奥村健治 さん プロフィール

  •  
奥村健治さん: 奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン
ハンドル名奥村健治 さん
ブログタイトル奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン
ブログURLhttp://okumuraguitars.blog13.fc2.com
サイト紹介文アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/05/02 20:53

奥村健治 さんのブログ記事

  • ウクレレの調整、弦高の数値は?
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************さて、今回はこのブログを始めて初めてのウクレレの話です。ロンドン在住の日本人女性6人がウクレレのグループを組んでいるのですが、私もギターで参加して一緒に演奏をしたりしています。殆どのメンバーが一番サイズの小さいのソプラノ [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その16 最終回
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その15」の続きです。16回続いたシリーズも今回が最終回です。途中で数ヶ月投稿をサボってしまったので、かなり長い期間のシリーズになってしまいました。これまでずっとシリ [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その15
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その14」の続きです。ボディーとネックの修復が終了したので、両方を接合します。接合前に、ネックヒールの底を削ってちょうど良いネック角に調整します。この時、ネックヒー [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その14
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************久しぶりです!またまたブログを長期間サボってしまい、7ヶ月ぶりの更新になります。全然ブログが更新されなくても、いつもアクセスして頂いていた方々には心より感謝致します。ブログが長期間更新されなかった理由は多忙ということと、 [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その13
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その12」の続きです。前回はトップのボディー内の補強をしました。今回はトップの繋ぎ目にできた隙間の修復です。トップ繋ぎ目の隙間を接着剤だけで埋めてあったので、その接 [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その12
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その11」の続きです。前回は新しい平らなブリッジプレートを接着し、トップの膨らみを少し沈ませることが出来ました。トップの膨らみにより、ボディー中央のジョイント部分に [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その11
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その10」の続きです。前回は破損したネックヒールの修復完了でした。今回はボディーに移ってトップの膨らみの修復です。膨らみはかなり大きく、これも非常に高い弦高の原因と [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その10
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その9」の続きです。前回は破損したダブテイルの再生及び補強を行いました。しかしそれだけでは十分ではないので、ダボを入れて更に強化させます。亀裂から外れてしまった部分 [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その9
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その8」の続きです。前回は破損していたネックヒール後部を再接着し、破損部分の繋ぎと補強として、ダボを入れる2つの穴をネックヒールの底に開けるところまでででした。2本の [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その8
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その7」の続きです。前回は切り落とした指板の修復を行いました。次はいよいよ破損したネックヒールの修復を行います。亀裂から綺麗な形で割れたしまったので、まずは接着面に [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その7
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その6」の続きです。前回は破損したネックヒールをダブテイルジョイントから取り外すところまででしたが、ネックヒールの修復は後回しにして、今回は切り落とした指板の修復を [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その6
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その5」の続きです。前回のネックの取り外しでは、やはり懸念していたとおり、ネックヒールに入っていた亀裂が完全に割れ、ネックヒールの後ろの部分が外れないままネックが外 [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その5
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その4」の続きです。さて、トップ上の指板を分離させたので(実際は今回か切り落としになってしまった)、次はいよいよネックの取り外しです。Gibson のギターは Martin に比べる [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その4
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その3」の続きです。前回はボディー内のブリッジプレートを剥がすところまでやりましたが、この作業は一旦中断し、これからネックの取り外しに取り掛かります。まずネックを取 [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その3
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その2」の続きです。トップ上のブリッジを剥がした後、次はボディー内のブリッジプレートを剥がします。ブリッジプレートはブリッジの真下に位置しています。前回もお話しした [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その2
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その1」の続きです。リペアーしているギターは Gibson J-50 ですが、前回の記事に書いたように、修復しなければならない箇所がいろいろあります。ネックリセットは絶対に行わな [続きを読む]
  • 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その1
  • アコギブログランキングに参加しています。よろしければ をお願いします。にほんブログ村*********************************************1953年製 Gibson J-50 のリペアーの話です。このリペアーの記事は数回に渡り去年書こうと思っていたのですが、なんせ9ヶ月半もブログをサボってしまったので、今回からの登場になります。一回で終わる話ではないので、数回に渡り書こう [続きを読む]
  • 「沖縄デー2017」にアコースティックギターで参加
  • 既に2ヶ月経ってしまいましたが、6月24日(土)、毎年この時期に開催され、今年で9回目を迎える「沖縄デー2017」にアコースティックギターで参加したお話です。6月24日(土)、毎年この時期に開催され、今年で9回目を迎える「沖縄デー2017」にアコースティックギターで参加しました。 どういう経緯で参加することになったかと言うと、4月のある日、ギグ(ライブ)で一緒になったロンドン沖縄三線会のメンバーの方々から誘われたからです [続きを読む]
  • Lowden S-25 の順反りリペアー その2 最終回
  • 前回の記事、「Lowden S-25 の順反りリペアー その1」の続きです。この Lowden S-25 は Fallaway (ネックジョイント辺りからハイポジションに向けて指板を徐々に低くする)が施されていないため、フレットを徐々に低くすることにしました。13フレットを頂点に14フレットから低くします。なぜ13フレットなのかは別の機会にお話ししたいと思います。フレットを徐々に低くしてからフレットの擦り合わせが終わりました。弦を張ってス [続きを読む]
  • Lowden S-25 の順反りリペアー その1
  • 約9ヶ月半ブログの更新をサボった後、最近更新を再開しましたが、まだギターの構造に関しての記事は書いていないので、何の記事にするかいろいろと考えました。ずっと仕事はしているのでネタはいっぱいあるのですが、今回はよくあるトラブルで、ネックの順反りで弦高が高くなって弾きづらいギターのお話です。修理したギターは Lowden S-25 です。私はLowden Guitars の公認リペアーマンをやっているため、Lowden のリペアーを頻繁 [続きを読む]
  • H SEEDS よりインタビュー取材を受ける
  • 先月、シンガポールを拠点にインタビューの活動をしていらっしゃる田中春美さんから取材を受けました。今まで幾つかのメディアから取材を受けましたが、今回はインタビュー形式ということで、どんな記事になるか楽しみでした。インタビューの記事は下記のリンクです。インタビュー記事田中春美さんのウェブサイトは下記のリンクです。他の方々のインタビューも読めますので、よろしければ覗いてみて下さい。H SEEDSまず田中さんを [続きを読む]