オーストラリア・キャリアセンター さん プロフィール

  •  
オーストラリア・キャリアセンターさん: 英語力ゼロ・スキル無の私が海外生活&仕事をするまで
ハンドル名オーストラリア・キャリアセンター さん
ブログタイトル英語力ゼロ・スキル無の私が海外生活&仕事をするまで
ブログURLhttp://www.australiacareercentre.com.au/blogcat/blog/
サイト紹介文20代後半英語力ゼロでスタートしたオーストラリア生活を留学・就職・移住の視点で赤裸々に語っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/04/26 11:09

オーストラリア・キャリアセンター さんのブログ記事

  • 夢と志を持つ楽しさ 〜未来へ〜
  • ACC、つまり自分の会社になって最初のプロジェクト。 それはパース日本語情報誌の発行でした。 「え、このご時世に紙媒体と留学エージェント?」 私が独立の話をした方の心の内は、正直こんな感じだったと思います。 インターネット化は加速し、もはや紙媒体など化石に近い現代。 日本でも一世を風靡した雑誌が次々と休刊、または廃刊になる時代です。 先進国と呼ばれる国の中で唯一、留学生の数も年々減少している今の日本。 普通 [続きを読む]
  • ”まさか”は忘れた頃にやってくる 〜独立へ〜
  • ワーホリのときにパースに来たときは電車で3泊4日。 今回は飛行機ということもあって、あっという間だろうと思っていたら、意外と遠いぞ、パース!笑 シドニーから飛行機で5時間。 ようやく到着しました。。 もはや外国ですね。笑 当時はパースでもサマータイム(こちらではDay Light Savingと呼ばれています)が試験的に行われていたので、時差は2時間でした。(今は3時間) 時計上、5 ? 2でシドニーを出て3時間後にはパースに到 [続きを読む]
  • パース支店立ち上げ 〜過去からの脱却〜
  • 退職した後どうしようかな?と思った時に、短期間ながら人材紹介・派遣部門で様々な採用活動にたずさわらせてもらって分かった事実として、やはり日系企業への転職にはTOEIC、ということで、良い機会だからTOEICの対策講座に行く事にしました。 当時シドニーでTOEIC対策の鉄板!と言われた「スティーブンのTOEIC」。 私は両親とも教師、私自身英語講師をやっていましたし、浪人時代は某大手予備校にも通い、中学高校と塾にも通わせ [続きを読む]
  • 退職、そして復帰 〜パースへ〜
  • 引っ越した次の月曜日、私のシドニーでの社会人生活が始まりました。 最初の役職は、人材・紹介派遣部門のアシスタント・マネージャー(Assistant Manager)。 未経験者には大層なお役目をいただきました。 当時は全豪で一番大きい日系の人材紹介・派遣会社でしたが、正社員数ですと30名ほど。 日本で言えばかなり小規模な会社です。 全豪で一番がこの規模ということは、日本マーケットというもの自体がローカルマーケットと比較す [続きを読む]
  • ACCオフィスにてIELTSセミナーを開催しました!!
  • こんにちは、ACCキャリアコンサルタントのMikaです。 先日ACCのオフィスにて、リクエスト多数の大好評企画、IELTS対策セミナーをついに開催することができました! 今回のセミナー参加者はなんと15名!先着順で定員を超えてしまったため、参加が叶わなかった方もいらっしゃいました。 従来の会議室での開催ではなく、入り口からお客様対応のスペースまでを使い、お昼頃からスタッフ総出で準備! ACCオフィスも以外と広いんですよ笑 [続きを読む]
  • オーストラリアで社会復帰 〜ご縁に導かれる将来〜
  • Geelongからシドニーまで、道のりにして約1,100km。 日本では到底考えられない車での移動距離ですが、これを一日で移動しようと思った自分は間違いだったと気づいた時には既に500kmを走った時でした。笑 残り600kmで、予定が押して既に3時過ぎ。 やっとシドニーに到着したものの、長距離運転し過ぎたせいかトンネルが狭く見えて怖い怖い。 三半規管がおかしくなっているんでしょうね。 やたら速く走っているようにも感じたので、危 [続きを読む]
  • 卒業を前に、様々な転機 2 〜永住ビザ申請へ〜
  • 仲間に別れを告げ、無事実家に戻りました。 やっぱり貧乏旅行は楽しい。(地味に破産したけど。笑) 両親ともゆっくり話せて一安心した夜。 「そろそろ電話しよ。」 そんな軽い言葉で自分を励まさないと電話のボタンが押せないほど、別れてから今までの思いは複雑だったようです。 携帯は解約していたので、実家の家電から。笑 久しぶりですよ、女の子に電話するのにあんなに緊張したのは。 「何から話せばいんだろう。」 「あ、向 [続きを読む]
  • 卒業を前に、様々な転機1 〜永住ビザ申請準備〜
  • 何だかんだありながらもサーティフィケート3(Certificate III、調理師免許コース)を終える一年後くらいには、大分Geelongでの生活も、学校のリズムも出来てきました。 ちょうど2年目に入った頃のある日、突然授業が休講に。 「いい機会だから、IELTS(アイエルツ)のテスト予約しにいこう!」 残念ながら私が留学していたGeelongにはIELTSセンターがなく、メルボルンまで受験しにいかなくてはなりませんでした。 しかも、当時は [続きを読む]
  • 留学中の出来事 〜英語力より文化理解〜
  • 留学って思っていたよりいろいろ感じていたんだなぁ、と思った前回。 書いていたら思ったより書きたいこと、お伝えしたい事が多くて一回プラスになりました。笑 今回もちょっと長いですが、お時間ある方はお付き合いください。 これからオーストラリアへ留学する人は必読です。笑 無事アルバイトもゲット!でしたが、なかなか簡単にいかないのが人生。 海辺のおいしいカフェレストラン。 お客さんとして行った時の満足度はとても高 [続きを読む]
  • 留学リスタート 〜新たな試練〜
  • 2008年の7月。 シドニーのTAFEを辞めてから約3か月後。 メルボルンから南に電車で一時間の街、Geelong(ジーロング)にあるGordon Institute of TAFE(ゴードン インスティテュート オブ テイフ)に入学しました。 今回もDiploma of Hospitality(ディプロマ オブ ホスピタリティ)コースを選び、Commercial Cookery(コマーシャル クッカリー)、調理師コースを専攻。 今でこそCertificate IVまで行ってからからDiplomaへ進 [続きを読む]
  • 完全帰国 〜日本に戻れるか考えた2カ月〜
  • 日本に帰って久しぶりの実家に戻りました。 ワーホリ中も全く帰国していなかったので、丸1年5ヶ月ぶり。 こんなに長く日本や実家を離れたことはありませんでした。 家族は温かく迎えてくれ、関係がギクシャクしていた父も心なしか穏やかに対応してくれました。 ワーホリ出国直前に生まれた愛犬もすっかり大きくなっていましたが、覚えているものですね。 着いてから30分は全く離してくれませんでした。笑 家族の次に心配だったのは [続きを読む]