ぴょんた さん プロフィール

  •  
ぴょんたさん: また、手をつないで一緒に歩きたい
ハンドル名ぴょんた さん
ブログタイトルまた、手をつないで一緒に歩きたい
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mangoman1013
サイト紹介文卵巣ガン末期の妻の闘病と緩和ケア(ホスピス)の記録と残された夫の日々や妻との思い出を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/04/20 21:27

ぴょんた さんのブログ記事

  • 治りました
  • 昨日、最後のレントゲン。6月29日に緊急入院してから、何度レントゲンをとっただろうか。少なくとも2週間に1回は取っていた気がする。そんなにレントゲンを浴びて、身体への影響はどうなのかな、と思いながらうけた、最後のレントゲン。妻の数に比べたら大したことないけど。走ったり、飛び降りたりするなど、急激な負荷がかかる運動は控えるようにいわれているが、主治医から昨日「治療は終了」の診断をいただいた。約2か月 [続きを読む]
  • ひまわりの花言葉
  • 足のケガで7月はできませんでしたが、なんとか8月には間に合いました。買い物もままならいので、なんとか妻が大好きだったヒマワリを購入。もう少し、いろいろな食事をお供えしたかったのですが、むりなので、これで我慢してもらいました。ここに飾ったお花は、送り火をした16日以降、今日(19日)も写真と変わらず奇麗に咲いています。貴方だけを見ているヒマワリの花言葉妻が、教えてくれたいまもでも妻は私の事を見てくれ [続きを読む]
  • リンパ浮腫を思い出した
  • 慣れてきたとはいえ、家の中での松葉杖生活は結構不便。一番の不便は、外から戻ったとき、松葉杖の先端を洗わないといけない。何かいいカバーがあればいいけど、レンタルだし、探すこともしなかったのだが、これが結構手間。玄関で座りながら、松葉杖の先端を外し、お風呂場に直行。直行と言っても、松葉杖がないから壁に手を突きながら、もう片手は先端をもちながら移動。そして、洗い終えて玄関にもどり、松葉杖にセットしてよう [続きを読む]
  • 期待を裏切った体重計
  • 退院して、自宅療養中。家の中で松葉杖も、だいぶ慣れてきました。なので、久しぶりに体重計に乗ってみようかと。入院食なので暴飲暴食はない禁酒していた毎日厳しいトレーニングなので、ものすごく期待。ワクワクして体重計にに乗ると。なんと。体重は、80キロ越え体脂肪は、25%目前の肥満状態毎日筋肉トレーニングをしており、それこそ専属トレナーがついている状態。食事もカロリーを抑えられている。考えられるのは、お見 [続きを読む]
  • 退院です!!!
  • 6月29日に緊急搬送されてから、約1ヶ月強。ついに、退院の日が決まりました。8月8日水曜日です。退院が決まっただけで、松葉杖での生活は続きますが、それでもうれしいです。家に帰れるという事ももちろんうれしいが、8月のお盆に間に合う事が、何よりもうれしい。7月は出来なかったが、8月は家に迎えられる。明日から、ブログを書く場所が、病室から家に代わるが、仕事の復帰はまだ先なので、当面、妻の思い出をブログに [続きを読む]
  • 義父の祥月命日
  • 今日は、お義父さんの祥月命日。本来なら、お墓参りをしている日だが、今年はお詫びをしてあきらめてもらおう。*****もう何年前になるのだろうか、入院されていた病院から、朝方、帰宅した。前日の夜、今夜が最後かもしれません。その様な主治医からの話に、妻に言った。「のりちゃん、俺は家で待っているから、お義父さんのそばにいてあげな。最後かもよ」すると妻は、泣きながら、首を振った。「大好きなパパの最期なんて、怖く [続きを読む]
  • 思い切り泣いた
  • 日曜日になると、病院が休みのため、院内は静まり返る。入院している病院は、土曜日も休診のため、ご家族やお友達の面会は土曜日に多く、そのためか余計に日曜日は、静まり帰っている感じがする。そんな静まり返った院内を、車椅子で走り回るのが日曜日の日課になっている。ただ、走り回るのもつまらないので、最近は、ポ○ン○ンG○をやりながら、うろうろしている。それでも時間をもてあそんでいるせいか、色々なことが頭をよぎ [続きを読む]
  • ユニットバス
  • 車いす生活から抜け出し、松葉杖での移動ができるようになった。なので、行動範囲も広がり、できることが多くなっていく。その中の1つとして入浴がある。いままで、片足固定で車椅子ということもあり、お風呂場まで車椅子、お風呂場では専用の椅子に座る。もちろん一人ではできないので、看護師の補助つき。これが、松葉杖になることで、補助がいらなくなった。そして、何が一番いいかというと、部屋のお風呂が使える事。共同のお [続きを読む]
  • メロンパン
  • 入院している病院に〇〇〇ハウスというコンビニエンスストアが入っている。このコンビニは、焼き立てのパンを朝7時の開店時から並べてくれる。病院の朝食(入院食)は、量があまりにも少なく、なので、パン食のときは、目覚めてすぐに、ときどき焼き立てパンを買いに来ている。私の好きなパンは、カレーパン。パン生地のサクサク感と具のカレーがたまらない。もちろん並んでいるので、焼き立てを何度か購入した。ただ、開店早々な [続きを読む]
  • 退院の予定と妻を出迎える準備
  • 今日、主治医から〇〇さんの退院は、来週の後半の予定だよ。来週月曜日から両足で立つ訓練をして、OKなら、退院。月末にむけて、週1のペースで通院してもらい、レントゲンを撮って大丈夫なことが確認できれば月末最終週には、松葉杖なくて歩けるよ。今日の朝、主治医から突然の告知。むちゃくちゃ嬉し出来ごとでした。*****妻も、8月下旬に入院して、10月末に退院した。2か月以上入院していたのだから、その時の喜び方 [続きを読む]
  • 一番辛い月、妻への思いと共に
  • 妻が天国に旅立ってから、一年の中で、一番辛い月は8月その月を明日迎える。妻は、すぐに、がんと向き合ったが、私は、向き合うことに躊躇したというか、根拠もなく、ただ「大丈夫」をくりかえしたCTの結果、腫瘍の淵の画像がきれいなので、もしかしたら簡単に取れるかもという言葉に期待した妻が訪れたいといった、思いでの地をドライブで訪れたとき、妻の横顔をみれなかったそれどころか、「これが最後かもしれないね」という言 [続きを読む]
  • 身体の不思議
  • 今日からいよいよ本格的なリハビリが始まりました。脚の力で、脚の曲げ伸ばしをする。いままでは、ギブスがはめられたままので曲げ伸ばしはできなかったですが、今日からいよいよ、ギブスを外して、脚の力で動かすという訓練です。ギブスを外して、まず驚いたのは、怪我した右足の太さが、左足の2/3くらいに、明らかに細い!!!比べると一目瞭然。でも、一番驚いたのは、脚が曲がらない。膝を手で持って上に引き上げると、手の [続きを読む]
  • 妻は一緒に見てくれるかな
  • 入院して2か月目に突入した。丁度1か月前の7月29日に救急車で搬送され、緊急入院。それから、1ヶ月。ブログを書いたり、リハビリの筋トレをベッドでやったり、仕事が忙しくできなかったことを、ゆっくりできるのがいい。幸いなことに、入院している部屋は、インターネット接続が無料でてき、しかも私専用の回線。使いたい放題。なので、最近はネットでアメリカのドラマを見ている。その気になれば、全てのシーズンを一気見で [続きを読む]
  • 妻の思い出を大事にしたい
  • 独り身の私が入院したということで、ありがたいことに、連日お見舞いいただける。何か困った事ないですか?何か欲しいものはありますか?ネットが発達したいま、欲しいものは通販で揃えられ、病室までもってきてもらえる。なので、手ぶらで大丈夫ですよ、と事前にお伝えするのですが、なにがしかの物を持ってこられる。その中で一番多いのは、季節柄なのだろうか、水ようかんやゼリーが多い。次に多いのは、骨を折ったときいて、カ [続きを読む]
  • 部屋の異常現象は妻ではなかった
  • 入院してすぐに、妻の霊感という記事を書いた。その記事はこちら↓妻の霊感すると、ある友人が、「お清めの塩」を持ってきてくれた。何とか(⇒私が忘れたのではなく友人が忘れた)という有名な神社で清められた塩で友人の友人からおすそ分けしてもらったそうだ。それを小さなカップにいれて部屋の四方においてみた。最初は、盛塩でともおもったが、部屋には毎日清掃がはいるため恐らく捨てられてしまうだろうということから、小さ [続きを読む]
  • 久しぶりの月命日デート
  • 26日は妻の月命日。少し前まで月命日には必ず妻の写真をもって出かけ、昔訪れたお店でデートをしていた。最後に月命日のデートをしたのはいつだろうか?記事として残っているのは、2017年1月となっている。(その時の記事はこちら)その直後の2017年2月の祥月命日では、オーロラを見ながらのデート(その時の記事はこちら)そのあと、転職などでばたばたし、仕事の忙しさを理由に、たぶんデートをしていない。なので、 [続きを読む]
  • また悔しい事が増えた。
  • 入院して1ヶ月が経過した。日々の看護師の方々の私への対応(看護)をみていると、「いかに妻が大変だったのか」、という事に気づかされる。妻には、個室に入ってもらった。妻は、お金がかかるから、といって断ったが、私にできることは、プライバシーに気を使うことなく、治療に専念できる環境を与えることくらい、そう言って個室にした。なので、門限に関係なく部屋にいることができたし、ホスピスに入ってからは、同じ部屋で生 [続きを読む]
  • 妻の応援が聞きたい
  • 現在、入院している私も、8月1日にどうしても外出したい用事がある。入院した直後、8月1日にどうしても外せない用事があることを主治医や担当医師に伝えるも、なんか、糠に釘じょうたい。8月1日時点では、折れた脚に体重をかけて歩く事がNGであり、その状態で出掛けることは難しい、という状態らしい。半分あきらめたときに、妻の作戦を思い出した。*****妻は、入院し手術をしたのち、10月13日に帰宅するのを、楽しみにしていた。 [続きを読む]
  • 東京オリンピック、一緒に見ることがでなくてゴメンね。
  • 2020東京オリンピックの大枠のスケジュールが決まったことで、ここ数日間、オリンピックの話題がTVで頻繁にやっている。また、チケットの値段も決まったらしく、来春から販売を開始するそうだ。オリンピックに関する記事を過去、何度か書いた。その記事はこちら↓過去の記事別にみるつもりもなければ、行くつもりもない。でも、TVで、これからどんどんオリンピックの話題が多く流れるだろう。TVだけでなく、ネットはもちろん、 [続きを読む]
  • 老眼鏡
  • 昨年あたりから、老眼鏡がないと字が読めなくなってきた。スマホの字も老眼鏡なしでは読めない。仕事でも、老眼鏡は欠かせないアイテムになった。この姿を見て妻はなんて言うだろうか?*****妻は視力がよかった。普通に2.0はあった。2000年になる年越しを、妻と私はロサンゼルスで過ごしていた。ロサンゼルスからロデオドライブに向かう途中、ツアーガイドがマイクを握った。そろそろ有名なオブジェクトが見えてきますよ。そう言っ [続きを読む]
  • 妻が天国にいるとは誰も思わないだろうな
  • 少し前の事。私が勤めている会社にて、私が担当しているある部門の飲み会があった。私は複数の部門を担当しているため、お祝い事など特別な事由がない限り、部門内の飲み会には参加しないが、今回は参加した。お酒もすすみ、盛り上がっていた時、ある若手が立ち上がり、私を指名しながらいいました。そろそろ、○○さん(→私のこと)から簡単に自己紹介をしていただこうと思います。滅多に飲み会には参加しないし、中途入社であり勤 [続きを読む]
  • 妻がいない入院生活
  • 前にも書いたように、私は両親と縁を切った。なので、今回の入院のことはもちろん、保証人にもしていない。救急車で運ばれるとき、必要最低限ものは持つことができた。・保険証・財布・スマホでも、まさか、即入院になるとは思わず、着替えもなければ、何もない。*****以前、右腋脂肪腫の摘出手術のために入院を1週間ほどした。もう10年近く前の話。確か、このブログに記載をしたことがあると思う。そのときは、妻が毎日来てく [続きを読む]
  • 花火大会
  • 今年は花火大会もいけない。せめて、ネットで花火大会の楽しさを見ようと検索をしたところ、関東の人気花火大会ランキングなるものを見つけた。1位は、横浜スパークリングトワイライト2018こんな花火大会があったんだそんな気持ちで詳細情報を見ると開催日は、7月15日、終了場所は、山下公園前海上あれ?昔は、横浜国際花火大会という名前で開催されており、確か、2008年か2009年頃に廃止になったと思っていた。名前が変わって復活 [続きを読む]
  • 途中経過
  • 入院して3週間目に突入しています。MRI検査の結果、骨がぽっきり折れておらず、ひびの入った状態であることが判明。そのため、手術は急遽中止し、自然治癒すること方針が変わりました。傷病名は、大腿骨顆上骨折2週間の絶対安静(足固定)で、その後リハビリ。18日から開始予定リハビリプランはこんな感じ18日〜24日:膝の曲げ伸ばしと松葉づえ歩行準備25日〜31日:松葉づえ歩行訓練1日〜7日:松葉づえ歩行訓練&右足33%負荷8 [続きを読む]
  • 「君の名は。」を初めて見た
  • 2016年にだヒットした映画「君の名は。」を、入院生活の時間つぶしに初めて見た。「君の名は。」予告お恥ずかしい話、この映画は、某宗教団体「○○の○学」の映画だとばかり思いこんでいた。宗教映画なのに、これほど前にヒットするなんてすごいな・・・とさえ思っていた。思い込みって怖いですね・・・。最初はよくわからないけど、後半に行くに従い、面白くなった。でも、涙するほど感動とかはなく、普通のアニメ映画として見終 [続きを読む]