BB さん プロフィール

  •  
BBさん: Big Bobbyの日記
ハンドル名BB さん
ブログタイトルBig Bobbyの日記
ブログURLhttps://bigbobby.blog.fc2.com/
サイト紹介文九州各地の紹介、旅行、温泉、食べ物、神社などの情報を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2014/04/25 18:16

BB さんのブログ記事

  • ニニギノミコトの墓@西都原古墳群
  • 円墳や前方後円墳、その形がはっきりわかる墳墓が点在する西都原古墳の中で樹木に覆われてその全容がわからない場所があります。ここはなんだと思いますか?周囲を柵で囲われ自由に出入りできないようになっています。なんと天皇家の始祖「天照大神」の孫にあたる 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の墓がある場所なんだそうです。だから宮内庁管轄でここは立ち入り禁止。この境界の中には「男狭穂塚(おさほづか)」と「 女狭穂塚(めさ [続きを読む]
  • 300基以上の古墳が点在する「西都原古墳群」宮崎県
  • 宮崎県にある「西都原古墳群」行ったことがありますか?東京ドーム23個分の広さの中に300基以上の古墳が点在しています。一見すると小高い丘のようですが、1400年前〜1700年前に亡くなった古代人の墓なんです。西都原古墳群の多くの墓はこのような円墳ですが、中には立派な前方後円墳もあります。美しいでしょう。なかなか前方後円墳の全体像を見る機会はないのではないでしょうか。この古墳は13号墳と呼ばれ4世紀後半に造られた [続きを読む]
  • 道の駅「やよい」でシラス丼とごまだしうどん@大分県佐伯市
  • 一週間前のことですが、大分県南部にある佐伯市へ行きました。用事は、親父がずっと寝たきりで入院しているのでお見舞いに。というのを口実に美味しいものを食べに(笑)佐伯は港町なのでお寿司がすごく美味しい町なんですが、今回はすし屋には行かず道の駅でランチをいただきました。それが国道10号線沿いにある道の駅「やよい」。そしていただいたのが、しらす丼と佐伯名物ごまだしうどんです。この二つを注文したときに、「食べす [続きを読む]
  • 入れ替わりの多い別府商店街で変わらず営業「ジェノバ」
  • お店の入れ替わりが多いように思う別府のアーケード街。アーケード街は以前に比べればなんとなく賑やかになってます(店の看板が)が、人通りは相変わらずです(^^;ちなみにこの写真は金曜日の午後8時前。寂しいですよね。そんな寂しく、そして店の入れ替わりの多いアーケード街で20年以上も営業を続けているのが「GENOVA」です。アイスクリームが販売されているお店です。ちなみに別府には平行して2つのアーケード街があるのです [続きを読む]
  • 別府ヒットパレードクラブが移転して新規開店していた
  • 30年前の1988年、別府の歓楽街の一角に“女性が一人でも安心して楽しめる店”をコンセプトに「音楽博物館ヒットパレードクラブ」が開店しました。別府在住時に行ったことがありますが、オールディーズの殿堂として懐かしい洋楽を生で聴けるいい感じのお店でした。そのヒットパレードクラブが先日別府を訪れた時に駅前通りに新規移転オープンしていました。ここに移転する前、一時経営難で苦しんでいましたががんばって元気に営業し [続きを読む]
  • 油津名物「魚うどん」と「かつおめし」をいただいた「びびんや」
  • 宮崎県日南市油津の記事、今日が最後です。広島カープが毎年キャンプをし、JR油津駅がカープ一色になり、競売にかけられそうになった歴史ある建物を住民の心意気で存続させ、コンクリートで出来た社殿のある神社や、男はつらいよのロケ地となった堀川運河、そして釘を一本もつかっていない木造の橋もある油津、でも観光客が少ない。そんな油津でも県内外からお昼時は人が集まる場所があります。それが「びびんや」ここは油津で人気 [続きを読む]
  • 油津の新しい町のシンボル「夢見橋」
  • 紹介してきている宮崎県の油津ですが、油津といえば石造りの「堀川橋」が美しいアーチを運河の水面に映しすごくきれいな橋で、油津のシンボルです。その堀川橋の上流の方に(歩いて10分くらい)木造の橋があります。11年前の2007年に完成した「夢見橋」です。どうして「夢見橋」なのか?これは公募で決まったそうで、全国47都道府県のうち、44都道府県から1201件の応募があったそうです。当時は全国的に油津の堀川運河に屋根付き橋 [続きを読む]
  • あれから2年、熊本地震ではいろいろな方に助けられ、そしてまだ復旧中
  • 2016年4月16日1時25分頃 最大震度7の地震発生。寝ていて地鳴りとともに揺れを感じて目が覚めて、14日の地震の余震かと思った瞬間、グラグラグラと揺れが大きくなって飛び起きたのを思い出します。この本震でさらに被害が広がった熊本地震から2年。震災後は沢山の方に支えられました。やはり頼りになったのが日本全国から駆け付けてくれた自衛隊です。なんと北海道からも。我が家の断水はすぐに回復したのですが、水が濁って飲めま [続きを読む]
  • 油津のシンボル「油津赤レンガ館」はもっと有効活用して欲しい
  • 毎日毎日宮崎県日南市の油津を紹介していますが、小出しですみません(^^;一気に書くと写真の数が膨大になり文章も長くなるので・・・・というのはいいわけです。実はあまり長い文章を書くのが得意でないから・・。前置きはこれくらいにして今日紹介するのは3000万円を堀川に捨てた男達が守った「油津赤レンガ館」です。この「油津赤レンガ館」は1922年(大正11年)に材木商の倉庫として建てられたものだそうで、約22万個のレンガ [続きを読む]
  • 2年前の今日、1年前の今日
  • 2年前の今日、4月14日午後9時26分。生まれて初めて恐怖を感じる揺れを経験した。そしてそれからおよそ28時間後に2度目の経験をしたのだけど。1年前の今日、4月14日、地震が発生したのと同じくらいの時間、愛猫ボビーは息を引き取った。忘れられない日です。POI [続きを読む]
  • 阿蘇神社参道「はなびし」の「あか牛 カツ重」
  • 昨年の年明けに訪問して以来、久しぶりに阿蘇神社参道「水基巡り」にある「はなびし」に行きました。(訪問は先月)もちろん食べたのは「あか牛 牛カツ重」阿蘇の大自然の中で育った極上の赤身を持つ「あか牛」をカツにした料理です。カツといっても普通のカツのように肉まで十分火が通っていません。軽く揚げて肉がレアの状態を保っている牛カツなのです。この牛カツ重、美味しい食べ方が掲示されています。もちろん、それになら [続きを読む]
  • 十勝あんこのサザエのおはぎは絶品
  • 熊本の鶴屋百貨店で開催されている大道産子市。昨日記事にした「くしろ都寿司」以外に、ジェラートの「リスの森」や若鶏半身から揚げの「なると屋」、チーズケーキの「ルタオ」等々沢山のお店が北海道からはるばる熊本にやってきていました。だから大人気。開店30分後でこの人出です。六花亭やロイズは長蛇の列が出来てました。すごい人気です。北海道のお菓子を買いたかったのですが、この混雑なので寿司を食べて早々に退散。大道 [続きを読む]
  • 釧路の「都寿司」が熊本にやってきた。
  • 9月北海道旅行の時に秋刀魚の握りを食べた釧路の「くしろ都寿司」。9月訪問時に「11月は熊本に行くよ」、「じゃその時にまた」といって店を後にしました。そして昨日、熊本の鶴屋で開催中の大道産子市で都寿司さんと再会しました。もちろん食べたのは秋刀魚の握り。サンマとイワシとサバが2巻ずつで税込み1080円の光物握りセット(お吸い物付き)です。さすがに釧路で食べたような「生サンマ」はいただけなく、〆ていました。握っ [続きを読む]
  • から揚げ一筋50年の丸福「から揚げ定食」
  • 大分県竹田市にある食堂「丸福」の「から揚げ定食」。昭和の時代、「から揚げ」といえばこの骨付きモモではなかったでしょうか?このから揚げ定食を食べられるのが「丸福」です。写真は大分と熊本を結ぶ幹線道路国道57号沿いにある丸福です。そのほか丸福は竹田市内に本店や道の駅「すごう」にも店を出しています。そしてなんといってもこの看板。「からあげ一筋 50年」です。大分のデパート「トキハ」にも出店していますがやはり [続きを読む]
  • 子守唄の里 五木村の「やまうに豆腐」
  • この夏、子守唄の里 五木村に行ったときに買った「山うにとうふ」。「山うにとうふ」は豆腐の味噌漬けで、平家の落武者が作りだしたといわれています。濃厚な豆乳で作られた豆腐と、秘伝の味噌に漬けられて作られた五木村の名産「山うにとうふ」は、まるで「うに」のよう食感なのでそう呼ばれています。ただ癖があるので好き嫌いはあるかも。で、今回購入したのがオリジナルではなく燻製した「山うにとうふ」です。いつか食べよう [続きを読む]
  • マグマラーメン@南阿蘇「マグマ食堂」
  • 昨日の「あか牛ライス」を食べた「マグマ食堂」、実はラーメン屋さんなんです。とんこつ、塩、醤油、味噌、さらにカレーと、いろいろなラーメンが楽しめます。そして大人気なのが店の名前にもなっている「マグマラーメン」阿蘇五岳をイメージしたラーメンだそうで、丼が阿蘇のカルデラ。丼の縁は外輪山?焼豚が阿蘇五岳で、白葱が阿蘇中岳の噴煙、糸唐辛子が噴火時の雷、など食材で阿蘇噴火をイメージしています。面白い創作ラーメ [続きを読む]
  • 南阿蘇「マグマ食堂」で食べた「あか牛ライス」
  • 昨日は、あか牛がゴロゴロはいった牛肉麺を紹介しましたが、今日は「あか牛ライス」。この「あか牛ライス」が食べられるのは昨日紹介した台湾料理「龍駿園」から車でおよそ2分ほどの場所にある「マグマ食堂」です。店内の大きな窓からは阿蘇山が一望できます。この景色を楽しみながら味わう「あか牛ライス」は最高に美味しいです。よく煮込まれた肉はトロトロ。そして大きい!この大きな肉は赤味噌で煮込まれています。そして、ラ [続きを読む]
  • 阿蘇名物「あか牛」ゴロゴロの牛肉麺@龍駿園
  • 今年6月の記事で紹介した南阿蘇にある本格的台湾料理「龍駿園(りゅうしゅんえん)」。ここの名物「牛肉麺」をいただきました。大きな「あか牛」の肉の塊がゴロゴロ。本場台湾でもこんな牛肉の塊が入った牛肉麺は見たことがないです。部位は牛肉の中でも希少なネックなんだとか、そしてその肉を噛む必要がないくらい(大げさ(^^;)柔らかく調理されています。台湾の食堂にいる気分になる八角の香りがするあっさりしたスープは、最 [続きを読む]
  • 熊本地震から復活した「パン ダイゴ」
  • 昨年の4月、前震、本震と2度にわたって大きな地震が熊本を襲いました。そのとき大きな被害を受けた家屋や店舗、工場などが多かったのですが、その一つが南阿蘇のパン屋さん「パン ダイゴ」。営業できないほどの被害を受けていましたが、被災からおよそ1年5ヶ月ぶりに別の地で営業を再開しました。ということで訪問。元あった場所から少し離れてはいますが、店舗を新築し新たなスタートです。初めて行く方は少し迷うような場所で [続きを読む]
  • 北海道旅行記事の最後です
  • 記事の前にソフトバンク ホークス優勝!!!!おめでとう。さて1ヵ月以上にわたりBBの北海道旅行記事に付き合っていただいてありがとうございます。もっと詳細に書きたいものもあったのですが割愛し、今日が最後の記事になります。最後の記事は北海道の「橋」。前回の北海道旅行では気づかなかったのですが今回新たな発見をしました。それはどんな小さな橋も名前があり、そしてちゃんと立て札で標されているということです。楽山 [続きを読む]
  • 夕景が素晴らしい支笏湖
  • 一昨年の北海道旅行でも支笏湖で宿泊しましたが厚い雲に覆われ風も強くあいにくの天気でした。が、今回は素晴らしい夕景を観ることができました。恵庭岳の方角に沈んでいく夕陽、高度が高いから海に沈む夕陽のように直視はできませんが、山に沈んでから変化する空の色が感動的です。恵庭岳から左のほうに目を移すと樽前山もはっきり見えます。この山、いつも思うけど特長的な形をしていますよね。登山もできるそうなので機会があれ [続きを読む]
  • アイヌ文化が満載「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」
  • サラブレッドの町新冠を後にして向かったのが「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」です。実はここに到着するまでは、小さなアイヌコタンを再現しているだけかと思っていました。到着してまず最初に目に入ったのがチセ群だったので、「やっぱり」と。復元されたチセです。地域のアイヌ文化学習と観光振興の拠点とするため、昭和60(1985)年から平成15(2003)年にかけて整備されたものだそうです。ここで、「なんだこれだけか」と思った [続きを読む]
  • オグリキャップ記念館
  • 昨日「ハイセイコー」を紹介して、平成の怪物と呼ばれた「オグリキャップ」を紹介しないと手落ちですね(^^;オグリキャップの功績はハイセイコーと同じように競馬ファンでなくても知っているように第二次競馬ブームの立役者となったことではないでしょうか。オグリキャップは新冠の生まれではないですが引退後は新冠町のサラブレッド銀座沿いにある優駿スタリオンステーションで種牡馬となりました。優駿スタリオンステーションに [続きを読む]
  • 新冠にある「サラブレッド銀座」
  • 昨日紹介した「レ・コード館」の前に馬の像が立っています。「ハイセイコー」の像です。競馬ファンでなくても知っている(たぶん)昭和の名馬で、日本中で人気を集めた国民的アイドルサラブレッドです。このハイセイコーが生まれたのが新冠町。競走馬引退後は種牡馬となり、1997年に種牡馬も引退、そして新冠にある明和牧場で余生を過ごしていました。が、2000年5月4日午後、放牧地で倒れているのが発見され死亡が確認されました。 [続きを読む]