Ken Yamamoto さん プロフィール

  •  
Ken Yamamotoさん: 世界を股に掛ける腰痛治療家 Ken Yamamoto
ハンドル名Ken Yamamoto さん
ブログタイトル世界を股に掛ける腰痛治療家 Ken Yamamoto
ブログURLhttps://ameblo.jp/queque1
サイト紹介文世界を股にかける腰痛治療家 Ken Yamamoto 『Heal All Lumbago 世界中から腰痛をなくしたい』
自由文New DVDはこちら:http://ken-yamamoto.com/level4/index.html
ホームページ:http://www.ken-yamamoto.com
メルマガ会員登録:http://www.ken-yamamoto.com/wp-login.php?action=register
YouTube:https://www.youtube.com/user/TheKenyamamoto
Facebook:https://www.facebook.com/pages/Ken-Yamamoto/499636646716270
Twitter:https://twitter.com/KenYamamoto7
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/04/23 10:05

Ken Yamamoto さんのブログ記事

  • あんなに酷かった側弯が真っ直ぐに
  • KYTは徐々に世界標準のテクニックになりつつあるテクニックであるのだけど。今日その実力の証明を体験する為に日本中から、また海外からもジャッジしにやってきた約40名が東京新宿に集結したんだ。 KYTは本物なのか?そう思って参加してきた先生が多かったに違いない。 俺にとっては世界標準のテクニックだと言ってしまってるし、それは事実にしろ日本で認められなければ自分にとって喜びは半減してしまう。まさに後には引け [続きを読む]
  • 世界一即席で名治療家になれるKYTベーシック
  • 今年最後のKYTベーシック東京セミナーは文字通り日本全国から参加したメンバーで超盛り上がった。 今日参加したメンバーの中には普通の主婦や法律家、格闘家、そして何故か運送屋さんの参加もあったんだけど全員が誰一人漏れることないように理解して講義が進められる方式だから今日たちまち習ったその場で治せる人に変わっていくんだ。 そう、それがKYTの真髄とも言える。力学だから俺がやっても柔整の先生がやっても、整体の先 [続きを読む]
  • レスリングの大学代表選手の肩の痛み
  • レスリングに多い症状と言えば腰痛が一番多いのは言うまでもない。競技自体が前かがみで相手と対峙するから背筋もそれを根元で支える臀筋も日頃から大活躍しまくっている。 その次に多いのは膝の痛みだ。マットにシューズを履いて行われる競技のため足底は滑らない。足底が固定されている状態で対戦相手と様々な動きを行なっている場合よく動く関節がフル回転する。 もしも股関節の動きが悪くなると股関節で吸収できているはずは [続きを読む]
  • KYTにスランプは存在しない
  • KYTベーシック東京セミナー秋の陣2日目も無事に終了することができた。 今回の参加者は非常に多く広いはずの会場もパンパン状態で行われだが参加者がユニークな人が多く楽しくセミナーを進行できた。北海道から沖縄まで参加者がいてワイワイやるのが好きな俺は大満足だった。 高校の英語教師の先生も参加したし、普通の主婦も参加してくれていて驚いた。理学療法士の先生もリラクゼーション系の先生もいた。通常はレベルが違う人 [続きを読む]
  • レジェンド 加瀬建造先生
  • KYT東京セミナー期間中ではあるけど、患者さんは毎日予約を取ってやってくるし、俺がお宅に伺うお年寄りもいる。 今日伺ったお年寄りは膝が曲がらないといって俺を呼んだんだけど俺を玄関に出迎えたお年寄りを見ると膝が曲がりっぱなしで歩いている。O脚だし完全伸展位にならないタイプだ。 骨盤後傾のO脚は股関節が外旋しているからスクリューホームがうまくいかないことが多い。膝を完全に伸ばすとき下腿が外旋するのは治療か [続きを読む]
  • KYT東京セミナー秋の陣
  • 世界治療ツアーを終えた俺は先週帰国し都内の腰痛研究所で仕事を再開した。 また昨日は秋の東京セミナー初日を無事に終了した。巨大台風の影響があるかなと思ったが、日本全国から先生達が参加してくれて会場は大いに盛り上がった。 最近はエステ関係もリラクゼーション関係もカラダに携わるいわゆるセラピストはKYTを受講する人が増えていて治療家もリラクゼーションもエステ系も垣根がなくなっているのを感じている。 KYTは現 [続きを読む]
  • 【原口准教授テクニックセミナー募集開始!!!】
  • 【原口准教授テクニックセミナー募集開始!!!】 フィリピンのセブ島よりアメリカのカイロプラクティックドクターがセブ島で開院して絶好調らしく、ロサンゼルスのいつも仲良くしているドクターが来るタイミングでもあったので俺もやって来た。 料金もアメリカのドクターのクリニックと同じ料金で治療しているけど、フィリピン人にとってはとても高い。凄く高い。 もうね、バイクや車を売って治療に来たり銀行でローンを組んで [続きを読む]
  • 【原口准教授テクニックセミナー募集開始します】
  • 【原口准教授テクニックセミナー募集開始します】 持つ者と持たざる者の差は激しくなる新約聖書のマタイ伝によると持つ者は益々栄え持たざる者は益々貧しくなる。と伝えている。 世の中の法則はいつも持っているか持っていないかだ。世界の長者番付上位者はズーッと変わらずに上位にい続けられる。 金融界の成功者の全員は持つものを持っている。持つものつまり金融界でいうところの持つモノとは金だ。つまりマタイ伝が伝えてい [続きを読む]
  • 【原口准教授のセミナー募集開始は明日9月23日(日)正午12時】
  • 原口准教授のセミナーを推薦します。周知の通り原口准教授は2つの接骨院(帝京平成大学付属の接骨院と自身の相模原の接骨院)の院長をされており帝京平成大学やその他で教鞭をとりその他にも学会での発表や海外出張で日頃から多忙の先生だ。 今回、原口准教授が満を持してこの秋、東京セミナーを開催することになった。 東南アジア最大規模のバンコク病院やタイの大学でも治療しセミナーを開き、シドニーセミナーもしっかりとこ [続きを読む]
  • 【原口准教授テクニックセミナー開催決定のお知らせ】
  • フィリピンのテロ活動盛んなミンダナオ島より俺は兼ねてからこの島で膝の悪いお婆さんをみている。 膝が内反、つまりO脚傾向の為、内側の半月板が削れてもう薄くなり過ぎて軟骨同士がぶつかっているんじゃないかってレベルで可哀想だった。 KYTを行うと勿論痛みが消失してしばらくイイのだけど数ヶ月もして再び会うとやはり痛みがぶり返してしまう繰り返しだった。 今回4ヶ月ぶりに会ったお婆さんの膝の痛みはなく、すこぶる具 [続きを読む]
  • タイ国家水道局員のオフィースシンドローム
  • タイ国家警察 警察庁 某施設より。 KYTの噂が噂を呼び寄せ水道局員さんまで警察庁の施設にやって来た。既に警察施設のこの部屋はまるで俺のホームだ。今日やって来たのはタイ国家水道局の局員さん。 手足が冷たくなり怠くなる。そのうち痺れも出て来て病院に行くとオフィスシンドロームだと診断されるも首を引っ張られ余計に気持ち悪くなっちゃって予約を入れたそうだ。警察庁の施設に。そのうちタイ国家警察、警察庁腰痛センタ [続きを読む]
  • 治らなかった例もある
  • タイ国家警察 警察庁 某施設より KYTは万能か?いやもちろんそんなことはない。何でもかんでも良くなると思っている金丸氏はどんん症状でも連れて来ちゃうんだ。両足首に装具をハメられているオジさんが身内に肩を借りながらどうにか歩いてやって来た。 足首の装具とは脳疾患などで脚を持ち上げると足に力が入らない為に足先が垂れちゃう。自分の力では持ち上げられないから歩くとつま先が上がらない為に地面に突っ掛かり転倒し [続きを読む]
  • 12年の首から肩にかけての痛み
  • タイ国家警察の警察庁某施設よりまるで俺の職場の様に毎日毎日警察庁施設に呼ばれて施術する毎日が続く。いい加減そろそろ治療ベッドが欲しいと感じる今日この頃。だって毎日だよ。ほぼ毎日お巡りさんズのカラダを診続けている。皆さんカラダが辛いんだね。 噂は噂を呼び、機動隊女子の彼氏はスワットといって特別捜査班の彼の椎間板ヘルニアをみて欲しいと懇願してくるし、そのうち海軍のビッグボスも会うことになりそうな感じに [続きを読む]
  • タイの孤児院訪問
  • タイの地方にある、とある村の孤児院より はじめに、ボランティアしていたら良い人って考えるのは少し俺の中でニュアンスがズレる。またボランティアしててもボランティア疲れしちゃっているヒト人もいるでしょ。自分に合った自分のサイズというのか、そんな感じでボランティアをしていないとパワーを使いすぎちゃって本来困っている人達への助け手となる筈が自分まで疲弊しちゃって本来のボランティアによる手助けの意味が半減し [続きを読む]
  • 大富豪の首の痛み
  • 【大富豪の首の痛み】大富豪の屋敷より 「Ken 首が痛くて仕方ないのよ。もうこの痛みでウンザリ」「ケツっすね。多分ケツっす」 俺は旦那様の隣にいる奥さまのケツを押す。「なんでKenはうちのワイフのケツ触ってんだ?ワイフが痛いのは首だよKen」 大富豪のお宅に呼ばれて来た。タイの腰痛エージェントの金丸氏も一緒だ。 大豪邸。それにしても大豪邸だ。このオバちゃん僕らにいつも優しくしてくれるんだ。久々会ったおばちゃ [続きを読む]
  • タイ警視庁本庁より
  • タイ警視庁本庁よりタイ警察の方々を片っ端から見まくって来たけど遂に遂に到達したのはタイ警察の頂上であるタイ警察本庁までやって来た。 タイのカラダエージェントの金丸氏に連れられて警察施設に連れてこられた。ここは警察庁の射撃場がある施設で刑事達が射撃訓練をしていた。 そこに手脚の痺れが取れない腰痛一般人の患者さんが来ていて、その患者さんだけで今日は終わるはずだったんだ。腰痛オジさんを見終わった頃に金丸 [続きを読む]
  • 直角婆さん再び
  • タイの田舎より以前直角バアさんの話を書いた。直角に曲がった背中のお年寄りは日本でもかつて珍しくはなかった。農家や山岳地帯で多かったんだ。 働き者の背中を思わせるから俺はこの直角に曲がった婆さんの背中が嫌いではないしムシロ好きだ。古き良き時代の日本を思い出させてくれるこの背中が好きなんだ。おかしいかな(^^) でもこの背中は解剖学的肢位から大きくズレている姿勢であるが為にカラダの不調を訴える例が殆どだ。 [続きを読む]
  • 膝の痛みは肩の痛み
  • バルセロナより話は前回より続いている。今成選手の膝の痛みを取るべく施術を観ていたムエタイコーチが『吹田ラーメン』のBOSSでありKYTを使いこなすYosi先生に言ったんだ。「Kenに俺の膝も見てくれるように頼んでくれないか?」 またこのパターンだ。アメリカの格闘技ジムでも選手が噂を駆けつけドンドン後ろに並び出す。バルセロナでもココならそんな噂は簡単に作れるだろうな。 とにかく患者さんはどこの国でもどこの地域でも [続きを読む]
  • 世界で闘う柔術家の膝の痛みの治療点は
  • バルセロナよりとある格闘技道場に呼ばれた。世界中から注目されている今成選手が柔術セミナーを開きにバルセロナに来ていたんだ。 俺は彼此10年以上前、『トライブ東京』という格闘技ジムの長南会長の紹介で今成選手と知り合いになり今成選手は度々日本の腰痛研究所にもやって来てカラダをみる関係だったのだけどバルセロナで逢えたことに驚いた。 世界から呼ばれる柔術家はそうはいないだろう。日本発祥の柔術は今の力関係で言 [続きを読む]
  • 寝方でカラダは変わっていく
  • ローマよりKYTイタリアセミナーはまだ正式なオファーは無い。というか「KYTセミナーをお願いしたい」とイタリア指圧のBOSSから何度も話があっても不思議と話が消えていくイタリアセミナーの話。 その縁からはもうこの国の指圧関係からKYTが広がるのは無理だろうなと思っていたところにタイのチェンマイでローマの指圧学校の先生と出会い、そしてまたまたローマでセミナーをブッキングさせて欲しいと話を聞いた。イタリア人をまだ [続きを読む]
  • 一生治らないと言われた人々の今
  • イタリア ナポリより スペインの理学療法士と会うことになっていたが急に30日まで田舎に帰るということになり残念ながらしばらく会うことができなくなった。俺は彼らがいない間、仕方なしにイタリアに来て腰痛の研究をすることにした。 腰痛にはたくさんの種類があり、メディカル的に治らないという腰痛でも痛みが消えることがちょくちょくあることを考えていた。 例えば俺自身も治らないと言われていた腰椎分離すべり症だが痛み [続きを読む]
  • シャーマンの肩の痛み
  • バルセロナより南米からやって来たシャーマンのカルロスは世界中でアヤワスカという伝統儀式を広めるために旅をしている。彼の年間移動距離は俺の移動距離よりも凄い。 俺はカルロスとこのバルセロナの地で不思議な縁で出会った。カルロスは偶然などこの世に存在しない。偶然に見えていつもそれは必然だと言ったが、確かに今回で2回目だというのにカルロスを随分身近に感じる気がした。 カルロスは長い間背中の痛みに悩んでいた [続きを読む]
  • スペインサッカーリーグで活躍する選手のケア
  • バルセロナよりサッカーと言えば今も昔もヨーロッパリーグそして中でもスペインが熱いらしい。そこで活躍している日本人選手がいれば無条件で応援したくなる。成果が出るばかりの世界ではない。ときにスランプに陥り、ときにケガに悩むだろう。 そんな中、1人の日本人選手が俺の元にやって来た。ヨシ先生の紹介だ。彼は今村選手と言いオーストラリアやニュージーランドの一部リーグで活躍し、今はここスペインリーグで活躍してい [続きを読む]