狭山与太郎 さん プロフィール

  •  
狭山与太郎さん: 狭山与太郎のどですかでん
ハンドル名狭山与太郎 さん
ブログタイトル狭山与太郎のどですかでん
ブログURLhttps://ameblo.jp/sayamayotarou/
サイト紹介文真実のあくなき追求 マスメディアの虚報を糾弾します
自由文最近のテレビや新聞の報道は我々が知りたいこと、知らねばならないことは何一つ報道せず、政府や企業が知らせたいことしか報道しません。
国家的詐欺に騙されないようにしましょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/04/30 13:27

狭山与太郎 さんのブログ記事

  • 昔「徴用工」 今「外国人技能実習生」 
  • 現在国会では出入国管理法の改定案が大きな焦点となっています。おそらくその裏では売国奴竹中平蔵あたりが蠢いているのではないでしょうか。 先日、韓国徴用工の賠償請求問題で韓国の最高裁判所は原告側の言い分を認める判決を言い渡しました。図らずも、現在国会で審議されている外国人労働者受け入れの問題と徴用工問題は全く根は同じです。 国内の若い働き手が兵隊にとられ内地の人手が足りなくなったから植民地や占領地から [続きを読む]
  • オカシオコルテス下院議員当選と日本という国
  • アメリカの中間選挙で民主党のオカシオコルテス氏(29)がニューヨーク州の下院議員に当選しました。https://www.cnn.co.jp/usa/35128273.html女性下院議員としては最年少です。 選挙前から日本のテレビでも度々取り上げられていましたが、彼女は元ウエイトレス。母親はプエルトリコ出身父親(故人)はニューヨークブロンクス出身要するにいわゆる経済的には上流階級の出身ではありません。 彼女はサンダース議員の運動員を務め [続きを読む]
  • Greta Van Fleet のヴォーカル
  • 今から30年ほど前全盛期を迎えたハードロックも今や絶滅危惧種。現在では本場米国は勿論日本でも一部熱狂的なマニアのためのマイナーな音楽ジャンルの一つに成り下がってしまいました。そんな状況の中で最近一躍注目を集めているのがこのグレタ・バン・フリート(Greta Van Fleet)という兄弟3人+友人という4人組バンド。トランプお気に入りのラストベルトはデトロイト出身の平均年齢20歳というロックグループで昨年デビューした [続きを読む]
  • 現内閣は廃棄物処理場?
  • いやはや、現在臨時国会が開催中ですが、登場する各大臣のあまりのレベルの低さには呆れてしまいます。 時々中継を見ていますがいつ見ても腹が立ってきて血圧が上昇し健康によくありません。 質問に回答する各大臣はシンゾー首相を見習っているのでしょうか、どのような質問にもまともに答えられないし答えようとしません。この国会で採決しようとしているのに質問にはまともに答えず何を聞かれても「検討中」ってこんなバカな話 [続きを読む]
  • 韓国徴用工裁判の判決と国際法
  • 10月30日、太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4人が新日鉄住金に損害賠償を求めた裁判で韓国の最高裁判所は新日鉄住金側に、賠償を命じる判決を言い渡しました。https://web.archive.org/web/20181030103310/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181030/k10011691421000.htmlこれに対し、我が国のシンゾー首相はこれは国際法違反であるとコメントを述べました。即ち条約法に関する「ウィー [続きを読む]
  • 安田純平解放と北朝鮮拉致問題の共通点
  • 先日、3年にわたってシリアで人質にされていたジャーナリスト安田純平が解放されました。早速 彼はネトウヨやら、自分では何もしないしできないくせに他人を批判することには惜しみなく精を出す電波芸人やらコメンテーターたちから自己責任論を振りかざしてバッシングの嵐に見舞われているようです。そもそもの発端はNHKのインタビューに安田氏が「トルコ政府側に引き渡されるとすぐに日本大使館に引き渡されると。そうなると、 [続きを読む]
  • バドミントンで1300万円の賠償命令!
  • 東京都内の40歳代の女性がペアの女性に損害賠償を求めた訴訟で、東京高裁(八木一洋裁判長)は先月、ペアの女性の全責任を認めて約1300万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00050006-yom-soci 永年バドミントンを愛好している我が身として、とても他人事とは思えません。今日もサークルに参加する予定ですが急に気分が重くなってきました。確かにバドミントンは二人で [続きを読む]
  • 日本丸はどこへ向かおうとしているのか?
  • 昨日シンゾー君は日本の首相として7年ぶりに中国を公式訪問し習近平国家主席と会談しました。今回の訪問では名だたる企業のトップが総理に同行しており、経済界を中心に日中の間ではさらに多くの交流やビジネスが生まれることになりそうだとニュースは伝えています。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000004-fsi-bus_all 尖閣諸島や南シナ海問題など外交上機微な問題は何一つ解決していませんが、まずは経済優先と [続きを読む]
  • ジャマル・カショギ氏失踪の裏に潜む闇
  • 最近の海外ニュースはワシントンポストのコラムニストで母国サウジアラビア批判をしアメリカに亡命したジャーナリスト ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ領事館で殺害されたというニュースでもちきりです。しかも生きたまま切り刻まれてどこかに運び去られたというのですから何ともおぞましい限りです。日本にとってはあまり関係もないようなニュースなのに、何故こんなに大々的に取りあげられ大騒ぎするのかと言え [続きを読む]
  • 茅ヶ崎市美術館 小原古邨 展に行く
  • いやはや驚くべきはNHKの影響力! 10月7日のNHKeテレの「日曜美術館」では茅ヶ崎市美術館で日本で初めて公開される明治の版画家 小原古邨 の作品が紹介されました。http://www4.nhk.or.jp/nichibi/x/2018-10-07/31/3681/1902777/5年前に日本化薬会長だった原安三郎のコレクションから偶然発見された数百枚にも上る小原古邨の版画作品を原安三郎に因んで茅ヶ崎で公開したのです。 私は「観るだけ美術愛好者」として早速1 [続きを読む]
  • 息を吹き返すジャパンハンドラー
  • リチャード・アーミテージ元国務副長官やハーバード大教授のジョセフ・ナイ元国防次官補ら米国の共和、民主両党の知日派グループは10月3日、日米同盟のあり方について、自衛隊と在日米軍の基地の共同使用など同盟の深化や、日本にGDP1%以上の防衛費の支出を求めるなど日米両政府への提言をまとめた「21世紀における日米同盟の刷新」を発表しました。https://www.asahi.com/articles/ASLB41SQ8LB4UHBI005.html 米国「共和、民 [続きを読む]
  • F-35は役立たずの張子の虎に?
  • 昨夜のニュースでインドがロシアからS400ミサイルシステムを導入するという報道が流れていました。https://www.sankei.com/world/news/181005/wor1810050031-n1.html これに米国が激しく反発していることも伝えられています。理由は単にアメリカの兵器市場を奪われたというだけではなく、それ以上の意味を含んでいますがニュースではそんなことまでは説明してくれません。 先日、シリアでロシアの偵察機が誤ってシリア側のミサイ [続きを読む]
  • いわく不可解
  • 先日決まったシンゾー内閣の新しい顔ぶれですがあまりにひどすぎて論評する気もしません。このような人たちが支配する日本の将来を考えるとぞっとしてきませんか?まずは柴山文科大臣の教育勅語復活発言が話題になっていますがこの顔ぶれでは今後次から次とどのような発言が出てくるわかりません。しかも、柴山大臣の発言はNHKの記者が引き出したものなのにNHKでは全くこのことを報じていないのです。 そうしてこの内閣の復 [続きを読む]
  • ネイチャー誌、サイエンス誌の9割は嘘 ゴミ
  • 本庶佑・京都大学名誉教授がノーベル医学・生理学賞を受賞しました。10月1日夜、記者会見での発言が話題になっています。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181001-00010009-bfj-sctch 報道陣から「研究にあたって心がけていることやモットーは」と問われて 「なにか知りたいという好奇心」がある。それから、もう一つは「簡単に信じない」。よくマスコミの人は「ネイチャー、サイエンスに出ているからどうだ」という話をさ [続きを読む]
  • 岩波書店発行の雑誌「世界」
  • 先日、月刊誌「身長45」が遂に休刊となったことが伝えられました。年々減少する発行部数を何とか増やそうとして右傾化し、ヘイト記事を多く載せるようになったと新聞では解説されていました。内容を右派寄りにし、ヘイト記事を載せることが売上げを伸ばすための手段だというのですから一体この日本はどういう国になってしまったんでしょうか。確かに、最近たまに本屋に行くと雑誌コーナーには「WiLL」だの「Hanada」だ [続きを読む]
  • いやあな感じ
  • 自民党の杉田水脈とかいう議員が寄稿した論文が問題となった「身長45」が遂に休刊(実際は廃刊)になりました。身長45ではまだ乳児ってことなんです。せめて「身長150」くらいはないと一人前とは言えません。 騒動の真っ最中に、よりも寄って小川榮太郎とかいう低能似非ウヨク自称文芸評論屋が書いた杉田擁護記事を掲載したのが決定的にダメを押したようなのです。この小川とかいう人物 私はそれまで全く知りませんでした [続きを読む]
  • シンゾー君は最高のお笑い芸人だった!?
  • 自民党の総裁選挙もいよいよ終盤。19日秋葉原駅前でのシンゾーの街頭演説は「安倍辞めろ」コールで盛り上がったそうですが、看板の中に「本音はどっちも嫌ですが安倍の方は特にイヤですねだってすげー!バカなんだもん!」っていうのがありました。誰の作品?かわかりませんが座布団三枚! だってほんとなんだもん 私は見てませんでしたが、昨日の『NEWS23』(TBS)でこの看板に書いてあることを裏書きするようなシンゾー君の発 [続きを読む]
  • 日本の領土問題は永久に不滅です
  • 先日12日ウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムでプーチン大統領は日本との平和条約を今年末までに締結するようシンゾー首相に提案しました。https://www.asahi.com/articles/ASL9D5DNJL9DUHBI011.html この提案に対して日本の大手マスゴミは北方領土問題の解決抜きで平和条約を結ぶことは、ロシアの領土編入を既成事実として認めることになる。領土問題を棚上げにするものであると一斉に口を揃えて批判的な報道をしていま [続きを読む]
  • ウソツキが支配する国ニッポン
  • 昨日の総裁選挙討論会といいシンゾーはことあるごとにアベノミクスとやらの成果を吹聴しますがその殆どはまやかしのインチキデータに基づくものです。都合のいいとこどりをした捏造データを使うことはもう常習化し、息を吐くように嘘を言うので常に疑っていないとすぐに騙されてしまいます。大手マスゴミ特にNHKは全くそのままそのインチキ情報を検証もせず垂れ流して拡散するだけですから詐欺被害は拡大する一方です。批判精 [続きを読む]
  • 北海道地震の裏に潜む闇
  • 北海道で地震が発生してからすでに一週間が経ってしまいました。今回の地震で最も驚いたのはこの地震によって北海道中が一斉に停電してしまったことです。理由はいろいろと説明されていますが、災害時の電力供給という点では最低最悪の事態を招いたわけで、北電としては何を言っても言い訳にしかなりません。しかも風力発電や太陽光発電も北海道電力の送電網を使用しているために発電や送電を停止してしまいました。本州からの電 [続きを読む]
  • 女性は生まれつき胆太である
  • 本当は「女は天性、胆太き事」という題目にしようと思いましたが誤解を招きそうなので変えました。 私が購読している東京新聞には毎週日曜日、文芸欄に塩村 耕氏が執筆する「江戸を読む」というコラムが掲載されていて毎回楽しく拝読しております。今回(9月9日)には、1678年(江戸時代初期)に刊行された「宿直草(とのいぐさ)」の中の一話「女は天性、胆太き事」が紹介されています。裏返して言えば、昔から「日本男子 [続きを読む]
  • NHKよ!なんだこりゃあ!
  • 昨日、大阪なおみ選手が日本人としては初めてテニスの4大タイトルのひとつ全米オープンで優勝しました それはともかくとしてこのNHKのニュースは 一体なんですかっ!?https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180909/k10011620121000.html首相 ツイッターで大坂なおみ選手を祝福2018年9月9日 10時54分テニステニスの全米オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手が優勝したことを受けて、安倍総理大臣はみずからのツイッ [続きを読む]
  • 2020年 女性の二人に一人は50歳以上に!
  • 去年の10月に図書館に予約していた本がやっと届きました。ひところ話題になった「未来の年表」って本です。税込 高々800円弱の新書版ですよ。それが手元に来るまでなんと1年近く待ったというわけなんです。そんなに読みたけりゃ買えばいいのにね。 この本には刺激的なことがたくさん書かれていますが、脅しでも空想でも推定でも想像でもなく、どれもこれも全てが統計上確実に訪れるであろう未来の日本の姿なんであります。 まず [続きを読む]
  • ハートネットTVの功罪
  • NHKのETV(教育テレビ)で平日の夜 毎日放送している「ハートネットTV」は毎回欠かさず見る番組の一つです。NHK総合では絶対に放送しないような非常にシリアスで素晴らしい内容が多く、NHKの良心ここにありという意気込みが感じられる番組なんであります。 そのテーマも、LGBTや身体障害、各種の依存症、交通傷害、難病を抱えた人、どん底から再起した人やら子供の自殺、いじめ、登校拒否、引きこもり、認知症や介護 [続きを読む]