自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さん プロフィール

  •  
自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡さん: 自由が丘伸学会の代表ブログ『道を拓く』
ハンドル名自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さん
ブログタイトル自由が丘伸学会の代表ブログ『道を拓く』
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikuchihirotada/
サイト紹介文子どもが自分の力で成長していけるようにするために「勉強のやり方」と「勉強の続け方」を教えています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/04/24 20:52

自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さんのブログ記事

  • 「心の監督」不在の子
  • あなたは自分で自分のことがどれくらいわかっていますか?人って意外と自分のことがわかっていないものです。なぜなら人は行動の大半を無意識で行っているからです。悪い行動をしていたとしても、本人は全く無自覚・無意識ということはとても多いのです。最近そのことをあらためて実感することがありました。 授業が終わった後に、いつも残って勉強していく子がいました。しかし、毎回友達とおしゃべりをしてしまったり、なにかあ [続きを読む]
  • [危険]やる気を奪うご褒美の与え方
  • 子供がなかなかやる気にならないからご褒美で釣ってみよう!いや、でもやっぱりそれはよくないんじゃないか・・・あなたはこれまでそんな葛藤をしたことが何回くらいありましたか?今回のテーマは、伸学会のコラムを昔から読んでくれている人にとっては定番の「ご褒美」と「やる気」の関係についてです。読者の方から何度か質問があったので、あらためてとりあげてみたいと思います。今回の記事を読めば、あなたはきっとご褒美で [続きを読む]
  • 子供の行動を変えるには…
  • もっとこういうやり方で勉強したらいいのに・・・あなたがお子さんに対してそんな風に思うのはどんなことですか?私は例えば「やったらやりっぱなし」とか、「テストの直前にあわてて答えを覚える」とかを見ると、「ちゃんと○付けして直しもしようよ・・・」とか、「前もってちゃんと覚えてきなさいよ・・・」とか思ってがっかりしてしまいます。そんな勉強のやり方してたら成績なんか上がらないよ?って言っても、子供の心には [続きを読む]
  • 菊池と秦の反省会
  • 子供たちにも散々「問題解いたら反省点の振り返りをしろ」「次回に向けた戦略を考えろ」と言っていますが、それはスタッフも同様です。 授業をやったら反省点の振り返り!そして次回に向けた対策! これをやらなければ子供も大人も成長しないのです。秦さん曜日が間違ってますよ!4/6は金曜です! という細かいツッコミは置いといて、集団授業が終わった後はこんな感じでGood/Badを挙げ、そこからNextを考える反省会を毎回やって [続きを読む]
  • 若者の育成=未来への貯金
  • メルマガ登録者数が1111人になる瞬間を目撃した菊池です。 なんか「当たり」っぽくてめでたいので記念に♪ ついでになぜ伸学会は無料で成績が上がる勉強法についての情報をメルマガで提供しているのかについて語っておこうかな。 それは、今の中学受験が「できる子を選別する場」でしかなく、「できる子を育てる場」になっていないのが面白くないからです。テストでクラス分けして初めからできる子を囲い込み、生徒はその囲いの中 [続きを読む]
  • ↓一生勝ち続ける子に育てたい方、他にいますか?
  • あなたは自分を「勝ち組」だとか「負け組」だとか思ったことはこれまで何度くらいありますか? 私の目標は、生徒を「この受験で勝つ子」に育てることではなく、「一生勝ち続ける子」に育てることです。そんな目標に向けた指導をしてきて、最近手応えを感じたできごとがあったので自慢させてください。保護者の方から受験体験記をいただきました。春期講習中の夜中にメールでもらい、菊池と秦で泣きました(笑)この春卒業するS君 [続きを読む]
  • 第10回親ゼミ[脳科学に基づく記憶術:実践編]のお知らせ
  • こんにちは。菊池です。第10回親ゼミ「脳科学に基づく記憶術:実践編」のお知らせをサイトにアップしました。塾生には先にご案内を送っているのですが、昨年の「記憶術」の回に参加された目黒校の越智君のお母さんからは、今回の申し込みに合わせてこんな感想をいただきました。 「昨年の親ゼミで学んだことをできる範囲で実践しております。理科や社会の本や漫画、Eテレの学習番組、学習すごろくやカルタ、こども新聞、計算や語彙 [続きを読む]
  • 関わる人全てが幸せになる場にできるように
  • こんにちは、菊池です。秦にスタッフ研修を任せるようになって一年が経ちました。 バイトスタッフで長く関わってきているとはいえ、入社一年目でスタッフ研修を任せられるのですから大したやつです。 この1年で、私が自分で研修をやっていた時よりも速いスピードで、スタッフたちがレベルアップしていっています。 研修に限らず、「これはこういうもの」という常識は伸学会にはありません。 やれると思えば新人にいきなり重要な仕 [続きを読む]
  • 「さぼりたい」への必勝法
  • 伸学会筋トレ部の菊池です。 最近あんまりネタにしていなかったためか、先日会った保護者の方に「まだやってるんですか?」と聞かれてしまいました。 忙しかったりインフルエンザにかかったりして行けなくなる時期もありましたが、行けるようになるたびにちゃんと復活して細々と地道にやっています。(※写真は去年頻繁に筋トレしてた時期のもの) 春期講習前にはプロテインも新たに買いました。ミルキー味と熊本みかん味です。 パ [続きを読む]
  • お母さんにおすすめ!お手軽算数教育その2
  • 最近体質改善のために食事制限をしている菊池です。アレルギー体質とかがいろいろと治ると言われたので、尾本先生と2人で受験がひと段落した2月の中ごろから1ヶ月ちょっとデトックスに取り組んでいます。 食事が基本的に塩分と糖質抜きの腎臓病の人のような食生活です。 これをやる中で、子供たちに共感する出来事があったのでちょっと聞いてください。 できない子の気持ちがとてもわかってしまったのです。 この食事制限ですが [続きを読む]
  • なぜ夢に向かって勉強しないの?
  • 最近メルマガ読者が1,000人を超えて喜んでいる菊池です。先日読者の川添さんより「新小3のわんぱく息子は、『将来、かっこいい大人になって国際弁護士になって悪い人から騙されている人を助ける‼?』が夢です。この場合の目標は国際弁護士になるですよね?スイッチが入らない時は何を言ってもちくわです。どういう働きかけで、『よっしゃ〜やるぞ!』になるんですかね?」というご質問をいただきました。 夢や目標があるくせに [続きを読む]
  • スマホを取り上げても勉強時間は増えない
  • スマホ・タブレット・PCなど、便利になるほど、それを遊びに使うか学びに使うかで格差が広がっていくようになります。 遊びに使えないようにとりあげるのではなく、学びに使うように教育することが大切だと私たち伸学会は考えています。 保護者の方たちにぜひ読んでほしい記事です。 「ネットがない頃ってどうやって勉強してたの?」 女子高生が語る、今どきのテスト勉強法http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1803/21/news005_0 [続きを読む]
  • お母さんにおすすめ!お手軽算数教育その1
  • あなたは単位換算は得意でしたか? LをdLに直したり、kmをmに直したりするあれです。 4.2km=4200m みたいなやつです。 多くの小学生はこいつらが苦手です。 成績の良い子たちでも平気で間違えます。 きっとあなたのお子さんも。 でも、あなたが普段からちょっとしたことを心がけるだけで、あなたのお子さんはみんなが苦手なこの「単位換算」が得意になると言ったら、興味がわきますか? その方法をお教えする前に、ちょ [続きを読む]
  • あなたの子供が時代遅れになる危険
  • あなたの身の回りにいるパソコンが苦手な人って誰ですか?ちょっとその人を頭の中で想像してみてください。できれば仕事で関係のある人だと望ましいです。 あなたの身の回りにいる、仕事で関係がある、パソコンが苦手なAさん。その方は上司?同僚?部下?もしたくさん心当たりがいたら、1番年上の人を想像してみてください。ここでは仮に上司ということにしておきましょう。 Aさんは今どき仕事をする上で、PCが使えません。Power [続きを読む]
  • 魔法の呪文「今の気持ちは?」
  • お子さんが勉強しなくて困っていませんか? 愚問でしたね。世の保護者の83%(テキトー)は子供がちゃんと勉強しないことに頭を抱えています。 あなたもきっとその1人ではないでしょうか。 では、なぜ子供はちゃんと勉強しないのでしょうか? その要因は様々あります。 時間を管理する能力が未熟であるとか、その上いろいろな習い事をしているせいで時間が逼迫しているとか。 そういった中で、私が大きいと思っている要因の1つが、 [続きを読む]
  • ロボットってどんなイメージですか?
  • ロボットと言われたら、あなたはどんなものをイメージするでしょうか? ガンダム?ドラえもん? 現実の世界のものではペッパーやアイボ? 人型や動物型の、生き物を模した機会をイメージされるのではないでしょうか。 しかし、それらはロボットのごく一部でしかありません。 こちらは三菱の産業用ロボットMELFAです。 こういったものの方がむしろロボットの大多数です。 身近なもので言えば、信号機や自動ドアもプログラミングで [続きを読む]
  • 寝ないで勉強すると成績が下がるぞ
  • 世の中の多くのお母さんは、子供が勉強しないことで悩むものですよね。しかし、中には子供が勉強しすぎて悩む方もいらっしゃいます。先日も、お子さんが連日朝5時に起きて勉強しているので、朝6時にこっそり変えたというお話を聞きました。なんてうらやましい悩みなの!?と思うかもしれませんが、その子の保護者の立場になってみたら、体を壊さないか心配になってしまうでしょう。あなたも同じ状況だったら、せめて睡眠時間の確 [続きを読む]
  • 菊池が考えるよい塾の基準
  • 先日伸学会に通わせるために引っ越すっておっしゃってる方がいたという驚きを記事にしましたが、なんともう一方そんな方がいらっしゃいました。 実際に自由が丘の隣の駅にお引越しが決まったそうです。 いやはや、ほんとに頑張らないとですね。 そういったものすごい行動力がある方も中にはいらっしゃいますが、普通はなかなか引っ越したりはできないですよね? ですから、遠方のブログやメルマガの読者の方から「どんな塾を選ん [続きを読む]
  • 娘の写真が届く
  • 以前も少し書いたことがありますが、NPO法人に毎月寄付をしていまして、定期的に私が支援しているチャイルドから近況報告の手紙や写真が届きます。 伸学会が開校する前からだから、もう6年くらいになるのかな? 右の写真の子なんかは最初は幼児でした。 子供は変化が速いですね。 日本の子供たちだけではなく、世界中の子供たちが、意志さえあれば自分の未来を切り拓いていける、そんな世界を作りたいと思っています。 いずれもっ [続きを読む]
  • おうちでできる簡単理科の種蒔き法
  • こんにちは。子供とカルタで遊ぶのが好きな菊池です。伸学会では、子供が自ら伸びていくように仕向けることを大切にしています。では、手っ取り早く子供が夢中になって、勝手に賢くなるにはどうしたら良いでしょうか? 答えはこちら↓http://www.singakukai.com/column/10138.html [続きを読む]
  • 塾のために引っ越す!?Σ(・ω・;|||
  • 学習環境って大事ですよね? 今年の伸学会では、北海道の北嶺中学校と鹿児島のラ・サールに進学する子がそれぞれいて、彼らは4月からは寮生活です。 昨年までにも、静岡聖光や早稲田佐賀などの寮に入った子がいました。 友人にラ・サール出身の人間がいて、とても楽しかったし勉強にも集中できたという話を聞かされていたので、そうやって寮に入って規律のある集団生活をおくるのはすごく良いことだなと思っていました。 まぁそこま [続きを読む]
  • STEM教育って何?を簡単に解説!
  • あなたは最近話題のSTEM教育って何か説明できますか?「言葉だけは知っています。なんとなくだけど理数系教育のことでしょ?」というぼんやりしたイメージだったりするんじゃないでしょうか。STEM教育とは実際のところ何なのか、また、それがなぜ重要なのか、を明確に説明できる方は少ないだろうと思います。そこで、今回はSTEM教育について、簡単に解説をしようと思います。まずは、この記事に興味を持ってもらうために、なぜSTE [続きを読む]