ヨシ さん プロフィール

  •  
ヨシさん: ヨシのブログ
ハンドル名ヨシ さん
ブログタイトルヨシのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/yh1256nn/
サイト紹介文日ごろ描き溜めた絵(水彩、油彩、デッサン)を毎日掲載しています。 良かったら見に来てください。
自由文若い時より、職場仲間とよくスケッチ旅行に出かけていました。退職後グループ展を中心に活動。
現在は地元の絵の会に入っています。
時々公募展に応募したりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/04/27 05:16

ヨシ さんのブログ記事

  • 水彩「グロリオーサ」
  • にほんブログ村 水彩「グロリオーサ」昨日グロリオーサを描いてみました。 グロリオーサは熱帯アジア及びアフリカ原産のイヌサフラン科グロリオサ属の植物の総称。 球茎を持つらく落葉性の多年生植物。乾季のないモンスーン気候に適している。別名、ユリグルマ、キツネユリ。日本では高知県などで観賞用の球根の商業栽培が行われている。グロリオーサの球根はヤマイモやナガイモの担根体に似ているが、コルヒチンやグロリオシンと [続きを読む]
  • 水彩「早春の上野池之端」
  • 水彩「早春の上野池之端」毎年桜の時期になると,さくらの花のある風景が描きたくなるのですおが、最近はなかなか遠出するのがおっくうになってきてしまっています。それでも近場にいい場所がないと、久々に気功教室の帰りに上野池之端へ出向いて、桜のある風景をスケッチしてきて、家でF6号の絵に再度描いてみました。  [続きを読む]
  • 水彩「クリスマスローズ」
  • 水彩「クリスマスローズ」昨日クリスマスローズを描きました。クリスマスローズ(ガーデン・ハイブリッド)は無茎種(茎がなく、根茎から葉柄と花柄が別々に伸びる)のヘレボルスで、無茎種の原種を交雑させてできた園芸種を指します。人気の高い多年草で、多くは常緑ですが、落葉するものもあります。ヘレボルス・オリエンタリスが主要な交配親として用いられていたため、以前はオリエンタリス・ハイブリッドと呼ばれていまし [続きを読む]
  • 水彩「パンジー」
  • にほんブログ村 水彩「パンジー」パンジーが花盛りです。1800年代に北欧で、アマチュアの園芸家が大きく鮮やかな群性のスミレを作るために、野生のサンシキスミレと野生スミレビオラ・ルテア)、さらに近東のスミレビオラ・アルタイカ(V. altaica)を交配して生まれた。1820年代から1830年代に膨大な交配が行われた結果、有名な品種は非常に大衆的なものとなっていた。1835年までには400品種が存在しており、1841年までには、パ [続きを読む]
  • 水彩「ガーベラとキンセンカ」
  • にほんブログ村 水彩「ガーベラとキンセンカ」キンセンカキンセンカはキク科の植物原産地はい地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパなどで栽培されている。春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので「冬知らず」の名で市場に出回る。葉は長さ5〜18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるも [続きを読む]
  • 水彩「ツバキ」
  • にほんブログ村 水彩「ツバキ」昨日ツバキの花を描きました。今年で2回目です。ツバキもいろいろな形があって、これから春先になると、どんどん咲いてくるので楽しみです。   [続きを読む]
  • 油彩「色のハーモニー」
  • にほんブログ村油彩「色のハーモニー」日展を見ていて、工芸の部で、素敵な色合いのものがありました。日本の古い色合いを思い出すような、すごくしっとりとした色合いとデザインでした。それに触発され、以前描いた抽象の線画に同じ感覚の色合いを配置してみました。    [続きを読む]
  • デッサン「勝利の女神ニケ」「ダビデ像」
  • デッサン「勝利の女神ニケ」「ダビデ像」彫像のデッサン2点です。3日連続2点づつ掲載します。これらのデッサンは若い時一度は描いてみたいと思っていたものですが、なかなか技術が伴わず描けないでいたのですが、近年やっと描けるようになりました。                                       [続きを読む]
  • 水彩「プリムラ・ジュリアン」
  • にほんブログ村 水彩「プリムラ・ジュリアン」ジュリアンを描いてみました。春に早く咲く花で、いろいろいっぱい種類があって楽しめます。学名:Primula科名:サクラソウ科分類:常緑多年草(一年草扱い)原産地:園芸品種大きさ:背丈8〜15cm 横幅15〜20cm主な見所:花(11〜5月)プリムラ・ジュリアンの特徴プリムラ・ポリアンサと、様々なプリムラの原種を交配させてできた園芸品種です。とても小さな姿をしていま [続きを読む]
  • 水彩「アルストロメリア」
  • にほんブログ村 水彩「アルストロメリア」今日はアルストロメリアを描きました。花はツツジの花に似て、葉っぱはユリの花に似ています。 アルストロメリア属 (Alstroemeria) は、単子葉植物の属の一つ。別名ユリズイセン属。分類体系により所属する科は異なり、新エングラー体系ではヒガンバナ科、クロンキスト体系ではユリ科、APG分類体系ではユリズイセン科(アルストロメリア科)に分類される。本属は南アメリカ原産で約50種が [続きを読む]
  • 水彩「サクラソウ」
  • にほんブログ村 水彩「サクラソウ」今年はさくら草を種から12鉢育てました。サクラ草は咲き始めてから2ヶ月ぐらいもち、目を楽しませてくれます。 サクラソウはさサクラソウ属サクラソウ科の多年草。日本のサクラソウ類の代表で、日本では北海道南部、本州、九州の高原や原野に分布し、朝鮮半島から中国東北部へかけても分布するが、野生の群落をみることはまれになっている。また埼玉県と逢坂府の県(府)花に指定されている [続きを読む]
  • 水彩 「水仙」
  • にほんブログ村 水彩 「水仙」年末年始何かと忙しく、また公募展の作品作成でそちらに力を注いでいたため、しばらく水彩画から遠のいていましたが、今日は久々に絵画サークルへいって、水彩画を描いてきました。今年は例年よりすこし冷え込んでいるので、水仙の成長がいまひとつでしたが、やっと咲きだしたので描いてみました。          [続きを読む]
  • 水彩「志摩半島英虞湾遠望」
  • にほんブログ村 水彩「志摩半島英虞湾遠望」11月5〜7日の2泊3日で家内と二人で、サミットが開かれた、三重県志摩半島の賢島のホテルに泊まってきました。宿泊料金は結構いい値段がしましたが、たまには家内とのご苦労様会を兼ねて行ってきました。(昨年は同じくサミットが開かれた洞爺湖のホテルにもいってきました。) 部屋も料理もすごくよかったです。3日間天気にも恵まれ、観光地は伊勢神宮だけにとどめ、のんびりホテ [続きを読む]
  • 水彩「菊いろいろ」
  • にほんブログ村 水彩「菊いろいろ」昨日描いた絵です。菊の花が真っ盛りの季節になりました。 菊  キク科キク属の植物。ここでは、狭義のキク(イエギク、栽培ギク)について詳述する。日本で観賞用多年草植物として発展した品種群を和菊、西ヨーロッパで育種されて生まれた品種群を洋菊と呼ぶ。 イエギク秋に咲く花であるが、短日性植物で、電照などを用いた作型の分化により、周年供給されている(電照菊)。食用にする「も [続きを読む]
  • 水彩「キクとムラサキシキブ」
  • にほんブログ村水彩「キクとムラサキシキブ」まるで梅雨のような長雨に台風のおまけがついて、毎日雨ばかりでうんざりしました。やっと晴れの天気が多くなってきました。絵画教室のグループ展が先週やったのですが、一日を除いて全部雨降りでした。やっぱり晴れた日は多数のお客がきてくれました。 先日久々に絵画教室で絵を描きました。 ムラサキシキブシソ科の落葉低木である。日本各地の林などに自生し、また果実が紫色で美し [続きを読む]
  • 水彩「コスモスとアメジストセージ」
  • にほんブログ村水彩「コスモスとアメジストセージ」久々に、絵の会へいって水彩画を描いてきました。 アメジストセージ科名:シソ科/属名:サルビア属和名:アメジストセージ/別名: ヤクヨウサルビア/セージ/学名:Salvia leucanthaスペイン〜バルカン半島の南ヨーロッパ地中海北岸原産ハーブのヤクヨウサルビアとして栽培 コスモスキク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus を指す場合もあ [続きを読む]
  • 水彩「遅咲きのひまわり」
  • にほんブログ村水彩「遅咲きのひまわり」昨年咲いた種がこぼれて、遅い時期に花が咲きました。 ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、ヒュウガアオイ(向日葵)、サンフラワー(英:Sunflower)、ソレイユ(仏:Soleil)とも呼ばれる。種実を食用や油糧とするた [続きを読む]