ダッチ さん プロフィール

  •  
ダッチさん: 魔術師ダッチの人生放浪日記
ハンドル名ダッチ さん
ブログタイトル魔術師ダッチの人生放浪日記
ブログURLhttp://cagliostro-a-dutch.blog.jp
サイト紹介文海外支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。波乱万丈の人生を送る傍ら、人の仕事運とか恋愛運を占ってます。
自由文海外支社の20代管理職→プロ無職→魔術師。人の仕事運、恋愛運などをタロットで占う傍ら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/04/29 04:22

ダッチ さんのブログ記事

  • 過去を消す。ネットで芸名を使う際の注意点
  • 半年前に、職業占い師を辞めました。その占い師の活動をしているときやこのブログの執筆時も、私は「魔術師ダッチ」と名乗っております。芸名とでもいうのでしょうか?ハンドルネーム?占い師ネーム?戒名?雅号?まあ、そういった類のようなものです。わざわざ、そういう芸名を使うのには次の3つ理由があります。・ストーカーや嫌がらせ対策のための個人情報保護 (よく分からない人から、SNSの本名より連絡されたらたまったもの [続きを読む]
  • 初心者占い師に言いたいこと
  • お陰様でというべきか、このブログのアクセス解析をすると、占いに関する記事が人気があるようです。特に、ある程度占いを勉強しないと理解し得ない記事へのアクセス数が多いです。つまるところ、ある程度勉強した方、もしくは元同業者が私のブログにアクセスしている可能性が高いと考えられます。という訳で、プロ・アマ問わず占いを学び始めた人に、私から1つアドバイスをさせていただきましょう。続きを読む [続きを読む]
  • 恋愛格差、二極化現象に思うこと
  • 最近の私は、勉強で忙しく、時間的体力的に異性を好きになる余裕がありません。ただ、似たような境遇でも、恋愛できる人はできるものです。高校時代、恋人といちゃつきながらも大学受験を突破するツワモノはいたでしょう。就職活動中という将来が不確定な時期でも、会社説明会やセミナーで異性と連絡先を交換して付き合うということのもあります。彼ら彼女らのような、恋愛におけるツワモノたちは、非ツワモノと何が違うのでしょう [続きを読む]
  • ときには裏切るということも大事、正しい極悪非道の使い方
  • 政党の統廃合、議員の会派離脱などがニュースを騒がしている昨今。裏切りとか不義理とか、散々横行しているようです。自分の信念を捻じ曲げなければ賛同できないような組織からは抜け出して良いとは思います。私も、これまでの仕事で、会社都合退職、自営廃業と色々経験してきましたが、関係者の不義理というのは、辞める決断には非常に重要な要素となりえました。裏切られるようなことがあっても納得できるものでしたら、案外手を [続きを読む]
  • 逃げるは恥だが、逃げてばかりは役立たず、安易な転職のデメリット
  • 夏休み、冬休みが明ける時期、不登校の生徒が問題が取り上げられ、各メディアでは「逃げても良い」という論調で語られていました。また、WEB界隈の有名人は、「合わない職場ならさっさと辞めちゃえ」と連呼しています。果たして、それらの意見は妥当なのでしょうか?端的に言えば、Noであることがやや多いと思われます。「辞めちゃえ」とか言っている人のブログに、転職サイトや独立サービスへの誘導の広告やリンクが貼られていま [続きを読む]
  • 2018年以降は保守的?木星が蠍座に移動後の社会情勢
  • 2016年9月〜2017年10月まで天秤座の間をうろうろしていた木星が、2017年10月に木星が蠍座に移動します。西洋占星術では木星、土星、天王星の動きから、ある程度の世相は読み取れます。例えば、天秤座の方向に木星があった時期。天秤座は社交性と調和の星座です。流行的な観点からいえば、Instagramが第一に挙げられるでしょう。写真をSNSにアップロードしてお互いを誉めあうというのがInstagramの文化ですが、それが社会の広い層に [続きを読む]
  • 無職説明会に行ったら元無職だらけだった件、そして自分も
  • 「無職説明会リターンズ〜なぜ無職になったのか?…そこに職がなかったから〜」というイベントに行ってきました。3年前に「無職説明会」というイベントが行われ、そのときに登壇したメンバー+αが今回も登壇。無職の実態紹介に加えて、登壇者がこの3年間をどう過ごし、どう変わったのか?をテーマとしたトークライブの形式です。三年前のレポートはこちら→無職説明会に参加してきた続きを読む [続きを読む]
  • オカルチックな話 A県とお不動さん
  • 占いとかやっている割に、私には霊感というものがありません。いえ、だからと言って霊体験が全くないという訳でもないので、たまにはそういう話を書いてみようと思います。数年前、私の祖母が無くなりました。葬式が終わり、数か月たったのですが、私の親や叔母たちが揉めています。端的に言えば、遺産相続の問題です。青森の田舎の山なので資産価値はそれほど無いのですが、祖母はそういった土地を少々持っていたので、どう切り分 [続きを読む]
  • 雑記 ぐったり勉強モードの日々
  • 最近、ブログの更新頻度が下がっているのですが、何をしているかというと、資格試験のために勉強しています。ネットワーク系の資格なのですが、問題文を読んでも、解説文を読んでも何を書いているのかよく分からないです。どのぐらい意味不明かというと、例えばこんな感じです・・・。IPP(IP Precedence)はRFC 791で定義されたマーキングで、ToSフィールドの先頭3ビットを使用し、8つ(2進数で000-111)の優先度しか表現できませ [続きを読む]
  • 若い人材が足りない組織は時間泥棒
  • この数年間、色々な団体を垣間見てきたのですが、特に運営の主体が一定以上の年齢になっている組織は、若者が足りないということに頭を抱えていることが多くあります。こんなに素晴らしいアウトプットをしているにも関わらず何故若者が来ないのだ、また時折一時的にイベント集客が成功した際にやってくる若者も何故定着しないのだ、と悩んでいるのです。その答えを端的に述べるならば、「若者はとても忙しい」ということになります [続きを読む]
  • 薄情?真の多動力とは何なのか?
  • 「多動力」とはいくつもの異なることを同時にこなす能力のことを言います。最近、ホリエモンの『多動力』という本を読んだのですが、「肩書を3つ持ちなさい」と書かれていました。改めて私の仕事以外の活動を振り替えてみたのですが、ここ1か月では大まかに下記の活動をしていました。・魔術師⇒知り合いのみ占い鑑定依頼を受けています※WEB経由はNG・大学の公式OB会 副幹事長・政治家の応援活動⇒最近、終了・NPO絡みのプロジェ [続きを読む]
  • SNS、ネトウヨ、リアル、都議選
  • この夏の都議選で、私はとある候補者を応援しておりました。正直いえば、その候補者、ネット上ではかなり評判悪いです。時々、その候補者の名前を検索してみていましたが、Twitterで書き込まれている内容の9割以上がネガティブなのです。だいぶ昔に解決済みの問題を引っ張り出されたり、一緒に写真写っていた人が賛否両論あるが故に叩かれまくったり。中には「何となく胡散臭い」とか「直観だけど、あいつ、仕事できない」という誹 [続きを読む]
  • 失明直前で考えたこと・そして私が見たかったこと
  • 実のところ、私の人生において、高校以降ビデオカメラと無縁になったことは1度もありません。学生時代は自主映像を制作してましたし、新卒正社員時代も、自営占い師時代も仕事で映像を作る機会は多かったです。そして、違う業界に転職した筈の最近も、何故か仕事でビデオカメラと接する機会が増えています。カメラというか視覚的なものが縁があるなあと耽っていたら、あと半年ぐらいでレーシックをしてから10年になることを思い出 [続きを読む]
  • 【有権者注目】意外と知らない投票用紙の正しい記入の仕方
  • 選挙が迫ってきました。有権者の方は投票所に投票に行くことも少なくないでしょう。投票後に、「あ、漢字間違えて書いたかも・・・」とか不安になることはありませんでしょうか?私、一度、とある立候補者陣営の開票立会人というものをやらせていただいたこともあり、有効票なのか無効票なのか、投票用紙を一枚一枚確認したことがあります。その経験を元に、その投票が有効かどうかの判断方法をまとめてみました。続きを読む [続きを読む]
  • 元プロ占い師の自白。幸せ絶頂のカップルは来ないで!!
  • プロ占い師をしているときに、とある知人から、「新しい恋人ができたんだけど、今度お金払うから二人の将来を占ってくれない?」と言われました。普通に考えれば良い商談なので、「了解。いつやろうか?」と返答すべきなんですが、具体的な占う日の調整を避けていました。何故ならば、雲行きがちょっと怪しいなと思ったので。占いはポジティブな結果も出れば、ネガティブな結果もでます。正直言えば、ネガティブな結果を伝えるのは [続きを読む]
  • 一般人の政治活動は明るく楽しくやりましょう、運動員の呟き
  • 実は最近、某政治家の朝の街頭活動を出勤前に手伝っています。選挙が近くなってくると、駅の前でビラを配っているアレです。こういう活動をしている一般人ボランティアは、どんな想いをしてやっているかということを書いてみましょう。ざっくりいえば、4タイプぐらいあるかと思います。①自分が政治家になりたいから ⇒私は別になりたくはないです。②同じ運動員と人脈を作りたいから ⇒政治家のコネクションなんて、魑魅魍魎と [続きを読む]
  • 尖った人材を活用するために必要な意識改革 #雇用の前にあるもの
  • この1か月で、次のようなイベントに参加して、普通じゃない人の生き方について探究してみました。「異端」の哲学 -常識への挑戦と社会の牽引- 平成29年度 東京大学五月祭 特別企画  by東大ドリームネット第4回 N P O全世代フォーラム 若者は『日本の不定芽』か?  by N P O全世代人生ハードモードの人に贈るトークイベント「雇用の前にあるもの」  by浅草橋ブレッドボード今回の記事では、特に3番目のイベントを基軸に、考 [続きを読む]
  • 貧乏から普通ぐらいの所得になって変わった卑屈の価値観
  • 貧乏フリーランスを経て、今はサラリーマンやっています。前の仕事は自転車操業状態プラスの多額の報酬未払いで、正直、厳しかったです。不幸中の幸い、家賃やガス代などの滞納は無かったし、他人に借金を作っていないので、貧乏とはいってもたかが知れている方ではありましたが、逆にある意味で中途半端にちゃんとしているからこそ、精神的には楽ではありませんでした。今はスーツを着て「いつもお世話になっております」とか言っ [続きを読む]
  • きっと彼女はやってみたかったのだと思う
  • 先日、「〇日はお暇ですか?旅に興味のある人の食事会があるのですが、よろしければ参加しませんか?」といった内容のメッセージがSさんより届きました。旅行は、3人に1人は興味があるだろうと思われるメジャーな趣味ですな。(内閣の世論調査より)Sさんは、半年以上前に某パーティーで意気投合して、Facebook友達になっていた人でした。ただ、それ以降、一度も会うこともなく、お互いにFacebookでいいねを押し合うということもな [続きを読む]
  • 無職・起業失敗後、私はどのように大企業に潜り込んだか
  • 6月1日は大学4年の就職活動解禁日です。まあ、実質、水面下での顔合わせは済んでいる訳なので、内定解禁日ということになるでしょう。新卒カードは有意義に活用していただきたいものです。さてさて、私の経歴について話しましょう。私、社会人5年生(26歳)のときに会社都合退職となりました。とはいえ、海外赴任経験とか、リーダー経験とか、事業改革とか、色々やっていたので、正直なところ、転職活動には自信がありました。とい [続きを読む]
  • 趣味から考える性格分析。自分は普通という感覚
  • 先日、とあるボランティア活動をしていたところ、とある人から「君は何故、ボランティアをするんだい?」と質問されました。その時は「面白そうだからです」と答えました。後ほど、よくよく考えてみると、もはや、私にとってボランティアというの理想的な社会理念があるとか、そういう高尚なものではなく、惰性的に続いている趣味のひとつとなっております。我ながら変な趣味だとは思いますが、趣味故に私は変わっているのか、私が [続きを読む]
  • ブラック企業はヒモ男と似ている。被害者の感覚
  • 自営業時代の負の遺産で、私に対して数十万円の未払い金がある占い関係の企業の経営者に支払いの催促メールをしたところ、「現場は疲弊気味ではありますが、何とか改善の兆しは見えております」とか、しおらしい返信が来ました。その翌朝Facebookにて、その経営者が、複数名の女性に「ごちそうさまでした」と一文とともに、焼肉や二次会のカラオケをしている様子の写真がタグ付けされておりました。夜遅くまで元気ですね。この写真 [続きを読む]
  • すぐさま真実を知った気になる人は騙されやすい
  • 占い師は廃業はしたものの、実は今でも、週に一人か二人ぐらい、飯を奢ってもらう等の何らかの条件をつけて占い鑑定しています。鑑定していて時々、「相談相手が私で良かったね」と思うことがあります。そういう人というのは、何でもすぐに信じちゃう人。私の言う、一言、二言を真に受けて人生が変わってしまったかのような表情をしています。こちらとしては、カードや星に出てくる相を相手に合わせて表現をしているだけなのですが [続きを読む]
  • 初給料という名の安堵と屈辱
  • 先日、転職して以来、初めて給料が振り込まれました。労働契約の額面通り、交通費等の清算分も追加され、契約された規定通りに。契約なので、当たり前と言ってしまえば当たり前なのですが、これがどんなにありがたいことか。あまりにも嬉しすぎて、回転寿司で様々な色の皿を躊躇なく手に取ってしまったほどです。というのも、私は企業不信だったのですよ。続きを読む [続きを読む]