まき岩魚 さん プロフィール

  •  
まき岩魚さん: 鹿じい日記〜アントラーズと釣りの旅〜
ハンドル名まき岩魚 さん
ブログタイトル鹿じい日記〜アントラーズと釣りの旅〜
ブログURLhttp://makiiwana.blog.fc2.com/
サイト紹介文大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/04/21 20:49

まき岩魚 さんのブログ記事

  • 柏レイソルをチェック
  •   柏レイソルの弱点を探そうと、第31節の柏vs川崎を見てみました。 結論から先に書きますと、このゲームを選んだのは大失敗でした。 鹿島が札幌で試合を行った日は、台風の影響で関東は大荒れだったことを忘れていましたよ。  この2チームは、直前の天皇杯準々決勝でも対戦しています。 その時は、スタメンを変えてきた川崎に対し、ほとんどシュートを打たせずに1対0で柏が勝利しました。 立て続けに同じチームと戦うのは [続きを読む]
  • J2リーグ戦が終了
  •   日曜日には、J2リーグの最終節が開催されました。 徳島で活躍しているという杉本が見たかったので、味スタへ行こうかとも考えましたが、このところ色々取り込んでおり、無理せずテレビ観戦することにしました。  5位の徳島と6位の東京Vが、勝点で並んだまま直接対決を迎えました。 勝利の女神はどちらにほほ笑むか、最後まで分からないゲームとなりましたね。  立ち上がりから、徳島は強いボールへの寄せと豊富な運動量 [続きを読む]
  • ソニー仙台戦 & 第32節を終えて
  •   19日の練習試合、ソニー仙台戦は変則3本 (45分、30分、30分) で行われました。 スタメンは夢生や源といったベストメンバーで臨み、4−1で勝利したそうです。   代表欧州遠征から帰国したばかりの源も先発出場し、 「チームとして、うまくいかなかったところが多い。 全然だめ。 自分自身も体が重く感じた」 とコメントしています。 源の時差ボケは数日で解消されるでしょうから心配ありませんが、3週間空いたチ [続きを読む]
  • ACL 決勝 第1戦
  •   ACL決勝の第1戦を録画で見てみました。 浦和は辛抱強く戦い、ファーストチャンスで先制します。 追いつかれるも勝点1を得て、第2戦へ向けて好発進ができました。  浦和のシステムは4−1−4−1で、出場停止のマウリシオに代わり槙野がCBを担い、左SBには宇賀神が入りました。 アルヒラルもミラーフォーメーションのように見えましたが、公式では4−1−2−3とあります。  結論から先に書きますと、日本代表の [続きを読む]
  • 柏VS磐田戦を観戦
  •   昨日書いたとおり、第32節は対戦を残している柏と磐田をチェックするために、このカードを見てみました。  両チームは順位も接近していますし、総合力も持ち合わせていますので、大量点こそ入りませんでしたが、がっぷり四つの好ゲームとなりました。  柏のシステムは4−2−3−1で、中谷がケガにより欠場でした。 対する磐田は3−4−2−1で臨みます。  立ち上がりは川又が個人技からシュートを放ちましたが、その [続きを読む]
  • J1リーグの再開
  •   今回の欧州遠征で出場機会のなかった源のコメントが、サカダイのウェブ版に載っていました。 本人はブラジルやベルギーの選手と直接対戦し、そのレベルの高さを肌で感じたかったに違いありません。 源サポとしても、せめてどちらか一戦には使ってほしかったですよ。  しかし、こんなことでへこたれるような男ではありませんし、悔しがっている場合でもありません。 源は鹿島アントラーズで結果を出し続けながら、「世界との差 [続きを読む]
  • バットマン & 札幌旅行記3
  •   15日の全体練習で、健斗は “バットマン” スタイルの特注フェースガードをつけて参加したとのことです。 札幌戦で受けたケガのようですが、あの倒れていた場面で、鼻を骨折していたのですね。  現在は痛みもなく、再発予防のための装着のようです。 「19日の練習試合ではつけると思いますけど、次の柏戦ではとれると思う」 と語っていますから、ホッとしています。  さて、今日もこれ以上の鹿島ネタが探せませんので、自 [続きを読む]
  • 国際親善試合ベルギー戦
  •   14日はオフだったチームですが、今日は10時から練習を再開しています。 フィジカルトレーニングなど負荷の高いメニューを消化したそうです。 みんなで楽しく、キツいトレーニングを乗り越え、柏戦へ心技体すべてのピークを持って行きましょう。  さて、日本時間の早朝にブルージュで行われたベルギー代表との試合は、ゆっくり起きて録画で見ました。  ブラジル戦に続き、この試合でも源の出場はありませんでした。 鹿島色 [続きを読む]
  • 練習試合 & 札幌旅行記2
  •   昨日行われた練習試合は、鹿島も水戸もいずれもサブ組主体で、2−1の勝利でした。 フル出場した金森が先制点、終盤に久保田のミドルシュートが決まったとのことです。  レギュラーメンバーはサーキットトレーニングをしていたようですが、FWの金崎、鈴木、安部らが足に不安を抱えているらしく、ピッチにいなかったり、別メニューだったのが気がかりです。 柏戦までには時間がありますので、そこに照準を合わせてコンディシ [続きを読む]
  • J2リーグも大詰め
  •   J2リーグは昇格プレーオフ(PO)があるため、今週末にJ1より一足早く最終節を迎えます。 すでに湘南が優勝を決め、昇格一番乗りを果たしています。  曺 貴裁監督は凄いですね。 2012年から湘南の指揮をとり、選手を育てては引き抜かれて、J2へ降格しても1年で戻ってきています。 これほどの手腕は、どのクラブも欲しいところでしょうなぁ。  また、V・ファーレン長崎が第41節で勝利し、自動昇格の2位が確定しまし [続きを読む]
  • 幸福を招く猫電車
  •   今週末は鹿島の試合もなく、天気が良いので少し足を伸ばした散歩をしてきました。 猫がお好きだという 「鹿島の空は燃えているか!?」 のmk2さんも以前話題にされていた東急電鉄世田谷線 (三軒茶屋〜下高井戸) の 「招き猫電車」 に乗ってきました。  この電車は、東急電鉄が、「玉電」 の名で親しまれた玉川線の開通110周年を記念して、世田谷線沿線の名所のひとつである豪徳寺の招き猫をデザインしたラッピング電車で [続きを読む]
  • 国際親善試合 ブラジル戦
  •   あまりネタもありませんので、昨日の日本代表対ブラジル代表戦を振り返ってみます。 まず、スタメンを見ると源がいないではありませんか。  がっかりして、これで見る気が半減しました。 ホジッチ監督は 「選手を試す」 と言っていたわりに、ほとんどいつものメンツでしたね。  前半7分、吉田のフォールディングがビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)から指摘を受け、PKとなりました。 ボールと離れたプレーでしたので [続きを読む]
  • 札幌観光
  •   世界中が国際Aマッチデーを迎え、肝心なJ1の試合がないのには困ったものです。 サッカー界がFIFAを中心に動いているため、Jリーグはクライマックスで中断してしまい、シラけた感じです。  この間までリーグ戦を基本に、ACLやルヴァンカップ、天皇杯と過密日程を強いられていたのに、この長い中断は何なのでしょうね。  もっと上手く日程を組んでほしいと思うのですが、そうすると世界に合わせて夏春制にしろと言われて [続きを読む]
  • ルヴァンカップのおみやげ
  •   我らが昌子源は、現地時間で6日の午前中に欧州遠征中の日本代表に無事合流しました。 試合が終わった日の夜便で、浦和勢の5人とともにパリ経由でリールに入ったそうです。  客室内の空気は気まずかったのではないでしょうか? 四面楚歌で、源は気を遣って大変だったのではないかと心配してしまいました。 到着後の 「疲れた」 というコメントは、精神的なもののほうが大きかったと推測されます。  さて、週明けに川崎サポの [続きを読む]
  • ガンバレ! 石井正忠さん
  •   大宮アルディージャは5日、伊藤監督を解任し、後任に石井正忠さんを監督に就任すると発表しました。 この報に接した時は、試合が終わった直後で、石井さんもカシスタで観戦していたとの情報がありましたので、てっきり来季からの就任かと思いましたよ。  優勝実績がある監督の中では唯一フリーランスでしたから、いろいろオファーがあって、近いうちにどこかで就任するのだろうと想像していました。  なるほど、前身であるN [続きを読む]
  • 第32節を終えて
  •   とても気分が良いので、第32節を終えたリーグの感想を書こうと思ったのですが、まだ1試合しか結果は出ていないのですよね。  鹿島がリーグ優勝へ王手をかけたこと、浦和の5位以下が確定し来季のACL出場権を逃したことしか、書けることはありませんでした。  鹿島に関わる人々は、まだリーグ制覇を成し遂げた訳ではありませんから、誰ひとりとして浮かれてはいないでしょう。 ただ、現時点で確定している数字について、 [続きを読む]
  • 浦和レッズ戦の追想
  •   いや〜ぁ、爽快ですなぁ。 選手たちの頑張りのおかげで今週はもちろんのこと、代表中断期間中を気持ち良く過ごせそうです。 勝利の余韻に浸りながら、浦和戦の速報記事で書き残したことを綴ろうと思います。  まずは、JFAがこの試合に選んだ主審についてです。 佐藤隆治さんは 『Jリーグ20周年記念試合』 でシラっと大誤審を犯して、黒い歴史にその名を残された方です。 昨日の浦和戦は、鹿島にとって優勝が懸かる大事な [続きを読む]
  • 浦和レッズ戦 速報
  •   大事な一番に勝ちましたぁー。 鹿島は、立ち上がりから全員が集中して試合に入りましたね。 大観衆を前に、固くなり過ぎず、適度な緊張感をまとい、自分たちのやるべきことが意思統一されていたと感じました。  浦和にシュートを3本しか打たせず、決定的なチャンスすら作らせませんでした。 大差で勝ったわけではありませんが、内容的には完勝と言ってよいのではないでしょうか。  前半のアディショナルタイムに、興梠からの [続きを読む]
  • ルヴァンカップ決勝戦
  •   セレッソ対フロンターレ、どちらが勝っても初タイトルとなる決勝戦となりました。 ソウザと山口、これに対してエドゥアルド・ネットと大島というボランチコンビの守備力の争いになるだろうし、この選手たちのコンディションの差が結果に出るのかなぁと考えていました。  カップ戦の決勝は固い内容になりがちですから、守備力で優るC大阪のほうがやや優勢かと予想していました。  文化財ウィークでしたので、日中は特別公開を [続きを読む]
  • 第32節浦和レッズ戦の展望
  •   浦和レッズは14勝7分10敗、64得点・51失点で勝点49の7位です。 夏の国際クラブ親善試合に負けて某国会議員のツイート騒ぎがあった頃は8位でしたから、その後の監督交代という劇薬を以ってしても大きな効果を生むことはなかったようです。  しかし、ACLではファイナル進出を果たしており、アジア制覇へ向けて選手の士気は高まっていることでしょう。  準決勝までのACLの戦いぶりや、今季直接対戦した3試合 [続きを読む]
  • 第4コーナーを抜けて直線勝負へ
  •   今回の日本代表メンバーには、植田も選ばれると思っていたのですが、源だけとなりましたね。 源には、ブラジルやベルギーといった一流のFWと対戦し、WC本番に向けて得難い経験をたくさん積んできてもらいたいものです。 きっと鹿島でも大いに活かせることでしょう。  植田の心中を察することはできませんが、今は雌伏の時ですよ。 あの代表監督では、体脂肪率で難癖をつけられ、試合にも出してもらえず、練習相手に使われ [続きを読む]
  • 浦和レッズをチェック
  •   次節は、第32節浦和レッズ戦です。 リーグ戦の成績はシーズン前の予想を下回るも、ACLの準決勝を勝ち上がり、ファイナル進出を決めたことで、非常に意気が上がっていると思われます。  浦和とは9月の天皇杯で戦っていますが、より直近の様子を知るために、互いにナショナルダービー(?)と称する第30節の対G大阪戦を見てみました。  この日は台風の影響で風雨が強く、ピッチにも水が溜っている状況でした。 一進一 [続きを読む]
  • 第31節を終えて
  •   札幌ドームで、両腕を突き上げて勝利を喜んだ後、川崎戦の情報を見ると、2点差で柏がリードしていました。 しかしながら、雨の影響で30分遅れのキックオフだったようで、ぬか喜びはすまいと自分に言い聞かせましたよ。  柏が川崎をお得意さんにしているというデータは知っていたので、もしかして柏が勝つのではないかと密かに期待していました。 ところがどっこい、川崎は終盤に追いつき、あわや逆転かというシーンも作った [続きを読む]
  • コンサドーレ札幌戦の追想
  •   札幌から遅くに帰宅し、まだ録画を見直していませんので、細かいプレーは確認できていません。 現地で感じたことや雰囲気を追記します。  札幌ドームを訪れるのは15年ぶりです。 日韓W杯のイングランド対アルゼンチン戦を観戦したことを、懐かしく思い出しました。  年寄りはゴール裏のジャンプについていけませんので、指定席にしたかったのですが、メインはアウェイグッズの着用が禁止されています。  仕方なく、バック [続きを読む]
  • コンサドーレ札幌戦 速報
  •   良かった〜!勝ちましたぁ! これで鹿じいの連敗が3で止まりました。 昨季までアウェイの鬼と自称していたのに、今季は疫病神ではないかと思われるほど結果が出ませんでした。 やっと選手の背中を押せたという満足感に浸れますよ。  今日は前半、得点の匂いもしましたが、失点の臭いも漂っていました。 やはり予想通り、福森は良いクロスをジェイに供給していましたね。 それでも鹿島のディフェンスラインは、体を寄せてジェ [続きを読む]