めぐみ さん プロフィール

  •  
めぐみさん: めぐみの変身ブログ
ハンドル名めぐみ さん
ブログタイトルめぐみの変身ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tokyo9999/
サイト紹介文変身の遍歴や思いについて書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/08 04:04

めぐみ さんのブログ記事

  • 女性の論理、女装の論理
  • 今までいろいろ書いてきていますが、やっぱり女装している事実は身内にバレないのが一番いいと思っています。 特に奥様には。 最近、テレビでも「きれいな女装」をする人がよく出ていますね。 あれを見て、女性たちも拒絶反応は少なくなってきていると思います。 でも、それは他人の話であって、身内は別。 今でも根底では「気持ち悪いこと」のように思うのは変わらず、身内がそれをやるのは冗談じゃないと。 また、奥様はそもそも [続きを読む]
  • 女装に恋したっていいじゃない
  • 女装子さんのブログを見ていると、変身する格好は実にさまざまです。 みな、年齢に関係なく、いろんな衣装に果敢に挑戦しています(笑) ま、私もそうですが・・・・・・ 最初はいろんな衣装に挑戦するのですが、ベテランになるにつれてだんだん着る衣装が絞られてくるんです。 たぶん、それが自分の憧れのスタイルなんでしょうね。 メイクもヘアスタイルも同じです。 だんだんと一つに落ち着いてくるんですよ。 女性に変身するか [続きを読む]
  • 女装を女性らしく見せるには技がある
  • 正月の番組で「おもしろ荘」というのがあるのですが、ここから毎年ブレークする芸人が生まれているという注目すべき番組です。 今年の正月、私も見ていたのですが、目を引いたのは「レインボー」というコンビ。 そのコントが次のものです。 最初は本物の女性かと思いました。 声も女声だし、姿かたちも女性そのもの。 でも、見ているうちにやっぱり男性かな?と・・・・ たぶん、男性の時も小柄で女性らしい顔をしているのでしょ [続きを読む]
  • セーラー服を脱がさないで着てみたい
  • 「セーラー服を脱がさないで」ってわかる人にはわかりますよね。 1980年代半ばを熱狂させたおニャン子クラブですよ。 当時の歌としては、タイトルが鮮烈でした。 私も当時は男子校の高校生。 男子校で鬱屈した日々を過ごしていた男子生徒たちは、セーラー服を脱がして、女子高生の裸を見てみたい!って思っていたはずなんです。 でも、私は「脱がせるよりも着てみたい」。 まあ、脱いでもらわなければ着れないんですけど、脱がせる [続きを読む]
  • 妻に見せた女装写真
  • 先日、物が増えすぎてしまったので、引き出しや押入れの片づけをしていました。 引き出しの奥をごそごそやっていると、すっかり忘れていたものが出てきました。 女装サロンで撮った画像のCDを引き出しの奥に隠していたのです。 そして、昔の手帳も10年分くらい出てきました。 手帳を開いてみると、びっしりと予定が書きこんであります。 忘れていたけれど、手帳の予定表を見ると、そのひとつひとつの場面が思い出されました。 結 [続きを読む]
  • 女装子さんは優しくて哀しくて
  • ブログを通していろんな女装子さんとやり取りをしてきました。 私が感じるのは、女装子さんって優しくて心の細やかな方が多いですね。 きっと、男でいるときもそうなんだと思います。 仕事でも家庭でも人には優しく、仕事も真面目にこなし、気遣いも忘れない。 まわりから見れば「いい人」と見えることでしょう。 でも、本人は知らず知らずのうちにストレスを溜めこんでいる。 それでも、真面目に一生懸命に頑張ってしまう。 その [続きを読む]
  • ファイト!
  • あけましておめでとうございます。 今年1年の目標は立てましたか? って、なかなか目標なんかないですよね。 私もアラフィフ真っ只中。 この年になると守りに入ってしまって、新たにチャレンジしようという気持ちが薄くなるものです。 仕事においても、なんだか先が見えてしまって、一生懸命やったから評価されるというものでもないし・・・・ 頑張ったから給料が伸びるというわけでもないし・・・・・ 一年の初めから夢がないんで [続きを読む]
  • 私が私であるために
  • 今年ももう年末ですね。 なんだか、年を取るにつれて、日々が過ぎるのが早く感じられます。 年初はまだ病気回復中で無職でしたが、春先に再就職を決め、何とか定着することができました。 無職の期間はいろいろ考えさせられました。 新卒で入った会社で長年、遮二無二働いてきたにもかかわらず、結果は失職。 そこで積み上げてきた地位も収入もすべてゼロに戻ってしまいました。 いったい今まで自分はなんだったのだろうと考えさせ [続きを読む]
  • 女装で知る季節感
  • いつの間にか年末になってしまいましたね。 仕事に追われて時間に流されていると、季節感ってわからなくなってしまうものです。 女装をしていると、サロンでクリスマスイベントがあったり、仲良しの女装子さんとクリスマスパーティを開いたり。 季節ごとのイベントで、女装できるから楽しいですよね。 ミニスカサンタコスをした方も多いでしょう。 クリスマスが終わると、すぐに新年。 1月といえば、成人式ですね。 成人式は一生 [続きを読む]
  • 女装・完パスって何だろう?
  • 「完パス」って、よく使う用語ですよね。 でも、女装に関心がない方は、たぶん何のことだかわからないでしょう。 私も正式な言葉の定義を調べたことがなかったので、検索してみました。 完パスとは、「完全にパスすること」、つまり、女装をしていれば、誰もが自分のことを女性と見てくれること。 パス度100%なんて言い方もしますけど、女装している男と気づかれないことですよね。 これは室内女装ではなく、女装外出が前提な [続きを読む]
  • 女装・ブログで言いたかったこと
  • 私がブログを始めたのは、3年前の5月です。 何かその頃、もやもやとしていたんですよね。 自分の仕事の能力にも限界を感じて、これから先どう生きて行くかなあって、ぼんやり考えて続けていました。 一方、自分の人生の中で、長く続いてしまっていた女装嗜好には蓋をしていたんです。 でも、結局何十年も続けてしまって、日常のストレス解消にはなっている。 すでに女装が自分から切り離せないものになっていました。 とすると、女 [続きを読む]
  • 女装こそ芸術である
  • メイクって絵を描くのに似ていますね。 絵は白いカンバスに色を塗って、平面のものに陰影を出していく。 メイクもファンデーションでいったん陰影を隠し、顔をまっさらにした後、その上から色をつけて新たな陰影をつけていく。 女装のメイクは女性のメイクとは異なり、男性の特徴を消して、さらに女性らしく色をつけていきます。 サロンの上手なメイクさんは、普段から男性をいかに女性らしく見せるか日々研究を重ねています。 メ [続きを読む]
  • 女装でいい男になる!
  • 女装でいい男になる? いい女じゃないの??と思ったかもしれません。 でも、女装をするといい男になるんです。 女装するからには、綺麗になりたいですよね。 しかし、我々中年は筋肉が落ちてお腹がぽっこり。 そして基礎代謝が落ちるから、今まで通りに食べていても太ってきます。 太っていると、綺麗な女性には変身できないですよね。 女装する服も決して男性向けに作られているわけではないから、大きいサイズでも入らなくなっ [続きを読む]
  • 人生で大切な趣味としての女装
  • 日本人の男性の平均寿命って80歳くらいです。 会社も今は65歳まで雇用してもらえるようになりましたが、その後15年もあるわけです。 再び新たな仕事に就けば別ですが、無職としての15年は長い。 男性って仕事一筋の方が多いですよね。 朝から晩まで仕事をして、休日出勤も厭わないような。 今は随分とライフスタイルも変わってきましたが、今でも熟年層の方は仕事一辺倒で生きてきた方が多い。 私だって若い頃は長く働く社員ほど評 [続きを読む]
  • 女装と結婚
  • 私は、かなり小さい頃から女装に興味を持っていました。 そこに至る様々な要因はあるにせよ、これを好きになってしまった真因ってわからないのです。 女性は大好きだけど、女性を見ると抱きたいとか押し倒したいとか考える前に、同じ格好がしたいで思ってしまうんですよね。 自分はどうもおかしいとずっと思っていました。 未成年の時に女装サロンに行き、就職して一人暮らしになってから、女装が加速。 女装への後ろめたさはあっ [続きを読む]
  • 1年ぶりに変身しました!
  • 妻が泊りがけで旅行に出かけたのです。 それならば、私の行動は当然こうなるでしょう。 1年ぶりに変身しました! 場所は恵比寿のZOOMさん。 カラードレスって今まで着たことがなかったので、着てみることにしました。 ウェディングドレスとは違った華やかさがいいですね。 1年ぶりなので自信がないですが、うまく劣化が隠せたかな? やっぱり、変身は楽しいですね。 ↓悪くないじゃん!って思った方は をにほんブロ [続きを読む]
  • ZOOMさんの衝撃
  • 初めてZOOMさんに行ったのは、2年前の5月でした。 その日、仕事は休みを取ったんですけど、普段通り会社に行ってくると言ってスーツで家を出ました(笑) 仕事に行っていることにするには、夜に家に帰らなければならないので、相当な自由な時間ができるんです。 それで、サロンのはしごをしたんですよ。 ウェディングドレスの写真を撮りたかったので、1軒目は横浜のサロンに行くことに決めました。 2軒目はどうしようかと迷っ [続きを読む]
  • 女装・家族バレしないために
  • 家族公認で女装できている方って、ごく少数だと思います。 大抵の方は、家族に内緒でやっていますよね。 だから、この趣味を続けていくにはとても苦労が伴います。 別に悪いことをしているのではないのですが、家族には「悪いこと」と映るんですよね。 いろんな趣味があるのに、女装がこういう扱いになるのはとても寂しいことです。 女装するには家でやる場合と、外でやる場合があります。 家でやる場合は家族がいない時でしょうが [続きを読む]
  • 女装と引退
  • ブログを始めて3年半くらい経ちますけど、その間、いろんな方々からコメントをいただきました。 でも、長くやりとりしている方は比較的少ないですね。 ブログを始めても、途中で急に書かなくなってしまう方がいたり。 また、突然閉鎖してしまう方もいます。 何かがあっていったんブログを閉鎖し、その後また戻ってくる方もいますね。 この趣味は大抵の方が、秘密裏にやっています。 だから、それがバレてしまったり、環境の変化で [続きを読む]
  • 女装写真を他人に見せるか?
  • 昔から人前で女装する機会ってあったんです。 例えば、宴会とか結婚式での余興とか。 でも、これはどちらかというと笑わせるための女装。 綺麗を目指す女装ではありませんでした。 テレビでも女装といえば、お笑い番組でした。 女装を人前で披露することは、笑いを取るためのものだったんですね。 「笑っていいとも」などで、別人のように女装して誰だか当てるコーナーがありました。 ここで初めて女装が、「綺麗なもの」として扱 [続きを読む]
  • 女装・もっと綺麗になるために
  • 女装ジャンルにはたくさんのブログがあります。 結構綺麗な写真を載せている方は多いですよね。 これが男性?って目を疑いたくなるような写真も。 もともと女装映えする方っています。 華奢で背が大きくなく、顔の凹凸の少ない人。 女子ですから線は細い方がいいですし、顔の彫りが深くない方がメイク映えしますね。 でも、そういう方って比較的少ない。 最近の若い男子は顔が小さくて華奢な子が多いですが、我々おじさん世代は、 [続きを読む]
  • 女装で得るものと失うもの
  • みなさんいろんな背景はあると思いますが、女装する人は誰もが女装したいと思って女装していますよね。 仕事などでしぶしぶ女装している人は、ほとんどいないのではないでしょうか。 昔、警察のおとり捜査で、女装して痴漢を捕まえるってことをやっていましたが、あれには少し憧れました。 でも、よく見るとバレバレの女装なんですよね。 女装をしたいと思うからする。 女装で得るものは、まさにその充実感にあります。 やりたいこ [続きを読む]
  • なぜあなたは女装をするのか
  • 「なぜ、あなたは女装をするのか」といっても、その動機はそれぞれですよね。 私のように、お気楽な気持ちで女装してもらいたくないというご批判の意見もあります。 それは承知しており、女装する動機はさまざまだと思っております。 あくまでも一面的な見方で、ということをご了承ください。 女装をする方って「優しい」方が多いように思います。 仕事でも家庭でも気を使って、しかも仕事にも一所懸命に取り組んで疲労を感じてし [続きを読む]
  • おじさんだって美女になりたい
  • 私もアラフォーを過ぎ、アラフィフになってしまいましたが、全然そんな認識はないんです。 人って、意外と自分はまだまだ若いと思っていたりします。 老人に老人扱いをすると、機嫌の悪くなる人もいますよね。 どこから見てもおばさんなのに、悪気のない子供が「おばさん」って呼びかけると、「おばさんじゃないでしょ!お姉さんでしょ!」って言っていたりしますよね。 私も、どこから見ても、くたびれた中年のおじさんのはずなん [続きを読む]
  • セーラー服よ永遠なれ
  • 女子学生の制服として、長きにわたって君臨してきたセーラー服。 我々世代にとって、女子制服といえばセーラー服なんですよね。 でも、どうしてあんな形の制服が採用されたのでしょう? 採用されたのは戦前ですが、どこの学校が始まりなのかは諸説あるみたいですね。 セーラー服と言えば、海軍の軍服です。 男子が陸軍の詰襟だったのに対し、女子は海軍の軍服から採用したのでしょう。 でも、あれにプリーツスカートを組み合わせた [続きを読む]