kiriy さん プロフィール

  •  
kiriyさん: 森の中の一本の木
ハンドル名kiriy さん
ブログタイトル森の中の一本の木
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kiriyseikan
サイト紹介文日々の徒然、旅行日記、写真お散歩日記、美術館、ドラマ、お芝居の感想などの欲張りブログです。
自由文好きなドラマは「相棒」。好きな俳優は藤原竜也さん。お芝居の上手な人はみんな好きです。
お片付け/散歩/花日記/いろいろ頑張りたい毎日です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2014/04/26 18:07

kiriy さんのブログ記事

  • ナボナ事件
  • 横浜のプチ観光の後、3人で実家に向かいました。実家に行くと、ナボナと言うお菓子が出てきました。箱に入っていたので、どこからか頂いたものかと思ったら、母が午前中にわざわざ買いに行ってくれていたのです。ふんわりとしたカステラの美味しさで、かなり有名なお菓子だと思います。ふんふんふん ♪と思いながら、久しぶりだなと思いながらパクついていましたら、母が嘆きながら「私ではなく、店員さんが間違えたのよね。」と [続きを読む]
  • 港の見える丘公園と大佛次郎記念館
  • 食っちゃ寝8月14日の日記。 この日の私は、まさに「食っちゃ寝」。 前日の13日は渋谷にて「プレイヤー」を観てきて、夜は夜で11時半から吉田拓郎の「ラジオでナイト」を聴き、翌日の起床時間を......>続きを読む上の囲みは、昨年の8月15日に投稿したもので、主に8月14日の日記です。そして今年も先に14日の出来事を書く事にしましょう。おととしも昨年も、お盆休みの時はルート君の運転で横浜の実家に行きまし [続きを読む]
  • 綱島源泉湯けむりの庄
  • 既にほぼ一か月前の7月17日に行ってまいりました。いろいろなテーマで自由に書くと言う欲張りブログをやっていて、尚且つ日常のバタバタにおわれたりすると、書けないままになってしまうような事もあるのですが、なんたってワタクシ、細々と街中温泉マニア(スーパー銭湯マニアともいう)の研究にいそしんでいるものですから、これは外してはいけない内容じゃないない事、奥様 ?奥様って誰 ?まあ、そこは置いといてですね、街 [続きを読む]
  • 「天上の虹」1巻〜3巻
  • 今、「「AKIRA」2,3」と同時に読み進めてきたのは、里中満智子の「天上の虹」でした。ゆっくり書き進めている「私の漫画史シリーズ」での里中満智子氏の記事「「ナナとリリ」&「レディー・アン」☆私の漫画史」の中で、>それでもやっぱり、今も現役で精力的にお仕事をされている氏の作品をスルーするのは、やっぱり何か心に引っ掛かるものを感じ、まずは・・・・と書いて「天上の虹」を読もうと思ってると繋げました。と言うわ [続きを読む]
  • 「AKIRA」2,3
  • 「「AKIRA」1」 の続きをかなりゆっくりのペースで読んでいます。人物や状況紹介に終わっていたように感じた「1」でしたが、物語の車輪が大きく回りだした「2」からは一気に面白さが加速しました。新型爆弾によって壊滅してしまった東京の、その破壊の本当の真実にかかわるアキラの秘密とは。薬物で超能力を開花させつつある鉄雄は、そのアキラに関心を持ち、とうとう冷凍保存していたアキラをラボから連れ出してしまう。確かに [続きを読む]
  • 知りたかったのは、それではなかったんだよ。
  • おとといの朝、たまたま朝一番にした事は、「相棒」情報を検索。と言うのも近頃、私の「相棒」記事がけっこう読まれていて、カテゴリーから入ってたくさん続けて読んで下さる方もいらっしゃるみたいで、私自身も気になっていたのです。8月ぐらいになると、10月の終わりから始まるだろう「相棒」の情報が欲しくなるのかも知れないし、夏休みになって、「相棒」の再放送を見始めた人が、新たなるファンになって検索して立ち寄って [続きを読む]
  • 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」3D4DX
  • 子供と言うのは、いつも唐突に質問をしてきて、そして尋ねたら、当然答えが返って来るものと思っている節がある。映画の話を中学生の少年と話していたら「『ジュラシック』と言うのはどういう意味なんですか。」と聞いてきた。あらま。そんな事を考えて映画に行ったことなどなかったな、と思っても、そこは平然と知ったかぶりをするのが大人と言うもので「地球のね、2億年から1億5千万年前、ジュラ紀とか白亜紀とかあって、そ [続きを読む]
  • 「モリのいる場所」
  • ちょっと前の7月5日に、またも姑と一緒に見てまいりました。映画の感想が溜まってしまいましたので、続けて書いて行こうと思います。見に行った先のシアターでは公開が終了してしまいましたが、空席が少ないほどの盛況ぶりでした。続々と入ってくる観客の方は、ベテランシニアさんがいっぱいで、私なんかは一番若かったような気もしてしまいました。やっぱり樹木希林さんはシニア女子のアイドルなのでしょうか。順次公開されて [続きを読む]
  • 「レインマン」を観てまいりました。
  • 東京公演は終わってしまいました。だけど本当に良い雰囲気の中で終わったみたいで嬉しく思います。そして地方公演の始まりですね。お楽しみに〜。←竜也さんのstaffツイッターもそう呟いていましたね。(8月5日追記)※       ※この舞台は、本当に良かったですね。7月25日に観てまいりました。先日、妹たちと会った時に、妹が、ホームレスなのに大金持ちの人の話をしました。思わず私は竜也さんの「世にも奇妙な物 [続きを読む]
  • 猫はモフモフ、火星が赤い !
  • 昨日、なんだか凄く不愉快な事があって、ずっと心の中はくすぶっていました。いつまでも若い気持ちでいようと思っていても、それは気持ちだけで、肉体的には辛いものも出てきてしまうのは仕方がないとして、同じようにそうはいかないのが、人との付き合いと環境だと思うのです。ずっと続くと思われた友情がを時間やお互いの状況変化が引き裂いて行き、いつの間にか疎遠になったりもするでしょう。逆三角形の人口分布図の日本で [続きを読む]
  • ポーの一族 「ユニコーン」 vol.2 ホフマンの舟歌【後編】
  • 例えば優雅にまたは豊かに生きていく為には、音楽をまたは絵画(別の物語で)を愛することは必須だなと、エドガーとアランは私に教えてくれるような気がするのです。ピアノを弾くエドガー。その音の調べに合わせて歌を歌うアラン。「ホフマンの舟唄」の後編は、ベネチアでのコンサートの出来事と、少し後を描いていました。あがり症のジュリエッタ。その原因はたぶん母親へのコンプレックスだと思います。だけど彼女の歌を聴いて [続きを読む]
  • かんぽ生命ドリームシアター宝塚雪組公演『凱旋門』
  •  宝塚の舞台は、本当にサービス満点。私はコメディにはイマイチの反応の人だと思うのですが、そのほかの舞台では、いつだって大いに泣いて心も揺れて、そして元気になるのです。舞台は最高。宝塚のラインダンスは地響きを起こすのだなと、今回初めて知りました。以下は主にお出掛け日記とほんのちょっとの感想です。※ 朝起きたら、眉間に皴が寄っていました。深く刻まれてしまっていたと言うか。ショックでした。確かに真夜中 [続きを読む]
  • 今じゃないでしょ。
  • 連日のうだるような暑さが、今日は和らいでいますね。だけど早ければ今日の夜から雨で、明日(28日)には台風上陸だとか。関東では、こんなに雨が降っていないのではそろそろまずい状態なのではないかと思っていた所に雨。雨イイのではないでしょうか。だけど  台風・・・じゃなくても良かったんじゃないかと。雨空よー。明日は出掛けるんですよね。今じゃななくても・・・もしくは真夜中限定にしてくれないかな〜。ってなわけ [続きを読む]
  • 命の尊厳
  • 「この先、この話題はしないと思うので続けて書いてます。」と言いながら、オウムの事件のあった時の話を書いてきましたが、もう少しだけ書いておきたい事があるのです。「松本サリン」「地下鉄サリン」の事を書いたと言いましても、事件そのものの事ではなくて、どちらかと言うと報道の事ばかりを書いてしまったように思います。だからと言って、その元である事件そのもののインパクトが小さかったはずはありません。事件そのも [続きを読む]
  • 君は偉いね。
  • うちなる命の煌めき歳が五つ、六つ、七つのそのあたりの私の心配事は、私は他のみんなと同じようにちゃんと死ねるのだろうかと言うものでした。私は昔から信心深い子供でしたので、何かの折には神仏に手を合わ......>続きを読む上の囲みは昨年の7月21日に投稿したものです。過去のブログの記事は、未来の、今の私への手紙だなと思いました。「うんうん。」「そうかそうか。」と頷きながら、私は自分の記事を読みました。(goo [続きを読む]
  • 幕が上がりましたね
  • とうとう、昨日「レインマン」の幕が上がりましたね。皆さんのツイッターでの初日感想を読むと、またまた違う竜也さんを見る事が出来そうです。ハンカチは必須みたいですね。もちろん私、行きますよ。凄く楽しみです。当日券などもあるようなので、皆様も是非。→新国立劇場HPそして、またまた更に楽しみな事は続きますね。19日に発表された来年2月の公演。「プラトーノフ」。 なんと四股 !!!しかもチェーホフ。 [続きを読む]
  • どこかに行きたいと思いつつ
  • ふらり『清澄白河』火曜日に皮膚科に行って、思ったよりも早く終わりその後友達とランチに行ったって言ったじゃない?その時、ふと思いついて『清澄白河』に行ってみたんです。......>続きを読む上の囲みは昨年の7月14日に投稿したものなんです。昨年の7月11日(火)に病院の診察が早く終わったので、お友達を呼び出して『清澄白河』にふらりと行ったと言うお話です。「ねえねえ」と呼びだしてきてくれる友達がい [続きを読む]
  • やってはいけないと思う、これからも。
  • あっ、そうか。「やってはいけない。」って、テロの事を言っているわけじゃないんだけれどね。そう思われるかな。まさかね。だって、あれは「やってはいけない」ってレベルの事じゃなくて、「ヤルナヨ、馬鹿 〜〜!!!」ってレベルですよね。※        ※        ※    もうこの先この話題はしないと思うので、続けて書いています。※       ※         ※先日、参加したボランティア [続きを読む]
  • あの時学んだこと。
  • この先、きっとこの話を話題にすることはあまりないと思うので、続けて書いています。私が「松本サリン事件」で学んだことは、当たり前の事ですが、「夜は窓を閉めて寝よう。」などと言う事だけではありません。たぶん大勢の人が同じ過ちをし、そして反省をし(ここが重要な分かれ道だ。)、学んだと思う事があの事件にはあったのではないでしょうか。つまり冤罪の作られ方と言うものを。そしてー。だけど人は忘れてしまう生き [続きを読む]
  • 開け放された夏の夜は
  • 変化しすでに遠い昔になりつつある日本の風景はたくさんあると思います。その一つには、夏の夜、窓を開けっぱなしにして眠ることだと思います。そんな時代があったなんて信じられないと、若い人は思うかしら。― ああ、とうとう私も「若い人は」などと言うようになっちゃった。−それともどんな田舎に住んでいたのだろうって思うかもしれません。横浜とか、東京に近い千葉の東葛地区を田舎と思うならそうかもしれません。そ [続きを読む]
  • 風化させてはいけない事は、確かにある。
  • 忘れてしまう。だけど思い出す。七夕の祈りきっとあの人は、少女の時にいつか人の役に立つ人になりたいと高い志を掲げたのに違いないまたあの人は生涯現役で生きて行こうと心密かに思っていたかもしれな......>続きを読む上の囲みは、昨年の7月7日に投稿したものです。そして、またそこを開くと一昨年の7月7日の記事にたどり着くと言うツリーになっています。今の世の中は本当に恐ろしい事がたくさん起きていて、 [続きを読む]
  • さらば、夏の日の相棒
  • 昨日、日傘を一本捨てました。上の画像は、記事とは関係はありません。傘の画像をトップに持ってきてもなあと思ったものですから、既に終わりの季節を迎えている紫陽花の花を載せておいたのです。記事に関係のある画像はこれです。↓私って物持ちが良い人だと思うのですよ。確かに無駄なものがたくさんある家に暮らしているわけですが(誰のせい ?)なんでもやみくもに多い訳じゃないんです。この日傘、ある時には病院 [続きを読む]
  • ブログ生活4567日♪
  • 数日前から、この日のこの数字を狙っていました ^^今までだって、面白く数字が並んだ日はあったはずなのですよね。だけど、何も感じなかったか見逃したのか、それともそんな事を楽しむ余裕がなかったのかー。それは自分の事なのに、既に過去の「不明」と言うボックスの中に入れられています。とりあえず今回は気が付いて、そしてこの数字が並んだことにささやかな楽しさを見出したと言うわけなのです。あらッ、もしかして、他に [続きを読む]
  • 夏となかよし2018
  • 夏が来たからには夏を楽しまなくちゃね。そしていつも夏の最初のミッションは「かき氷を食べる」なのよね。今年もガストで、7月2日にそれをクリア。なんたって299円なものだから。イチゴミルクなんて199円よ。税抜き価格だけれど、これで良いのよ、コレで。美味しかったですよ。だけど今年の夏って、異常に暑くないですか。森とか林とかそう言う緑が好きな私でももーどうでも良い本当にどうでも良いと [続きを読む]