gorchan さん プロフィール

  •  
gorchanさん: ついてらっしゃい!
ハンドル名gorchan さん
ブログタイトルついてらっしゃい!
ブログURLhttps://gorchan.exblog.jp
サイト紹介文自分のための備忘録ブログです。 日頃感じたことを自分勝手につぶやいています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/04/19 19:08

gorchan さんのブログ記事

  • いよいよ!
  • 1週間後、師匠、友人たちに会える!一人のんびり神戸を満喫するぞ!もとい、コンクール頑張るぞ!と徐々に浮かれ気味になってます。単純な性格。でもって、間際のトラブルに動揺して(前回同様)終わり・・・なんてことになるような気もする。ま、それも私らしいけど。新幹線のチケットもホテルも取ったし、練習室も確保できた。あとは・・・そうそうまだ受験票が届かない(汗)。申込用紙に実家連絡先... [続きを読む]
  • いよいよ7月
  • 7月は、予定がいろいろございます。まずは、なんといってもピアノコンクール。前に受けたのが、舞い上がって散々だったので、今回は頑張りたい。来月のコンサートへ向けて、いい感触を掴みたい。バイト先に休みを前日から頂いて、連休にしてもらったので、コンクール前日には、ランチとディナーをそれぞれ別グループと頂くことになりました。コンクールのためなのか、皆に会うためなのか、なんとも欲張りな帰省... [続きを読む]
  • 節操のない人たち
  • 大事にしている場所を土足でズカズカと平気で踏み荒らす人たちが多くて辟易します。災害のときには必ず現れるしつこい取材陣。参考人として呼びつけた人に対しての野次。悲しみに耐える人に塩(心無い言葉)を投げつける人。どれもこれも日本人というから情けない。そしてどれもこれも、悪意がないというから始末に悪い。悪意がないどころか、勘違いの正義を振りかざしているから余計に厄介だ。こういう人... [続きを読む]
  • 節操のない人たち
  • 大事にしている場所を土足でズカズカと平気で踏み荒らす人たちが多くて辟易します。災害のときには必ず現れるしつこい取材陣。参考人として呼びつけた人に対しての野次。悲しみに耐える人に塩(心無い言葉)を投げつける人。どれもこれも日本人というから情けない。そしてどれもこれも、悪意がないというから始末に悪い。悪意がないどころか、勘違いの正義を振りかざしているから余計に厄介だ。こういう人... [続きを読む]
  • 3拍子
  • 音楽のことではありません。快晴、なんにもない日、気分上々3拍子がなかなか揃わず、先送りにしてしまっていた網戸洗いと窓ふきが、やっと今朝できました。お天気もすこぶる良いので、ついでに大窓洗いに玄関ポーチも洗っちゃえ。エアコンや換気扇のフィルターも、そ〜れ皆丸洗いだ〜。私と同じようにレンジフードを外で洗っていたご近所さんとの立ち話が途中入ってしまったので、思ったよりも時間がかか... [続きを読む]
  • すんませんな、ただモンで
  • 義両親との同居を決意して、きっと溜まるであろう愚痴のはけ口に始めたブログ。夫や友人に同じ愚痴ばかりを話していては、聞く方もきっとウンザリに違いないし、気を利かせて求めてくる会話もそんな内容ばかりだと、ストレス解消にもならない。とはいえ、「今日さ〜」という愚痴を誰かに聞いてもらわないことには、自分の中で消化する能力もない。などと、ブログを見てくれる人の事までは考えないことにして始めた... [続きを読む]
  • 関西のおばちゃんは・・・
  • 関西のおばちゃんは、なんでもかんでも「まけてくれへん?」と言うの?・・・とバイト先で、職員に聞かれました。ムム、失礼な。なんでもかんでも、言うてるのやあらしません。一回キリのお店ではそんなこと言いませんし。「次も来ますよ買いますよ」という馴染みのお店で、店主とのちょっとしたご挨拶なやりとりです。こちらも本気で「まけてほしい」なんて思ってません。「ご愛敬」です。店主もお... [続きを読む]
  • カッコええなぁ〜
  • 西城秀樹さん関連のYouTubeをいろいろ視聴してみてやっぱり秀樹はカッコええなぁ〜と改めて感じています。今のすべてのカッコイイ男性アーティストの原点に、西城秀樹さんがいるような気がします。「アイドルは作られるもの」から「自ら作り上げるもの」にした人。大胆で斬新でおおらかで、自分に厳しく、夢や目標へ向かって邁進する姿が、とにかく人を惹きつける。多く語らなくとも、彼を見るだけで「そう... [続きを読む]
  • 送り方が違ったのかな
  • コンクールの概要が欲しくて、HPの通りに82円切手を5枚に返信用封筒にも82円切手を貼り、事務局へ送ったものの、なかなか送ってこないので、ポストでなにかトラブったのかとしびれを切らし、事務局へ電話で確認してからもう一度送ると、今度はすぐに送ってきました。が、返信用の封筒がA4サイズの大きな封筒に変わっていました。確かにHP上では、A43つ折りが入る封筒とは書かれていますが、返信用の... [続きを読む]
  • 「そんなつもりでは」の重さ
  • 「そんなつもりじゃなかった」「そういう意味ではない」いじめやパワハラ、セクハラの加害者のほとんどが口にする言葉。「そういう風に捉えられたのだとしたらとても残念だ」でもってお決まりの、相手が過剰反応したまでのことという締めの言葉。同じセリフを何回聞いただろうか。「そういうつもりじゃない」という悪意のない悪行が一番厄介だ。悪意を持って挑んでくれば、こちらもそれなりの対応が... [続きを読む]
  • 気が早かったかな
  • 7月神戸会場でのコンクールに申し込もうと、HPに書いてある要領で、要項を頼んでいるのですが、ちょっと気が早すぎたのか、一向に送られてくる様子がありません。今はもう5月だし、神戸会場の1次予選日は7月21日だから、申し込み期間がまだでも要項は出来上がっていると思うのにな。申込用紙だけなら、HPからダウンロードできるようなので、そうするかな。やり方間違えたのかな。それとも、投かんし... [続きを読む]
  • これ、頂きます
  • 「努力して結果が出ると自信になる。努力せず結果が出ると驕りになる。努力せず結果も出ないと後悔が残る。努力して結果が出ないとしても経験が残る」「努力をしてその日を迎えたんだったら、何も残らないことはないから行っといで 母」なんて素敵な励まし!お笑い南海キャンディーズ山里亮太さんのお母様のメッセージだそうです。何も言ううことなし!素晴らしい! [続きを読む]
  • 春を満喫
  • ご近所さんから、そら豆と新玉ねぎが届きました。採りたてだからなのか、さやがとても柔らかいです。今日は、さやごと塩水に一時間漬けたのをトースターで焼いてみます。それと、新玉ねぎとのかき揚げもやってみよう。春は、キャベツにほうれん草、レタスを「もうやめてくれ〜」というくらいにたくさん頂きました。「これぞ贅沢食い」とばかりに、本当に贅沢にムシャムシャと頂きました。一昨日、義両親の... [続きを読む]
  • 一歩ずつ前に
  • 夏のコンサートのチラシができました。5日に師匠のご自宅で、二部出演者4人が集まり弾き合い会をして、いろんなお話をさせていただきました。先日のコンクールでの講評の中に、以前から私が気にしていたことがあり、それについての相談にものってもらいました。それはこうすれば、ああすれば、とご自身の経験などを含めたアドバイスをもらい、その後のレッスンで試してみると、ああなるほど、と少し光が見えた... [続きを読む]
  • このまま終わらせたくない
  • 先日のコンクール予選での不始末で、完全に火がついた私。あんな不本意のまま、この曲を終わりにしたくない。とはいえ、コンクール前に録音したのを聴きなおしてみると、発表会のときよりも、ボロボロと崩れているのがはっきり分かるので、これがコンクール会場で表に出ただけのことで、不本意でもなく、練習通りのそのものだったんだと一から見直しを決意。師匠たちに報告すると、皆一様に「良い経験されま... [続きを読む]
  • 大荒れな演奏
  • 本当に大嵐がきちゃいました。大荒れな酷い演奏になってしまいました。ま、これが今の私ということです。でも、今回分かったのは、精神面で安定しないと、身体のコントロールは難しいということを思い知らされました。そして、私は恵まれた環境でぬくぬくとしていたということも分かりました。まず、粗悪なピアノに対応する力がなかった。今回の会場は音楽大学だったので、練習室を借りることができましたが、... [続きを読む]
  • 嵐の前の静けさ
  • 専門一般40歳以上部門の出場者人数が極少ということもあって、(もしかしたら私一人だけかも)予選当日の今日ですが、朝からとても落ち着いて過ごしています。この落ち着きが、何かやらかしそうで怖いです。だらかといって、過度に緊張させる必要もないのですが・・・。あまりにも、気持ちが穏やかすぎて不気味です。いい感じに、まな板の鯉状態になっていれば・・・。心身ともに、縛られているあらゆるも... [続きを読む]
  • 師匠たちのスーパーマンぶり
  • 来週にコンクールを控え、練習に励んでいるものの、練習を重ねれば重ねるほど限界を感じ、「やっぱり無謀かな」と気弱にもなりますが、そうはいっても申し込みをした以上、その日は刻々と近づいてくるわけで、無謀だろうが何だろうがやらねばならないということで、気持ちの中で観念していく度合いが増していき、きっとこのまま、観念の度合いが最大限になったとき、ちょうど本番にはまな板の鯉状態になるのだろう。... [続きを読む]
  • 思っただけなら秘めておけ
  • 辛い状況を経験した人が、メディアを通してのインタビューで「何度も死を思った」というのを聞くが、その言葉に節操のなさを感じる。そりゃ、辛かったと思います。一言で言い表せないほどに辛かったと思います。よくその辛い状況を耐え抜いたと思います。耐え抜いたことで、同じように辛い思いをしている人たちに勇気を与えるかもしれません。しかし、世の中には、その辛い状況よりもっと辛い状況の人がいるわ... [続きを読む]
  • ベテランの演歌歌手のような盛り盛り
  • バラードの練習を再開して、といって練習時間があまり取れず焦りばかりが募る毎日ですが、だんだんおかしな方向にずれていたようです。一昨日のレッスンで、いろんな箇所を盛りすぎたようで、一言で片づけるなら「クドい」。焦りで視野が狭くなり、全体のバランスがどこかへ行ってしまいました。あまりの「盛りすぎ」に、もう最初の2ページくらいで「おなか一杯」になると言われて、目が覚めました。おお、冷静に... [続きを読む]
  • どっと疲れる
  • 疲れがどんどん溜まってるこの頃。イカンです。バイトから帰宅して、手洗いうがいの後、すぐさま食事の準備に取り掛かるのですが、その時にトイレも済ませればよいものをついつい後回しにして、「一段落したら行こう」なんてことを繰り返していたら、膀胱炎になったみたい。なんとなく、排尿後に違和感はあったのですが、とうとう「うわっ」とびっくり鮮やかな血尿が・・・。トイレもあまり行きたくないから、水分... [続きを読む]
  • あれもこれも落ち着かない
  • 八月の有料コンサートへの出演を決めて、先月初顔合わせをし、来週のレッスンには、曲解説を提出しなければならない。先日、カワイ名古屋へ栄まで出てきたので、芸術文化センター内の芸術図書館でバラードが乗っている書籍を読み、久しぶりにペンを持ち、ノートに写しまくってきました。コピーすればよいのでしょうが、それでは私の理解薄の頭に入ってこないので。そこで感じたのは、ま、だいたい同じことが書か... [続きを読む]
  • しれっと過ぎる
  • そういえば、昨日はエイプリルフールだったよ。すっかり忘れてて、気が付いたのが今日だったわ。過ぎとるっちゅうねん。私も、ここ数年、エイプリルフールを普通に過ごしていたよ。もったいない。いつもなら、企業が洒落た嘘記事を載せてくれるのに、昨日はそんな記事は見なかったような気がする。戯言言ってる場合じゃないってか?4月から、値上げだとか名前が変わるとかそんな記事ばっかりだったな。面白く... [続きを読む]
  • カワイ名古屋へお初
  • 今日は、伊予田裕子さんのピアノコンサートへ行ってきました。カワイ名古屋2階のコンサートサロン?ブーレ”に初めて行きましたが、そこにあるのは、シゲルカワイのグランドピアノ。低音が素晴らしく響きました。音が鳴った瞬間、マイクでも仕込んでいるのかと思うくらいに、クリアに響きました。音響の効果もあると思いますが、ピアニッシモの音の粒が本当に美しかったです。伊予田さんのリサイタルは、いつも... [続きを読む]