ワンモア さん プロフィール

  •  
ワンモアさん: 1/144ヒコーキ工房
ハンドル名ワンモア さん
ブログタイトル1/144ヒコーキ工房
ブログURLhttp://onemore01.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文1/144航空機の情報集め、製作、食玩のリペイントなど。飛行機に関するネタもあれこれと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/04/24 16:44

ワンモア さんのブログ記事

  • 144スケールでギガント登場!Me362
  •  艦船模型で多い1/700スケールを数多く出しているピットロードさんから、144スケールでメッサーシュミットMe323ギガントが発売になります。超大型輸送機・・・ ギガント(Gigant)とはドイツ語で”巨人”の意味です。映画「未来少年コナン」でもギガントという名前の飛行機が登場してくるので名前だけはご存知の方もいらっしゃるかと思います。模型化もされているんですね〜 元々はMe321という輸送用のグライダーに6基のエンジン [続きを読む]
  • デアゴスティーニ傑作機コレクション全ラインアップ発表!
  •  いやあ、出揃いましたね。全ラインナップ。ついに80機全部が判明しました。 さっそく2年ほど前の予想と比較してみましょう。 ちなみにこれから発売する予定の機種は以下の通りです。新機種が全然少ないよ・・・◆デアゴスティーニ 全80機種予想と結果  創刊号が発売と同時に80機の予想を立ててみたのですが、こうして結果を見てみると予想以上に重複がありましたな。当時は重複することなんて考えてみませんでしたよ。◆日本 [続きを読む]
  • 日光の参拝といつもの成田の日常
  •  どうも、一週間ぶりの更新です。特に忙しいという感じではなかったのですが、あっという間に一週間が経ってしまいました。先日は約一ヶ月間ぶりに家に帰ることができました。 とはいえ、夜中に帰り、朝イチで床屋へ行って、そのまま日光のいつもの瀧尾神社へ参拝に行って夕方には成田へ戻るというスケジュールでしたので、あっという間の休日。あれ、やっぱり忙しいのかな^^ 二ヶ月ぶりの日光です。日曜はここ、瀧尾神社も参 [続きを読む]
  • 成田の日常とストロベリームーン
  •  サッカー微妙でしたね・・・・今日の社員さんたちはみんな寝不足気味かと思います(笑)。 私は今は事務所に寝泊まりしているので、TVがないのです。ネットで中継しているらしので、まずは夕飯食べて、仮眠をしてから、観てみようかなと思い、起きたら1時でした(^^)食欲のない日は逆に辛いものをι(´Д`υ)アツィーにんにくの芽入りの麻婆豆腐に、もつの味噌辛、炒め!お酒も呑んで、さぁ、ちょっと寝てサッカー観戦!起きたら終わ [続きを読む]
  • 成田の日常とストロベリームーン
  •  サッカー微妙でしたね・・・・今日の社員さんたちはみんな寝不足気味かと思います(笑)。 私は今は事務所に寝泊まりしているので、TVがないのです。ネットで中継しているらしので、仮眠をしてから、観てみようかなと思い、まずは早めの夕飯を。食欲のない日は逆に辛いものをι(´Д`υ)アツィーにんにくの芽入りの麻婆豆腐に、もつの味噌辛、炒め!お酒も呑んで、さぁ、ちょっと寝てサッカー観戦!起きたら終わっていた・・・・・。 [続きを読む]
  • 予科練平和記念館の零戦のレプリカ
  • 海であれ、湖であれ、ヨットがあるのは憧れます^^ ヒコーキネタ行きます。阿見町の霞ヶ浦のほとりにある予科練平和記念館。ここには、レプリカの零戦21型が展示してあります。成田から宇都宮の往復路で、ちょっとだけ遠回りをすれば気軽に立ち寄れる場所なんです。 いつも夜に通ることが多いのですが、今日は日曜日でも仕事だったので、立ち寄ることができました。 日曜日だけは、ハンガーから出してくれます。なので、今回は [続きを読む]
  • さようなら、もうひとつのブログ
  • ちょうど2年の命でした。◆2年続けたブログの閉鎖 訳あって、会社のブログを閉鎖することになったんですよね。 思えば2年ほど前に社長に頼まれて作った会社のスタッフのブログなんですが、かなり作り込んだブログで個人的にもすごく気に入っていました。最初は社員さんたちも記事を投稿してくれて嬉しかったんですよね。3人くらいの社員さんたちが交互に投稿してくれて。 でもまぁ、すぐにはアクセスなんか集まるわけがなく [続きを読む]
  • デアゴスティーニの64号はゼロ戦21型岩本徹三機
  •  ブログの更新もままならぬまま時は過ぎ、あっという間にデアゴスティーニの64号が出ていたので紹介を。 はい、出ましたゼロ戦、7機め^^第64号は岩本徹三機。戦争を戦い抜いた古強者。 デアゴスティーニの64号はデアゴスティーニの10機に1機を占める零戦です(笑)。何回出てくるんでしょうかねぇ。まぁ、坂井三郎氏が出てくれば、岩本徹三氏も出てきてもおかしくはないのですが・・・・。  支那事変から太平洋戦争終結まで闘 [続きを読む]
  • デアゴスティーニの63号は木製機の奇跡、モスキート
  •  この度、関西地方の地震でより、被害を受けられた皆さまに対しまして、心よりお見舞い申し上げますと共に、皆さまの安全と、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。 第63号はデ・ハビラント・モスキート デアゴスティーニの63号はついにデ・ハビラント モスキートの登場です。木製の驚異と呼ばれた高速機であり、様々な任務もこなした双発機です。  なんせ、当時の最新鋭のスーパーマリン スピットファイアが590km/h前後 [続きを読む]
  • 1500記事を超えていました。
  •  どうも、ワンモアです。先日ふと自分のブログを見ていたらいつの間にか、1500記事を超えていました(^^) 思い返せば、5年前、2013年の2月からスタートとしてなんだかんだで1500記事。うーん、我ながらよく続きましたな。趣味の模型作りが忙しくてピタッと止めてしまいましたが、愛するヒコーキたちのネタは尽きることがなく、ここまで続けることができました。 コメントを頂いたりniceを押してくれたり、皆様のおかげです。本当 [続きを読む]
  • 最近の成田
  •  皆さま、ご無沙汰しております。最近は忙しくてなかなか更新ができませんでした。ネタはたくさんあるものの、書く時間がない・・・。 ということで、とりあえず、最近の近況報告を。最近は羽田空港にも顔を出してますBBQの練習 前からやってみたかった、外で気軽にBBQ。仕事が終わって、倉庫の前で行いました。火の元には充分気をつけて、水と消化器もすぐ側に置いてます。 炭をおこすには、割と時間がかかるものですね。あと [続きを読む]
  • 革新の推進式戦闘機〜DB605系航空機の系譜
  •  前回の記事の続きになります。枢軸国側で使われたドイツのダイムラーベンツDB605系エンジン。北欧の国では、フィンランドがソ連の侵略に対抗するために開発した自国産戦闘機のエンジンとしても使われました。 そのフィンランドのお隣のスウェーデンでもこのエンジンを使って独自のスタイルの戦闘機を開発します。その姿は今まで見たこともない前衛的なものでした。今回はその話を。◆中立国で技術大国、スウェーデン その前に [続きを読む]
  • 北の国のピョレミルスキ〜DB605系航空機の系譜
  •  暑くなったり寒くなったりでイマイチ調子が上がらないワンモアです。今月に入って始めての休日(!)をとれましたが、壊れたスマホの契約やら家の用事やらで半日潰れました^^ さて、今回はマイナーなヒコーキのお話しを。あれ?メッサー?◆枢軸国側の最高峰エンジン、DB605 ドイツのダイムラーベンツDB605系エンジンは、枢軸国側の最高峰エンジンとしてBf109などの主力級の軍用機のエンジンとして活躍しました。 このエンジン [続きを読む]
  • ベトナムの帽子、ノンラー風の麦わら帽子をかぶってみた。
  •  日差しが強くなってきましたね。先日、すでに熱中症にかかったのか、夜でも身体が火照っているワンモアです。 そういうことで熱中症対策には間に合いませんでしたが、先日麦わら帽子を会社で購入。当社はベトナム貨物が多いので、やはりここは、ベトナムの有名な帽子、ノンラーを購入しようということに。 これですね。日よけの役割がありますが、雨よけにも ノンラー(Nón lá)はラタニアというの木の葉で出来てます。Nón [続きを読む]
  • デアゴスティーニの60号は悲運の攻撃機「天山」
  • デアゴスティーニの第60号は中島「天山」 デアゴスティーニの60号は中島「天山」ですね。デアゴスティーニも予定ではあと20機。新しい機体ではフランスのMS.406とモスキートが判明していて、後は既存の機体のカラー違いですかね(→デアゴスティーニ今後のラインナップ、→デアゴスティーニWWⅡ傑作機の残りを予想してみる)。日本では後は人気の「月光」や九七式司令部偵察機、銀河くらいかもしれません。ドイツではMe163コメート [続きを読む]
  • 技術者たちの冒険と革新の戦闘機、二式戦「鍾馗」の活躍
  • 今回は二式戦「鍾馗」の話です。 エフトイズからVSシリーズの第9弾が発売予定です。日本の二式戦「鍾馗」とアメリカのカーチスP-40。今回はこの二式戦「鍾馗」の話を。◆格闘戦重視の思想から抜け出そうとした革新的戦闘機 日本の戦闘機といえば、零戦に代表されるように格闘戦が最重視。ひらりひらりと敵機の機銃攻撃をかわし、後ろに回り込んで撃墜する。どっちが相手の後ろに回るかという、いわばドックファイトですね。 「 [続きを読む]
  • GWの仕事
  •  会社も社員さんたちもGWに入りました。田舎に帰省する人、友達と旅行に行く人、家でゆっくりとする人と様々ですが、私こと、ワンモアは仕事です。 なにせ自分の本来の仕事との掛け持ちですので、休みの合間を縫って予定を入れていかないといけません。 東京・江戸川の浄土宗のお寺にて周辺が住宅街に囲まれたお寺は、まさに東京って感じですね。さて、この連休を利用して、フォークや台車が通る度に苦労していた段差を埋めます [続きを読む]
  • エフトイズのVSシリーズ、第9弾は「鍾馗」VS P-40
  •  エフトイズからVSシリーズの第9弾が発売予定です。もう、各店で予約も始まっているみたいですね。今度は日本の二式線「鍾馗」とアメリカのカーチスP-40です。このパッケージデザイン大好きです。雑誌の表紙みたい(*^^*)さっそくラインナップを。◆日本陸軍二式戦闘機「鍾馗」 1-A.鍾馗Ⅱ型丙 飛行第47戦隊 第3中隊 1-B.鍾馗Ⅱ型丙 飛行第23戦隊 第2中隊 1-C.鍾馗Ⅱ型丙 明野陸軍飛行学校 1-D.鍾馗Ⅱ型丙 飛行第70 [続きを読む]
  • 成田空港のもう一つの顔、航空貨物地区へ行ってきた〜その2
  • 前回の続きです。一般の人は立ち入ることができない成田空港の貨物地区、空港西通りにあるゲートをくぐって、書類を届けに行きます。 地区内には色々な形のコンテナがあります。ULD(Unit Load Device)と言われているものですね。http://www.nca.aero/service/freighter/container.html#03台形の形は飛行機の形状に合わせてます。うちでは150cmを超える貨物は確認をとる必要があるのですが、上の左の形状のコンテナ(AKEコンテナ [続きを読む]
  • 成田空港のもう一つの顔、航空貨物地区へ行ってきた〜その1
  •  成田空港と言えば、手狭になってきた羽田空港の代りに、日本を代表する国際空港として開発されたのですが、土地の取得をめぐる激しい三里塚闘争から始まり、付近の住民対策での運行時間の制限、都心からのアクセスの利便性などの問題で、いつの間にか羽田に主役を奪われた感があります。 開港は、1978年5月20日ですから、今年でなんと40周年。早いものです。最近では国際空港としての地位を挽回すべく、夜間や早朝の便の増発や [続きを読む]
  • デアゴスティーニの59号はドイツHe162A
  •  デアゴスティーニの第59号はドイツのHe162Aサラマンダー デアゴスティーニの59号ですがAmazonではとっくに予約開始をしているのですが、肝心のホームページの方が更新してくれなくて、ようやく掲載されかと思いきや 第59号だけ真っ白〜。やる気が感じられません。なので、自分で調べます。今回のカラーリングの元ネタはおそらくこちら。 黄色の11番が目立ちますね。手元の資料(「エアロ・ディテール Me163&He162」)を見ると [続きを読む]
  • 750馬力の非力なエンジンで最高速度620km/hの奇跡。SAI.207
  •  もし共通の1,000馬力のエンジンを搭載して、「航続距離、格闘性能、速度、武装などを総合したバランスの良い最高の戦闘機をつくる」というコンペがあったならば、日本の零戦が最優秀賞を得ると思います(防弾設備が全然ないということで欧州ではかなり賛否分かれるところではありますが・・・)→もしバトル・オブ・ブリテンに零戦が投入されていたら? 零戦の優秀な所は、類まれな格闘性能と膨大な航続距離にありますが、その理 [続きを読む]