紗丸 さん プロフィール

  •  
紗丸さん: 紗丸の庭先
ハンドル名紗丸 さん
ブログタイトル紗丸の庭先
ブログURLhttps://ameblo.jp/rainbow8823/
サイト紹介文☆楽園の言霊師☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/05/04 13:23

紗丸 さんのブログ記事

  • 詩でもなんでもない ただの戯言
  •  徳を積むとかいう概念がないと  善き行いへのモチベーションが 下がるなら  リターン目当てのTポイントと  たいして変わらんと思う  声高に善徳を説く生臭坊主より   大阪商人のほうが 潔く正直だ [続きを読む]
  • コットンシャツの風通し(詩にあらず)
  •  気が済んだのだ ヒルトンやオークラの食事 懐石のコース  気が済んだのだ 化粧して着飾ってお出かけするのが  もういいから そういうの  ちょっと伸びたらもう切りたい ベリーショートは 引かれる後ろ髪が無い分 自由だ!  デニムにサンダルで  立ち寄った牛丼屋で一人飯  コンビニでアイス買って 公園で美味い美味い  カッコつけない 大人ぶらない 気分のまんまの顔をするだけ   [続きを読む]
  • 忘備録にもならない ただの戯言
  •  エスプリの効いた上質なユーモアって  センスと頭がいいなぁと思う  面白いけど性格の悪さが滲み出る一言は 普段その人がどんなに美しく取り繕って お上品に喋っていても みんな芝居がかって 見えるもの  例・「唄ってもらって」→「唄わせて」   「描いてもらって」→「描かせて」  誰に対して何の支配者でしょうか?  うっかり騙されて「素敵なご婦人?」なんて そそっかしい人は引っかかるんだな  人目のある [続きを読む]
  • 忘備録2(詩にあらず)
  •  目的地まで 道は真っすぐじゃなかろう  カーブ前 減速せにゃならん  思えば遠くへ来たもんだって歌があったな まあ それなりに 来たような  悟っちゃったらつまらんだろう 誰に頼まれたわけでもないし 理由なんて 後からいくらでもくっ付く  いつか 帰れるんだしさ [続きを読む]
  • 忘備録
  • 震えがくるほど感激したりえぐられるほど悲しかったり肺がねじれるように哀しかったり殺意に近い怒りの時は 詩を編む気にもならないのだとわかった 嬉しかろうが 悲しかろうがその時の気持ちを織りこみ 表そうとして書いてきたけど 書けてるときはまだそんな余裕があるってことなのだ とことん気持ちが動いた事までネタにするのはまっぴらだと晒す気なんぞ さらさら無いと つくづくわか [続きを読む]
  • 万華鏡
  •        *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o:,。*:..。:..。o○゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o*゚○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○:..。o:,。*:..。o*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○゚・:,。:..。o☆:..。o:,。:..。o○☆       覗かなければ ただの置物       鏡の織りなす 曼荼羅を       知ろうともせず 語るなかれ       見えぬから 無いのだと       聞こえ [続きを読む]
  • ランタンとAfter burner
  •           ★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。       ランタンの灯り 白く       えびね蘭 ほの白く       いちごの花 白く       戦う翼が 星を横切る       降りかかる火の粉を 掃いましょうと       爆音が 横切る三日月       ラ [続きを読む]
  • あどけない くるぶしの
  •         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆             足元には すみれ       いよいよ 咲みひらく春に       やわらかく 鳥は鳴き       若緑 日に透けて       ふくよかに 香雪蘭 あまく       香る 香る 香る   [続きを読む]
  • はちみつ色のまなざしは かく語りき
  •         *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆          桜のつぼみの陽だまりに 猫     思想家の面持ちで 風を読むのか          水たまりのお水を飲まなくて     済みますように     どの仔も毎日 おいしいお水を     飲めますように &nb [続きを読む]
  • 十七夜の扉
  •                  .。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・☆*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚       ふたたび 縁と 感じたときに      千年経っていたような        :.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・☆*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。. [続きを読む]
  • 風の境界線
  •        ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。       零時を越えて 星の庭       まだ見ぬ 知らぬ 朝を待つ       今年のわたしに 託された       三百六十五の夜明け       知らせる鳥が 飛ぶだろう       新しい朝の 風に乗り      [続きを読む]
  • 酉と鶏と鳥
  •       ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆      トリならば 鶏よりも 鷹になる      大きな翼で 高く飛ぶ      大きな空を 高く飛ぶ      戴くために 狩るけれど      育むために 捕るけれど      無駄に殺生 いたしません      にわとりならば 堕ちない [続きを読む]
  • 白い空の 向こうで
  •       ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*       ソリの手入れも完璧に       数えきれないプレゼント       白いお髭は ひと心地       だけど 一番 大切な       選びに選んだ 贈り物       どの良い子より先に       どの善き大人よりも先に&nbs [続きを読む]
  • 四角い鉢に デイジーは丸く
  •          :..。o゚:,。:..。:..。:,。:..。o○,。☆・:,。,。*:..。○゚・:,。*:..。・:,。゚・:,。,。゚・:,。*:..。o○゚・:,。*:..。:,。゚・:,。☆:,。゚・:,。,。*:..。○・:,。*:..*:..。o○゚・:,。*:..。o       咲いてくれたのだ       なぐさめを 心待ちながら        咲かせたと言う 言葉の陰に       身をひそめるか       ささやかな 人の傲慢 [続きを読む]
  • we wish a 
  •           .。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*
    ・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*・゚.。.:*
    ・゚.。.:*・゚.。.:*・゚          漆黒の天に 世界の虹が揺れ      落ちぬ昇ら
    ぬ 光舞う      海の波も 眠らない&n [続きを読む]
  • 法事にて
  •        ☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜☆.。.†:*・゜☆.。†.:*・゜       もっともらしい 説法も       斜めに聞けば 単なる道徳       仏ビジネス だだ漏れの       見てきたような 浄土の話は       聞きたい奴だけ 聞けばいい      ☆.。.†:*・゜☆.。 [続きを読む]
  • 赤と花柄と星条旗
  •        *:..。o○☆゚・.:*・。.*,。☆゚*:..。o☆゚ ゜゚☆..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o      深緑の庭の       いちばん日の当たるところで      きみの毛布が 今日もふかふか      綺麗な空だから 今夜も冷えるね      お天道様 ありがとう      海のむこうで 何が起きても      き [続きを読む]
  • 11月の森で
  • ★─☆。o゚。★─☆。o゚。*〜★─☆。o゚。★─☆。o゚。        木枯らし吹こうが 木は枯れん ★─☆。o゚。★─☆。o゚。*〜★─☆。o゚。★─☆。o゚。 [続きを読む]
  • サザンクロスも 地に降りて
  • ゚・*:.。..。o○☆゚・:,。*:..。o・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆      緑 濃緑 うす緑      赤 緋色 水色 紺色      野ぶどうの房は 宝石の色に      しとやかに佇む この世の秋の足元で      南十字の星が咲く        わたしの知らぬ 先のこの地で      電子の心が無常を知るとき      ふりむけば対にある なぐさめを      持たせてやりたいと願 [続きを読む]
  • 居待ち月
  •      ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆      この庭の 今宵の空は 選べない      冷え始めた雲にさえぎられる 中秋の月は      いくらか昔に 卑弥呼も見たのか      露の薄物で 隠そうと      月がなくなる わけでない      星がなくなる わけでもない             この庭の 明日の [続きを読む]
  • 天空のつぶやき
  •       ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆       愚かしいほど華やかな夏花が        鮮やかに散った       深い息を取り戻した 木々の足元に       季節ひとつしか 生きられぬ       翅が横たわり       その命を見送る 身体さえ       この星でしか 生きられぬ       それは夏虫と 変わ [続きを読む]
  • すこし未来の夏に
  • *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆        人工知能が この星を守るころ       いまよりも 空は青く       澄んだ川に 新しい魚が泳ぎ       争いを忘れる お薬のおかげで       ひとは 楽園の住人になる       見たこともない 花が咲き       ごうせいな 夏が来る       それでも 蝉は鳴いてくれるだろ [続きを読む]