モネ さん プロフィール

  •  
モネさん: サプリメントは効果で選ぶ!サプリコンシェル
ハンドル名モネ さん
ブログタイトルサプリメントは効果で選ぶ!サプリコンシェル
ブログURLhttp://suppleconcier.com/
サイト紹介文サプリメントの効果を大検証!サプリメント効果の体験談も公開中
自由文当サイトでは実際にサプリメントを飲んでどうだったかの体験談をご紹介しています。

どんな時にサプリメントを飲もうと思ったのか?なぜそのサプリメントを選んだかなどを生の声として発信しています。

あなたのサプリメント選びに参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1010回 / 365日(平均19.4回/週) - 参加 2014/05/05 10:20

モネ さんのブログ記事

  • フェカリス菌の効能と効果!【健康維持には欠かせない】
  • フェカリス菌は乳酸菌の仲間で、他の乳酸菌と同様に人体に非常に有効な成分がある事がわかっています。腸内細菌とこの乳酸菌がどう違って、どのような効能があるのかも、知っておきたいところでしょう。フェカリス菌と乳酸菌人間の腸内には100兆個もの微生物が住み着いていると言われています。これらは腸内細菌と呼ばれるもので、腸内細菌は腸の中だけではなく消化器官のあらゆる場所にいるのです。人間は食物を口から摂り込みま [続きを読む]
  • カフェ酸の効能と効果!【コーヒーを飲むだけ】
  • カフェ酸というのは、コーヒーに含まれている成分です。カカオ豆から作られるコーヒーには、様々な健康効果が期待できますが、その中にはカフェ酸の働きによるものもあります。カフェ酸がどういう成分で、どんな働きがあるのかを紹介します。カフェ酸ってどんな成分?カフェ酸はコーヒーに含まれている成分の事です。コーヒーには豊富なポリフェノールが含まれていますが、カフェ酸もその一つです。コーヒーの香りに含まれる成分で [続きを読む]
  • カフェインの認知症予防効果!【手軽に無理なくできるんです】
  • カフェインには様々な健康効果が期待できます。いくつかの効果は臨床試験や実験で実証されており、病気予防や民間療法にも取り入れられています。カフェインは脳を覚醒させる作用があるので、眠気覚ましにも活用できます。この作用は認知症予防にも効果が期待されています。カフェインがどのように認知症予防に役立つのかを紹介します。カフェインに期待できる認知症予防効果カフェインにはいろいろな効能が期待されていますが、認 [続きを読む]
  • カフェインの過剰摂取のリスクと対策【摂りすぎに注意】
  • カフェインは体に悪い物というイメージがありますが、これは摂り過ぎた場合の事です。摂取方法もいくつかありますが、眠気覚ましのカフェイン入りドリンクを飲みすぎて死亡者が出たというケースもありますので、カフェインの摂り過ぎは軽視できません。死亡まではいかないものの、カフェインの摂り過ぎには体に負担をかけてしまいます。カフェインの効果や作用についてカフェインにはむくみの予防・改善冷え症の改善体脂肪の燃焼サ [続きを読む]
  • カフェインと冷え性の関係【摂りすぎに注意】
  • カフェインは体に悪い物というイメージがありますが、これは摂り過ぎてしまった場合です。適量なら健康効果が期待できますし、いくつかの効果は臨床試験や実験でも証明されています。冷え症にもカフェインが役立ちますが、摂り方を間違えると冷え症を悪化させてしまいます。冷え症対策に有効なカフェインの摂り方を紹介します。カフェインで冷え症を改善するカフェインは体に悪い物というイメージがありますが、適量ならむしろ体を [続きを読む]
  • カフェイン摂取で脂肪燃焼!【ダイエットのお供に】
  • カフェインは摂りすぎると体に負担をかけますが、適量を見極めて摂取していれば健康維持にも役立ちます。カフェインにはいくつかの健康に役立つ効能が期待できますが、うまく活用すればダイエットに取り入れる事ができます。カフェインがダイエットに役立つ理由を説明します。カフェインは脂肪燃焼をサポートするカフェインはコーヒーや緑茶に多く含まれています。紅茶や烏龍茶にも含まれていますが、カフェインには苦味があるので [続きを読む]
  • カフェインの過剰摂取はむくみの原因?【摂りすぎに注意】
  • カフェインは、コーヒー豆や茶葉に多く含まれている成分です。カフェインには苦味があるので、濃いコーヒーやお茶にはカフェインも多く含まれている事になります。適量ならダイエットやむくみ解消、眠気覚ましに役立ちますが、摂りすぎるとむくみの原因となってしまいます。カフェインとむくみの関係を紹介します。カフェインってどんな成分?カフェインはコーヒー豆やカカオ豆、茶葉に多く含まれています。コーヒー、チョコレート [続きを読む]
  • カテキン摂取で口臭予防!【その理由と摂り方】
  • カテキンは日本人になじみ深い緑茶に豊富に含まれる成分です。緑茶には独特の渋みや苦味がありますが、これは緑茶に含まれているカテキンという成分の特徴です。カテキンはポリフェノールの一種で、高い抗酸化作用と殺菌作用があります。カテキンは口臭予防にも役立つと言われていますが、どのように口臭予防に働きかけるのかを紹介します。そもそもポリフェノールとは?最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェ [続きを読む]
  • カテキン摂取で肥満予防!【驚きの効能と摂り方】
  • カテキンはお茶に含まれている成分で、お茶の中でも特に緑茶に最も多くのカテキンが含まれています。ポリフェノールの一種で、苦味や渋みが特徴です。カテキンには様々な健康効果が期待されていますが、その中に肥満予防効果も含まれています。肥満は生活習慣病のリスクを高めますから、ダイエットにカテキンを取り入れるのもおすすめです。そもそもポリフェノールとは?最近耳にすることの多いポリフェノールですが、このポリフェ [続きを読む]
  • カテキンは血糖値と関係があるの?【食後の緑茶のススメ】
  • カテキンは生活習慣病予防に役立つ事から、積極的に取り入れたい成分です。緑茶に多く含まれているから、毎日緑茶を飲んでいれば無理なく摂取できています。カテキンには血糖値の上昇を抑える効果も期待されており、健康な毎日を目指したい方にもおすすめです。カテキンと血糖値との関係について紹介します。カテキンが持つ働きについてカテキンは緑茶に多く含まれている成分で、苦味や渋みが強いのが特徴です。ポリフェノールの一 [続きを読む]
  • カテキンで生活習慣病予防!【緑茶で健康的な生活を】
  • カテキンと聞いて、緑茶を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。緑茶にも種類はありますが、独特の渋さや苦味はカテキンが含まれているからです。カテキンにはいくつかの健康効果が期待できるので、どのような効能があるのかを紹介します。カテキンってどんな成分?カテキンは、ポリフェノールの一種で高い抗酸化作用があります。お茶に多く含まれていますが、その中でも緑茶には豊富なカテキンが含まれています。毎日緑茶を [続きを読む]
  • ガセリ菌の効能と効果とは?【脳にもよい効果が】
  • ガセリ菌は最近脚光を浴びている乳酸菌です。私たち人間の腸には、無数の腸内細菌が存在しています。乳酸菌は腸内環境を整えるのに役立ちますが、乳酸菌も元々腸内に存在しており、その中にガセリ菌も含まれています。ガセリ菌はヨーグルトからも摂取できますし、意識して摂取する事で、腸内環境を整える事ができます。ガセリ菌の働きを紹介します。ガセリ菌の正体と働きについてガセリ菌は元々人の腸内に存在している乳酸菌の一種 [続きを読む]
  • カシスの不足や過剰摂取のリスク【バランスよく摂取しよう】
  • カシスは黒すぐりの事です。フランス語で呼ぶ時はカシスと呼ばれますが、日本でも黒すぐりというよりカシスと呼ぶ方が一般的です。カシスには目にいいと言われているアントシアニンが豊富に含まれています。目にいい成分でも過剰摂取や不足した時には、何らかの問題が生じます。カシスを過剰摂取するとどうなる?カシスは、黒すぐりの事です。フランス語で黒すぐりの事をカシスと呼び、英語ではブラックカラントと呼びます。呼び方 [続きを読む]
  • カシスを食品として上手に摂り入れる方法【お手軽簡単】
  • カシスはお菓子やデザート、料理のソースやカクテルまで幅広く使われています。カシスのリキュールは、紫色や赤紫色をしているのでカシスもそんな色をしているイメージですが、実際には黒に近い紫色をしています。別名を黒すぐりといい、ポリフェノールの一種アントシアニンを豊富に含んでいます。カシスを使った食品や摂り方を紹介します。カシスを食品から摂る事はできるの?カシスは別名を「黒すぐり」「ブラックカラント」とい [続きを読む]
  • カシスが持つ驚きの効能・効果【アントシアニンが豊富】
  • カシスはスイーツなどにも使われていますので、意外と身近に感じられます。ベリー系の果物に分類される事も多いのですが、ベリー系ではありません。黒すぐりとも呼ばれていますが、カシスには必須脂肪酸が含まれていて、健康効果も期待できます。カシスにどのような働きと効果があるのかを紹介します。カシスに含まれる成分や効能カシスは黒すぐりという別名がある事からもわかるように、黒に近い紫色をした果実です。黒に近い紫は [続きを読む]
  • カキエキスで貧血改善!【海のミルクの効能・効果】
  • カキエキスには、海のミルクと言われる牡蠣の豊富な栄養が含まれています。海のミネラルも豊富に含まれていて、毎日の食事で不足しがちな栄養素も、牡蠣から抽出したカキエキスなら手軽に補えます。カキエキスには貧血対策に役立つ成分も豊富に含まれています。カキエキスがどのように貧血に役立つのかを紹介します。カキエキスに含まれている豊富な栄養素カキエキスは牡蠣から抽出したエキスなので、牡蠣に含まれている豊富な栄養 [続きを読む]
  • カキエキスで免疫力向上!【海のミルクの効能・効果】
  • カキエキスには、海のミルクと呼ばれる牡蠣の豊富な栄養が含まれています。食事から取り入れるのが難しい成分も豊富に含まれているので、栄養バランスが気になる時にもおすすめです。カキエキスには免疫力を高める効果が期待できますので、健康な体を維持したい時は積極的に取り入れて行きましょう。カキエキスの魅力とメリットカキエキスには、牡蠣に含まれている豊富な栄養や成分が丸ごと含まれています。牡蠣は海のミルクと言わ [続きを読む]
  • カキエキスで肝機能をサポート!【海のミルクの効能・効果】
  • カキエキスは栄養豊富な牡蠣の栄養成分がギュッと濃縮されたものです。牡蠣には豊富な栄養がぎっしりつまっており、肝臓の働きを助ける成分も含まれています。お酒をよく飲む方は牡蠣を食べるよりも、カキエキスを摂り入れたほうが現実的です。カキエキスが肝機能をサポートする仕組みを紹介します。カキエキスに含まれる成分と働きカキエキスは牡蠣から抽出したエキスの事です。海のミルクという別名があるように、牡蠣には豊富な [続きを読む]
  • カキエキスが視機能を高めるって本当?【海のミルクの効能・効果】
  • カキエキスはその名の通り、牡蠣から抽出したエキスです。海のミルクと言われる事もあるように、豊富な栄養を含んでいます。カキエキスには、様々な健康効果が期待されていますが、その中に視機能をサポートする作用も含まれています。カキエキスがどのように視機能をサポートするのかを紹介します。カキエキスに含まれる成分や効果牡蠣は海のミルクと言われているように、豊富な栄養を含んでいます。海のミネラルはもちろんの事、 [続きを読む]
  • [監修済] オレガノの過剰摂取と不足によるリスクと対策について
  • オレガノはシソ科の植物であり、ハーブやスパイスとしても使われています。オレガノには、見かけによらず豊富な栄養素が含まれているので、普段の食事で不足しがちな栄養を補う時にも便利です。様々な効果が期待できますが、その分過剰摂取によるリスクもあるので、取り入れる時には注意が必要です。オレガノに含まれる豊富な栄養素オレガノは、ハーブやスパイスとしてもよく知られていますし、日本でもお馴染みの物となっています [続きを読む]
  • オレガノは食品からも摂取できる【おすすめの摂り方】
  • オレガノはハーブとしても知られていますし、イタリア料理にもスパイスとしてよく使われています。オレガノを食品から取り入れる場合、いくつかの摂り方があります。美容や健康維持のためにオレガノを取り入れたい時、どのような摂り方があるかを紹介します。オレガノを食品から取り入れる方法オレガノはシソ科ハナハッカ属の多年草です。別名をハナハッカという事からもわかるように、ハッカのような爽やかな香りがします。成長す [続きを読む]
  • オレガノの働きと効能について【ハーブでお馴染み!】
  • オレガノといえば、料理に使うスパイスとしてもお馴染みです。ハーブの一種としても昔から人々の生活に取り入れられてきました。スパイスとしてイタリアやメキシコではポピュラーですが、日本でもハーブティーや、ドライフラワーにして使われています。オレガノの効果や効能、取り入れ方を紹介します。オレガノってどんな成分?オレガノはハーブの一種としても、料理に使うスパイスとしても知られています。イタリアンやメキシコ料 [続きを読む]
  • オレウロペインの効能と効果【オリーブの葉に含まれている】
  • オレウロペインはあまり聞きなれない成分名ですが、オリーブの葉に含まれている成分の事です。オリーブはオリーブオイルの原料としても知られていますが、実だけでなく葉にも有効成分が詰まっていて、実と比べて葉の方が抗酸化作用に優れた成分を含む事が分かっています。どんな効果や効能があるのかを紹介します。オレウロペインってどんな成分?オレウロペインは、オリーブの葉に含まれているポリフェノールの一種です。オリーブ [続きを読む]
  • [監修済] オレイン酸の不足と過剰摂取によるリスクについて
  • オレイン酸は不飽和脂肪酸の一種です。オリーブオイルに多く含まれている事から、料理に使う油をオリーブオイルに変えるだけでも摂取できます。オリーブオイルの消費量が多い地中海地域の人々は、心臓疾患が少ない事でも知られています。適量なら毎日の摂取がおすすめですが、多すぎても少なすぎても問題が出てきます。オレイン酸の不足と過剰摂取の影響を紹介します。オレイン酸を過剰摂取するリスクオレイン酸を取り入れる場合、 [続きを読む]