苗村さとみ さん プロフィール

  •  
苗村さとみさん: 幻爽惑星BLOG
ハンドル名苗村さとみ さん
ブログタイトル幻爽惑星BLOG
ブログURLhttps://sasakure1.exblog.jp/
サイト紹介文イラストレーター苗村さとみの日々。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/04/22 14:36

苗村さとみ さんのブログ記事

  • まるで生き物
  • ベランダの花が春に向けて増殖しています。1つがとても安いので、つい少しずつ買い足してしまうのですが、いつのまにここまで増えてしまいました。昔お花を当たり前のように枯らせていたのですが、今のよう自宅勤務ではなかったし、何かのおまけでもらって愛着が湧かなかったりだったので…。毎日眺めたり、水を上げたりして大切にしていると、お花も綺麗に咲くようです。☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます!2018
  • あけましておめでとうございます。昨年は、徐々に色んな所から仕事をいただくようになり、とてもありがたい年となりました。年末にまたひとつ仕事の依頼をいただいたり、年をまたいでの仕事があったりで、年末年始の気分があまり実感できない不思議な感じも初めて経験することです。昨年掲げた目標は見事クリアすることが出来ました。やっぱり原画販売は続けて行きたいと思っています。ただ、大きさはもう少しバリエーションを増や [続きを読む]
  • 2017年冬コミ無事終了しました!
  • 2017年も、無事冬コミ終了いたしました。お越しくださったみなさま、ありがとうございました!今年はおかげさまで展示販売をさせていただくことが多い年になりました。コミケで三回目でした。ひとつは、8月の神谷明さん阿部智里さんのトークイベント、もうひとつは毎年恒例の10月個展、そして12月末冬コミです。今回も、画集(2016年版、2017年版)がメイン、ポストカードや、個展で在庫があったミニ原画を販売しました。特にミニ [続きを読む]
  • 【お仕事】12/22発売のオール讀物1月号で挿絵を描きました。
  • 12/22発売のオール讀物1月号で、八咫烏シリーズ外伝「まつばちりて」(阿部智里著/文藝春秋)の挿絵を担当しました。八咫烏シリーズ2作目の「烏は主を選ばない」の登場人物の中の一人のお話です。今までは人物を描くことが多かったので、今回は阿部さんのご希望もあり人物以外で描いてみました。扉絵は、構図が自分としてはあまり描いたことのないパターンで、意外に面白いものとなりました。文中の挿し絵は、手描きならではのに [続きを読む]
  • 個展無事終了しました。
  • 10/14(土)で、パルコブックセンター吉祥寺店での個展無事終了いたしました。沢山の方にお越しいただき、ありがとうございました。装画を担当した、10/14発売予定の「雀と五位鷺推当帖」の見本を、編集の方が発売前(10/5)に持って来てくださいました。早速飾ってみたところ、お客様が本に興味を示されたり…と良い宣伝にもなりました。今回個展では初めての挑戦、原画販売でしたが、なんと半分以上お買い上げ(全部別の方)いた [続きを読む]
  • 10/1〜14まで吉祥寺パルコブックセンターにて個展
  • 今年も、吉祥寺パルコブックセンターさんで個展をさせていただくことになりました。詳細情報はコチラ「苗村さとみイラストレーション展」今回は八咫烏シリーズ装画を含め、他の担当している装画や挿し絵の原画展示がメインです。その他に画集、最近好評のミニ原画、A4サイズ複製原画、ポストカードなどを販売をいたします。仕事で描いた原画は毎年ここでしか展示しないので、この機会にご覧いただけたら…と思います。ガラスのショ [続きを読む]
  • 8/9の読売新聞「弥栄の烏」カラー広告掲載
  • 大分前のこととなりますが、8/9の読売新聞に、装画を担当した八咫烏シリーズ「弥栄の烏」「空棺の烏」の広告が掲載されていました。今回はブルーとグリーンが映えていて、やはり新聞とは思えない色鮮やかさ。私の名前はいつも控えめですが、今回は前回よりほんの少しだけ大きくなったような気もするような…。それにしても85万部突破とは、おめでとうございます。☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こ [続きを読む]
  • 【お仕事】本日発売の小説現代8月号で挿絵を描きました。
  • 本日(7/22)発売の小説現代8月号(講談社)で、諸田玲子著「和助の恋」挿絵を描きました。諸田玲子さんの作品は以前読んだことがあり、某コンペに出す為に絵も描いたことがあります。なのでご依頼をいただいたときはとても嬉しかったです。時代物はまだまだなので、精進せねばと常々思います。元の絵☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆にほんブログ村 [続きを読む]
  • またもや
  • またもや電車広告に絵が載ってしまいました。装画を担当した本(三好昌子著「縁見屋の娘」宝島文庫)です。少し前のことですが、友人から山手線で絵をみたとのメールが(画像付き)あり、最近お会いした編集者の方からも、「見た事ある!」との声が…最近はどこの本屋さんでも平積み状態、知名度が上がる(沢山の人の目に触れる)というのは、ありがたいことです。(下記画像は友人からの写真を拝借)☆イラストレーター苗村さとみ [続きを読む]
  • 【お仕事】本日(6/22)発売のオール讀物7月号で挿絵を描きました。
  • 本日発売のオール讀物7月号で、八咫烏シリーズ外伝「すみのさくら」阿部智里さん著の挿絵を担当しました。今回はお花づくし。阿部さんの情景描写があまりにも美しかったので、そこを表現できたらなぁ…と。モノクロ絵は今まで仕事で沢山描いてきましたが、今回はお花の色合いも4種類あり、それをモノクロで表現することはとても楽しかったです。二枚目の百合に烏の羽根…今までは資料を参考にして描いていたのですが、先日偶然道ば [続きを読む]
  • 人生初の宝塚歌劇団
  • 昨日、人生初めての宝塚歌劇団星組公演「スカーレットピンパーネル」を有楽町まで観に行ってきました。今までは、他に歌舞伎やバレエ、美輪さんの舞台やコンサートなどは経験はありましたが、宝塚はなかなか勇気が出ず行けずじまいでした。演目はちょうど衣装的にもとても見たかった時代、本当に色あざやか、きらびやか……席も1階席の割合近い方で、花道らしきところに来てくれた時はお顔の表情までよく見えました。演目が終わり [続きを読む]