アレグラ さん プロフィール

  •  
アレグラさん: スイス - 26の旅の扉
ハンドル名アレグラ さん
ブログタイトルスイス - 26の旅の扉
ブログURLhttp://swissfanclub-photo.blog.jp/
サイト紹介文トレ美アンなスイスの風景、旬な話題などをお伝えしています。
自由文こちらではスイスの旅でのエピソードや面白い情報がゲットできます!!
※スイスに恋する旅物語:
https://ameblo.jp/swiss-trip-stories
※Facebook:
https://www.facebook.com/swissfanclub
※Twitter:
https://twitter.com/swissfanclub
※google+:
https://plus.google.com/+SwissFanClub-Report
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/05/02 10:18

アレグラ さんのブログ記事

  • 虹!それは「永遠の契約!?」 スイスの空から
  • Luzern/ルツェルン>スイスの雨不足のあと、先週からやっと、まとまった雨が降り始め、庭でBBQのために火を熾すことが禁止されていた場所でもだいぶ緩和されてきた。私の住む町のスーパーマーケットの店頭には、禁止が解除されたメッセージを提示していた。(※庭や山でのBBQ禁止のときには、スーパーではBBQ用の肉などの売り上げがダウン)だが、先週からスイスの空には、顕著なことといえば多くの虹を見る機会多くなったこと。8月 [続きを読む]
  • 雨を願うスイスの人々! スイス・アッペンツェル地方
  • 先週の (アッペンツェル地方)>写真を見る限り、いつもどおりの涼しい雰囲気をもたらす湖。Fälensee/フェーレンゼー (アッペンツェル地方)>これらの湖のそばで飼われている牛たちは救われているのだろう。東スイスの一部では水不足がますます深刻になってきている。※特に山岳地方。牛は一日あたり約50L〜100Lの水を飲む。一部の地域では喉の渇きを潤すことができないため、初めて水の要請をした農夫もいる。軍のタンカー(ト [続きを読む]
  • 警察犬は靴を着用! スイス・チューリッヒ
  • 最近、真夏日が続くスイス昨日は36℃を超えるところも出てきた。陽射しの強い午後に外に出ると、サウナ状態のようだと感じることもある。チューリッヒでは、警察犬が靴を着用。本日もチューリッヒの予想最高気温は35℃。気温が高いとアスファルトの上では20℃以上もさらに高くなるそうだ空気中の気温(左)とアスファルト上の気温25℃ - - - - - 45℃〜50℃30℃ - - - - - 50℃〜55℃35℃ - - - - - 55℃〜60℃アスファルトの道路 [続きを読む]
  • 月と太陽そしてブロンズ色の湖! スイス・ヌーシャテル
  • 7月28日、Neuchâtel/ヌーシャテルの夜、ホテル の屋上のテラスから夜空に輝く月を眺めていた。湖面ではキラキラと月光の道ができていて、小さな波のおかげで浮かんでは消え、消えては浮かぶ光の屑が非常に美しかった。カメラではその様子を見ることができないのが非常に残念である。雲に囲まれた月その15分後、雲がなくなると・・・面白い!!次の日、6時5分頃西の空には、まだくっきりと姿を見せてくれていた月そして東の空には [続きを読む]
  • 湖が消えた! スイス・干ばつ
  • Hoher Kasten/ホーアー・カステン (1791m, アッペンツェル地方)からの眺め>先日のブログでもスイスでの森林火災の警戒の話題をお伝えしたが、この写真を見れば一目瞭然!降水量で水位が左右される、写真に写っている湖、Sämtisersee(ゼムティス湖)では、水不足でほとんど水がない状態。昨日のニュースによると、スイスのアールガウ州のBergdietikon/ベルクディーティコン では飲料水の不足が予想されるため、町の噴水の給水を [続きを読む]
  • 今世紀最長の皆既月食! 気になるスイスの天気は?
  • 数日前からかなり話題にのぼっている、皆既月食!なんと、明日の夜は今世紀最長の1時間43分も見ることができるそうだ(出典:srf.ch)。皆既月食の始まり:7月27日 21:30皆既月食の終わり:7月27日 23:13皆既月食のピーク:7月27日 22:22※上記時間はすべてスイス時間スイスでは週末の夜ということもあり、チューリッヒのウラニア天文台(Urania-Sternwarte Zürich)では7月27日の夜の事前販売チケットは完売だそうだ。時間帯によ [続きを読む]
  • スイスも警戒!森林火災 
  • letschergarten Dossen/グレッチャーガルテン・ドッセン(Zermatt/ツェルマット)>スイスの森では必ずといっていいほど、写真のような森の中で容易にBBQができる場所がある。特にここは子どもの遊び場も充実している。しかし、今はBBQは禁止(7月24日現在)!スウェーデンの森林火災、そして昨日はギリシャ・アテネでも森林火災が起こり多数の死者が出た。スイスも今月初めから警戒態勢に入っている州もあり、森の中はもちろん、森 [続きを読む]
  • 滝の中に見えたスイス国旗! スイス・ラウターブルンネン
  • 知らなかった!Lauterbrunnen/rラウターブルンネン駅のホームで列車を待っている間、Staubbachfall/シュタウプバッハ滝のほうに目を向けたところ・・・滝の中から赤いものがチラホラと見えた!よーく見ると、スイス国旗だった!今までたくさんの写真を見てはいたがには全く気が付かなった7月9日に乗車した列車:Wengen/ヴェンゲン駅:ヴェンゲルンアルプ鉄道>この列車の車窓からの写真を確認してみるとが写っていた!この写真を撮 [続きを読む]
  • 夏は子どもたちのパラダイス! スイス・メンリッヒェン
  • (※背景の山:アイガー)              メンリッヒェンには子どもたちが喜びそうなスポットがたくさんある!標高2222mのメンリッヒェン山頂駅に到着すると、重さ100トン以上の巨大な牛(木製、H:8.5m, L:13m)が待っていた!(※背景の山(左):ユングフラウ)顔が隠れてしまったが、滑り台になっていて、牛の口から(長ーい舌)から子どもたちは滑り降りてくる。??9枚 ?Sennenspielplatz mit Riesenkuh ベル [続きを読む]
  • 来年12月、新ロープウェイ登場! スイス・グリンデルワルト
  • 2019年夏期、グリンデルワルトメンリッヒェン間のロープウェイは工事のため運休となります!長い間、たくさんの観光客やスキーヤーに利用されていた、この可愛いゴンドラ(4人乗り)は、来年、最先端のゴンドラ(10人乗り)に入れ替わる。自然保護団体の反対などもあり、9年の月日を経て、やっと今年6月5日に建築許可が許可が下りたそうだ。私が訪れた7月9日には、グリンデルワルト・グルント駅(Grindelwald Grund GGM)やメンリ [続きを読む]
  • アイガーを映し出す魔法の池! スイス・グリンデルワルト
  • 7月9日の早朝、Grosse Scheidegg/グローセ・シャイデックは夢のような世界だった宿泊したベルクホテル(??)のお部屋の窓を開けた途端に感動の風景が飛び込んできた!お部屋の可愛い窓は大きなアイガーの写真に変わっていた!前日、Meiringen/マイリンゲンからポストバス()でRosenlaui/ローゼンラウイに立ち寄り、ホテルレストラン()で美味しいスナックと??をいただき、その後、またグリンデルワルト駅行きのバスに乗り込 [続きを読む]
  • 朱く染まるピラトゥス山! スイス・クリエンス
  • Sonnenberg/ゾンネンベルク, Kriens/クリエンス(ルツェルン州)>こちらは、Baden/バーデン生まれのスイス画家、Reto Lanzendörfer/レト・ランツェンデルファーが昨年9月、ゾンネンベルク駅(フニクラ)近くから見たピラトゥス山を描いた絵画。クリエンス側から見るピラトゥス山の風景はルツェルン湖畔からの風景とは異なり、見え方も違う。Verkehrshaus/フェアケーアスハウス(交通博物館))付近の湖畔(ルツェルン)より>Casin [続きを読む]
  • スイストラベルパス利用上の注意点! スイス旅行
  • スイストラベルパスを利用すると、ピラトゥス山への山岳交通機関が2017年からすべて無料という情報で、当ブログでも一度、ご紹介したことがあるが・・・ ?ピラトゥス山も仲間入り♪本日、チェックしてみると、ガーン!2016年以前のように、50%割引に戻っている一年間だけの特典であったスイス政府観光局の2017年6月29日付のフェイスブックでの案内にも「2017年から」との記載で、「一年間だけの期間限定」とは書かれてなかった。 [続きを読む]
  • 日本に好意的なスイス人の反応! W杯サッカー
  • 昨夜のW杯、ベルギー vs 日本最後の最後の逆転劇日本にとっては、『ロストフ・ナ・ドヌの悲劇!』と言えるような、サッカー史に残りそうだ。・・・『ドーハの悲劇』を思い出す。キックオフ前、スイスTVのスタジオではゲストコメンテーター2人は結果予想を3:0,と4:0で日本はゴールなしだと予想していた。我が家の恒例として、負けてほしいチームの国のビールを飲みながら、可能な限り、試合観戦をすることにしている。そこで、引き [続きを読む]
  • フェデラー、ユニクロで勝つ! ウィンブルドン
  • 噂どおり、新ユニフォームはナイキからユニクロに変わった!ウィンブルドンの初戦は楽に勝利!年間3000万ドルの契約とも報じられたが・・・ソーシャルメディアでは、数週間、ユニクロのスポンサーに反対していたという。理由の一つは、ナイキがフェデラーのために特別に生産した製品はフェデラーのプロフィールを鋭くした。低価格の衣料品を販売しているユニクロのイメージはフェデラーに合っていないとも。ここ数年、国際的にも市 [続きを読む]
  • フェデラー、ユニクロに勝つ!
  • 噂どおり、新ユニフォームはナイキからユニクロに変わった!ウィンブルドンの初戦は楽に勝利!年間3000万ドルの契約とも報じられたが・・・ソーシャルメディアでは、数週間、ユニクロのスポンサーに反対していたという。理由の一つは、ナイキがフェデラーのために特別に生産した製品はフェデラーのプロフィールを鋭くした。低価格の衣料品を販売しているユニクロのイメージはフェデラーに合っていないとも。ここ数年、国際的にも市 [続きを読む]
  • 暑ーいツェルマット! スイスの天気
  • Fluhalp/フルーアルプ付近にて>昨日(7月1日)、ツェルマットでは、最高気温が26℃まで上昇(16時と18時)最低気温は8時で12℃。本日も午後に25℃を超える予報が出ているが・・・昨年7月下旬も非常に暑かった午後、標高約3000mをハイキング中、太陽の下では半袖でOKであったという本当に暑い日であった。そこで、暑い日、ツェルマットで涼を求めるならば、Gornerschlucht/ゴルナーシュルフト(ゴルナー渓谷)かな。 ?川の音に引 [続きを読む]
  • スイスでも批判の声が!W杯
  • 西野監督は賭けに勝ったロシアW杯、ベスト16進出おめでとう※ちなみに、スイスもベスト16入りしましたイエローカードの数で判定するフェアプレーでの判定はW杯で今回が初めてだそうだ。しかし、スイスTVのライブ放送や一部のメディアでは・・・実況アナウンサーは初戦と同じ人が担当していた。試合前、先発メンバーが6名もチェンジしたのは驚いていた。59分、ポーランドに先制点を入れられたとき、日本の順位は、1?3「どう [続きを読む]
  • スイスの美しい山上湖を見て想うこと・・・。
  • Bachalpsee/バッハアルプゼー(2265 m), Grindelwald/グリンデルワルト(ベルン州)>夕焼けシーン:綺麗に湖面に映っているのは、Schreckhorn/シュレックホルン(4078 m)「朱く染まる山々は湖面の氷を融かすかのように見えた!」今週は太陽が顔を出すところが多かった。特に、気温が高かった19日と20日のスイスの湖のほとりでは、ご覧のとおり、美しい風景が人の心に優しさと安らぎを与えてくれたようだ。Totensee/トーテンゼー [続きを読む]
  • コーヒー vs お茶! そして香川登場! W杯
  • コロンビア vs 日本 1:1で前半終了。キックオフ30分前にスイスTVでは、「コロンビアと日本」の試合が間もなく始まるということで、うん?? お茶のお点前のシーンが流れ始め・・・サイフォンによるコーヒーを淹れるシーンと交互に流れた。な〜るほど! vs お点前のシーンの中で、突然、障子の中から香川!!!立て続けに3カットこの写真、どこからもってきたのかなぁ〜。そして、お茶碗にお湯が注がれたあとにまた2カット!コロ [続きを読む]
  • ブラジル vs スイス! W杯2018
  • 本日からW杯?のスイス代表の試合が始まる。初戦の対戦相手はブラジル!スイスでは8月1日の建国記念日が近づくにつれてたくさんのスイス国旗が家の窓や旗を掲揚している場面が多くみられる。W杯のシーズンもスイス国旗を窓などに掲揚されて応援する人たちも少なくない。昨日、バーゼル近郊の町、Arlesheim/アーレスハイムでは同じアパートメントにスイスとブラジルの旗が!家族なのか?それともアパートの住人同士なのかは不明だが [続きを読む]
  • チューリッヒ中央駅の改装がスタート!
  • 毎日約44万人が利用するチューリッヒ中央駅で昨日(11日)、駅構内を含めての改装(2013年夏までの予定)がスタートした!大きな目的としては、駅構内への可視性と光を多く取り込むこと。一部の閉ざされた屋根がガラス張りになったりと明るくなるらしい。約150年の歴史ある、ネオ・ルネッサンス様式の駅であるが、技術設備が寿命に達しているらしく、南棟にあるすべての技術設備を改装するということだ。エネルギーの節約にもつな [続きを読む]
  • レマン湖の暑い夜! スイス・ヴヴェイ
  • 日曜日の夜、Vevey/ヴヴェイ では熱帯夜であった!【豆知識:熱帯夜】日本では最低気温が 25℃以上の夜のことだが、スイスでの熱帯夜の定義は下記のとおり。Tropennacht/トローペンナハト(独語)20時から翌朝8時まで20℃を下回らない夜。またヴァレー州のSion/シオン では夏日(最高気温30.4℃)。Visp/フィスプ では最高気温29.7℃を測定。6月に入り、スイスの山ではハイキングシーズンだというのに、天気予報を見るたびにため [続きを読む]