フカイタカアキ さん プロフィール

  •  
フカイタカアキさん: 言いたいこと言わせてよ、深イイこと言うからさ。
ハンドル名フカイタカアキ さん
ブログタイトル言いたいこと言わせてよ、深イイこと言うからさ。
ブログURLhttps://ameblo.jp/business-prosperity/
サイト紹介文職業はマーケティングコンサルタント。 本ブログでは、仕事とは関係ない話を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/04/20 03:00

フカイタカアキ さんのブログ記事

  • くりぃむしちゅーの上田晋也と島田紳介の共通点
  • お笑い芸人、くりぃむしちゅーの上田晋也さんと元お笑い芸人、島田紳助さんの共通点って何だと思いますか? この二人に共通しているのは、「比喩表現が絶妙に上手い」という点です。何かに喩えて、お茶の間を笑わせてくれます。ネット上には、二人の喩えをまとめたものまであります。それだけ二人は、頻繁に比喩を使って人を笑わせているんですね。 さて、この何かに喩える(比喩)力には、何が必要でしょうか? そう、それは類推 [続きを読む]
  • 類推思考のカギは「抽象化」にある
  • 類推思考をするうえで、欠かせないのが「抽象化」です。類推は必ず、抽象化という過程を経なくてはいけません。これができないと、他の事象と結びつけることができないからです。類推のカギは、抽象化にかかっていると思ってください。 そして、この「抽象化」の重要性を気づいている人は気づいています。 今注目を集めている実業家の前田 裕二 氏もその一人です。前田氏は、大量のメモを日頃からとっているそうです。そして、メモ [続きを読む]
  • 類推思考こそ、最強の思考法である
  • 最近私は、新規の記事をほとんど書いていません。忙しいというのもありますが、もう十分過ぎるほどウェブサイトに記事を書いたからです。これ以上書いたら読者を惑わすだけだと思い、記事を増やすよりも過去記事を整理したり統合したり、または削除したりしています。それでもアクセス数は変わらず安定しています。というより微増しています。※質の高い記事を残す方がSEO的にも有効です。とはいえ、何も書いていないわけではあり [続きを読む]
  • 著作権フリーのビジネス記事(アナログ媒体限定)
  • 2か月ほど前、「御社のウェブサイト上にある記事を、私どもの業界紙に転載してもいいでしょうか?」といった問い合わせがありました。私は快諾。先方は、原稿料を支払う旨の意思を示されましたが、「その必要はない」とお伝えしました。「原稿料をもらえばいいのに」と思う方もいらっしゃるかと思います。私もはじめてのことなので一瞬迷いましたが、これでよかったと思っています。そもそもウェブサイトにある記事は、広く自分の [続きを読む]
  • 脳力開発のために「手書き」をしよう
  • 手の動きと脳は密接に連動しています。脳科学的には、タイプ打ちよりも手書きのほうが脳を活性化することが分かっています。今私は、ブログ記事は音声入力で書いています。タイプ打ちをする機会は前よりも減り、どんどん手を使わなくなってきました。このままいくと、手を使う機会がほとんどなくなってしまいます。つまり、脳は活性化されず劣化する一方です。そこで私は、何かを考える時は意識的にノートを取るようにしています。 [続きを読む]
  • セールスライターは必ず供給過多になる
  • 「セールスライターは不足している。なぜなら、セールスライターは企業の数だけ必要であり、まだまだその数に達していないからだ」といった言説があります。私なりに換言すると、「企業は常に売上増進のニーズを抱えているから、企業の数だけセールスライターの市場はある」という論理になります。言っている意味はわかるのですが、でもこれってセールスライター側の理屈です。企業は本当にセールスライター を欲しているのでしょ [続きを読む]
  • セールスライターを始めるのに、資格も認定も必要ない理由とは
  • 「セールスライターになるには、資格や認定は必要か?」 端的に言えば、セールスライターになるのに、資格も認定も要りません。必要なのは実績と実力です。この二つ以外は必要ありません。 細かく説明していきます。 まず資格です。セールスライターに資格といったものは存在しません。資格を発行している機関もなければ、資格がなければ仕事をしてはいけないといった法的な縛りもありません。普通のライターと同じです。 続いて認 [続きを読む]
  • 歴10年のプロが教えるセールスライターの処世術
  • 25歳(2009年)の時にセールスコピーライターとして起業し、もうすぐ10年目になります。節目を迎え、セールスコピーライターとして独立したい方に向けて、処世術をお伝えしたいと思います。まずは、セールスコピーライター業の利点と欠点から。 セールスコピーライター業の利点と欠点利点一つ目の利点は、「時間と場所に縛られない」です。これは、セールスコピーライターという職業上の特性ですよね。パソコン1台あれば、いつで [続きを読む]
  • セールスライティングが上達する3つの写経
  • 「セールスコピーの書き方を学びたい」「セールスライティングの腕を上げたい」 そういった方のために、今回は『セールスライティングが上達する3つの写経』についてお話ししていきます。 文章力を高める方法としてよく言われるのが「写経」です。私もさんざんしてきました。写経の後を「写真」でお見せしたいと思います。 これほどの量を私は写経してきました。努力の甲斐もあって、2009年から始めたセールスコピーライター業も [続きを読む]
  • デザイン思考とアナロジー思考
  • こんにちは、商売設計士の深井貴明です。いつも「商売繁盛365の知恵」をご愛読いただき、ありがとうございます。★これからの時代、必要性が高まる“思考”は、二つあると考えています。一つはデザイン思考、もう一つはアナロジー(類推)思考です。今回は、この二つについて述べたいと思います。■ デザイン思考デザイン思考とは、「デザインに必要な考え方を利用して、問題解決すること」です。たとえば、食器棚にマグカップがあ [続きを読む]
  • ZOOMは普及しても、セミナー会場の需要はそうそう減らない
  • 最近、ZOOMを使い始める方が増えてきました。ご存知の方も多いかと思いますが、ZOOMとは Web 会議ソフトです。このソフトの特筆すべき点は、セミナー形式にも使えること。 この特筆から予想されるのが、「セミナー会場を使う人が減る」です。私はこれは半分正しいと思います。確かに、セミナー会場を使う人は減ってくるでしょう。ただそれは無料のセミナーの場合に限るかなと思います。ある程度の費用を取る場合、やはりセミナー会 [続きを読む]
  • ドックベストセメントの治療を受けてきました(体験談)
  • 本日、ドックベストセメントの治療を受けてきました。ドックスベストセメントの治療を検討している方に、私の体験談が役立つと思い、ここに記しておきます。まずは、本日の治療に至るまでの経緯からお話しします。 遡ること1年前、15年近く歯に被せていた銀歯が取れました。行きつけの歯科医に見てもらったところ、銀歯があった歯に虫歯ができているとのこと。その時、歯科医からドックベストセメントを勧められました。「虫歯を [続きを読む]
  • スマホ依存を遠ざけるために懐中時計を購入
  • 懐中時計を購入しました。スマホを手にする機会を減らすためです。私は時間をスマホで確認するのですが、そのたびSNS にアクセスしてしまい、時間を浪するクセがあります。そこで、できるだけスマホに触れる機会を減らすため、懐中時計を身に付けようと思ったわけです。 「腕時計でもいいじゃなの?」という思うかもしれませんが、私は以前から腕時計を見に付けるのがどうしても居心地が悪く、何度も挫折してきました。そういった [続きを読む]
  • 表現の自由なんてありません。そんなものは幻想です。
  • 「表現の自由」という言葉を最近よく耳にします。この「自由」をどんな意味で受け止めているのでしょうか? おそらく多くの方は、「何を表現しもいい(許される)」と受け止めているのではないでしょうか。残念ながら、そんな自由は国家から保証されていません。 たとえば、薬事法。事実であったとしても、お客様の声やビフォーアフター、効果効能や臨床データなど、または効果を思わせるような表現には規制が設けられています。 [続きを読む]
  • 「高級感のあるデザインにしてください」と依頼する前に
  • 「高級感のあるデザインにしてください」チラシ制作を依頼された際、このように伝えられることがあります。 チラシに高級感を持たせることは難しくありません。ただ問題なのは、商品パッケージや商品名に高級感がないことです。チラシだけ高級感を持たせても浮いてしまいます。こういう場合、困ったものです。どちらかが合わせる必要があります。 デザインを違和感ない程度の高級感にするか、もしくは商品パッケージや商品名を変更 [続きを読む]
  • iPhoneを片手に、歩きながらこの記事を書きました。
  • 実は今、立ちながらこの記事を書いています。座りっぱなしは健康に悪いという情報を聞きつけ、これからは立ちながら仕事してみようかなと考えてるところです。 今回はその試しです。今私はiPhoneを片手に、立ちながら音声入力をして記事を書いています。かなり調子がいいです。今後は「スタンディング+音声入力」をデフォルトにしてやっていきたいなと思います。 ちなみに私の癖なんですが、考えている時、または考えながら話して [続きを読む]
  • ブログ VS YouTube
  • これから情報発信する人は、ブログではなくYouTubeがお勧めです。理由は、パイが大きいからです。たとえば、アメブロで読者が多いといっても数千人が関の山です。一方、YouTubeに目を移してみると、数万、数十万の読者を抱えている人はざらにいます。 試しに、婚活コンサルタントのアメブロとYouTubeを比較してみました。アメブロでは、5,000名の読者数が一番でした。この人は、書籍を何冊か出版しています。一方、YouTubeでは、23 [続きを読む]
  • セールスコピーライター、返金保証やめるってよ
  • 6月1日から、ランディングページの制作費を198,000円から298,000円に値上げしました。その際、返金保証を外しました。この件について、クライアントから問い合わせをいただきました。「なぜ、返金保証を外したのか」と。いい機会ですので、このブログにも理由を記載しておきます。 そもそも、返金保証は弱者(チャレンジャー)の戦略です。業界での知名度が低かったり、信用がない場合、それを補うために返金保証を設けます。セー [続きを読む]
  • 4000万円を売り上げたダイレクトメールの秘密(1億円行く予定)
  • クライアントから嬉しい報告をいただきました。なんと、私が作ったダイレクトメールが約4000万円の売上をあげたのです。 今回の販促は、新商品(高額)を既存客に販売するというものでした。しかし、まだ終わりではありません。新商品を購入された方からレビューをいただき、それを材料に再度ダイレクトメールを送付する予定です。私の目論見では、トータル1億円を売り上げる予定です。第一段階として4000万円の売り上げは、いい [続きを読む]
  • セールスコピーライター起業の壁『実績作り』を突破する方法
  • セールスコピーライターには、これといった資格や検定制度がありません。名乗ろうと思えば今日からでも「セールスコピーライター」と名乗れるわけです。参入ハードルは0mと言ってもいいでしょう。そこで大切になるのは、「実績」です。 クライアントがセールスコピーライターを選ぶ際、必ず見るのが実績です。「自分たちに業界に関わったことがあるのか」「どれだけの数を書いてきたのか」「どれほどの成果を上げてきたのか」など [続きを読む]
  • 正論と狭量
  • 嫌煙家が「受動喫煙させるのは、人を殴っているのと同じ」と言っていました。正論だと思いました。でも私は、喫煙している人にそんなこと言いませんし、思いません。 待ち合わせで時間に遅れてくる人がままいます。私はその人に向かって「あなたは私の命を30分奪った」とは言いませんし、思いません。 WHOは、お酒は身体に悪いと発表しました。お酒を勧める行為は、相手を殴ろうとしているのと同じということになります。でも私は [続きを読む]
  • セールスコピーライターになるためには、何を勉強したらいいのか
  • セールスコピーライターになるためには、何を勉強したらいいのか。今回は、これをテーマに話しをします。 セールスコピーライティングの基本的な知識は、 Amazon で「セールスコピー」「コピーライティング」と検索して出てきた書籍を一通り読めば学べます。古典や著名書籍をはじめ、いいなと思った書籍を合わせて50冊ほど購入すれば十分でしょう。1日一冊を目安に読めば、約2カ月あれば専門知識は学べてしまえるわけです。意外と [続きを読む]