marie さん プロフィール

  •  
marieさん: Zakka  Styling  香港フォトジェニック便り
ハンドル名marie さん
ブログタイトルZakka Styling  香港フォトジェニック便り
ブログURLhttps://ameblo.jp/kowloon-style/
サイト紹介文初心者さんの為のカメラ教室を主宰しています。キッズフォト、ファミリーフォトも近々スタート。
自由文香港在住フォトグラファーの”マリエ”です。
外国政府機関、外資系企業でPRの統括指揮を担当。在職中モデル撮影、商品撮影の現場に立会う中で『なんでこうやって撮るの?』という疑問から自分で撮りたいと写真の道へ。

日常に転がっている”可愛い”を撮る楽しさを教えしております。

雰囲気重視のキッズフォト、新生児フォト、マタニティーフォトのオーダーも近々オーダー開始します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/05/05 23:44

marie さんのブログ記事

  • 香港の脇道、横道の面白さ、ごった煮の魅力、飽きないです。 
  • 一本横に入ると香港はとっても面白い。 掃除のおばちゃんがホウキをそのまま放置して帰っちゃったり、洗濯物がぱたぱたはためいていたり、 薄汚い壁に陽が差し込めば風情ある様子に様変わりするし、かとおもえば突然今風のカフェが現れたり、 このアバウトさの中のミックス感、ごっちゃ混ぜが飽きることが無いのです。 食器って見ているだけで楽しいですよね素敵な和食器使いの奥様の食卓をのぞいてみよう!器がお [続きを読む]
  • 尖沙咀(チムサーチョイ)に熱帯魚を見に行く!
  • チムサーチョイに熱帯魚をたまーに見に行きます。 ↑ レンズ向けたから怒ってるの? 種明かしするとここはハーバーシティです。 ピンと来る方がいらっしゃるかもしれません。そう、超高級化粧品メーカーの  DE LA MERの水槽です。 熱帯魚ってパッと身をかわして泳ぐ速さが尋常じゃないですね。 小魚ゆえに狙われやすいから身を守る術が身についているのかもしれません。 ゆーらりゆーらり泳ぐ水族館のジン [続きを読む]
  • カースト制度で呼ばれる子も決まるインド人のお誕生日会
  • インド人の子どものお誕生日会にお母さんも一緒にどうぞと呼ばれたことが随分とありました。 子どもが小さかった頃ね。今は大きいからお誕生会なんてやらないで、子供同士でご飯食べに行ったりしてますが。 家の娘はESFに通っているのですがインド人も多いんでインド人コミュニティとの接触も多いです。 以前、娘の勉強を見てくれていた家庭教師もイギリス国籍のインド人でした。 あるときのお誕生日会にて、 『あ、、あのイ [続きを読む]
  • 香港で一番美味しい肉絲炒麺ってここなんですって!
  • ぱりぱり麺にあんかけが乗った固焼き焼きそば、肉絲炒麺 皆様お好きですか?私、大好物です。 香港は麺がみんなくっついちゃってて『たたみいわし』状態のものが多いですよね? 香港で美味しい肉絲炒麺ならここだとかなりの評判の場所に連れて行っていただきました。 場所はレトロな建物と緑が美しいジョーダンのKCCことkowloon Cricket Club(カオルーン.クリケットクラブ)です。 ここに来た人はみんなが頼むとい [続きを読む]
  • 香港をヨーロッパに見立てる散歩、国際都市香港の顔は多彩
  • 目線を変えて普段見ているものをファインダー越しに眺めれば意外な世界が広がってきます。 今日のお題目:香港をヨーロッパに見立てる ↑オーソン.ウエルズ主演の映画 『第三の男』の舞台となったオーストリアのカフェっぽく見えるかな? 頭の中で”第三の男”のテーマ曲♪♪がぐるぐる回ったんでそんな感じを意識しました。 重厚感たっぷりのコロニアル建築がライトアップされる夜の姿は神秘的で大好きです。 今回のお [続きを読む]
  • 香港で買える雑貨を使ってシャビーシック
  • 何度も何度も書いてもいい足りないほど、日本と違って香港でシャビーシックな雑貨を見つけるのが本当に大変です。 香港在住でシャビーシック好きな方は共感してくださるのではないでしょうか?大変ですよね? 足が棒になるほど歩き回るけれど、商品撮影、雰囲気写真のコツを香港で教えている立場上、香港で手に入る雑貨をなるべく使う!を心がけております。 『え〜、全部日本でしか買えないんだ〜』だと、しょんぼり [続きを読む]
  • 習ちゃんは失脚したのか?
  • 個人崇拝に反発して習ちゃんのポスターに墨をぶちまける映像がネットで拡大というニュースがありました。 女性は連行されて行方不明だそうです。 人体標本にされるか臓器摘出されて始末されてしまうのでしょうか? こんなニュースも最近ちらほら飛び交ってますね。↓  「習近平降ろし」がついに始まった 40年前の失脚劇と類似…産経ニュース、2018年7月18日付ニュース  ★ そういえば去年末に9回目の暗 [続きを読む]