まき岩魚 さん プロフィール

  •  
まき岩魚さん: 鹿じい日記〜アントラーズと釣りの旅〜
ハンドル名まき岩魚 さん
ブログタイトル鹿じい日記〜アントラーズと釣りの旅〜
ブログURLhttp://makiiwana.blog.fc2.com/
サイト紹介文大好きな鹿島アントラーズや渓流釣り、文化財巡りの旅について綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/04/21 20:49

まき岩魚 さんのブログ記事

  • J開幕 清水エスパルス戦の展望
  •   初めて金・土・日曜日開催となったJリーグの開幕です。 第1節は、通算成績は五分ながら、アウェイで負け越している清水エスパルス戦となりました。   昨季の清水は8勝10分16敗、36得点・54失点の14位でした。 苦手なIAIスタジアム日本平ですが、つけ込めるとしたら54失点した守備陣でしょうね。  そのメンバーのひとりだった犬飼が鹿島へ移籍してきて、代わりに対人に強いファン・ソッコが新加入しています [続きを読む]
  • プレミアムフライデー
  •   先日、金メダリストと銀メダリストの差は、メンタルにあるのかと書きましたが、ノルディック複合で銀を獲得した渡部暁斗選手が、肋骨を骨折してレースに出場していたとは・・・驚きました。 私も肋骨を折った経験がありますが、足を10?上げるだけで激痛が走ったものですよ。  それを言い訳にしなかった渡部選手は、とてつもなく強靭な精神力の持ち主で、まさに 「King of Ski」 です。 少しでもメンタルを疑ってしまったお [続きを読む]
  • 水原三星戦 追想
  •   まずは、お詫びです。 先日の展望記事の中で、水原にはキム ミヌとサントスが在籍していると書きましたが、キムは兵役に就くため、今季から国軍のサッカー部である尚州尚武FCへ期限付きで移籍していました。  サントスもブラジル・シャペコエンセへ移籍していました。 最新情報が更新できておらず、申し訳ありませんでした。 お詫びするとともに、訂正いたします。  さて、水原三星戦の追想です。 大岩監督は 「ダムヤノビ [続きを読む]
  • 水原三星戦 速報
  •   いやあ、ホッとしましたぁ。 今日負けてしまうとACLグループリーグ突破に嫌な空気が流れますし、Jリーグ開幕の清水戦にも弾みがつかなくなります。 やはり、さすがの夢生様 ・スンテ様様でした。  昨日のACLは、柏が引き分け、川崎が連敗を喫しました。 日本チームの勢いがなかなか上向きにならない中、鹿島はきっと発奮し打破してくれると期待していましたよ。  しかしアジアの戦いは、相手チーム以外にも敵がいるの [続きを読む]
  • ACL 水原三星戦の展望
  •   明日は、ACL第2節 水原三星戦です。 水原は近年、ACLで成績を残せていませんけれど、かつてはチャンピオンになったこともあります。 アジア強豪クラブのひとつであることに変わりはありません。  最近の試合はまったく見ていないのですが、水原三星はどのようなサッカーを展開するのでしょうか。 18日のミーティングでは、その映像を確認したようです。  源は 「187cmのFWデヤン・ダミヤノビッチが攻撃の起点にな [続きを読む]
  • 水原入り
  •   連日、日本人選手の活躍とともに、極寒ぶりが話題となっている平昌オリンピックです。 ACL第2節の試合会場である水原は、平昌とほぼ同緯度に位置しています。 3年前のFCソウル戦の記憶がよみがえり、今年の特別な寒さを心配しました。  チームは今朝鹿嶋を発ち、午後には水原のサブピッチで練習を行ったそうです。 黄海からほど近い平野にある水原は、平昌とは大分気温が違うようですね。  それでも、キックオフの午後 [続きを読む]
  • 鹿島目線で見るオリンピック
  •   平昌という文字をみると、年寄りは平尾昌晃を思い出してしまいます。 あのくねくねチャラチャラにやにやした歌手 ・作曲家は、自分とは対極にいるようで昔から好きではありませんでした。  開催地の名前だけでなく、冬季オリンピックそのものにもあまり関心が沸かなかったのですが、いざ始まって、日本人や日本チームが出場して頑張っている姿を見ると、ついついテレビに見入ってしまいます。   ジャンプでは、日本人の距離が [続きを読む]
  • ACL東地区 GS第1節
  •   鹿島は15日、ジョイフル本田つくばFC(関東リーグ1部)と練習試合を行いました。 前日のACL上海申花戦に先発したメンバー以外の選手が出場し、5―0で勝利しました。  金森が、ハットトリックを決めたそうですね。 上海申花戦はベンチにも入れず、交代カードを残して勝てなかった試合を観客席から眺めて、さぞかし悔しい思いをしたことでしょう。  カテゴリーが違う相手との練習試合とはいえ、意地でも発奮するでし [続きを読む]
  • 上海申花戦で見えたこと
  •   上海申花戦後 「攻撃に関して、外からも内からもいろんなバリエーションを出すことができていた」 という監督談話を聞いて、昨日は録画を見直した感想を書きました。  その続きになりますが、確かに 「コア領域」 を起点とした攻撃を組み立てようとする意図は感じられました。  しかし、組み立て役のPJがコントロールミスを連発するやら、相手に簡単に潰されるやらで、得点シーン以外は全く機能しませんでしたね。  あの領 [続きを読む]
  • 上海申花戦 追想
  •   試合直後は、多くの決定機を作りながらも得点できなかったことから、昨季の終盤と変わらないチーム状態だなぁとの印象を持ちました。  しかしながら大岩監督は、「前半から、失点場面以外は非常に良いプレーをしてくれたんじゃないかと評価しています」 「(攻撃は) 外からも内からもいろんなバリエーションを出すことができていたと思います」 と前向きのコメントをしていましたね。  言い訳を通り越して開き直りではないか [続きを読む]
  • 上海申花戦 速報
  •   あ〜ぁ、残念でしたね。 昨日のACL日本勢は、川崎と柏がダブルの黒星発進となり、改めてアジアで戦うことの難しさを実感しました。 韓国や中国のクラブは、確かに勝負強いです。  このJクラブの結果を受けて、鹿島は奮起したはずです。 シーズン初戦でもあり、選手は相当気合いを見せてくれると思っていました。  しかし、気合いが出る間もなく開始早々にミスから失点し、流れを失いました。 自分たちの首を自らの手で絞 [続きを読む]
  • ACL 上海申花戦の展望
  •   さあ、悲願のタイトル2018のACLがいよいよ始まります。 初戦となる明日は、ホームでグループステージの上海申花戦です。 展望記事を書こうかなぁと思ったところで、上海申花についてはな〜んにも知らないことに気づきました。  数年前から、金に飽かしてヨーロッパ主要リーグのビックネームを爆買いし続けるも、選手が長居できずに移籍していくといった印象しかありません。 詳しいことは記憶に残っていませんでしたので、 [続きを読む]
  • スカイツリー散策
  •   11日の日曜日には、ポゼッショントレーニングやゲーム形式の練習と紅白戦を行いました。 今日明日はACL上海申花戦へ向けて、非公開練習となっています。 いよいよ公式戦が開幕となり、ワクワク ・ ドキドキの時間が始まりますね。  新加入選手も含めて、キャンプや練習で培ってきたことを全員で実践できれば良いなぁと考えています。  たとえ、試合が始まって上手くできなくとも、シーズン初戦ですから、個々のポテンシ [続きを読む]
  • 新シーズンの順位予想
  •   毎年この時期の楽しみといえば、新シーズンについていろいろなことを思い描きながら、最終順位を予想することです。 独自の分析というよりも、ほとんどが直観で、サッカー評論家と競うように予想して遊んでいます。  ところが、昨季の予想はリーグ戦優勝と降格の計4クラブを全部外してしまいました。 毎年そこそこ当たっていて、まったく当たらなかったのは久しぶりです。  とりわけ、鹿島が優勝を逃したことはショックでし [続きを読む]
  • FUJI XEROX SUPER CUP 2018
  •   オフィシャルサイトによると、レアンドロはグルージャ盛岡戦で左膝蓋靱帯を損傷し、全治約3〜4週間の負傷とのことです。  う〜む、ACL開幕を4日後に控えて、これは痛いですね。 今季、得点力アップのために欠かせない選手ですから、一日も早い回復を願っています。  さて、今日はゼロックスSCが開催されました。 昨季、リーグでは2戦とも歯が立たず惨敗し順位のうえでも土壇場でうっちゃられた川崎と、初戦に山村の [続きを読む]
  • 始動からここまでを振り返る
  •   昨季限りで仙台を退団した元鹿戦士の野沢拓也が、オーストラリアでプレーする見通しとなったと地元紙が報じています。  移籍先が決まらず、気になっていました。 元鹿の田代が在籍しているクラブですから、公私ともに早くなじめることでしょう。 オーストラリアでもあのテクニックを見せつけてほしいですね。  さて、今季は前年のE−1選手権へ出場した選手を除き、リーグ最終節後から充分な休養を取ることができました。  [続きを読む]
  • J リーグの変更点
  •   グルージャ盛岡戦に出場しなかった夢生は、胃腸炎だと報道されています。 足が原因でないことがわかり、長い目で見れば一安心です。  それにしても辛いでしょうね。 平昌オリンピック会場でもノロウイルスによる感染が拡がっているそうです。 キャンプ疲れで免疫力が低下していたのかもしれません。 少しでも早く回復することを願っています。   また、来日しているドイツのシュタインマイヤー大統領の夕食会に、篤人がお呼ば [続きを読む]
  • グルージャ盛岡戦
  •   今日行われたグルージャ盛岡戦は、試合中継がありませんでした。 スポーツニュースにも取り上げられていませんので、オフィシャルサイトや現地観戦した方々の書き込みやツイートを拾ってまとめることにしました。  現時点ではしっかりしたニュースソースがないため、間違っていたらご勘弁願いたいと思います。 45分×2本のスタメンは、GK曾ケ端、DF内田 ・植田 ・源 ・安西、ボランチは満男 ・健斗、OHに安部 ・レア [続きを読む]
  • 明日は練習試合グルージャ盛岡戦
  •   鹿島のオフィシャルサイトによると、昨日は恒例のキックオフパーティーが都内のホテルで行われたようです。 今年のNEWYORKERさんのスーツは、ダークグレーですか。 相変わらず皆さんお似合いで、カッコいいですね。  その集合写真に、夢生の姿がありました。 先日の水戸戦を回避し、別メニューの練習となっているそうで、足の状態が気がかりです。 上海申花戦へ向けて、頼みのエースの復調を願うばかりです。  代わりに、レア [続きを読む]
  • メンタルが大事
  •   水戸ホーリーホック戦については、まだまだ言いたいことがたくさん残っています。 その中でどうしても書いておきたいことがあります。 それは、試合終了直前に、安西のクロスにドンピシャのダイビングヘッドで逆転弾を挙げた山本のことです。   瞬間、昨季の最終戦が頭に浮かびました。 あの時も、86分に山本が渾身のダイビングヘッドを見せましたが、無情にもボールは枠を超えていきました。  我らも一瞬、「ゴール!」 と [続きを読む]
  • 水戸ホーリーホック戦 追想
  •   水戸ホーリーホック戦の反省点や良かったことを書こうかと考えたところ、反省点が多すぎて困っていますよ(笑)。 まあ、スロースターターの鹿島らしいと言えば、それまでですけどね。  「水戸の勢い、組織的で連動した守備に対してあまりビルドアップできなかった。 そういう時にどのように変化を加えていくかが課題」 と試合後、大岩監督はコメントしていました。  そうでしたね、ボールが走らないピッチに鹿島が慣れずにい [続きを読む]
  • 水戸ホーリーホック戦速報
  •   今日は積雪が心配でしたが、たくさんの観客が集まり、無事PSM水戸ホーリーホック戦が開催されました。 参戦したつもりになって、チケット代や水戸までの交通費を考えれば 「スカパー!」 のほうが安いと考えて、仕方なく再加入しましたよ。  試合は、常に水戸に先手を打たれながら追いつき、最後は4−3の逆転勝利でした。 並みのクラブならば、ファン・サポーターは良くやったと褒め讃えて祝勝会ができるのでしょうが・・ [続きを読む]
  • PSM 水戸ホーリーホック戦
  •   もの凄い寒さが続いていますねぇ。 今朝も雪が降りましたが、明日は 「いばらきサッカーフェスティバル2018 水戸ホーリーホック戦」 です。  さぁ〜、いよいよ恒例のPSMが新シーズンの開幕を知らせてくれます。 節分ですからもう春と言いたいところですが、この気候では無理がありますね。  それでも昨日の紅白戦では、熱が入ってグラウンドの気温は上がったとのことです。 こちらも久しぶりの準公式戦にワクワクしてきま [続きを読む]
  • 今年の昇格組は!?
  •   今季の昇格組3クラブは、どれほどのチーム力を備えてJ1へ挑んでくるのでしょうか。 過去の歴史を振り返ると、昇格組は大きく3つのタイプに分けられると考えています。  J2での勝利の勢いをそのまま持ち込み、優勝争いに絡んでくるほど手強いか、安定して勝ち点を伸ばすことができず何とか残留を果たすか、ほとんど勝てないまま早々と当確が出て、一年で降格して行くかのいずれかと思っています。  昨季の昇格チームに [続きを読む]
  • 新シーズンの布陣
  •   ACLのプレーオフが行われ、残る対戦相手が水原三星に決まりました。やっぱり韓国のクラブでしたなぁ。  最近、ソウルへ出かけたばかりの知人が、半端ない寒さだったと言っていましたよ。 最低気温がマイナス20℃、最高でもマイナス10℃だそうです。  現時点での長期予報で2月21日のソウルは、上が3℃、下がマイナス6℃の雨となっています。 水原には行ったことがないので参戦を検討していましたが、極寒に耐えられそ [続きを読む]