愛知県労働保険指導協会 さん プロフィール

  •  
愛知県労働保険指導協会さん: 愛知県労働保険指導協会ブログ
ハンドル名愛知県労働保険指導協会 さん
ブログタイトル愛知県労働保険指導協会ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/aichikyoukai/
サイト紹介文労働保険事務組合 愛知県労働保険指導協会のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/23 19:58

愛知県労働保険指導協会 さんのブログ記事

  • 腰痛の労災認定
  • 愛知県労働保険指導協会です。勤労者の生活に関する主な制度についてのご案内です。 労災の認定基準において腰痛は、次の2種類に区分されています。①災害性の原因による腰痛1.腰の負傷またはその負傷の原因となった急激な力の作用が、仕事中の突発的な出来事によって生じたと明らかに認められること。 2.腰に作用した力が腰痛を発症させ、または腰痛の期王将・基礎疾患を著しく悪化させたと医学的に認められること ②災害性の原因 [続きを読む]
  • 勤労者の生活に関する主な制度
  • 愛知県労働保険指導協会です。勤労者の生活に関する主な制度についてのご案内です。 厚生労働省は勤労者の生活向上のため、勤労者財産形成促進制度・中小企業退職金共済制度・労働金庫・勤労者の福利厚生の4分野に向けて施策を行っています。 まず勤労者財産形成促進制度は、勤労者が退職後も安定した生活を送れるための貯蓄を行えるよう、事業主及び国がそれを援助する制度です。主に住宅の取得、その他の財産形成に利用できます [続きを読む]
  • 労災の時効と罰則
  • 愛知県労働保険指導協会です。労災の時効と罰則についてのご案内です。 労災保険における各給付を受ける権利には、時効期間が定められています。ただし、療養(補償)給付の療養の給付、傷病(補償)年金には期間が設けられていません。それ以外の療養(補償)給付の療養費用の支給、休業(補償)給付、葬祭料(葬祭給付)、介護(補償)給付、障害(補償)年金前払一時金、遺族(補償)年金前払一時金、二次健康診断等給付は2年の期間が定められて [続きを読む]
  • 障害者介助等助成金
  • 愛知県労働保険指導協会です。障害者介助等助成金についてのご案内です。 新たに雇い入れる、又は継続して雇用する障害者の所外特性に応じた適切な雇用管理のために必要な介助者の配置等の特別な措置を行う事業主を対象として助成するのが、この障害者介助等助成金です。 1.職場介助者の配置、又は委嘱助成金2. 職場介助者の配置、又は委嘱の継続措置に係る助成金3.手話通訳・要約書記等担当者の委嘱助成金4.障害者相談窓口担当者 [続きを読む]
  • 生涯現役起業支援助成金
  • 愛知県労働保険指導協会です。生涯現役起業支援助成金についてのご案内です。 将来的に起業をお考えの方、起業したばかりの法人事業主・個人事業主に向けた助成金です。 ①雇用創出措置成分  →40歳以上の中高年齢者の方が起業によって自らの就業機会の創出を図るとともに、事業運営のために必要となる中高年齢者等の従業員の雇入れを行う際に必要となった雇用創出措置(募集・採用や教育訓練の実施)にかかる費用の一部を助成しま [続きを読む]
  • 雇用調整助成金
  • 愛知県労働保険指導協会です。雇用調整助成金についてのご案内です。 景気の変動や産業構造の変化など、経済上の理由により事業規模の縮小を余議なくされた事業主が、休業・教育訓練・出向などの一時的な雇用調整を実施することにより、従業員の雇用維持を行った場合に支給される助成金です。 助成を受けるためには以下の要件いずれも満たす必要があります。①雇用保険適用の事業主であること②売上高または生産量などの事業活動を [続きを読む]
  • 健康保険法の目的・権限の委任
  • 愛知県労働保険指導協会です。健康保険法の目的・権限の委任についてのご案内です。 健康保険法は大正11年に制定され、昭和2年に施行された、日本で最初の社会保険です。 健康保険法は労働者又はその被扶養者の業務災害以外の疾病、負傷もしくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的としています。 「健康保険制度については、これが医療保険制度の基本をなすものであるこ [続きを読む]
  • 海外派遣者の特別加入の申請・承認
  • 愛知県労働保険指導協会です。海外派遣者の特別加入の申請・承認についてのご案内です。 以下の”海外派遣者”が特別加入の対象者となります。①有期事業を除き、独立行政法人国際協力機構等の開発途上地域に対する技術協力の実施の事業を行う団体から派遣されて、開発途上地域で行われている事業に従事する者 ②同じく有期事業を除いた、日本国内で行われる事業から派遣され、海外支店、工場、現場、現地法人、海外の提携先企業等 [続きを読む]
  • 一人親方の特別加入の承認について
  • 愛知県労働保険指導協会です。一人親方の特別加入の承認についてのご案内です。 一人親方等が特別加入するためには、一人親方等の団体が、特別加入申請書を、所轄労働基準監督署長を経由して所轄都道府県庁労働局長に提出し、政府の承認を受けなければなりません。 しかし、この承認を受けるためには以下の条件を満たしている必要があります。 加入しようとする一人親方等が、団体の構成員となっていること同種の事業又は同種の作 [続きを読む]
  • 一人親方の特別加入
  • 愛知県労働保険指導協会です。一人親方の特別加入についてのご案内です。 以下の種類の事業を、労働者を常に使用しないで行う”一人親方その他の自営業者”及びその”事業に従事する者(家族従事者等であって労働者でない者をいう)”、ならびに”特定作業従事者”が特別加入の対象者となります。   【特別加入の対象となる事業】自動車を使用して行う旅客又は貨物の運送の事業(ex.個人タクシー業、個人貨物運送業等)土木、建築そ [続きを読む]
  • 特別加入の対象者
  • 愛知県労働保険指導協会です。特別加入の対象者についてのご案内です。 特別加入の主な対象者は①中小事業主+家族従事者、②自営業者+家族従事者、③海外派遣者の3つに区分できます。 中小事業主に関しては、さらに3つに分けることができます。・金融業、保険業、不動産業、小売業を営んでおりかつ、常時使用労働者数50人以下の事業主・卸売業、サービス業を営んでおりかつ、常時使用労働者数100人以下の事業主・上記以外の事業を [続きを読む]
  • 特別支給金のスライド改定・保険給付との相違点
  • 愛知県労働保険指導協会です。特別支給金のスライド改定・保険給付との相違点についてのご案内です。 休業特別支給金については、その算定基礎が休業(補償)給付と同じ休業基礎日額なので、休業(補償)給付と同様のスライド改定が行われる傷病特別支給金、障害特別支給金及び遺族特別支給金は、定額制なのでスライド制の運用はない特別給与を算定基礎とする特別支給金は、年金たる保険給付と同様のスライド改定が行われる なお、特別 [続きを読む]
  • 労災保険年金のスライド制
  • 愛知県労働保険指導協会です。労災保険年金のスライド制についてのご案内です。 労災保険年金は、給付基礎日額を賃金水準の変動に応じて改定する、スライド制を採用しています。というのも、被災時の賃金水準の変動をきちんと反映したり、過去に被災した労働者と近年被災した労働者との補償水準の公平性を維持したりするためです。 スライドによる年金支給額の改定は、一般の労働者一人あたりの平均給与額の変動率を基準として、厚 [続きを読む]
  • 被災労働者等援護事業のひとつ・特別支給金
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は、被災労働者等援護事業のひとつ・特別支給金についてのご案内です。 こちらの特別支給金は、保険給付に上乗せして支給されます。支給率または支給額が事前に決められているものと、被災前1年間に支払われたボーナス等の特別給与を基にして支給額が決められるものの2種類に大別できます。 定率または定額の特別支給金は、休業特別支給金・傷病特別支給金・障害特別支給金・遺族特別支給金の4種 [続きを読む]
  • 社会復帰促進等事業
  • 愛知県労働保険指導協会です。社会復帰促進等事業についてのご案内です。 政府は労災保険の適用事業に係る労働者やその遺族に対して社会復帰促進等事業を実施できると労災保険法で定められています。 事業の種類は、①社会復帰促進事業、②被災労働者等援護事業、③安全衛生確保等事業の3種です。 社会復帰促進事業では、主に労災病院等の設置・運営や義肢装着のための再手術といった外科後処置、義肢や義眼等の補装具の支給等が行 [続きを読む]
  • 障害(補償)給付
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は障害(補償)給付についてのご案内です。 障害(補償)給付は、労働者が業務上(通勤により)負傷し、又は疾病にかかり、治ったときに身体に障害等級に該当する障害がある場合、その障害等級に応じて障害(補償)年金または障害(補償)一時金として支給されます。第1級〜第14級まであり、第8級から第14級までは一時金として等級に合わせて56日分から503日分が支給されます。そして第1級から第7級までは年 [続きを読む]
  • 傷病年金について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は傷病年金についてのご案内です。 傷病年金は、業務上(通勤により)負傷し、又は疾病にかかった労働者が、当該負傷又は疾病に係る療養の開始後1年6ヵ月を経過した日において次の①②のいずれにも該当するとき、又は同日後次の①②のいずれにも該当することとなったときに、その常態が継続している間、当該労働者に対して支給されます。 当該負傷又は疾病が治っていないこと当該負傷又は疾病による [続きを読む]
  • 休業給付について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は休業給付についてのご案内です。 休業(補償)給付は、「労働者が業務上の(通勤による)負傷又は疾病による療養のため労働することができないために賃金を受けない日の第4日目から支給するものとし、その額は1日につき給付基礎日額の100分の60に相当する額とする。」と定められています。 支給要件としては、療養のためであること労働不能であること賃金を受けない日であること待機期間を満了して [続きを読む]
  • 通勤災害について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は通勤災害、中でも概要と言葉の意味についてのご案内です。 通勤災害とは、「労働者の通勤による負傷、疾病、障害又は死亡」を指します。なお、労災保険法でいう”通勤”とは、「労働者が就業に関し、次に掲げる移動を、合理的な経路及び方法により行うことをいい、業務の性質を有する者を除く」とされています。なお、業務上の負傷や疾病が再発した場合でも、それらの連続として保険給付の対象 [続きを読む]
  • 労災保険給付について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は労災保険給付についてのご案内です。 労災保険法の保険給付は、大別して3つに分けられます。ひとつ目に「業務災害に関する保険給付」、次に「通勤災害に関する保険給付」、そして最後が「二次健康診断等給付」です。 労基法に定められた補償の事由が起こった場合に、その補償を受けるべき労働者若しくは遺族又は冠婚葬祭を行う者に対し、その請求に基づいた補償を行うと明記されています。 なお [続きを読む]
  • 通勤災害の逸脱・中断について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は通勤災害の逸脱・中断についてのご案内です。 逸脱とは、「労働者が移動の経路を逸脱し、又は移動を中断した場合においては当該逸脱又は中断の間及びその後の移動は、通勤としない。」とされています。 つまり、原則として通勤とは関係ない行動を起こした時点で通勤とは認められなくなります。ただ、ささいな行為を行うにすぎないと認められる程度であれば、逸脱や中断には該当しません。“ささ [続きを読む]
  • 変形労働時間制について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は、変形労働時間制についてのご案内です。 法定労働時間は原則、「使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。1週間の各日については、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」と労働基準法に定められています。 変形労働時間制とは、労使が労働時間の短縮を自ら工夫しつつ進めていくことが容易となるような柔軟な枠組 [続きを読む]
  • 賃金について
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は、賃金についてのご案内です。 まず定義ですが、 「労働基準法で賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう。」となっています。また賃金は、その全額を直接労働者に支払わなければならないと定められています。住宅や食事、作業衣(制服)などの現物給与は基本的に賃金に該当しませんが、例外があります。   【 [続きを読む]
  • 休業補償給付
  • 愛知県労働保険指導協会です。労災保険の休業補償についてご案内します。休業補償給付金の補償内容は以下の通りです。 ①労災保険では、労災で就労できない労働者に給料に相当する休業補償給付金が支給されますが、休業補償給付金は待機期間として最初の3日間は支給されません。 ②労災の内、業務災害により休業する場合は、休業初日から3日間の補償として労働基準法の規定で事業主が給料の補償をすることになっています。 ③一 [続きを読む]
  • 労働条件明示についての特定事項
  • 愛知県労働保険指導協会です。今日は、パートタイム労働法より、雇用契約時の明示事項についてご案内します。 労働基準法では、パートタイム労働者も含めて、労働者を雇い入れる際には、労働条件を明示することが事業主に義務付けられています。特に、「契約期間」「仕事をする場所と仕事の内容」「始業・終業の時刻や所定時間外労働の有無、休憩・休日・休暇」「賃金」「退職に関する事項」などについては、文書で明示することが [続きを読む]