高桐遊 さん プロフィール

  •  
高桐遊さん: いじめ対策兵法指南
ハンドル名高桐遊 さん
ブログタイトルいじめ対策兵法指南
ブログURLhttp://anti0bully0strategy.com/
サイト紹介文いじめとの戦い方(兵法)を教えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供344回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/04/19 15:00

高桐遊 さんのブログ記事

  • ついに2次元と結婚式
  • 初音ミクというバーチャルアイドル? シンガー? がありますが、元々は合成音源を若い女性に具現化したものです。ところが様々な人によってキャラクターが肉付けされ、今や世界を股にかけた大スターともいえます。その初音ミクと結婚をした男性がいるのですが、ややこしいことに、『俺の嫁召喚装置』なるAIを駆使したスピーカーがあって、好きなキャラクターと会話が出来るものがあるのだそうです。ここまでは理解できます。驚いた [続きを読む]
  • トルコショック
  • トルコとアメリカの問題が危険水域に達しております。通商問題が表に出ておりますが、本質的な問題は、トルコのロシア接近にあります。しかしトルコにロシア接近を許した背景には、シリア問題でのアメリカやNATO諸国にあります。欧米はIS対策のためにクルド人と組みました。元々ISが勢力を伸長した背景にはイラクの混乱やアラブの春があり、それらの元凶ははっきり欧米諸国にあります。まずは真摯な反省が必要ですが、根源的なとこ [続きを読む]
  • 特務機関NERV
  • 『特務機関NERV』というツイッターアカウントがあるそうです。気象庁の速報と連動しており、時には報道機関よりも早く地震速報を出したこともあるとか。フォロワー数は約五十万。運営しているのは『ゲヒルン』というITセキュリティ会社の社長で、名前から分かる人には分かる『新世紀エヴァンゲリオン』の熱烈なファンの方です。ちゃんとエヴァンゲリオンの著作権を管理する会社の許可も得て名前を使っているそうです。最初は洒 [続きを読む]
  • 受け継ぐべき戦争体験
  • ニューズウィーク日本版に感慨深い記事がありました。↓《元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味》元米兵捕虜と捕虜収容所の孫である日本人記者との間での邂逅の話で、善悪二元論でもなく、被害者、加害者でもなく、互いの立場を認めた上で、悲しみを分かち合う。記憶を引き継いでいく、という過程が大事である、と。アメリカ人が被害者面して責める、だったら、「どの口が言うか?!」と反感を覚えますが、この元捕虜はそう [続きを読む]
  • 終戦の日
  • 今年で73回目の終戦記念日となります。最近、『不死身の特攻兵』という書籍を半分くらい読んだのですが、まあ酷い話です。だいたい特攻隊を考えた奴らはロクでもない人間のクズばかりですが、頭の悪い人間のやることは始末が悪い。3,830人の方々が特攻によって亡くなりました。しかし戦果はといえば、正規空母や戦艦どころか巡洋艦もゼロ、護衛空母3に駆逐艦13、輸送船や上陸艇など31でした。戦果があったのも、初期だけで、 [続きを読む]
  • 容疑者逃走
  • 大阪でいくつかの凶悪犯罪の容疑者が逃走しました。弁護士の接見後に、警察側の杜撰な管理と、アクリル板のチャチな構造のために逃走を許しました。弁護士も接見が終わった事を警官に告げなかったのですから、きつい言い方をすれば、片棒を担いだようなものです。それにしても、これほど杜撰だとは知りませんでした。最大の元凶は警察側にあります。むしろ今までの容疑者はなんと大人しかったのでしょう。ただ、今回の逃走は果たし [続きを読む]
  • 映画『ダンケルク』を観ました
  • 映画『ダンケルク』を観ました。クリストファー・ノーラン監督作品です。舞台は1940年5月26日から6月4日までのフランス、ダンケルク海外。ドイツ軍に追い詰められたイギリス軍とフランス軍将兵が40万人おりました。イギリス軍はダイナモ作戦を発動させ、せめて数万人でも救おうとしておりました。イギリス陸軍の二等兵と、対岸のドーバーから出航した遊覧船の船長、イギリスの戦闘機スピットファイアで上空の支援に飛び立ったパイ [続きを読む]
  • 田舎暮らし
  • 夏休みで伊豆の田舎に一泊しました。畑を手伝いましたが、今年は猛暑で思うように成らず。それでも、まあ、散々ぱら、採りました。スイカとメロンは食い放題。トンボ様のおかげで蚊にも遭わず、カンカン照りの中でも、農作業が出来ました。おかげで筋肉痛ですが。夜は山の中ゆえ、涼しく過ごせました。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ [続きを読む]
  • 動物番組のあり方
  • TBSの『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!』という動物バラエティー番組があります。私も仕事が早く終わった時に妻が観ていると一緒に観ております。内容は何て事ない動物カワイイ番組です。知らなかったのですが、何度か炎上したようで、視聴率は悪くなかったのですが、打ち切りとなるようです。タレントが他人のペットを叱ったり、赤ちゃんや小さい子が猫をいじくり回したりする場面が動物虐待だ、と。猫はそんなヤワ [続きを読む]
  • くまのプーさん上映禁止
  • 中国の国家主席・習近平は容姿がくまのプーさんに似ているため(厳密には正面切って批判出来ないために、プーさんを使って揶揄)、中国ではプーさんの画像は全て検閲されます。恐らく、中国ではプーさんのキャラクターは表立ってはゼロでしょう。裏での人気は絶大でしょうが。このほどプーさんの実写映画が製作されましたが、中国では上映禁止となりました。笑えますね。しかし、日本人も油断してはいけません。北京で冬季オリンピ [続きを読む]
  • またまたサマータイム議論
  • 今日の台風はエライ目に遭いましたね。さて、東京オリンピックに合わせて、2年間限定のサマータイム導入を検討するとか。日本の政治家や役人は馬鹿なのですか?そんな事をして何のメリットがあるのですか?暑さ対策? だったら競技時間を早めて、首都圏の交通機関を早く動かせば良いぢゃない。混乱するばっかりで、出社時間と競技時間をダブらせたくないなら、別の道を探るだけで良くないですか?例えば、バカンス法を成立させて [続きを読む]
  • アイスがない!
  • 今夏の猛暑のため、アイスが次々と在庫切れを起こし、出荷停止に追い込まれております。私もたまに買うサクレ、アイスボックスなどもなるようです。その他も、全商品が停止とならなくても、商品を絞り込んで対応するとのことです。ガリガリ君やパピコなどはその形になるのだそうです。ある意味、アイスメーカーや清涼飲料水メーカーにとっては嬉しい悲鳴なのでしょうが、暑い中、アイスをかじりながら歩く身としてはたまったもので [続きを読む]
  • 原爆の日
  • 73回目の原爆の日が訪れました。アメリカは本土上陸の犠牲を避けるという口実で、非戦闘員を対象とした虐殺を行いました。真珠湾はあくまで戦闘の範疇ですが、広島や長崎は一方的な虐殺です。人類の愚行の最たるこの日を永遠に忘れてはいけないと思います。それはともかく、式典に出席した安倍総理が核兵器禁止条約に触れなかった事が話題になっておりました。核が拡散する世界で生き残るためにはあらゆる手段を講じていかなけれ [続きを読む]
  • 映画『何者』を観ました
  • 映画『何者』を観ました。若者6人の就活を通した群像劇です。息子がそろそろ就活だと騒ぎだしたので、借りてきました。佐藤健主演、有村架純、菅田将暉、二階堂ふみ、岡田将生出演です。もう役名で書くと面倒なので、役者の名で書きます。佐藤は菅田と友達で、菅田と有村が付き合ってました。二階堂と岡田が同棲していて、二階堂の部屋が就活対策室の部屋としてたむろしむす。佐藤の部屋(アパート)の下に二階堂の部屋があります [続きを読む]
  • 取調映像の是非
  • 栃木で起きた幼女殺人事件の裁判で、自白した時の映像を根拠とした一審判決の一部を否定しながらも、他の客観的事実のみを根拠として、同じ無期懲役の判決を言い渡しました。これは、「自白映像によって裁判員の判断が左右される」という理由です。なるほど、と。つまり、積極的な証拠として開示するのではなく、被告側が「自白は強要されたものだ」と主張できなくするためだけに撮っておかれる、という話になります。たしかに納得 [続きを読む]
  • オージービーフ急騰
  • オージービーフが急騰しているそうです。原因は様々ですが、主要因は中国。今、中国はアメリカと貿易戦争の真っ最中です。中国はアメリカの牛肉に高関税を掛けました。代用品としてオージービーフが好まれ、需要が増しているのだとか。今、アメリカは世界中に貿易戦争を仕掛けていますから、もしかすると世界中から牛肉を狙い打ちされる可能性があります。さらには悪天候、高温化により、流通量が減ってさらには高騰することが考え [続きを読む]
  • 東京医大が女子差別
  • 文科省の役人が助成金をエサに、自分の息子を裏口入学させていた問題で、驚くべき事が発覚致しました。普通はゲタだけ履かせるもんだと思うのですが、何と女子受験生の点数を一律下げていたのです。しかも、男子学生の点数を一律に上げ、女子よりも点数の低い男子を入学させておりました。これはもはや裏口とは別の問題です。いや、もっと大きく、酷い問題です。理由は「女性は結婚や出産で辞めてしまい、大学を支えてくれないから [続きを読む]
  • テコンVはウリジナル
  • 韓国で『テコンV』なるロボットアニメがあります。1976年に制作され、大ヒットしました。ところが、主にマジンガーZやグレートマジンガーなど、当時の日本で大ヒットしたアニメの要素を丸パクりで、敵のロボットにも、日本アニメのキャラが丸パクり状態です。映画化もされたらしいです。そんなテコンVは韓国国民の誇りではありましたが、だんだん日本文化が解禁されると、どうやら恥ずかしいことをやらかしていた事に気付く人々 [続きを読む]
  • 『シャイニングマンデー』導入?
  • プレミアムフライデーが全く浸透しなかったので、リベンジとばかりに、『シャイニングマンデー』というものを経産省が画策している、という噂が立っております。厳密にはプレミアムフライデーの替わりでもないし、まだプレミアムフライデーは続けるそうですが。何かロボットアニメの必殺技みたいですね。何スか、シャイニングって。お父さんがドアの隙間から顔だけ出して叫ぶんですか?ネーミングセンスはどうなんでしょう?人手不 [続きを読む]
  • LBGTは生産性が低い?
  • ちょっと前の話ではありますが、じわじわと騒ぎが広がってます。自民党の藤田水脈議員が「LBGTは生産性が低いので税金を振り向けるべきではない」と雑誌に寄稿し、問題になっております。このあからさまな差別発言についての論考は避けます。私は何の「生産性」なのか、が気になりました。いわゆる経済的な生産性だったら、無職でない限り生産しております。税金を払ってもいるでしょうから、国家運営に関わる意味で生産をして [続きを読む]
  • 『リベンジ・リスト』を観ました
  • 『リベンジ・リスト』を観ました。ジョン・トラボルタ主演のアクション映画です。元工作員のトラボルタは自動車工場に勤めておりました。妻は環境調査会社に勤めております。妻の出張の迎えに行った帰りに3人組の強盗に襲われ、妻が死亡します。トラボルタは軽い怪我で済みますが、指名手配された強盗は何故か釈放されてしまいます。実は州知事とギャング団はグルで、警察もギャング団と癒着をしております。元バディに協力を頼み [続きを読む]
  • 国連が破産?
  • 国際連合のグテーレス事務総長が「このままでは国連は破産する」と危機感を交えて声明を出しました。というのも、またしてもトランプです。国連分担金が「高過ぎる」と常々アメリカのトランプ大統領は不満を漏らしていましたが、NATOやメキシコの壁と違ってこちらは支払いを止めるだけなので、何の手続きも要りません。最大の出資国はアメリカですし、本部もニューヨークにあるくらいなので、今までだってやりたい放題だったのです [続きを読む]
  • 自民党改憲草案
  • たまたま、自民党の改憲草案を読んでいたら、面白いことが分かりました。広く一般的には憲法9条と自衛隊との整合性ですが、それ以外のところに自民党のお爺さんたちの主義主張が見え隠れするのです。まず、懐古趣味。もはやサザエさん的家族観を押し付けているところ。国が負うべき責任も社会と家族に押し付けている箇所が散見されます。次に、意外に現状追認型なところ。まずおぞましい憲法前文(お花畑全開でファンタジーな世界 [続きを読む]
  • またまたオウム死刑執行
  • 本日、残りのオウム死刑囚の死刑が執行されました。これだけ短期間に13人もの死刑を執行したのは驚きです。もう少し時間を置くのかな、と思っていたものですから。ただ、平成が終わる前に片付けちまえみたいな態度は感心しません。元号なんて関係ないだろう、と。悪は悪、法は法です。ちょっと理解できる部分があるとすれば、「次は俺だ」と苦しんでいた死刑囚たちの心を軽くしてやったのかな、と。いつ執行されるか分からない日 [続きを読む]
  • 習近平の過ち
  • 最近、中国メディアの見出しに習近平の文字が見当たらなくなった、という記事がありました。習近平は独裁を始め、定年の友達をナンバー2に引き上げました。個人崇拝をさせ、一帯一路構想によって「中華民族の偉大なる復興」を標榜し、人民の期待を膨らませてきました。しかし、かの国に昔からある諺で「長ずれば屈する」という哲理をすっかり忘れていたようです。まだまだ図体がでかいだけの中身は二流国なのに、「技術でアメリカ [続きを読む]