BB さん プロフィール

  •  
BBさん: Big Bobbyの日記
ハンドル名BB さん
ブログタイトルBig Bobbyの日記
ブログURLhttps://bigbobby.blog.fc2.com/
サイト紹介文九州各地の紹介、旅行、温泉、食べ物、神社などの情報を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/04/25 18:16

BB さんのブログ記事

  • 国東一のパワースポット 金ピカの熊野磨崖仏「胎蔵寺」
  • 熊野磨崖仏を参拝して下っているとこんな看板が目に飛び込んできた。「国東一のパワースポット。ここが不思議の寺 胎蔵寺です」「幸福の道に続く 胎蔵寺」気になります。行くしかないでしょう。ということでこの「右です!」の指差し方向に向かいました。小道を進むと周囲に小さな石仏が沢山点在していて、「幸福の道」というより「お地蔵さんの道?」。そして目に入ってきたのが結界がはられたエリアが。お地蔵さんがいたり、こ [続きを読む]
  • 熊野磨崖仏
  • 日本最大級の大きさを誇るといわれる大分県豊後高田市にある、「熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)」を訪問しました。岩肌に刻まれた約8mの不動明王、その隣の大日如来は6.8mと、とても大きな磨崖仏で、平安時代中期〜鎌倉時代前期のものといわれ国指定重要文化財に指定されています。 不動明王です。不動明王といえばどちらかというと怖い顔をしているのですが、こちらは穏やかな表情です。不動明王よりも穏やかな表情な「大日如 [続きを読む]
  • 初めての耶馬溪ダム
  • 大分県中津市にある耶馬溪ダムを初めて訪問しました。大分県を流れる一級河川「山国川」水系の「山移川」に、洪水調節や発電などを目的として建設された多目的ダムで、総事業費約450億円を要して昭和60年に完成したダムです。ダム諸元が石に書かれていました。ダム型式:重力式コンクリートダム 堤高62 m  堤頂長313 m  堤体積395,000 m? 流域面積89 km? 湛水面積110 ha  総貯水容量2千3百万 m? 大分県トップクラスのダ [続きを読む]
  • 地獄蒸し、時間に余裕を持って利用しましょう
  • 昨日記事にした「足蒸し・足湯」は「地獄蒸し工房 鉄輪」の付属施設です。施設には飲泉も(無料)。横に見える滝のようなものは高温の源泉を壁に伝って流し温度を下げている冷却装置です。こうやって温度を下げることで加水なしの100%天然かけ流しの温泉に入れます。この施設は2010年3月にオープンし別府市の直営でしたが、現在は業務委託をしています。でも別府市がオープンしただけあって大きな足湯や足蒸しが無料で利用できる [続きを読む]
  • 別府鉄輪温泉で熱い足蒸しと心地よい足湯
  • 別府の鉄輪温泉を散策していると無料の「足蒸し」が数か所あります。一番大きいのが「いでゆ坂」にある「足湯・足蒸し湯」中に入ると大きな足蒸し場があります。ふたを開けると湯気が立ち上ります。その中に足を入れて足を覆うように工夫された蒸し蓋をかぶせます。気持ちいいです。が、ときおり火傷するんじゃないかと思うくらいの湯気が足に当たって我慢できませんでした。なので短時間で終了(^^♪だからなのか、こんな広い無料 [続きを読む]
  • IKEAに初めて行きました。ランチがおいしかった
  • IKEAに初めて行きました。実は今年の7月末まで熊本にもIKEAが小規模だけどあったのですが閉店しました。熊本にあったときも一度もいったことがないIKEA。福岡にあるIKEAに行きました。家人からランチが美味しいと聞いていたのでそれが一番の目的。熊本から高速道路使って1時間半くらいかかるのですが・・・高いランチです(笑)10時過ぎに到着したら店内放送で10:30までならカレーが99円と。99円、すごくひかれましたがカレーを食べ [続きを読む]
  • 黄金の絨毯に浮かぶ国宝「富貴寺」
  • 昨年11月24日に訪れた時は紅葉はまだ早かったので今年は1週間遅らせて12月1日に国宝「富貴寺」を訪問しました。残念ながか紅葉は終わりかけていました。先日両子寺を参拝したときに土産物屋のお母さんが「今年は色づきが早ぇなぁ。終わるんも早ぇやろうなぁ」と大分弁で話していましたが、富貴寺も同様でした。でもイチョウの落ち葉がまるで金の絨毯のようにみえて阿弥陀堂(いわゆる富貴寺大堂)を引き立て、これを見られただけで [続きを読む]
  • LINEトラベルjpに「大塚国際美術館」の記事を投稿
  • LINEトラベルjpに旅記事を投稿しているのだけど、今回はちょっと苦労、というかweb掲載まで時間がかかった。その記事はこちら大塚国際美術館記事を書くとまずLINEトラベルjpの事務局で記事内容の確認が行われます。通常はそれでOKならweb掲載なのだけど、美術館とかは版権等で使っちゃいけない写真とかあるので、そちらで再確認してもらいます。美術館から指摘された例として「モナリザ」という表記は「モナ・リザ」、ゴッホの「 [続きを読む]
  • 大分県人はそんなに悪くない。でもから揚げ定食に1000円はダメ
  • 先週末中津に行きました。中津?大阪の中津ではありません、大分県の中津。福沢諭吉の故郷です。中津といえば最近は全国でも有名になっている「中津からあげ」、ということでから揚げ定食を食べました。お店に入っておばちゃんが「ご注文は?」(ここは大分弁のイントネーションなのですが文字では表せないのが残念(^^♪)、と言うか言わないかのタイミングで「からあげ定食」を注文しました。すると「麺はどうする?」ってきかれ [続きを読む]
  • 高知のお土産人気No1?「四万十のえび焼せんべい」
  • 高知県の清流「四万十川」の手長えびを使用した「四万十のえび焼せんべい」このせんべいは高知のお土産人気No1・・・いや、「とさまる」という、このせんべいを販売する会社の名前が入って「とさまるの高知のお土産No1」なんです(^^♪これ結構おいしかったです。量も沢山入っているので(30枚入り1,080円)職場のお土産には最適。だから人気No1?人気の秘密は量ではなくてその食感ですね。一度焼きあがったせんべいをなんと細かく [続きを読む]
  • 巡礼の旅人が作り方を伝えた「山田屋まんじゅう」
  • 愛媛県の銘菓といえば何を思い浮かべますか?一六タルト、坊ちゃん団子、母恵夢、薄墨羊羹???今日紹介するのは「山田屋まんじゅう」です。まんじゅうは山田屋のマークがついたシンプルな和紙で一つ一つ丁寧に個包装されています。創業は慶応三年という老舗のまんじゅうです。一人の巡礼の旅人が宇和町にある一軒の商家に宿を請い、巡礼者は商家の主に宿泊のお礼にとまんじゅうの作り方を教えました。そのまんじゅうの美味しさが [続きを読む]
  • コストコ(Costco)で買ったレトルトカレーが美味しかった
  • 以前初めてコストコ(Costco)に行ったという記事を書きましたが、その時にレトルトカレーを買いました。試食を提供していたスタッフが「美味しい」と強く勧め、実際に試食したら美味しかったので。そのレトルトカレーが『Jewel Fine Foods バターチキンカレー』です。「Jewel Fine Foods」はオーストラリアのメーカーで、インド料理レストラン「Jewel of India」を展開するほか、各種カレーのチルド食品を製造しているそうです。 [続きを読む]
  • 四国南予の名産「じゃこ天」
  • 「じゃこ天」って知ってますか?愛媛県の宇和島や八幡浜など南予地域で作られる魚の練り製品です。宇和島藩史によれば、宇和島藩初代藩主の伊達秀宗が故郷仙台から職人を連れてきて生産したが始まりとされているそうです。仙台にも同じようなものがあるのでしょうね。今回食べたのは「佐田岬のじゃこ天」大分県と愛媛県の間にある豊予海峡でとれた魚を漁師仕込みした手作りじゃこ天、不味いわけがありません(^^♪「じゃこ天」は海 [続きを読む]
  • 熊本城復興応援「熊本お城最中」
  • 「お城ほおばる。城たち上がる!」先日スーパーの菓子売り場でみつけて購入しました。売り上げの一部が熊本地震で大きな被害が出た熊本城の復興に寄付されるそうです。品名は「熊本お城最中」。石垣の上に建つお城が表現されています。けっこう大きいので一個食べたら大満足です。香ばしい皮が上品な味の餡を挟んでいます。復興のために買ったので味は期待していなかったのですが大間違い。それもそのはず、熊本の老舗和菓子屋「 [続きを読む]
  • 重曹の活躍で五徳が綺麗になった
  • 3連休が終わり、11月最後の週が始まりました。連休最終日は、台所の掃除。壁の油汚れや、換気扇フードの油汚れ除去、そして意外に汚い冷蔵庫の上等々。そして一筋縄に行かないのが五徳のクリーニングですが、重曹で一発で綺麗になります・・・いや二発くらいかな(^^♪汚れがこびり付いています。スチールたわしで磨いても油も混じっているので苦労します。そこで登場するのが重曹。大きめの鍋に水を入れ重曹を溶かし(量は適当)、 [続きを読む]
  • 年末楽をするために大掃除開始、そしてミニ天丼セットでパワー注入
  • 3連休、仕事の方もいると思いますが、休みの方はどう過ごされていますか?熊本は青空が広がり絶好の行楽日和。でも、どこにも出かけずに大掃除に取り掛かりました。一昨日23日は、長年放置してめちゃくちゃ汚かった浴室の扉の下。石鹸カスやなにやらが固まってこびり付いているのを除去。写真は見るに耐えないので撮っていません(^^; クエン酸水でシップ、そして期限切れのクレジットカードで削り取り、悪戦苦闘4時間、どうにか [続きを読む]
  • 別府湾を望みながらPロールを食べた
  • 別府湾SAで湯布院の名物P-ロールをいただきました。湯布院の子どもたちの「おやつ」を作りたいという思いから始まった、甘さ控えめで素朴なケーキです。 P-ロールと珈琲のセット。山荘無量塔のカフェ「Tan's bar」で古いアメリカ製の大きなスピーカーから流れるクラシックを聴きながらのP-ロールもいいけど、別府湾を望みながらもすごく美味しいです。食べたのは別府湾SAに新潟の古民家を移築した「artegio dining」の一角にある [続きを読む]
  • 別府名物「しらす丼」を別府湾SA玄林館で
  • 大分には、関アジ、関サバ、城下カレイ、別府湾の太刀魚等々、美味しい魚が沢山ありますが、シラスも名物です。別府湾で水揚げされたものだけを使用し生産される「豊後別府湾ちりめん」は、獲れたての旨みを天日干しによりぎゅっと凝縮し、鮮度、味、香り、どれをとっても抜群な別府名物。そのちりめんが乾燥される前、釜揚げにしてご飯にたっぷりのせたのが「しらす丼」です。波穏やかな別府湾近海でとれたシラスを釜揚にし、たっ [続きを読む]
  • 豊のしゃも親子丼が絶品 別府湾SA茜舎
  • 大分のブランド地鶏「豊のしゃも」の親子丼をいただきました。「豊のしゃも」とは、大分県で本当に美味しいといえる鶏を作りたいと、大分県農林水産研究指導センターが交配試験を繰り返して誕生した大分県特産地鶏です。肉質はシャモの素質を50%持ち脂肪が少なくて締りがあるので、噛めばコクと旨みが口いっぱいに広がる上質な鶏肉です。 そんな豊のシャモを使った親子丼、不味いわけがありません(^^♪ この親子丼の特徴は鶏肉を [続きを読む]
  • 別府老舗パン屋「友永パン」の行列を横目に「とらや」で大判焼き
  • 両子寺参拝から別府に戻りました。国東半島の中心にある両子寺はすごく遠いように感じますが別府から片道1時間。近いんです。別府に戻ってきたのは娘から買ってくるようにとリクエストがあった「とらや」の回転饅頭(大判焼き)を買うため。その時、とらやの近くにある大正5年創業の老舗パン屋さん「友永パン」の行列を見てびっくりしました。開店前ではなくて入店待ちの行列、すごい人気です。正午前だったのですがまさかこんな行 [続きを読む]
  • 別府で行列が出来る居酒屋「海鮮いづつ」
  • 別府に宿泊するときはいつもビジネスホテルです。別府のホテルはビジネスホテルとも言えども温泉がついていますが、温泉のないホテルは格安で宿泊できます。その分夕食を贅沢できます(^^)いつもは焼肉「一力」に行ったり、先日記事にした「とよ常」に行ったりするのですが、今回初めて「海鮮 いづつ」を訪問しました。18:00開店ですが、開店前なのにすでに行列、すごい人気です(たぶん全て観光客)。お昼も店の前を通ったのですが [続きを読む]
  • 紅葉が見ごろだった国東半島「両子寺」
  • 「神」と「仏」が融合する神仏習合の発祥の地である大分県国東(くにさき)半島。その中心にあるのが両子寺(ふたごじ)です。昨年は11月下旬に参拝したのですが紅葉は終わりかけていたのでちょっと早め(11月10日)に参拝しました。見事な紅葉が広がっていました。両子寺といえば仁王像。駐車場はこの仁王像よりも上のほう、石段を上がった辺りにあるのですが、本来はここが参道です。そんなに急ではないですが石段を上がらないと [続きを読む]
  • 菊池渓谷の紅葉は終わっていました
  • 1週間前、11月9日に小雨が降る菊池渓谷を訪問しました。熊本地震以来立ち入りが禁止されていたのですが今年の初夏から一部立ち入りが解禁されています。ここは紅葉がすごく綺麗な場所なのですが、前日から続く雨もあって落葉し紅葉の見ごろ終わっていました。でもせっかく来たので渓流沿いの遊歩道を散策。渓流沿いにはいくつかの滝があります。滝と言っても大きな落差があるものではなく、すごく優しい滝。でもそれはそれで迫力は [続きを読む]
  • 四国旅行記最後は、「最後の清流・四万十川」
  • いつまで四国の記事を書いているんだ!って言われていますが今日で最後です(^^♪足摺岬を後にし九州に渡るフェリー乗り場がある愛媛県三崎へ。(足摺岬に一番近い九州に渡るフェリーは宿毛佐伯フェリーなんだけど出航時間が合わず断念)事前にgoogleで経路を調べたら最短は国道441号で四万十川沿いのコース。せっかくなので四万十川を見て帰ろうとこちらを選びました。ただ「国道441号」がちょっと気になっていたけど。なぜなら400 [続きを読む]