ダッチ さん プロフィール

  •  
ダッチさん: 魔術師ダッチの人生放浪日記
ハンドル名ダッチ さん
ブログタイトル魔術師ダッチの人生放浪日記
ブログURLhttp://cagliostro-a-dutch.blog.jp
サイト紹介文海外支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。波乱万丈の人生を送る傍ら、人の仕事運とか恋愛運を占ってます。
自由文海外支社の20代管理職→プロ無職→魔術師。人の仕事運、恋愛運などをタロットで占う傍ら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/04/29 04:22

ダッチ さんのブログ記事

  • リーダーシップに必要なものとは何か?
  • 最近、プライベートで回しているプロジェクトで、実質的に私が仕切っていることが多くなりました。そんなことも手伝い、リーダーとは何か、リーダーのすべきことは何か、凡人がリーダーになるにはどうすればいいかなどを悶悶と考えることも増えました。私にとってリーダーシップ論の聖典は、マキャベリの『君主論』とか伊賀泰代『採用基準』あたりですが、その他、幾つかの本とか、自分の体験を混ぜた上で整理していこうと思います [続きを読む]
  • いくつもの人生を生きる。VR教育の可能性について
  • 超教育協会が主催する「VR×教育ワーキンググループ」というカンファレンスに行ってきました。そのタイトルのとおり、VRを教育に活かせるのか、どう活かすのかということをテーマに、登壇者(大学の先生方、関連企業の担当者)がスピーチしたり、意見を述べたりしていました。稲美昌彦氏曰く、VRの特徴は「体験メディア」「変身メディア」「時空を超越」の3つが挙げられるといいます。これを切り口に、そこで見聞きしたものをまと [続きを読む]
  • 幹事になると「忙しい」という言葉は信用しない
  • 個人的にここ数か月、幾つかイベントを企画して知人を招集する試みをしてみました。まあ、幹事というのは損な役割でして、人が一人でも集まってしまった場合は、その場で踏みとどまって最後までその成り行きに責任を持たなければならないのが、世の情けです。そして、招待された側というのは、やはりとても強い身分でして、行きたいか行きたくないかはっきりしないまま、つまり返事を保留にしたままの状態を貫き、直前になって「来 [続きを読む]
  • 課外授業ようこそ魔術師2018、中学生相手に職業トーク シナリオA
  • 今年も、某中学校で、中学生達に、座談会形式で仕事についての話をしてきました。今、どんな仕事をしているのかとか、中学の経験が仕事にどう繋がるのかとか、そういったことを話すようにとのことです。パワポを作り、それに従って話をしたので、この場でどんな話をしたのか、公開したいと思います。座談会方式というのは、4〜5人の中学生グループを相手に15分間トークをするといった感じのやり方です。それが終わったら、大人は別 [続きを読む]
  • 非モテ男が彼女を作るための処方箋(デートまでの流れ編)
  • 今、この文章を書いているのは11月11日。中国では光棍節(おひとり様の日)として、異様な熱気を帯びる日です。クリスマスまであと2か月をきりました。そんなときだからこそ、非モテ男子諸君に、様々な人から聞き耳を立てて収拾した恋愛のノウハウ集をお届けします。ちなみに私は、部分的にしか実践したことがないので、効果の実態についてはあしからず。そして、私自身、女友達は多い方だとは思いますが、モテたことがないので、 [続きを読む]
  • ぼっちがリア充集団の飲み会に参加したときの対処法
  • 歓送迎会、忘年会。どうでも良い飲み会を極力避けていたぼっちな性格の人も、強制力が働いて、時折、飲み会に引きずり込まれることがあります。そして、実際に行ってみると、予測通り辛い。近年はアルハラが減少傾向にあるものの、純粋に酒場内での人間関係が辛いのです。仲良くなりたいと思う人がいたとしても、何を話したらいいか分からないし、話してみたところで反応が悪い。たまたま近くに座ってしまった別にこれ以上親しくな [続きを読む]
  • プロが教えるフィッシングサイトの見分け方
  • たまには現職の話題でも書いてみようと思います。かつてプロ占い師だった私の現在の本業は「セキュリティアナリスト」です。悪いヤツからのネットワーク攻撃を分析する、いわゆるホワイトハッカーというヤツです。現実世界にも怪しげな商売人がうろついているように、インターネットの世界にも胡散臭いのが沢山いるのですよ。その中でもありがちな胡散臭い存在のひとつは「フィッシングサイト」でしょう。氏名、住所、生年月日、メ [続きを読む]
  • 安田氏に関する自己責任論とマスコミの異様さについて
  • ジャーナリスト安田純平氏に対するバッシングでネット界隈では、意見が大いに割れています。私は、助かって良かったねとは思うし、日本国の対応しては真っ当だと思う一方、安田氏の自己責任論派の意見の方に同意できます。何故って、既に何度も海外で拉致されている明らかなジャーナリスト不適正者が、国に行くなと止められているにも関わらず、自ら密かに現地に行って、また捕まり、助けられて尚、「トルコ政府側に引き渡されると [続きを読む]
  • ヤリチンと非モテ男が仲良くなる方法
  • ダイバーシティとか多様化が叫ばれている現代社会において、多様性の一つの尺度は「セックス経験人数」です。肉食系と草食系だと根本的に持っている思想が違います。身も蓋もない話ですが、女性だとある程度見た目が良ければ黙っていても男が寄ってくるので話は違うものの、男性の場合は、神がかっているイケメンでもない限り、女性が自ら寄ってくることが少ないというのが事実。なにせミスター慶應ですら、酒の力があってようやく [続きを読む]
  • 気学の弊害?引っ越しと吉方位に関する豆知識
  • 先日、知人と雑談中、占いに関して次のようにぼやいていました。「家族が方位を気にして、引っ越しに乗り気になってくれないのですよ」引っ越しの時期と方向によって開運をするやり方は、東洋占術の九星気学に基づいています。一白とか二黒とか、聞いたことある人もいることでしょう。非常に残念ながら、通常、大体の方位は凶なのです。八方位ある中、引っ越しても良い方角は、せいぜい一、二方位。そもそも生まれ年と時期によって [続きを読む]
  • 非営利組織運営における炎の人と土の人
  • 非営利組織を運営する際、立ち上げ期の最初だけ顔を見せて、数か月後に消えちゃう人がいます。スタートアップのお祭り騒ぎの時期、炎上期だけ加担して、物珍しさがなくなる頃にはいないのです。心の中で私は「炎の人」と呼んでいます。ぶっちゃけた話をしますと、長い期間踏みとどまっているコアメンバーの一部からすれば、炎の人に対して「ナント薄情な」という気分にもなるのが事実です。ただ、いくつかの中長期(半年以上10年未 [続きを読む]
  • 長く続く友達の秘訣とは何か?
  • 先日、10年来の友人?というか仲間といえる人達に会いに関西へと行ってきました。その際に話題になったことの一つに、「どうして自分たちの関係は続くのだろうか?」というものです。一般的に友情を阻害する要因と思われる地理的、金銭的な状況はメンバー皆大きく異なっています。現にその会合は、関西中心で行われるのですが、私は関東に住んでいますし、メンバーの何人かは海外に住んでいた時期もあります。また、社長夫人となり [続きを読む]
  • 2019年は最後の浮足立った年?木星が射手座に移動後の社会情勢
  • 2017年10月〜2018年11月中旬まで蠍座の間をうろついていた木星が、2018年11月下旬より1年間、射手座に移動します。その木星を使って、2019年の世相を読み解いてみましょう。そもそも占い関係なしに言えば、日本国を揺るがす大きなイベントとして、天皇即位、参議院選挙、オリンピック前年、消費税10%開始などが挙げられ、かなりざわつく年であることが予測されます。※本記事は射手座生まれの人の2019年の運勢をピックアップして [続きを読む]
  • 大学・会社は辞めるべきか論争と組織の責任
  • 最近になって、カリスマブロガー・イケダハヤト氏を叩く勢いが強まっているように感じています。その一番の標的となっているのは、日頃「大学・会社辞めてブロガーやれよ」と煽った矢先で「2〜3ヶ月前にブログを始めた層が、ぼちぼち挫折してくる頃かな〜。ブログ一本で稼ぐ道は、99%の人は脱落するんで大丈夫です。」との梯子外し発言です。彼を信じて、ブロガーの道を歩み始めた人達に対して、あまりにも「無責任」な態度といえ [続きを読む]
  • 地味に生きることの特権、派手に生きることの特権
  • 世の中には、人前に出ることを嫌ったり、「みんなで〇〇する」という言葉に疑念に思ったりするような地味に生きることを好む人たちがいます。その一方で、1、2か月先のプライベートの予定がほぼ埋まっており、四六時中結婚式やらイベントやらの幹事側に立つような派手に生きることを好む人たちがいます。実態として冷静に考えれば、好む好まざるを関係なく、世の中、地味に生きる人が大半で、派手に生きる人も案外部分的に派手なだ [続きを読む]
  • 恋人候補として見なされなかったと悟った瞬間
  • 最近、恋愛に関する討論会みたいなイベントに参加してきました。その参加者たちの価値観を聞いていて改めて思ったのですが、非モテで年齢=恋人いない歴を更新している人よりも、一部のセクシャルマイノリティ(LGB&ポリアモリー)の方が、人生を謳歌しているのではないでしょうか?先ほど、「一部の」と書きましたが、恋人がいないマイノリティの方は非モテの方と同じようにパートナーが作れないという意味で、次元の近い悩みを [続きを読む]
  • しみけん×はあちゅう、執筆のスランプと価値のある文章
  • 今さらながら、しみけん氏とはあちゅう氏の事実婚報道について思いを馳せてみました。この報道を聞いて率直に思ったのは、良くも悪くもお似合いだなということでした。私としては、はあちゅう氏を美人だとは思いますが、だからといって付き合える勇気はありません。本当かどうかは知らんですけど、付き合った元彼氏を徹底的に自著でこき下ろしている訳です。付き合ったが最後、何を暴露されるのか予測がつきません。そういった意味 [続きを読む]
  • 東京オリンピックの素敵なボランティアに思うこと
  • 昨今話題になっていることのひとつに、東京オリンピックのボランティア問題があります。大体争点になっているのは、次のポイントです。・猛暑地獄の中、活動するということ。・数日間に渡って、活動しなければいけないということ。・営利活動の枠組みの中である筈なのに、無報酬であるということ。・一般ボランティアは無報酬なのに、大会の役員は非常に高額な報酬を貰っていること。非常にブラック労働臭が漂います。まさに搾取の [続きを読む]
  • 子どもを作るメリットについて
  • 先日、青森県の実家に帰省して、ふと自分は親孝行していないと気づきました。別に仕送りをしている訳でもないし、介護とか世話とかもしている訳でもない。そして、結婚とかどうなのさと親に突っつかれる年齢に自分が達していることを確認し、そそのくさと東京に戻ってまいりました。跡継ぎという役割を果たす予定もまだないのですな。つまるところ、私は親にとって、分かりやすいメリットを何も提示していないことになります。それ [続きを読む]
  • 去年の2018年予測はどこまで当たったか?
  • 占星術的には2017年10月〜2018年11月の間、木星は蠍座あたりをうろついていました。2018年11月以降は射手座へ変遷しますので、そこが運気の節目となります。さて、2018年11月以降の予測は、また後日に書くとして、ひとまず、昨年予測した2018年の様子がどこまで当たったのか、まとめてみようと思います。何事も振り返りは大事なのですわ。続きを読む [続きを読む]
  • 女が安易に男の恋愛相談にのってはいけない理由
  • プロとしては活動を辞めていますが、今でも時折、知り合い限定で相談にのっている元占い師です。最近見たとあるツイート、激しく同意でした。モテコンサル女の実態??「イメチェン完璧ですね。これですぐにでも彼女できますよ。」??「ほんとですか?そんなにイケてますか?」??「イケてます。カッコいいですもん。」?「それじゃヤラせて。」??「は?なんで?」??「僕、イケてるんですよね?」??「ブサメンが勘違いし [続きを読む]
  • LGBT、男女平等。そして、変化についていけない人
  • 私はどちらかというと、情報感度が低く、変化には疎いタイプです。どれぐらい疎いかといえば、2011年にリリースされ今ではインフラのように使われているアプリLINEは2014年に初めて仕方なくインストールしましたし、Twitterも未だにどこがいいのかよく分からないので情報収集の為にロムるかブログの更新を自動反映させているだけですし、インスタなんてアカウントすら持っていません。足ることを知るは富む、ある程度身をわきまえ [続きを読む]
  • パラレルキャリアとは何か?複業のはじめ方と広げ方
  • 副業とか、複業とか叫ばれ始めているこの時代、「パラレルキャリア」という言葉があるのをご存知でしょうか?そもそも、キャリアとは何かという話ですが、厚生労働省の定義では『時間的持続性ないしは継続性を持った概念』とされています。一般的には、「職業として中長期的に積み上げているスキルと実績」とでも言えば、分かりやすいでしょう。パラレルというのは和訳すれば「平行」ということですので、パラレルキャリアとは「同 [続きを読む]
  • コミュニケーションとツール、電話でのやり取りは時代遅れ?
  • 最近、インターネット上で、「いちいち電話かけてくるな!こっちの貴重な時間が奪われる」と著名人のコメントやらコラム記事なんかが出回っています。確かに、それは一理あるとは思うのです野が、電話はオワコンなのでしょうか?そういうことは全然なくて、コミュニケーションの目的によって、使うべきツールは選ぶべきでしょう。という訳で、ツールごとにコミュニケーションの特徴を整理してみました。続きを読む [続きを読む]