yabusaka さん プロフィール

  •  
yabusakaさん: 走れ!妄想自転車
ハンドル名yabusaka さん
ブログタイトル走れ!妄想自転車
ブログURLhttps://ameblo.jp/hbhpv/
サイト紹介文リカンベントという自転車を自作しています。目指せ最高速!いやその前にホントに走るのか?(笑)
自由文スチールパイプを使用したフレームから自作する、前輪駆動、前輪操舵のローレーサー(?)です。はたしてどんな乗り心地なのか、それ以前にこの設計で実際に走る事ができるのか? もう引き返せない! 作って走ってみるまでは・・・。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/04 18:16

yabusaka さんのブログ記事

  • 妄想自転車が走ったら・・・
  •  足早に・・・と思って進めてきた「総集編」ですが、何処が足早? という量になってしまいました。  振り返ってみると、最初に妄想した「マシン」を現実のものとしていく製作の中で、興味とアイデアはどんどん膨らんでいきました。 その過程での膨らみっぷりは、数年間に渡って当ブログで記事が書けてしまうほど(?)でした。  そして最後に行き着いた姿は、最初からはまったく想像していなかったものです。  それは一言で言って [続きを読む]
  • 総集編・・・その14
  • こんにちは! yabusakaです。総集編も気づいたら14まで連なっておりました・・・。 ここらで完結させないと、何の為の「総集編」なのか解らなくなってしまいますね! ( 今回の仕様は後輪操舵機構が目玉!) 前回のver. では公道で「旅」をするための装備品を作り込みました。もう、そこで完成 !としても良かったのでしょうが・・・。 yabusaka的にやり残した事があったのです。  それが、「後輪操舵機構」を我がマシンに組み込 [続きを読む]
  • 総集編・・・その13
  • こんにちは! yabusakaです。 ついに我がマシンをイベントで発表できて感無量・・・というのが前回まででした。  しかし、いろんな人に試乗してもらって頂いたコメントやその様子から要改良! なポイントが出てきました。  それは、シートポジション可変機構が工具を使わないとチェンジできない構造のため、とても時間がかかる事です。  逆にいうと、ポジションのセッティングが迅速に変更できれば、なんとか発進して巡行まで持 [続きを読む]
  • 総集編・・・その12
  • こんにちは! yabusakaです。前回のver. を完成形としようと思っていたのですが、ちょうど知り合いの方からとある「イベント」にお誘い頂いたのです。  当時は私、yabusakaに知識がなくて気軽にご一緒させて頂いたのですが・・・。  実はこのイベント、現在でいうトコロの、 「Maker Faire Tokyo」  の前身となるイベントなのでした!   このイベントは「モノ造りの最先端技術」を惜しみなく「趣味に走ったテーマ」につぎ込む人 [続きを読む]
  • 総集編・・・その11
  • 「総集編」とかいいながらもズルズルと続き、ついに11回目となりました、いえ「なってしまい」ました。  こんにちは! yabusakaです。前回の仕様では、高いシートポジションの「ラクさ」と低いシートポジションの「速さ(オモシロさ?) 」の両立・・・というヒントを得ました。  前回の様に、後付けでサドルを取り付けるのも「アリ」ですが、どうせだったら付け替えなしに「変形(?)」出来るようにしたい・・・と考えたのがコレ↓。 [続きを読む]
  • 総集編・・・その10
  • 短くシンプルに、判りやすく・・・という事で書き始めた「総集編」ですが・・・早くも「その10」になってしまいました!  こんにちは! yabusakaです。  かなり短く圧縮してお送りしているハズですが、ついつい製作当時のあれこれを思い出して長々と語ってしまいがち・・・。  禁断の軽量化を追求しだして、やるだけやって出来上がった「持って軽い車体」にうっとり・・・というのが前回までのお話でした。  しかし、この車体は [続きを読む]
  • 総集編・・・その9
  • カーボン最高〜!! と手放しで喜んではいられない・・・こんにちは! yabusakaです。  とりあえず軽量に! 仕上がったフロントセクションを車体にセットしてニヤリ・・・といったところまでが前回でした。  その後、新調したホイールを取り付けて実走行しました。   軽くなったフロントセクションでの初走行はとても衝撃的でした・・・。  軽くなっただけ(でもないのですが)でこんなにも「ステアリングのフレ」が気にならない [続きを読む]
  • 総集編・・・その8
  • 今回もver.7の続き〜!! こんにちは! yabusakaです。  カーボン素材を使った軽量設計のフロントセクションは、余分な調整機構を一切廃し、サイズも軽量性優先で出来るだけコンパクトに設計しました。  初めて扱うカーボン素材でも、失敗はしたくない、絶対実走してみたい・・・という気持ちが強かったので、手堅い構造にしたかったのですよね。  それでも、今までとは比べものにならないほど軽く、たわまないフロントセクション [続きを読む]
  • 総集編・・・その7
  • 「イバラの道」を歩み続けて、前回の仕様ではついにver.6までやってきました。こんにちは! yabusakaです。  この頃の仕様は、常に「細々とした変更」があったので厳密にver〜といった「線引き」は難しいのですが、今回はかなり方向性が変わりました。  今回の仕様であるver.7は・・・ズバリ「軽量化」がテーマです! 前回までのver.6は色々とパーツも増えて「かなりの重量」になっていました。 確かに実験用としては多少重量 [続きを読む]
  • 総集編・・・ その6
  • 「実験要素」てんこ盛りのver.5でしたが、今回のver.6もなかなか・・・こんにちは! yabusakaです。  前回は主に機械的な要素が実験の目玉でしたが、今回は人体について・・・? といった切り口であります。  前回のver.5での機械的な要素で「走行安定性」の向上を試みました。いくらか改善されたものの、やはり「限界」がありました。  思いつく方法を片っ端からやってみた・・・そんなver.5ですが、それ以外の方法で比較的現実 [続きを読む]
  • 総集編・・・その5
  • 引き続き、ver.5です! こんにちは! yabusaksaです。  ver.5はかなり内容が濃かったので、総集編ではありますが、2回に分けています・・・。 (楕円リングもテスト)  中古でもyabusaka的には高価だった「楕円チェーンリング」も試しに装着してみました。  5ピンのPCD 130mmのクランク用なので、好きな角度を選んで装着する事ができました。  という事は、踏み込みのタイミングとギヤ比の高低を色々と組み合わせる事が出来ると [続きを読む]
  • 総集編・・・その4
  • 低速の操縦性に特化したver.4・・・その「成果」であるUターン性能と「犠牲」になった高速域はいかに!?  こんにちは! yabusakaです。  まあ、そのへんは前回の動画を見ていただくとして・・・実はかなり小回りが効く様になりました!  その大きな要素は大きく起き上がったライディングポジションです。  車輌全体の重心バランスや出力に関わる重要な要素が、ライディングポジションを変える事で大きく変化しました。  そ [続きを読む]
  • 総集編・・・その3
  • ついにver.4までヤッテきました! 次々と浮かんでは消える過去のマシン達・・・これっていわゆる「走馬灯」?みたい。  こんにちは! yabusakaです。べつに何かが終わるその瞬間・・・という訳でもありませんが、過去を振り返る時はやっぱり苦労した事が真っ先に思い返されるものカモ・・・? ver.4と呼ばれるこの仕様は確かに「苦労」させられましたが、なかなか濃密な試行錯誤と「妄想」を楽しませてもらいました。    (自然 [続きを読む]
  • 総集編・・・その2!
  •  前回に続き、以前の仕様を振り返ってみます。こんにちは! yabusakaです。  前回のver.2から、今回はヘッドアングル可変、トレール可変、BB高可変・・・と、まさに「実験する為に生まれ変わった」のがこのver.3です。  なんでまた、そんな仕様になったのか?  それは、実際に走ってみて「あまりにも小回りが利かない」のが判って、せめて普通に走りたい! と思ったから。  いえ、もっと正直に言えば「Uターンするたびに降りて車 [続きを読む]
  • これっていわゆる総集編・・・_?
  • 前回はマイ・マシンのとっても懐かしい仕様を見返してみて、「無茶してるな〜!」と思えるのは、その後のイバラの道がyabusakaを成長させたからなのでしょうか? 今回も、そんな感じで「総集編 第2弾! 」です。 (ハンドルをフォークに固定?)  前回の仕様・・・最初のテスト走行を何とかこなした仕様をver.1と呼ぶならば、今回の仕様はver2と呼べる仕様です。  テスト走行時の不具合を改善するべく、手直しをしました。   [続きを読む]
  • 「悪魔」と言われたマシンに乗って・・・
  • 「やり切った感」あります・・・こんにちは! yabusakaです。  前回、念願の後輪操舵を自分のマシンで体験できました。  かなり色々な事にトライしてきましたが、もうお腹いっぱい・・・とは言いません!  あんな事やこんな事も出来るかな〜? と『妄想だけ』ならまだまだいくらでも頭に浮かんできます。  でもここらで、一度振り返って、何を積み重ねてきたのかを思い返してみようと思います。    (全てはここから始まった・ [続きを読む]
  • 役に立たなくても?
  • 苦労は必ず報われる・・・・ものではないのです。こんにちは! yabusakaです。  ついにマイ・マシンで実現した前後輪操舵! 普段とは全く違う走行感覚を味わう事ができて感無量・・・。  でも、色々と解った(ワカってしまった・・・?) 事もありました。  まずは「非常に穏やかな操舵感」なのは良いとして、例えばUターンなどで後輪も操舵した際に「グイッと物凄い勢いで」向きが変わるか?といえば全くそんな事もなく・・・。 [続きを読む]
  • 野望は尽きる事なく・・・
  • 未体験ゾーン突入〜!! こんにちは! yabusakaです。 前回、いよいよ「後輪操舵機構」を搭載したマシンのテスト走行を開始しました。 まずは直線路を恐る恐る走ってみましたが・・・?  いきなり後輪が左右のどちらかへ「勝手に操舵」されてしまったりしないか・・・そんな心配は杞憂でした。  操舵レバーを操作しない限り後輪は「中立の位置」を維持しています。 まずは一安心。  続いて、幅広い直線路の中央付近を一定速 [続きを読む]
  • いま、発進の時!
  • ついに、ついに発進の時、来たる〜! ・・・こんにちは! yabusakaです。 前回、完成した「後輪操舵機構」ですが、一体どんな走りを体験させてくれるのでしょうか?   今まで、数々のヘンテコ機構、例えば「ヘッド角可変機構」とか、「シートHI/LOW可変機構」とか、「ハンドルUP/LOW可変機構」とか・・・。      (ヘッドアングルとか) (シート位置可変とか) (ハンドル可変機構とか・・・)  そんなヘンテコ機構を初めて実走 [続きを読む]
  • 変なカタチにもワケがある!
  • 自由な後輪操舵は愉しソウダ・・・?(また?)こんにちは! yabusakaです。 自由というのは良いけれど、ある程度の「秩序」を併せ持たないと、どっちに走っていくか分からない・・・。  というわけで、どっちに走らせるか!?をマシンに伝える手綱がとても重要です。  色々と考えて作った「手綱」はこんな↓仕様になりました。 (下がブレーキ上が操舵・・・です)   ハンドルグリップを挟んで上下対称にセットされたレバーは、 [続きを読む]
  • 結局人間次第では・・・?
  • 自転車は人間が操って初めて走る事ができます。こんにちは! yabusakaです。  前回出来上がった、後輪の操舵機構が「マシン側のチャレンジ」とすれば、今回考えるべき事は人間側がどうそれを「制御するべきか?」という事・・・。  以前にもワイヤー駆動でハンドルに取り付けたレバーから左右の操舵を操作する・・・と、ざっくりした方針だけは決めておきました。  しかし、もっと突っ込んで決めておかないといけない事がありま [続きを読む]
  • 楽しく精神修養・・・
  • ホイール組みは、いつだって精神修養・・・!こんにちは! yabusakaです。  ハブとスポークと、自作のディスクアダプター! を前に、振れ取り台とニップル廻しと・・・道具類を集めて準備を進めるのも楽しいものです。  頭の中で組み立ての段取りを確認しながら、最初のリム穴にスポークを通す瞬間から一気に「集中」に入ります。 この時間が好き・・?   なので、「ホイール組み」は周囲が寝静まり返った夜中にやるのが良いです [続きを読む]
  • 知りたい?・・・が一番
  • 誰かに許してもらわずとも・・・結局のところ自己責任!  その先どうなっているのか? 見たい、知りたい、走って体感したい〜! こんにちは! yabusakaです。  前回、悩みながらも作り始めたブレーキアダプターですが、不安要素も抱えながらも「知りたい欲求」に突き動かされながらグイグイ進んでおります。 前回のやり方でディスク板がしっかりと固定できる仮定(?)して、今回はディスクの回転を [続きを読む]
  • だれか許して!?
  • 「これだけ」はハズせない・・・そんなポイントを見極めるのはとても大事だと思います。こんにちは! yabusakaです。  今回製作しているディスクブレーキ用アダプターについても、ハズせないポイントは勿論あります。  それは、取り付けたディスク板が回転した際に「ブレずに回るのか?」という事です。  回転するディスク板をキャリパーで挟み込み、パッドを押し付けて生まれる「摩擦力」を「減速させるパワー」とし [続きを読む]
  • 「保証」の限りではありませんね・・
  • 既成の部品を探してみても、どうしても条件に合わない・・・だったら造ればいいジャン!?  こんにちは! yabusakaです。  確かにね〜! イチから造れば手っ取り早いんですが、それは既成品のもつ「保証された機能」が使えなくなってしまうということ・・・。 洗練されながら(たぶん・・・)時代に合わせて次々と新しく規格化されていく「現代のコンポーネント」を舐めちゃイケないですよね。  組み合わせさえ [続きを読む]