恭次郎 さん プロフィール

  •  
恭次郎さん: 帝都を歩く
ハンドル名恭次郎 さん
ブログタイトル帝都を歩く
ブログURLhttp://teitowalk.blog.jp/
サイト紹介文明治期から現在までの帝都の道を探るため、戦争遺跡や歴史的建造物、資料館やB級スポット等を探訪します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/04/29 14:26

恭次郎 さんのブログ記事

  • 銀杏ヶ丘の近衛兵「近衛歩兵第三連隊赤坂兵営跡」
  • 港区赤坂にある軍事遺跡、陸軍近衛歩兵第三連隊跡地を歩いてきました。現在地は赤坂と永田町の間を通る外堀通り、総理官邸に近い山王下交差点です。山王下交差点の南東には地上44階建ての超高層ビルディング、山王パークタワーが建っています。山王パークタワーは、昭和11(1936)年のクーデター事件、二・二六事件で叛乱部隊が占拠し、その司令部となった山王ホテルの跡地に建てられたビルです。山王パークタワーの向かいには、叛乱 [続きを読む]
  • 【帝都初空襲の地】旭電化尾久工場跡地を歩く
  • 荒川区東尾久の都立公園、尾久の原公園を歩いてきました。現在地は荒川区の隅田川を渡す尾久橋に近い、荒川区立熊野前保育園の前です。この保育園の前には、荒川区教育委員会が設置した「東京初空襲の地」解説板があります。太平洋戦争開戦からわずか四ヶ月後の昭和17(1942)年4月18日、日本本土に急接近していたアメリカ海軍のヨークタウン級空母、エンタープライズとホーネットから飛び立ったアメリカ陸軍機B-25双発爆撃機ミッチ [続きを読む]
  • 風船爆弾製作工場「浅草国際劇場」の鉄骨
  • 墨田区墨田五丁目にある寺院、隅田山多聞寺を歩いてきました。隅田山多聞寺は、東武スカイツリーラインの鐘ヶ淵駅から徒歩10分の所にある真言宗智山派寺院です。多聞寺は隅田川七福神巡りの最初の寺として有名ですが、本堂では時折「いのちと平和コンサート」という平和行事が行われているそうです。正面の立派な茅葺き屋根の山門の先が、多聞寺の境内です。多聞寺の山門は江戸時代の中期に造られた墨田区内最古の歴史的建造物です [続きを読む]
  • 一日一日を大事に生きてほしい
  • 最近、核実験だのミサイルだのと物騒な世の中になってきましたね…帝都に居を構える我が家は、帝都に核ミサイルが発射されればすべてが終わりです。それでなくとも、常に大地震の恐れがあるっていうのに…困ったもんですね。というわけで、帝都(に限らないけど)の住民は今、みんな危機に瀕しています。ひょっとしたら明日核ミサイルが撃ち込まれ、仲良く全滅しているかもしれません。明日をもしれぬ我が身ですが、こんな時代だか [続きを読む]
  • 新河岸川に橋を架ける「陸軍赤羽工兵隊兵営跡」
  • 北区赤羽台にある軍事遺跡、赤羽工兵隊兵営跡地を歩いてきました。現在地は以前取り上げたこともある、JR赤羽駅北西の東北・上越新幹線高架橋沿いを走る師団坂通りです。赤羽駅からは徒歩圏にありますが、あまり人通りは多くありません。この通りはかつてこの坂の上に位置していた、大日本帝国陸軍の近衛師団工兵大隊と第一師団工兵第一大隊の兵営の前を通る坂道で、その両隊との関係から師団坂、または工兵坂と呼ばれていました。 [続きを読む]
  • 市谷八幡宮・裏参道の軍事遺跡「陸軍士官学校跡」
  • 新宿区市谷八幡町にある神社、市谷亀岡八幡宮を歩いてきました。市谷亀岡八幡宮は、東京メトロ南北線市ヶ谷駅の駅前直近にある八幡神社です。市ヶ谷駅を出て靖国通りを防衛省方向へ2、3分ほど歩いたところにあります。写真右手の急な石階段を上がった先が、市谷亀岡八幡宮の境内となっています。階段を昇ると都心のビル群の中にあるとは思えない、市谷亀岡八幡宮の静かな境内が広がっています。市谷亀岡八幡宮は、太田道灌が文明 [続きを読む]
  • 再開発で消える近代アパート「公社中野駅前住宅」
  • 中野区中野二丁目にある近代建築、東京都住宅供給公社中野駅前住宅を見学してきました。現在地はJRや東京メトロ東西線が乗り入れる中野駅の南口ロータリーです。中野駅周辺は2012年、駅北西側に「中野四季の都市」が造成されるなど、近年再開発が活発化しています。小綺麗な街へと変貌していく中野駅周辺ですが、しかしまだ南口には太平洋戦争敗戦後の復興期に建てられたアパートも残っています。南口ロータリーから中央線の線路に [続きを読む]
  • [心霊スポット?]飛鳥山、防空壕跡と顔のない地蔵
  • 北区王子の公園、飛鳥山公園裏にある飛鳥の小径を歩いてきました。東京都内の桜の名所のひとつ、飛鳥山公園。江戸享保期に行楽地として整備され、明治6(1873)年には上野公園などと共に日本最初の公園に指定された歴史ある公園ですが、飛鳥山公園も第二次世界大戦と無縁ではいられなかった公園でした。日中戦争勃発後の昭和15(1940)年から昭和18(1943)年までの間、飛鳥山には大きなグラウンドがあったそうです。飛鳥山グラウンドは [続きを読む]
  • 千代田の森の近衛兵「近衛歩兵第一・第二連隊跡」
  • もうすぐ、終戦記念日ですね。戦争が終わったいい日みたいな感じですが、ぶっちゃけて言うと多くの人が亡くなった苦い戦争の敗戦日です。暗澹たる敗戦の歴史を「終戦」などといってごまかさない方がいいんじゃないでしょうか。さて、今回は72年前の終戦の日、行動を起こした近衛兵の兵営跡地を歩いてきました。現在地は千代田区九段南、東京メトロ東西線九段下の駅に近い九段会館前です。九段会館は太平洋戦争の敗戦まで「軍人会館 [続きを読む]
  • 「陸軍中野学校跡」でHey!Say!ランチを食べる
  • 中野区中野四丁目の軍事施設跡、陸軍中野学校跡地を歩いてきました。現在地はJRや東京メトロ東西線などが乗り入れる中野区中野駅の北口です。写真は中野駅を南北に貫く中野通りの西側で、中野サンプラザホテルや中野市役所などが建っている中野の中心部です。現在中野駅前で賑わっているのは中野ブロードウェイなどがある中野通り東側ですが、中野通り西側は中野駅新北口駅前広場が造られるなど再開発が進んでおり、将来的に賑わい [続きを読む]
  • 四谷怪談・お岩さんの墓は西巣鴨にある「妙行寺」
  • 夏の暑さが厳しいですね…暑い夏は、火照った体を内側からひんやりとさせてくれる怪談が恋しくなります。最近我が家では夜に「怪奇蒐集者」という怪談DVDを見ています。さて今回は、日本の有名な怪談「四谷怪談」ゆかりの地を歩いてきました。現在地は都電荒川線西ヶ原四丁目停留場直近、西ヶ原四丁目停留場から新庚申塚停留場までを直線道路で結んでいるお岩通りです。ここにはお岩通り商店会という昔ながらの商店街がありますが [続きを読む]
  • 東京一と評判の学生食堂「東洋大白山キャンパス」
  • 文京区白山にある東洋大学白山キャンパスを歩いてきました。現在地は都営三田線白山駅に近い、旧白山通り東洋大学白山キャンパス正門前です。今回はここ東洋大学白山キャンパスに、ワンコインにもかかわらずとてもおいしいと評判の学食があるということを聞いてやってきました。注文するとすぐに出てきて、コストパフォーマンスが良く、なにより、少し騒がしくしても大丈夫という学食は、乳幼児連れの外食先としてはとてもありがた [続きを読む]
  • 金町の産業遺産「三菱製紙中川工場跡」を歩く
  • 葛飾区新宿に残る産業遺産、三菱製紙中川工場跡地を歩いてきました。ちなみにここの新宿は「しんじゅく」ではなく「にいじゅく」と読みます。現在地はJR常磐線金町駅から北西へ徒歩10分の位置にある大学、東京理科大学葛飾キャンパスの構内です。東京理科大学葛飾キャンパスは敷地を囲う塀がなく、誰でもキャンパスを歩くことができるようになっていて、キャンパス内にはちらほらと学生以外の姿を見ることができます。葛飾キャンパ [続きを読む]
  • 謎の視線と呪いの空耳「あさくら画廊」を歩く
  • 足立区西保木間にある珍スポット、あさくら画廊を歩いてきました。現在地は国道四号線がまもなく帝都東京から埼玉県に入ろうという、保木間四丁目交差点の西側に位置する住宅地です。この一見してなんでもない住宅地の中に、「あさくら画廊」というギャラリーの珍スポットがあるという。この珍スポット、かつて「ナニコレ珍百景」などのテレビ番組で紹介されたこともあるところらしく、はたしてどのようなところなのだろうかと思い [続きを読む]
  • 住めば、北区東京。「陸軍赤羽火薬庫跡」を歩く
  • 東京都北区桐ヶ丘の巨大団地、桐ヶ丘団地周辺を歩いてきました。現在地は東京都北区の赤羽台二丁目と桐ヶ丘一丁目、赤羽西の境界付近を通る道路、常盤台赤羽線です。左手には桐ヶ丘赤羽台歩道橋があり、歩道橋より東側には赤羽台団地が、北西側には都営桐ヶ丘アパートが、南西側には都営赤羽西アパートがそびえ立っており、この常盤台赤羽線はさながら団地内中央道路といった様相です。通りを歩いている人も団地住まいっぽい人が多 [続きを読む]
  • 赤羽昭和団地・スターハウスと「陸軍被服本廠跡」
  • 東京都北区赤羽台にある巨大団地、赤羽台団地を歩いてきました。現在地は帝都東京北の玄関口、JR赤羽駅から西へ徒歩10分ほどの位置にあるUR団地、UR都市機構ヌーヴェル赤羽台前です。ヌーヴェル赤羽台は2006年9月に建てられたUR団地ですが、その前身は旧日本住宅公団(現UR都市機構)が昭和37年、赤羽台に建設した総戸数3,373戸からなる巨大団地「赤羽台団地」です。高度経済成長期に建てられた赤羽台団地は老朽化が目立 [続きを読む]
  • 板橋の史跡公園へ「東京第二陸軍造兵廠火薬研究所跡」
  • 板橋区加賀にある軍事遺跡、東京第二陸軍造兵廠を歩いてきました。現在地は板橋区と北区の区境、JR埼京線の線路を渡す陸橋・十条台橋の袂です。付近は東京家政大学や北区中央公園など公園や教育施設で占められており、住宅や商業施設は少なくなっています。以前ブログで取り上げていますが、この地域には戦前、埼京線の線路を挟んで東に銃砲を製造していた東京第一陸軍造兵厰、西に火薬を製造していた東京第二陸軍造兵厰という巨 [続きを読む]
  • 帝国海軍最後の海軍大将、井上成美と英語の歌
  • 最近、娘と一緒に英語の歌を歌っています。娘が通っている公文の教材に載っている英語の歌を歌っているのですが、これが意外と難しい。今更ながらに、自分の英語力のなさを痛感しています。写真は米内光政、山本五十六とともに対米開戦回避に尽力し、太平洋戦争中は海軍兵学校長などを務めた大日本帝国海軍最後の海軍大将・井上成美です。井上成美は敵性語(英語)の排斥が進む太平洋戦争中においても、海軍兵学校にて英語教育を徹 [続きを読む]
  • 竹ノ塚の古墳と古の祭祀「伊興遺跡公園」を歩く
  • 足立区東伊興にある公園兼展示施設、伊興遺跡公園を歩いてきました。伊興遺跡公園は古墳時代、現在は東京と埼玉の都県境となっている毛長川の流域に存在していたと考えられている村落跡「伊興遺跡」が発掘された場所に作られた公園です。直近の駅は東武スカイツリーラインの竹ノ塚駅で、駅からは徒歩20分程度とやや遠い場所にあります。訪問時は休日の昼間だったのですが、駅から遠いこともあってか他に誰もいませんでした。公園の [続きを読む]
  • 世田谷下馬の軍事遺跡「野砲兵第一連隊兵営跡」
  • 世田谷区下馬にある軍事遺跡、野砲兵第一連隊兵営跡地を歩いてきました。現在地は世田谷区と目黒区の境界付近、世田谷区池尻にある世田谷公園です。世田谷公園といえばつい最近まで、『ポケモンGO!』のレアモンスターミニリュウが見つかるということですごい数の人が集まっていた公園です。しかし苦情が発生したためか、今ではミニリュウの巣はなくなったらしく、この日ポケモントレーナーの姿は見かけませんでした。ちなみに世 [続きを読む]
  • あの文豪が校長を歴任「陸軍軍医学校跡」を歩く
  • 千代田区富士見にある軍事遺跡、陸軍軍医学校跡を歩いてきました。多数の人々が行き交うJR飯田橋駅から、歩いて5分ほどの位置にある東京逓信病院。東京逓信病院は昭和13(1938)年、逓信省(現総務省)職員とその家族を対象とした職域病院として開設された病院です。今では関係者以外でも利用できるようになった東京逓信病院ですが、歴史をさかのぼっていくと、東京逓信病院以前のこの敷地には日本陸軍の軍医学校が建っていました [続きを読む]
  • 北区立豊島公園下に眠る掘割「豊島ドック」跡地
  • 北区豊島にある軍事遺跡、豊島ドック跡地を歩いてきました。現在地は北区豊島にある北区立豊島公園です。豊島公園は豊島二丁目から王子六丁目に跨がる、道路に沿うようして造られた細長い公園です。それほど大きな公園ではありませんが、夏にはかっぱ祭りという地域のお祭りの会場になるなど、地域住民には親しまれています。豊島公園の周辺には、北区立明桜中学校、駿台学園中高、都立飛鳥高等学校など文教施設が多く設立され、下 [続きを読む]
  • 在りし日の思い出「都電おもいで広場」を歩く
  • 荒川区西尾久にある都電車両展示広場、都電おもいで広場を娘とともに訪問してきました。都電に乗って、都電荒川線のちょうど真ん中あたりに位置する荒川車庫前停留場にやってきました。この停留場はその名の通り、都電荒川線の車庫前にある停留場です。荒川車庫の隣には「都電おもいで広場」という旧型都電車両の展示広場があります。都電おもいで広場は昔の都電停留場をイメージした広場で、開場は土日祝日の午前10時〜午後4時ま [続きを読む]