pingdao さん プロフィール

  •  
pingdaoさん: イギリス発 山日記&風景写真
ハンドル名pingdao さん
ブログタイトルイギリス発 山日記&風景写真
ブログURLhttps://ameblo.jp/pingdao/
サイト紹介文なぜかイギリスに流れついたので、イギリスからいろんな山やウォーキングにでかけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/04/29 07:07

pingdao さんのブログ記事

  • Red Cliff 赤壁の戦い (ビデオ鑑賞)
  • 会社の同僚に貸してもらった!!! Red Cliff (Blu-ray Version)1,558円Amazon 実は、見ていなかったのです。登場する人たちは、みんなすごい人たちだけど、なぜか興味をそれほどそそられなかったのだ。 これをイギリスで、おまけにイギリス人同僚から借りることになるとは。 三国志の話で、既に知っているはずなのだが、昔の記憶は既にどこかに去ってしまい、魏、呉、蜀のおさらいからである。あーーー、なんと。 ↓これを読んで [続きを読む]
  • ほんとはまった本 「謝謝 チャイニーズ」 星野博美
  • 本当におもしろかった。本当に読むのを止めることができなかった。 謝々(シエシエ)!チャイニーズ (文春文庫) Amazon まずなんといっても、自分の若いころもやもやと感じていたことをスパっと文章にしてくれたこと。彼女よりも数年後ではあるが、私もなぜかあの頃の中国に惹かれ、中国に滞在していたのである。 ちょうどあの混沌とした中国を経験した者として、あのころの記憶が少しずつ掘り起こされ、とてもノスタルジックな気分に [続きを読む]
  • 2018年 日本一時帰国 初北岳!
  • 2018年日本の山 今年の最大のイベントであったはずの富士山登山が台風とそれに続く嵐でめちゃくちゃとなり、とうとう北岳が最後の望みとなった。 当初の予定は、富士山登頂、そして北岳、間ノ岳と、日本第一、二位、三位と制覇する予定であったのに、台風、その後の天気のために、北岳すらも危うい状態になったのである。 ここ数年間は、毎年北アルプスを1週間ぐらい歩いていたために、今年の山行は天気に振り回されすぎてい [続きを読む]
  • 香港経由一時帰国 機内で見た映画
  • すみません。自分の記録のためです・・・。怪しくてすみません。 シンガポール航空やキャセイだと、かなりの中国系の映画を見ることができるのだ! おまけに今回は、なんとWong Kar-Waiの映画が特集されていたのである!おもわず涙である。今月帰ることにしてほんとによかったのである。 ー2046やっぱり何が何だかよくわからない映画。何をいいたいのか全くよくわからない。それにしても、大スターばかりが出演しているのに、 [続きを読む]
  • 香港関連 おもしろかった本
  • 香港経由で日本に帰るので、香港関連の本を読むことにした。これが、予想外に、いい本にたくさん出会えることになったのだ!!!本当に久しぶりに出会ってよかったと思える本に巡りあったのだ! 転がる香港に苔は生えない (文春文庫)1,069円Amazon まずは、星野博美さんの著作。私の中国生活の人世代前に、香港留学をされていた方だったらしい。この本は、彼女が学生時代の留学を経て、2回目の長期滞在時の様子を描いてある。そ [続きを読む]
  • 楽しかった香港ストップオーバー 2018年 ①
  • やっぱりやめられないアジア経由一時帰国 今回は、香港経由で一時帰国をするのことにした。ここ最近の帰国は、シンガポール航空でシンガポール経由か、キャセイで香港経由のどちらかばかりである。最近では、日本滞在と同じぐらいこの滞在を楽しみにするようになったのだ。 そうして、もう一つはまっているのが、会社最終日に、会社から直接空港に向かうことである。そうすると会社最終日の夜のフライトであるために、その夜からい [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます!3日まで無料セール中です!
  • あけましておめでとうございます。去年は、ネパールにいましたが、今日はイギリスでのんびりしています。 去年のネパール日記を読み返しながら、ネパールを思い返していました。1年たつと忘れていることも多く、日記を書いててよかったと思いました。また来年行きたいなあという気持ちが、ふつふつ湧いてきています。 それで、勢いあまって去年のトレッキング日記を電子書籍にしました。山に行って元気になろう!☆ネパールのまき [続きを読む]
  • 2017年 3年目の Alta Vie 1 ⑥ 難易度EE
  • 8月18日 Rif Coda 2280m 9:00出発Mont Bechit 2320mColle Lace 2120mLillianes 665m 18:00やっとこ到着 あの人達の後に歩いて下山したくない とうとう最終日になってしまった。今年は、なんだかあっという間に過ぎてしまった5日間であった。もう最終日。今日はとうとう下山である。どこの町に下りるかまだ決めていないが、あいつのことなので、一番近い町に下りると言い始めるだろう。ここから一番近い町のLillianesまで [続きを読む]
  • 2017年 3年目の Alta Vie 1 ⑤ 試練の日
  • 8月17日 Rif. Lago Della Vacchia 1851m 6:00出発Colle Delle Vecchia 2184m 7:00Col Marmontana 2348mLago di Vargna 1716mRif Coda2252m 19:30  本当にありがとう 腕時計の目覚ましで、4時55分ごろに目を覚ます。とうとう、とうとう今日である。今日が勝負の日である。何カ月も前に、バルマという場所の山小屋がまだ営業していないことを知り、少々無茶な計画を立てた。というよりも、バルマの山小屋が開いてないと [続きを読む]
  • 2017年 3年目の Alta Vie 1 ④ やっぱり山小屋っていい!
  • 8月16日 Gressoney 1396m 9:30出発(車で)Niel 1550m 10:30出発Colle Delle Vecchia 2184m 14:00頃か?Vecchia 1851m 15:00すぎごろか モンテローザ そしてありがとう さて、今日は予想外の場所で目が覚め、予想外に素敵なものを見ることができた。モンテローザである!ZERMATTあたりにいると、モンテローザはマッターホルンに圧倒的に負けており、ホテルの部屋も、モンテローザよりマッターホルンが見える方が高く [続きを読む]
  • 2017年 3年目の Alta Vie 1 ③ 試練の夜
  • 8月15日 Gressoney Saint Jean 1405m 8:00Col Lazooney 2400m Niel 1550m 18:00ぐらい 快調な朝 昨日約束した通り、7時15分から朝食のはずなので、時間ちょっとすぎに下のレストランに行ってみた。確かに人が既に来てくれていて、一部朝食の準備がされているが、まだまだの雰囲気である。それでも早く出発したいので、出ているものからいただいた。今日は更に長丁場である。今日のエネルギーをできる限り、朝食で摂取して [続きを読む]
  • 2017年 3年目の Alta Vie 1 ② トレッキング1日目
  • 8月14日 Crest 1935m 8:00Col Pinter 2777mGressoney Saint Jean 1405m 17:00ぐらい 久しぶりのトレッキング 宿の通常の朝食の時間は8時ではあるのだが、7時に早めてもらっていた。今日の行程は、コースタイムで6時間であるが、私はいったい何時間かかるかわからない。そのため、可能な限り早めに出発した方がいいからである。7時には、他の客はまだ誰も来ておらず、焼きたてのクロワッサンなどなど、普通の山小屋のそっけな [続きを読む]
  • 2017年 3年目の Alta Vie 1 ①
  • やっぱり山最高! 今年もまたAlta Vie1を歩くことにした。おととしから歩き始め、予定通りであれば、とうとうAlta Vie1を3年がかりで、歩くことになるのである! なぜだかわからないのであるが、私はとってもAlta Vieの北イタリア周辺が好きなのである。もちろんスイスやフランスの山もいいのであるが、なぜだろう、とても居心地がよいのである。この心地よさが、この地に3年連続で来ることになった理由であろう。 そして、 [続きを読む]
  • 昨日はまった本
  • 読みだしたら止まらなくなり、、結局12時半まで読んでしまった。(12時半で読み終わってよかったのだ・・・) 衝撃的なタイトルだけど、、、みんなが幸せになっていくのがとてもうれしい。 七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫) Amazon これも。黒部のトンネルの本を読んで、この方の本に興味が。とても読みやすい文章でいい。久しぶりに戦争系の本を読んだ。 アメリカで4年間捕虜となっていた人の話。 背中の勲章 (新潮文庫) Am [続きを読む]
  • 一時帰国時に見た映画 
  • 自分の記憶のため、、、 普段は、映画を見に行ったりすることは、ほとんどないのだが、(面倒なのが一番の理由)アジア系航空会社の機内では、中国映画や邦画を見続けるのだ。 今回は、爆睡したりした時間もあったが、結構見たらしい・・・。 「海賊と呼ばれた男」 海賊とよばれた男 [DVD]4,104円Amazon 本がとてもよかったので、見てみた。ただ、、本が面白すぎたのと、本の内容がかなり割愛されていたのが少々不満。まああれだけ [続きを読む]