埼玉福利厚生援護会 さん プロフィール

  •  
埼玉福利厚生援護会さん: 埼玉福利厚生援護会ブログ
ハンドル名埼玉福利厚生援護会 さん
ブログタイトル埼玉福利厚生援護会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/saitamaengokai/
サイト紹介文労働保険事務組合 埼玉福利厚生援護会のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/23 19:57

埼玉福利厚生援護会 さんのブログ記事

  • 「健康保険」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、厚生年金保険についてご案内致します。厚生年金保険は、事業所または船舶を単位として、適用され、その適用事業所に使用される70歳未満の方を被保険者としています。適用事業所には、強制適用事業所と任意適用事業所があります。○強制適用事業所 事業主や従業員の意思にかかわらず、厚生年金保険の適用を受ける事業所のことを強制適用事業所といいます。以下の事業所が強制適用事業所になります [続きを読む]
  • 「雇用調整助成金」について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回も前回に引き続き、雇用調整助成金についてご案内致します。雇用調整助成金を受けるためには、実施する雇用調整が一定の基準を満たしている必要があります。助成金の対象となる雇用調整は以下の通りです。○休業  次の①〜⑤のすべてに該当する休業を行うことが必要です。 ①労使間の協定により行われるものであること ②判定基礎期間における対象労働者に係る休業または教育訓練の実施日  の延 [続きを読む]
  • 「雇用調整助成金」について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は雇用調整助成金について2回にわたりご案内致します。雇用調整助成金は、景気の変動や、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整を実施することで、従業員の雇用を維持した場合に助成するものであり、労働者の失業の予防や雇用の安定を図ることを目的としています。対象となる雇用調整は、休業・教育訓練・出向です。○支給要件 次のいずれも満たす事業主に [続きを読む]
  • 「介護休業給付」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、介護休業給付についてご案内致します。介護休業給付は、労働者が介護休業を取得しやすくし、職業生活の円滑な継続を援助、促進することを目的とし、介護休業給付金が支給されます。○支給要件 介護休業給付金は、対象家族を介護するために休業した被保険者が、次のいずれにも該当する場合に支給単位期間について支給されます。①対象家族を介護するための休業をしたこと②休業を開始した日の前2 [続きを読む]
  • 「高年齢再就職給付金」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回も前回に引き続き、高年齢雇用継続給付についてご案内致します。今回は、高年齢再就職給付金についてご説明します。高年齢再就職給付金は、再就職後の賃金が、離職前の賃金より大幅に低下したときに支給されます。○受給資格 次のいずれにも該当する被保険者が高年齢再就職給付金の受給資格の確認を受けることができます。①60歳以上65歳未満で再就職した被保険者であること②再就職する前に雇用保険 [続きを読む]
  • 「高年齢雇用継続給付」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、高年齢雇用継続給付についてご案内致します。高年齢雇用継続給付は、60歳以上65歳未満の方の雇用の継続と再就職の援助、促進を目的とした給付です。高年齢雇用継続給付は、次の2種類に分かれています。①高年齢雇用継続基本給付金 基本手当を受けずに雇用を継続する場合に支給されます。②高年齢再就職給付金 基本手当を受けた後に再就職をする場合に支給されます。●高年齢雇用継続基本給付金 [続きを読む]
  • 「雇用継続給付」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、雇用継続給付についてご案内致します。雇用保険では、失業している方だけでなく、在職している高齢者や育児休業者、介護休業者についても、一定の給付を行う雇用継続給付というものがあります。○雇用継続給付の目的 ①高齢者の定年後の雇用継続の促進を図ること ②育児休業、介護休業の取得を容易にし、職業生活の円滑な継続を援助、促進すること○雇用継続給付の種類 ・高年齢雇用継続給付( [続きを読む]
  • 「雇用保険の基本手当」について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回も雇用保険の基本手当についてご案内いたします。雇用保険の基本手当は、離職票の提出と求職の申込みをしてから、7日間は、支給されません。この7日間を待期といいます。これは、申請した労働者が、本当に基本手当を受給できる受給資格者であるかどうかの判断を行うために設けられたものです。待期は、連続ではなく、通算して7日間あればよいとされています。この7日間には、疾病または負傷のため [続きを読む]
  • 「雇用保険の基本手当」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、雇用保険の基本手当についてご案内いたします。基本手当は、一般被保険者が失業した場合において、次の1及び2の要件を満たすときに支給されます。この要件を満たす方を「受給資格者」といいます。●要件1、ハローワークに求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職でき能力があるにも関わらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない失業 [続きを読む]
  • 「雇用保険の失業等給付」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は失業等給付についてご案内いたします。雇用保険の失業等給付には、求職者給付、就職促進給付、雇用継続給付、教育訓練給付があります。○求職者給付  失業した労働者が再就職するまでの当面の生活を補償することを目的とした給付です。○就職者促進給付  失業とした労働者が再就職しやすいように、援助、促進することを目的とした給付です。○雇用継続給付  高年齢者や育児休業、介護休業取得 [続きを読む]
  • 「年次有給休暇」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、年次有給休暇についてご案内いたします。休暇とは、本来働かなくてはならない日について、労働を免除する日のことです。年次有給休暇とは、労働基準法により規定されているもので、働かなくても賃金が支払われる休暇のことをいいます。年次有給休暇は、入社後6カ月継続勤務し、所定労働日数の8割以上出勤した労働者に対して、10日が付与されます。その後、1年が経過するごとに、毎年、要件を [続きを読む]
  • 「第三者行為災害」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、第三者行為災害についてご案内いたします。 第三者行為災害とは、労災保険給付の原因である災害が第三者の行為などによって生じたもので、労災保険の受給権者である被災労働者または遺族に対して、第三者が損害賠償の義務を有しているものをいいます。 第三者行為災害に該当する場合には、被災者は第三者に損害賠償請求権を取得すると同時に、労災保険に対しても給付請求権を取得することとなり [続きを読む]
  • 「雇用保険の日雇労働被保険者」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。 今回は雇用保険の日雇労働被保険者についてご案内いたします。日雇労働者とは、日々雇用される方、または30日以内の期間を定めて雇用される方のことをいいます。 ただし、連続する2カ月の各月において18日以上同一事業主の適用事業に雇用された場合、および、同一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用された場合は、日雇労働者として取り扱われなくなります。 日雇労働被保険者となるのは、日雇労 [続きを読む]
  • 「短期雇用特例被保険者」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、短期雇用特例被保険者についてご案内いたします。短期雇用特例被保険者とは、被保険者であって、季節的に雇用されるもののうち次の①②のいずれにも該当しない方をいいます。①4カ月以内の期間を定めて雇用される方②1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である方 ただし、日雇労働被保険者に該当する方は、短期雇用特例被保険者とはなりません。短期雇用特例被保険者が失業した場合は、特 [続きを読む]
  • 「高年齢継続給付金」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は高年齢求職者給付金の支給要件、支給額についてご案内いたします。○支給要件 高年齢求職者給付金は、高年齢継続被保険者が失業した場合において、労働の意思及び能力があるにも関わらず職業に就くことができない状態にあること、離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6カ月以上であったときに支給されます。 この要件を満たすことにより高年齢求職者給付金を受給することができるという資格 [続きを読む]
  • 「高年齢継続被保険者」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、高年齢継続被保険者についてご案内いたします。高年齢継続被保険者とは、被保険者であって、同一の事業主の適用事業に、65歳に達した日(誕生日の前日)の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されているものをいいます。 なお、短期雇用特例被保険者または日雇労働被保険者に該当する者は、高年齢継続被保険者とはなりません。高年齢継続被保険者が失業し、一定の要件を満たし [続きを読む]
  • 「適用除外」について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回も前回に引き続き、適用除外についてご案内いたします。次に該当する者は、雇用保険の被保険者に該当しません。○学校教育法に規定する学校等の学生または生徒である者(昼間学生アルバ イト等) ただし、次に該当する者は、被保険者となります ・卒業を予定している者であって、適用事業に雇用され、卒業した後も引き続  き当該事業に雇用されることとなっている者 ・休学中の者 ・定時制の課 [続きを読む]
  • 「適用除外」について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は適用除外についてご案内いたします。適用事業に雇用される労働者は、原則として、雇用保険の被保険者となりますが、被保険者とはならない者がいます。なぜなら、雇用保険期間が短いために雇用保険の適用を受けても給付を受けることができなかったり、他法の制度によって、雇用保険と同等か、それ以上の給付を受けることができたりするためです。次に該当する者は被保険者となりません。○1週間の所 [続きを読む]
  • 「雇用保険の被保険者の範囲」について 第4回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回も雇用保険の被保険者の範囲についてご案内いたします。前回に引き続き、被保険者となるか判断がつきにくいものについてご説明いたします。○派遣労働者 ・被保険者となる者: ① 特定労働者派遣(常用型):派遣元で被保険者となります          ② 一般労働者派遣(登録型):次の要件をすべて満たす場合は、被保険者となります同一の派遣元事業主との間において、31日以上派遣就業する [続きを読む]
  • 「雇用保険の被保険者の範囲」について 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回も雇用保険の被保険者の範囲についてご案内いたします。前回に引き続き、被保険者となるか判断がつきにくいものについてご説明いたします。○在宅勤務者・被保険者となる者:事業所勤務労働者との同一性(*)が確認できれば、 被保険者となります *事業所勤務労働者との同一性とは、所属事業所において勤務する他の労働 者と同一の就業規則等の諸規定が適用されるということです・被保険者と [続きを読む]
  • 「雇用保険の被保険者の範囲」について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、雇用保険の被保険者の範囲についてご案内いたします。適用事業に雇用される労働者は、本人の意思にかかわらず、適用を除外される者に該当しない限り、すべての人が被保険者となります。ここでは、被保険者となるか判断がつきにくいものについてご説明いたします。○長期間にわたり欠勤をしている者 ・被保険者となる者:雇用関係が存在するかぎり、賃金をうけているといないとにかかわらず、被保 [続きを読む]
  • 「基本手当の受給資格者」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は「基本手当の受給資格」についてご案内いたします。基本手当は、一般被保険者が失業した場合において、次の要件を満たすときに支給されます。この要件を満たす者を「受給資格者」といいます。原則:離職の日以前2年間に被保険者期間が通算して12カ月以上であること   被保険者期間は、継続している必要はなく、合計で12カ月以上あればよい   という意味です。特例(特定理由離職者または特定 [続きを読む]
  • 雇用保険の被保険者の範囲」について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は、雇用保険の被保険者の範囲についてご案内いたします。適用事業に雇用される労働者は、本人の意思にかかわらず、適用を除外される者に該当しない限り、すべての人が被保険者となります。ここでは、被保険者となるか判断がつきにくいものについてご説明いたします。○法人の役員等・被保険者となる者:法人の取締役等であって、同時に部長、工場長等の従業員として、身分を有し、報酬支払等の面から [続きを読む]
  • 「療養(補償)給付について」
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は療養(補償)給付についてご案内いたします。労働者の業務上の事由または通勤による負傷または疾病について、その治療費に相当するものが、療養(補償)給付として支給されます。療養(補償)給付は、原則として、治療等を直接に支給する現物給付(療養の給付)で行われます。やむを得ない理由がある場合は、治療後に、そのかかった費用を現金で支給する現金給付(療養の費用の支給)で行われること [続きを読む]
  • 「被保険者の種類」について 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。前回に続き、「被保険者の種類」についてご案内いたします。今回は第3回目です。雇用保険の被保険者には、一般被保険者、高年齢継続被保険者、短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者の4種類があります。どの種類の被保険者に該当するかは、その者の就労形態や年齢に応じて決まります。④日雇労働被保険者 被保険者である日雇労働者であって、次のいずれかに該当するものを日雇労 働被保険者といいます [続きを読む]