自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さん プロフィール

  •  
自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡さん: 自由が丘伸学会の代表ブログ『道を拓く』
ハンドル名自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さん
ブログタイトル自由が丘伸学会の代表ブログ『道を拓く』
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikuchihirotada/
サイト紹介文子どもが自分の力で成長していけるようにするために「勉強のやり方」と「勉強の続け方」を教えています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供274回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/04/24 20:52

自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さんのブログ記事

  • 40人に3人は、字が書けないの?
  • ちょっと古い記事ですが、読んでみてほしい学習障害についての記事をシェアします。40人に3人は、字が書けないの? 「発達性読み書き障害」の息子を漫画にした母の思い『うちの子は字が書けない』の千葉リョウコさんに聞きました うちの子は字が書けない 発達性読み書き障害の息子がいます/千葉リョウコ/宇野彰【1000円以上...1,296円楽天 取り上げたいとずっと思っていたのですが、タイミングを逃していました。 この記事に [続きを読む]
  • わからない子の気持ちがわかりました・・・
  • ちょっと前に秦先生から「菊先生に歳を感じる日が来るとは思いませんでした笑笑」と言われてしまいました。 Instagramを使っていて、操作方法がわからなくて手間取っていたところ、秦先生がササっと解決してくれたのです。 昔ビデオの予約の仕方がわからなくて困っていた母の立場に、気付いたら自分がなってしまっていました。 近年すごいスピードで、いろいろな製品やサービスが産まれていますよね。 例えばGoogleのサービスを [続きを読む]
  • 「違いを作る違い」を見つける力
  • 代表の菊池です。昨日アップしたお知らせに絡めて、先月のブログ記事を再投稿したいと思います。---最近嬉しいことがありました。伸学会では子供たちに効率の良い学習法を教えています。でも、子供は言われたことをその通りにやるのが苦手なのはご存知ですよね?あなたもきっと、子供に言うことを聞かせるのに苦労をした経験が山ほどあることでしょう。子供の行動を変えるためには、子供自身に変えたいと思わせなければいけません [続きを読む]
  • 今から受験勉強を始める子にまず教えたいこと
  • こんにちは。伸学会代表の菊池です。12月になり、受験まで残り60日を切りました。伸学会では6年生たちが今日も目標に向けて日々頑張っています。私たちも、子供のサポートで大忙し。そんなタイミングなのですが、私たちは同時に新年度の準備も進めています。正直もっと落ち着いてからやりたいのですが仕方ありません。保護者の方皆様も、上の子のことでいっぱいいっぱいだけれど、下の子のことも考えなければ・・・となるのと同じ [続きを読む]
  • 第9回親ゼミ無事に終わりましたー
  • 今回も40人以上の方が参加してくれて、盛況でした(^^) 今年度の親ゼミはずっと秦に司会進行を任せていたので、久しぶりに自分でやるのにちょっと緊張しました(笑) 今回のテーマは「家庭での習慣」ということで、食事や睡眠や運動などから間接的に学力を高めるためのアプローチについてお話しました。 成績を上げるためにはただがむしゃらに勉強させれば良いというのは誤ったイメージです。 もちろん厳しいしつけがだめという [続きを読む]
  • 今週も熱いスタッフ研修!
  • 毎週月曜日はスタッフ研修の日です。今週のテーマは二学期のまとめ的な内容でした。生徒へのアドバイスの仕方の一般論を共有したり、個別の生徒の事例を元に対応を考えたりをしています。23時を過ぎたんですが、秦鬼教官の指導はまだ終わりません(^_^;) [続きを読む]
  • 子供に教えたい"脳の使い方”
  • あなたが子供に教えたいと思うのはいったいどんなことですか?・何が正しい行動かを判断する価値基準・自分の行動を自分で監視する能力・自分の衝動を抑える能力・責任ある行動をする能力・自分の理想の未来を思い描く能力きっとこういったものではないかと思います。では、これらのうちの多くは“2階の脳”が司っていることはご存知でしょうか? 脳の活動を二つに分類する「思考の二重過程モデル」というものがあります。それに [続きを読む]
  • 「仕事」が地球から無くなる日
  • 昔、子供の頃に、ドラえもんのひみつ道具に心を躍らせていた大人は多いと思います。私は「そのうそほんと」か「もしもボックス」が欲しかったです。どんな願いもかなえられる道具です。今はそこまで贅沢は言わないので、せめてどこでもドアだけでも・・・と、遅刻しそうなときにときどき思います。あなたはどんな道具が欲しかったでしょうか? そんなドラえもんの劇場版に、「のび太とアニマルプラネット」という作品があります。 [続きを読む]
  • 新小4入会説明会のお知らせと空席状況
  • 先日、自由が丘校校舎長の江藤に言われました。「小3の保護者の方から『新年度の説明会はやらないんですか?』と聞かれたんですが、やらないんですか?」と。ああ、そういえば。全く考えていませんでした。実は説明会的な物には、私、トラウマがあるのです。あれは3年前の2014年1月、伸学会が自由が丘で生まれたときのこと。開校説明会を企画したのですが、お客さんは1人も来てくれませんでした(T_T)今となっては笑い話ですが、4 [続きを読む]
  • 大人と子供の時間軸の差
  • もうすぐ11月が終わりますね。 2月の入試本番まで残り日数が少なくなってきています。 あと約2ヶ月か。 でも、当の本人たちはようやくスイッチが入りかけくらいです。 まだのほほ〜んとしたやつもいて、困ったものです。 毎年のことですけどね。36年生きてきた私にとっての2ヶ月と、12年しか生きていない彼らの2ヶ月は、感覚的には3倍違うのがあたりまえだと思います。たった2ヶ月ではなく、まだ2ヶ月。私の感覚に置き換えたら「 [続きを読む]
  • 親ゼミのマル秘資料を無料で配布します
  • 最近寒くなってきましたね。健康のために運動する習慣を心がけているのですが、最近は外で走るのがつらいので、もっぱらジムでトレーニングをしている菊池です。 運動をすると、その効果をより高めるために食事にも気を使うようになります。お酒が好きな私ですが、「あんなにしんどい思いをして筋肉をいじめたのに、ここでアルコールを飲んだら台無しか」と思うとお酒を飲む気が失せますし、「足がパンパンになるくらい走ったのに [続きを読む]
  • 子供がかんしゃくを起こしたらまずするべきこと
  • 子供がゲームばかりしていて勉強をしないのでゲームを没収したところ、子供がかんしゃくを起こしてかえって勉強をしなくなった。そんなお話はあなたの周りで聞いたことありませんか?小さな子であれば、欲しいおもちゃやお菓子が買ってもらえないということでグズることもあるかもしれませんね。そういえば、塾生同士でよくわからない理由で怒ってケンカしている子達もいました。きっとおうちでも兄弟げんかをする子供は多いこと [続きを読む]
  • 伸学会の冬 限界を超える冬 体験生募集中
  • 今年もまた冬がやってきました。肌を刺すような空気の冷たさ。夏とはうってかわって、晴れの日でも空は暗く感じられます。しかし、伸学会の中は灼熱です。子供たちの熱気が充満しています。彼らは、子供によってはまだ外が薄暗いうちから勉強を始めます。睡魔と、そしてサボりたくなる自分と戦って、打ち勝った勝者たちがオンライン指導に集まってきます。そしてお互いを称え、励まし合いながら、各自の課題を進めます。それから [続きを読む]
  • 民間学童保育伸学会Primary2018年度入会説明会のお知らせ
  • うちの子、もうすぐ小学校に入学。 お受験はさせなかったから中学受験はさせなくちゃ。 けどいったい何から手をつければ良いのかしら? パパは地方出身だから中学受験はさっぱりわからないし、私は中学受験はしたけど、昔のことだから今の事情はわからない。何より、共働きで子供の受験を上手にサポートできるのかしら・・・ そんな悩みを抱えていませんか? もしあなたが、子供に確かな力を身につけさせたいとお考えなら、でも自 [続きを読む]
  • 秦鬼教官のスタッフ研修
  • 授業が終わった後のスタッフ研修。今日のテーマは「保護者への報告メールの書き方」でした。スタッフが送信したメールの中からサンプルを取り出し、良かった点と改善すべき点について話し合いました。そして、生徒の現状をふまえて今後の展望を示し、保護者に安心してもらうためにどうすれば良いかを共有しました。昔菊池がやっていたときは研修は一回30分くらいで終わらせていたのですが、秦先生に研修を任せるようになってから [続きを読む]
  • 学習記録が上手に書けてる5年生♪
  • そういえば最近子供たちに書かせている学習記録をアップしていなかったので、先月ナイスだったものを載せてみます(^^) 男の子たちのものなので字は少し雑ですが、内容はなかなか良いですよ。 勉強を始める時刻が遅くなってしまったため、夜の勉強がつらかったということに気付きました。 今後は開始を早くすると決意したそうです。 こちらも宿題が終わらなかったので、今後どうしたら良いか改善策を考えていますね。 こちらは [続きを読む]
  • 第9回親ゼミ「学力を高める習慣」のご案内
  • こんにちは。伸学会の菊池です。もし日々のちょっとした習慣を変えることで子供の脳を鍛えられることをお伝えしたら、協力していただくことはできますか?今日、私たちのあらゆる行動や体験が実際に脳に変化をもたらすことがわかってきています。例えば、ジャグリングを練習している人は、物体の動きの予測に関わる脳の領域での細胞結合が強化されています。また、記憶ゲームを毎日25分やったところ、注意力と記憶力にとって重要 [続きを読む]
  • アイデアを形にする力
  • 中学生の頃の私は走るのが嫌いで、マラソン大会が憂鬱でした。何とか走らない方法を考えて、クツの中にローラースケートを仕込んで滑ったら楽なんじゃないだろうかと思いつきました。でも、当時はそれを形にすることが出来ませんでした。 後年、ローラー付きのシューズが商品として大ヒット。あの時商品開発をできていたらぼろ儲けできていたのだろうかと悔しく思いました(笑) 時代が変わって現代、ちょっとしたプログラミングが [続きを読む]
  • 中高生の読解力がピンチ
  • 教科書や新聞記事のレベルの文章を、きちんと理解できない中高生が多くいることが、国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究グループの調査で分かった。 新井教授は「基礎的な読解力がないまま大人になれば、運転免許や仕事のための資格を取ることも難しくなる」と指摘している。「教科書の文章、理解できる? 中高生の読解力がピンチ」(http://news.livedoor.com/article/detail/13855304/?_from=linenews_social)より引用--- [続きを読む]
  • 算数の時限爆弾
  • 船上に26匹の羊と10匹のヤギがいる。このとき、船長は何歳でしょう?40年前、数学教育を専門とするフランスの研究者がこの問いを小学低学年の子どもたちに投げかけた。すると、大多数の子どもが「36」と答えたそうだ。もちろん、船の上に動物が何匹いようが、船長の年齢と関係はない。解けるはずのないナンセンスな問いだが、子どもたちは反射的に、文中に出てきた数を足し合わせ、もっともらしい「解」を導き出した…日経新聞電 [続きを読む]
  • 「違いを作る違い」を見つける力
  • 最近嬉しいことがありました。伸学会では子供たちに効率の良い学習法を教えています。 でも、子供は言われたことをその通りにやるのが苦手なのはご存知ですよね? あなたもきっと、子供に言うことを聞かせるのに苦労をした経験が山ほどあることでしょう。 子供の行動を変えるためには、子供自身に変えたいと思わせなければいけません。 そこで、伸学会では同じくらいのレベルの課題を用意し、良いやり方と悪いやり方でそれぞれ学 [続きを読む]
  • オンライン指導体験受講者様の声
  • 今週からオンライン指導のモニターになってくれた子たちの指導が始まりました。さっそく何人かのお母さんから感想をいただきましたのでご紹介します。--- お世話になります。昨日は初めてのオンライン自習ありがとうございました。最近まったくやる気がなかったのが、見られている と思うのと緊張で珍しくハイスピードで勉強が終わりました。久しぶりの集中力に驚きました。これもオンライン自習のおかげです。ありがとうござい [続きを読む]
  • 悪いのは自分の頭じゃなかったと気付けました
  • 最近私が担当している5年生の子達の授業がとても良い感じです。 2クラスに分けていて、算数はAクラスを、国語はBクラスを指導しているのですが、それぞれに進歩が見られます。 最近特に嬉しかったのが、Bクラスの転塾してきたばかりの子たちの変化です。 それぞれ違う塾から転塾してきたのですが、「覚える」ということが本格的にできないという共通点がありました。 かといって、不真面目ということではありません。 授業中ノ [続きを読む]
  • 人生のちょっとした岐路でしかない中学受験
  • だから本当の学校選びの秘訣は、どの学校を受験し、どの学校に進学しても、すべては「結果オーライ」だと腹を括り、新しい人生の門出を祝福する覚悟を決めること。彼らがやがて自ら選択を迫られる就活や婚活に比べれば、中学受験なんて、長い人生のなかの「ちょっとした岐路」に過ぎないのですから。 ですって。良いことおっしゃるなと思いました。受験まで3ヶ月を切りました。腹を括れてない保護者の方はぜひ全文を読んでみて下 [続きを読む]