到しました。明らかに転売目的で、12万4200円が約15万で売られていたとか。しかも、新聞にも書かれちゃって、お店 [続きを読む]
  • また日報問題
  • 駐イラク自衛隊の日報が「無い」と政府が答弁していましたが、「実はあった」としてまた問題になりました。無い訳がなく、最初からあったのに、その時どきで答弁するからこんな無様な話になるのです。武力行使がどうかとか、戦闘状態だとか、そんな些末な問題でぎゃあぎゃあ騒ぐ野党が悪いし、小手先で誤魔化そうとする与党も悪いです。国際情勢から海外派遣せざるを得ない状況なのも、そもそも軍隊そのものも必要なのに、まるでお [続きを読む]
  • 日本の国会議員のレベル
  • 同じ質問を繰り返したり、質問時間が余る程度の知識しか持ち合わせない馬鹿議員とか、色々いますが、ちびまる子ちゃんの映画を協賛した文科省に難癖を付けた馬鹿議員がいます。まる子がイタリアの少年と交流をする話で、サブタイトルが『友達に国境はな〜い!!』だそうです。「文科省が国境は無いと嘘を教えるのはどうかと思った」そうです。それで個人的に思うのは勝手ですが、文科省に猛省を促したそうです。まるでトランプ並の [続きを読む]
  • 欧州をファシズムが覆う
  • ヨーロッパを自由や民主主義の象徴と言論人が持て囃しておりましたが、間違いだと分かりました。先日、フランスでイスラム原理主義者がスーパーに立て籠り、四人死亡する事件がありました。事件に巻き込まれて死亡した食肉販売業者に対して、ビーガン(完全菜食主義者)が「全然同情しない。そこには正義があった」とSNSに投稿。ファシズムとは恐ろしいものです。正義のためなら殺人も正当化するのですから。たちまち非難を浴び、 [続きを読む]
  • タイトルほどには笑えない『わろてんか』
  • NHKの朝ドラ『わろてんか』が終わりました。吉本興業の創業時の苦労をベースにしており、実話も混じれば、完全創作(ヒロインの実家等)なところもあり、どこまでが実際にあった話なのか分かりませんでした。だいぶ苦労したんだろうな、と偲ばれる描写もあり、芸人を月給制にした理由も良く分かりました。ヒロインを演じた葵わかなは良くなって行きましたね。お婆ちゃんは無理がありますが、安達祐実の例もあるので、おばちゃん [続きを読む]
  • ロシア外交の危機
  • イギリス在住の元スパイを殺害した疑いで、ロシアの外交官が全員国外追放を受けました。アメリカもロシアゲートを巡って険悪になり、アメリカにいるロシアの外交官を国外追放しました。ヨーロッパには歴史的にロシアに対する警戒感が強く、ヨーロッパにも波及する可能性が出てきました。極東におけるロシアは、そこまでの脅威ではない上、中国への牽制にもなるので、今回のロシア外交の失態は日本への追い風となります。上手くこの [続きを読む]
  • 曹操の墓発見?
  • 三國志の英雄・曹操の墓が発見された、とニュースになり、発掘した当事者が戸惑っている、という記事を読みました。というのも、発見したのはなんと2009年。そりゃ驚きますわ。ただ、記事を読み込んでいくと、本当に曹操の墓かは疑問が残ります。墓の主である男性(六十代)と陪葬された女性二人(五十代と二十代)で曹操と卞皇后、劉夫人ではないか、とされているそうです。根拠はWikipediaを読むとそれなりにあるのも分かりまし [続きを読む]
  • 米朝会談ほぼ実現
  • 北朝鮮の金正恩が中国に行き、米朝会談に対する下準備がほぼ整いつつあります。しかし、まだまだ同床異夢状態で、日本を除く全ての国が現状維持を望み、日本だけが拉致被害者の奪還を目論んでおります。現状維持とはアメリカは核を認めず、北朝鮮は核を持っているという前提の違いもありますが。体制保証の具体的中身についても、アメリカは北朝鮮を攻撃しないというだけの約束では、北朝鮮が納得しませんし、北朝鮮の核武装を中国 [続きを読む]
  • ボクシング計量オーバー問題
  • 先日、山中選手がメキシコのネリと戦いましたが、山中は既にネリに負けており、遺恨試合でした(ネリはドーピングで失格)。その試合で今度は大幅に体重超過し、ハナから体重を守る気もない状態でネリは来ました。王座は取り上げられましたが、減量もせず、元気いっぱいで山中をノックアウト。ファイトマネーはそのままふんだくっていきました。今回、スーパーバンタム級の大森選手がコーチ義人選手に体重超過をやらかされ、結局試 [続きを読む]
  • 引っ越し難民急増
  • 春は別れの季節でありますが、引っ越しの季節でもあります。入学や入社に伴う引っ越し、人事異動に伴う引っ越しがあるからですが、今年は大量の引っ越し難民が出るのではないか、と予測が出ております。原因は慢性的な人手不足とAmazonなどの通販の伸びにあります。最近はスーパーでも宅配をしております。どこもかしこも宅配。しかもトラックドライバーはきついしで成り手不足。一番皺寄せが行ったのが引っ越し屋みたいです。いく [続きを読む]