トラちゃん さん プロフィール

  •  
トラちゃんさん: FPなのに借金をすることになるなんて
ハンドル名トラちゃん さん
ブログタイトルFPなのに借金をすることになるなんて
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/atsunk+toracyan/
サイト紹介文リーマン前後で株とFXで人生転げ落ちてしまいました
自由文人様に資産形成をアドバイスするのがFP。ところがリーマン前後で株とFXで人生転げ落ちてしまいました。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/04/26 08:58

トラちゃん さんのブログ記事

  • [仕事][転職]和解が成立
  • 少額訴訟から通常訴訟へ移行した第2回口頭弁論で、和解が成立しました。当初被告側が支払うといった示談金プラスほんの気持ちで、思うところが多々あったものの、関与先のセクハラ案件で最高裁まで行ったと威張っている相手に消耗戦は得策ではないと考えた末の結論です。会社の金は俺の金とばかり、週3回のキャバクラ通い、お気に入りの社員の医療費、まったく業務に従事していない嫁の社員旅行同行費などなんでも経費で落とす彼に [続きを読む]
  • [借金][投資]持っていない女の下降しまくりの人生
  • 夏目漱石の「こころ」だったと思うのですが、「忘却は罪です」という台詞がありました。ですが、忘れられることこそが心のバランスを保っていける人間の能力だと私は思うのでした。真面目に生きてきたつもりだったのですが、私が高校生の頃辺りから母親の執拗な言葉と態度による虐待を受け、早く家を出ないと自分が壊れてしまうとの一心で高校卒業と同時に新聞奨学生を目指したものの、毎朝3時起きで重い自転車を漕いで300部の新聞 [続きを読む]
  • [仕事][転職]口頭弁論を被告が欠席
  • 少額訴訟から通常訴訟へ被告の希望で移行したのですが、今日の第1回口頭弁論には被告も、被告訴訟代理人弁護士も出席しませんでした。出頭時間の2時間以上前に着いて気合を入れていたものの、見事肩透かしを食らいました。被告が第1回の口頭弁論に出席できない場合には、その旨を答弁書に記載しておけば、出廷して答弁書の内容を陳述した扱い(擬制陳述)にしてくれるそうですが、簡裁ではなんと2回目以降もこのやり方が通るそうで [続きを読む]
  • [仕事][転職]少額訴訟から通常訴訟へ移行
  • 裁判を翌週に控えた今日、簡裁から書類が届きました。被告が弁護士を立て、少額訴訟を通常訴訟に移行させる、また当日は出頭しないとあり、正直面倒になったと思った次第です。被告側が通常訴訟へ移行させるのは、原告がそう思って訴訟を取り下げるのを期待しているのもあるそうです。社労士2名、弁護士1名も雇って、元従業員相手によくやると思いました。所長は、顧問税理士兼監査役として入っている顧問先の営業所長をセクハラで [続きを読む]
  • [仕事][転職]やはり弁護士に依頼するみたいで
  • 昨日付けで簡裁からの特別送達が元職場宛に届けられたもようです。所長は提携している弁護士事務所に速攻で出かけて行ったそうです。その事務所は各専門分野の弁護士を20名以上も抱え、素人をひねりつぶすくらい屁でもないと思われますが、この件で所長は社労士2名、弁護士まで動員して、私が請求している金額くらいいってしまうのではないでしょうか?もともと組織こそ法人ではあるものの、会社の金は俺の金とばかり私用に使い放 [続きを読む]
  • [仕事][転職]簡易裁判所からの電話
  • 昨日、帰宅すると簡裁から留守電が入っていました。金曜日に送った訴状と証拠書類に不備があったかもと不安になりましたが、国の機関らしく受付時間は16時半までとあり、折り返しは今日に持ち越しました。私が勤めていたところは合同会社だったので、主たる事務所とか従たる事務所があって送付先が異なっていたり、代表社員が複数名いるなどやっかいで、こういったケースの被告の書き方についてネットで探しても見つからず、弁護士 [続きを読む]
  • [仕事][転職]再就職手当をめぐって賠償請求・6
  • せっかくの3連休のうち一日を、訴状作成で台無しにしてしまいました。お金も知識もないながら、無料の弁護士ドットコムや、2,160円からの有料となりますが前者よりは多少親身になってくれるジャストアンサーというサイトを使い、マニュアルでは載っていないことを聞いたりして何とか作成することができました。それから、当事者が法人の場合謄本の添付が必要となるのですが、法務局に出向かずとも今はネットで発行依頼することがで [続きを読む]
  • [仕事][転職]再就職手当をめぐって賠償請求・5
  • 元職場から3回目の回答書がきてから1週間考えてみました。2年4か月在籍してよくしてもらったこともあるような気がするのですが、常に所長はスタッフの誰かを罵倒し続け、セクハラやパワハラがひどく、去年は所長の不手際でスタッフが健康診断を受けられなかったり、退職月の給与不払いについても、今回トラブルになった離職票発行についても多くの退職者が「もうかかわりたくない」と泣き寝入りしている事実があり、社員7人枠で私 [続きを読む]
  • [仕事][転職]再就職手当をめぐって賠償請求・4
  • 昨日、元職場から3回目の回答書が届きました。内容は、再就職手当にかかる賠償をする義務はないと考えているが、解決金として3万円を支払うから、同意書に印鑑を押して返送して欲しいというものでした。また、金額の変更はしないともありました。前回、元職場が法定期限日に手続きをしていた場合でも、土日をはさむから2日違いで私には受給の権利はないと主張してきましたが、手続きは「退職日の翌日から10日以内」であるから、退 [続きを読む]
  • [仕事][転職]再就職手当をめぐって賠償請求・3
  • 昨日、元職場から2回目の回答書が届きました。内容は、元職場がハローワークに雇用保険の資格喪失届を期限日に提出した場合、期限日が金曜日だから、私が失業給付の手続きをとれるのは月曜日になり、よって2日違いで受給要件は満たさず、手続きが遅れたことと再就職手当がもらえないことには因果関係はないというものでした。また、再就職手当や失業給付をもらわなかった場合、算定期間は通算されるのだからただちに損害が発生する [続きを読む]
  • [仕事][転職]再就職手当をめぐって賠償請求・2
  • 内容証明で送ったこちらの要求どおりにすんなり支払がされるとはもともと思っていませんでしたが、今日、元職場より回答書が送られてきました。顧問社労士からの提案が2件あり、ひとつは入社日を2週間遅らせたらどうかということ、もうひとつは職業紹介事業者の紹介を受けたらどうかということでした。前者は、再就職先の退職予定者との引継ぎの都合上無理であり、後者はいわゆるエージェントを介する手間暇をかけず、求職者と直接 [続きを読む]
  • [仕事][転職]再就職手当をめぐって賠償請求
  • 在職中から2ヵ月半にわたり就活を続け、ようやく再就職先が決まりました。応募総数13社、面接に進んだのが8社、私のアラフォーという年齢と転職履歴の多さで、当然ながら転職の度にハードルが高くなり、今回はかなり苦戦しました。ところが、やっと就職先が決まったというものの、元職場が規定の2週間遅れで離職票を送ってきたため、本来受けられるはずの再就職手当が受けられなくなってしまったのです。そのため、昨日元職場に内 [続きを読む]
  • [借金][転職]誰のために納税しているのか疑問
  • 先日、通常の交付日から2週間遅れてようやく元職場から離職票が届きました。退職者に対し、これまで一度も発行してあげなかったとか、最後の給与を支給日に事務所に取りに来なければ支払わなかったと言われている中、手元に届いただけマシとは思われるのですが、手続きが遅れた分、待機期間から給付制限期間すべてが2週間遅れになってしまうので、借金持ちで一刻も早く就職したいと考えている身としてはちっともありがたいとは思わ [続きを読む]
  • [転職][借金]住民税11ヶ月分が控除された
  • 退職後10日以内に手続きすることになっている離職票はまだ届いていないものの、現金書留で送ると言われた給与はなんと昨日送料180円のスマートレターで郵便受けに入っていました。書留の意味を分かっていない上、なくなったらどうする気だったのか、または私が届いていないと主張する可能性があることを考えさえもしなかったのか、絶対頭おかしいです。それにしても、最終給与から住民税11か月分12万円強が控除されてしまい、「こ [続きを読む]
  • [転職][借金]いまだ就活中
  • 先月末付けで退職し、現在職探しの真っ最中です。前回リーマン・ショックと転職活動がかぶったときは、30代だったものの困難を極め、100社近くネットやハロワから応募してようやく決まったものでしたが、昨日のヤフーのトピックスにあったように、今の転職事情は直近の有効求人倍率が44年ぶりの高水準を記録し、空前の売り手市場となっているとのことです。アラフォーの私ですら、7月から始めた就活の経過は、応募7件中書類選考通 [続きを読む]
  • [借金][転職]退職するのに賞与がでた
  • 前例に倣い、退職月と賞与の支給月が同じ場合賞与がもらえないと9割がた諦めていたのですが、なんと昨日支給されたのでした。それでも、かなり減額されているだろうと疑いつつ中を見ると満額ではないですか。通常の企業では支給日に在籍しているのなら不利益な扱いをしてはいけないといいますが、何せ社員6〜7人枠で多いときは3年で15人、私がいた2年半の間には9人が辞めているこの職場で、退職していった人からはろくなことを聞か [続きを読む]
  • [転職][借金][資格]お尻に火が付いているのに悩んでる余裕があったりして
  • 私が転職歴が多いことの理由のひとつに、通勤便利・給料並以上・土日休み・残業少なめという条件にこだわっていることがあるからだと思います。誰でもこんな好条件であればいつづけたいはず、なのに欠員募集であるのは致命的なものがその会社にはあるという考えに思い至らないのです。また、9時5時というところもたまにあったりするのですが、それでは9時6時で給与が同額であれば月当たり22時間、時給1000 [続きを読む]
  • [借金][転職]来月が心配
  • 7月いっぱいで退職が決まっている私なのですが、7月分給与を8/10にもらえるかが最大の心配事となっています。私が今いるところは今時珍しい給与現金払いであり、給与計算がお手の物であるはずの所長は、これまで私の給与を6回も計算違いをした上、支給日を忘れたり、住民税の控除洩れが4か月あったかと思うとそれを無断で賞与でがっつり引いてきたり、さらに最悪なのが退職後、最後の給与を取りに来なければ払わないということなの [続きを読む]
  • [仕事][借金]儲かっている中小企業経営者はうらやましい
  • 職業柄、これまで多くの中小企業経営者の帳簿を見てきましたが、身内でない従業員は基本給さえなかなか上げてもらえない、会社に利益がでていても還元がほとんどない、税金、社会保険はがっつり天引などほとんど旨味はありませんが、儲かっている経営者とその一族はほんとにうらやましいです。会社に60,000千円の借金があったって自身の役員報酬は40,000千円、名ばかり役員の親に20,000千円支払っているところがあったり、私のいる [続きを読む]
  • [借金][転職][仕事]ド近眼の行く末
  • 7月末で退職することになりましたが、もともと嫌いな仕事ではないし、スタッフ間や取引先との人間関係は良好だし、給料は悪くないし‥ と怒涛のように後悔の波が押し寄せてきます。ですが、入社5年の間に1年超の産休を二度も取っているスタッフが私と入れ違いで復帰するそうで、その人に対する所長の寵愛ぶりもすさまじいため(月に5日〜13日も欠勤、6時間勤務なのに遅刻が年中という有様ですが、何のペナルティーもない上、世帯 [続きを読む]
  • [借金][転職][仕事]借金持ちのくせにまた退職‥
  • 正社員5人でまわっていた職場に、2月からパートさん1名と4月から女子社員1名が加わったのですが、その女子社員は必要なスキルを満たしていないのにもかかわらず社宅につられて応募してきたものの、所長の好みだったので即決で採用が決まったのでした。所長は忙しい時期だったのに入社を2か月も待ってあげ、社宅には自らが2度も案内しに連れていき、彼女の引越費用11万円を事務所で負担してあげた上、入社前には花束を片手に二人き [続きを読む]
  • [借金][その他]お財布がない‥
  • 先週の金曜日は体調を崩し仕事を休んだのですが、夫がコンビニでマイナンバーカードをどう使うのか分からないなどと言うので付き添ったり、住んでいるマンションの消防点検などがあったりなどでバタバタしていました。土日も寝てばかりいて、さて出勤、帰りに買い物といつもどおりの生活に戻るはずが、会計時になぜかお財布がないのです。家に忘れたのかもと、その場ではSuicaで急場をしのいだのですが、部屋をいくら探しても見つ [続きを読む]
  • [仕事][その他]1億円の使い道
  • 以前、取引先の社長と専務が引退を機に持ち株を第三者に売却し、退職金を得て、それぞれ1億円の収入があったと書きましたが(1億円もらっても使えない)、70代も半ばになると使い道は限られてしまうのでしょうか?どちらも車を買い替え、30万円ほどの旅行をしたところまで同じで、一方はふるさと納税に100万円、1,000万円超の株式投資をし、もう一方は子に非課税枠を利用して住宅取得等資金を贈与し、共有名義で4,000万円の土地建 [続きを読む]
  • [借金][仕事]お金がないとみじめ
  • 職場で私が担当している顧問先に親の借金を兄弟を代表して引き受け、任意整理をしたという50代の人がいるのです。以前、そういう相続の仕方は債権者側が許さないと聞いたことがあるような気がするのですが、そして親の事業を引き継ぐでもなく、資産<負債であるのに敢えて相続した必要性がないのではと思っているのですが、ご本人がそう仰っているので深くは追及はしないのでした。その人は任意整理が会社にバレていられなくなり2 [続きを読む]
  • [家族][転職][仕事][借金]夫がまた辞めると言い出した
  • 9年位前、リーマンショックの影響で再就職がかなり難しくなってしまった時期に夫と私は2人して無職となってしまい、私はネットやハローワークでの転職活動を100件ほどひたすら続け、ようやく正社員採用されたのですが、夫は1件スカウトを断られ、10件書類選考に落ちただけで就活を諦めてしまい、その後2年半もプーとなったのでした。生活費は夫が自分の貯金から一定額渡してくれるので、足りない部分は私が補い金銭的に困ることは [続きを読む]