ダッチ さん プロフィール

  •  
ダッチさん: 魔術師ダッチの人生放浪日記
ハンドル名ダッチ さん
ブログタイトル魔術師ダッチの人生放浪日記
ブログURLhttp://cagliostro-a-dutch.blog.jp
サイト紹介文海外支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。波乱万丈の人生を送る傍ら、人の仕事運とか恋愛運を占ってます。
自由文海外支社の20代管理職→プロ無職→魔術師。人の仕事運、恋愛運などをタロットで占う傍ら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/04/29 04:22

ダッチ さんのブログ記事

  • 地味に生きることの特権、派手に生きることの特権
  • 世の中には、人前に出ることを嫌ったり、「みんなで〇〇する」という言葉に疑念に思ったりするような地味に生きることを好む人たちがいます。その一方で、1、2か月先のプライベートの予定がほぼ埋まっており、四六時中結婚式やらイベントやらの幹事側に立つような派手に生きることを好む人たちがいます。実態として冷静に考えれば、好む好まざるを関係なく、世の中、地味に生きる人が大半で、派手に生きる人も案外部分的に派手なだ [続きを読む]
  • 恋人候補として見なされなかったと悟った瞬間
  • 最近、恋愛に関する討論会みたいなイベントに参加してきました。その参加者たちの価値観を聞いていて改めて思ったのですが、非モテで年齢=恋人いない歴を更新している人よりも、一部のセクシャルマイノリティ(LGB&ポリアモリー)の方が、人生を謳歌しているのではないでしょうか?先ほど、「一部の」と書きましたが、恋人がいないマイノリティの方は非モテの方と同じようにパートナーが作れないという意味で、次元の近い悩みを [続きを読む]
  • しみけん×はあちゅう、執筆のスランプと価値のある文章
  • 今さらながら、しみけん氏とはあちゅう氏の事実婚報道について思いを馳せてみました。この報道を聞いて率直に思ったのは、良くも悪くもお似合いだなということでした。私としては、はあちゅう氏を美人だとは思いますが、だからといって付き合える勇気はありません。本当かどうかは知らんですけど、付き合った元彼氏を徹底的に自著でこき下ろしている訳です。付き合ったが最後、何を暴露されるのか予測がつきません。そういった意味 [続きを読む]
  • 東京オリンピックの素敵なボランティアに思うこと
  • 昨今話題になっていることのひとつに、東京オリンピックのボランティア問題があります。大体争点になっているのは、次のポイントです。・猛暑地獄の中、活動するということ。・数日間に渡って、活動しなければいけないということ。・営利活動の枠組みの中である筈なのに、無報酬であるということ。・一般ボランティアは無報酬なのに、大会の役員は非常に高額な報酬を貰っていること。非常にブラック労働臭が漂います。まさに搾取の [続きを読む]
  • 子どもを作るメリットについて
  • 先日、青森県の実家に帰省して、ふと自分は親孝行していないと気づきました。別に仕送りをしている訳でもないし、介護とか世話とかもしている訳でもない。そして、結婚とかどうなのさと親に突っつかれる年齢に自分が達していることを確認し、そそのくさと東京に戻ってまいりました。跡継ぎという役割を果たす予定もまだないのですな。つまるところ、私は親にとって、分かりやすいメリットを何も提示していないことになります。それ [続きを読む]
  • 去年の2018年予測はどこまで当たったか?
  • 占星術的には2017年10月〜2018年11月の間、木星は蠍座あたりをうろついていました。2018年11月以降は射手座へ変遷しますので、そこが運気の節目となります。さて、2018年11月以降の予測は、また後日に書くとして、ひとまず、昨年予測した2018年の様子がどこまで当たったのか、まとめてみようと思います。何事も振り返りは大事なのですわ。続きを読む [続きを読む]
  • 女が安易に男の恋愛相談にのってはいけない理由
  • プロとしては活動を辞めていますが、今でも時折、知り合い限定で相談にのっている元占い師です。最近見たとあるツイート、激しく同意でした。モテコンサル女の実態??「イメチェン完璧ですね。これですぐにでも彼女できますよ。」??「ほんとですか?そんなにイケてますか?」??「イケてます。カッコいいですもん。」?「それじゃヤラせて。」??「は?なんで?」??「僕、イケてるんですよね?」??「ブサメンが勘違いし [続きを読む]
  • LGBT、男女平等。そして、変化についていけない人
  • 私はどちらかというと、情報感度が低く、変化には疎いタイプです。どれぐらい疎いかといえば、2011年にリリースされ今ではインフラのように使われているアプリLINEは2014年に初めて仕方なくインストールしましたし、Twitterも未だにどこがいいのかよく分からないので情報収集の為にロムるかブログの更新を自動反映させているだけですし、インスタなんてアカウントすら持っていません。足ることを知るは富む、ある程度身をわきまえ [続きを読む]
  • パラレルキャリアとは何か?複業のはじめ方と広げ方
  • 副業とか、複業とか叫ばれ始めているこの時代、「パラレルキャリア」という言葉があるのをご存知でしょうか?そもそも、キャリアとは何かという話ですが、厚生労働省の定義では『時間的持続性ないしは継続性を持った概念』とされています。一般的には、「職業として中長期的に積み上げているスキルと実績」とでも言えば、分かりやすいでしょう。パラレルというのは和訳すれば「平行」ということですので、パラレルキャリアとは「同 [続きを読む]
  • コミュニケーションとツール、電話でのやり取りは時代遅れ?
  • 最近、インターネット上で、「いちいち電話かけてくるな!こっちの貴重な時間が奪われる」と著名人のコメントやらコラム記事なんかが出回っています。確かに、それは一理あるとは思うのです野が、電話はオワコンなのでしょうか?そういうことは全然なくて、コミュニケーションの目的によって、使うべきツールは選ぶべきでしょう。という訳で、ツールごとにコミュニケーションの特徴を整理してみました。続きを読む [続きを読む]
  • 未来のミライ 感想はライフステージによって異なる?
  • 時カケ・サマーウォーズでおなじみ細田守監督の映画『未来のミライ』を観に行ってきました。ここで突然ですが、この映画を観ている最中に『火垂るの墓』を思い出しました。近年は少なくなりましたが、よく夏ごろに放送していた戦争アニメ映画ですね。戦災孤児になった兄妹が、知人の家に身を寄せたものの、徐々に厄介者扱いされて、子どもならでは意地を張り続けた結果に家を出ていくことになり、野垂れ死ぬ。これ、観る年齢によっ [続きを読む]
  • 2050年までの未来を科学的考察を含めて占う
  • 時代は、複業だとかテレワークだとか色々と言われていますが、大多数の人にとっては、今一つ実感が湧かない現状にあります。ただ、いずれはそちらの方向にシフトしていくことはまあ間違いはないでしょう。問題なのは、いつ時代が変遷していくかということです。何事も大事なのはタイミング。儲かると言われる株だって、売るタイミングを間違えると損することは充分にありえます。青信号で安全な筈の横断歩道も、しばらくそこに立っ [続きを読む]
  • ヒロインの条件とは何か?久しぶりにギャルゲーをやってみた
  • 先日、パソコンのハードディスクの容量が残り100Gをきったので、半日がかりでデータ整理をしてました。そのときに、昔ダウンロードしていたゲームとか昔作成したドキュメントとか、懐かしいものが色々出てきました。ところで、本棚を整理すると、発掘した漫画とかアルバムを精査してしまうことは珍しくありませんよね?それと同様に、たまたま発掘した『僕と君の夏休み』という謎のファイルを、つい"精査"をしてしまうのでした。 [続きを読む]
  • ペヤングGIGAMAXを食べると人は何キロ太るのか
  • ベヤング超超超大盛GIGAMAXやらが、近所のスーパーに山積みになって売れ残っていました。ギガMAXなんてどっかの会社の通信プランか!と、職業魔術師から通信インフラ業に転職した私はツッコミたくなるのですが、写真の通り2142kcalとなると、まあ確かにインパクトのある商品名にしたくなるのも分かる気がします。巷で話題ということもあり、ちょうどダイエット期間がひとまずブレイク期に入ったので、買って見ることにしましたよ。 [続きを読む]
  • イベント論2。人は何故面倒くさい幹事をするのかという話
  • 時々、何かしらのイベントの幹事側に立つ身としては、何故こんな面倒くさいことをしているのかと思うのですよ。幹事をすることのデメリットは次の通りです。・逃げられない・赤字のリスクと隣り合わせ・調整の為のコミュニケーションが面倒・その他、全体を見て、細かいところをケアする必要がある正直いえば、こんなことを引き受けるのは、正気の沙汰じゃないように思えます。では、なんでこんな面倒なことをやっているのでしょう [続きを読む]
  • Say Goodbye! より良いさよならを目指して
  • 先日、女優からお誘いを受けて、ミュージカル『Spelling Bee』を観に行きました。正直いうと、あらすじを読んだだけでは全くそそらなかったにも関わらず、実際に見てみると意外と面白く、曲も耳に残り病みつきになりました。特にハマったのは「Goodbye」という曲。「Spellig Bee」は米国学生のお勉強大会みたいなもので、学生が一人ずつマイクの前に立ち、司会者から出題される問題に一問一答していく形式。回答し正解した学生はマ [続きを読む]
  • 元占い師が思う、既婚者の恋愛問題について
  • 50歳を超えた子持ちマダムが自分の性癖を暴露してネットの賞賛を集めたり、20代の4割が童貞という話が飛び交ったりしている昨今ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。さて、ここで問題です。一般的な市場に出ている占い師にとって、一番金払いの良い客とは、どんなタイプの人達でしょうか?ちなみに一般的な市場とは、占いの店とか電話占いなどと定義します。その答えはF3層、つまり、アラフィフぐらい(言葉としての厳密な定 [続きを読む]
  • 旅行に行くと人は成長するのかという問題
  • 連休が終わった社会人は、旅行から戻ってきた頃でしょうか?就職活動中の学生は、佳境の時期でしょうか?GWが明けたそんな時期に、この記事を書いています。私は、学生時代の就職活動で、海外旅行経験を自己PRに組み込んだことがあります。旅をすることで「色々な価値観に触れて、成長した」とか、そういう類のものです。しかし、実際のところ、そのような内容で自己PRしてみると、面接ではことごとく落とされました。すなわち、面 [続きを読む]
  • マイノリティと接するのは面倒くさい&男だけの遊びについて
  • 2018年GWは、仲間で朝霧高原にキャンプに行きました。始めは、「GW突発ゆるキャン△」というイベント名で、仲間内で参加者を募集していましたが、意図せず結果的に社会人男性しか集まらなかったため「漢キャンプ〜禊に始まるエトセトラ〜」という謎のイベント名に変更されました。この事象で興味深いのは、イベント名に入っていた緩いを意味する「ゆる」というのが消えたということです。主催者の悪ノリの意図はよく分かりませんが [続きを読む]