地域資源利活用研究会 さん プロフィール

  •  
地域資源利活用研究会さん: 緑ヶ丘公園は 楽しいミュージアム
ハンドル名地域資源利活用研究会 さん
ブログタイトル緑ヶ丘公園は 楽しいミュージアム
ブログURLhttps://ameblo.jp/morimori551961/
サイト紹介文地域文化を楽しんで「まち」の「活性化」に繋げるためのプレゼンテーションをおこなっています。
自由文自己紹介/人と人の交流によって地域文化を楽しむ(楽しい時間を過ごす)場を創り、その価値を求める人へ届ける価値交換市場とする、持続可能な「まち」の「活性化」の仕組み創生への実験・研究をおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/08 20:07

地域資源利活用研究会 さんのブログ記事

  • さわやか
  • 緑ヶ丘公園内には「北海道立帯広美術館」から「おびひろ動物園」に繋がる「彫刻の径」があります。「彫刻の径」には、十勝山系より産出された御影石(花崗岩)によって創られた21点の彫刻が展示されています。十勝の四季折々の自然と造形との調和する彫刻は、様々な表情を見せてくれます。緑が丘公園内の最も標高が高い所(66.6M)にある「彫刻の径」は、「秋」には美しい紅葉も観せてくれます。「彫刻の径」での燃えるような真っ [続きを読む]
  • しかおい
  • 小説「幸福の手紙(内田康夫著/実業之日本社1994)」の帯書きには『名探偵・浅見光彦が挑む 奇怪な殺人事件!/差出人不明の不幸の手紙。被害者が遺した「半分の馬」という言葉。二つの謎に導かれて北の街へ飛んだルポライターを待ち受ける驚愕の真相とは…。傑作書き下ろし長編ミステリー!!』と記載されています。「半分の馬」は、緑が丘公園のある北海道・十勝管内の「鹿追町」にある町立「神田日勝記念美術館」でその原画「 [続きを読む]
  • えはがき
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広の「幸福町」にある「幸福駅」は、1973(昭和48)年に、NHKのテレビ番組『新日本紀行』で『幸福への旅 帯広』として紹介され、それをきっかけに、愛国駅から幸福駅行きの切符が「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで一大ブームになったそうです。愛国〜幸福間の切符が、その後4年間で1,000万枚も売れたそうです。2017(平成29)年3月には、愛情駅の別名で知られる台湾新竹県の「合興駅」の「友好 [続きを読む]
  • さんじゅうねん
  • 緑が丘公園内の「帯広百年記念館」では、10月5日〜10日の6日間、企画展「士幌線・広尾線廃線30年/あれから30年立ち現れる風景2017」の展示がおこなわれていました。「士幌線・広尾線廃線30年」は、帯広「まちなか」の「帯広市民ギャラリー/JR帯広駅地下1階(帯広市西2条南12丁目)」と「勝毎サロン/藤丸百貨店7階(帯広市西2条南8丁目1番地)」でも同時開催されていました。(展示内容は、三カ所ごとに異なりました。)展示内 [続きを読む]
  • てつろ
  • 緑が丘公園から「公園大通」を北東に約30分歩いて行くことができる「JR帯広駅」側の「帯広市図書館(帯広市西2条南14丁目3番地1)」2階「展示コーナー」は「地域資料展示」として、帯広・十勝に関連した資料を展示がおこなわれています。12月27日まで「十勝鉄道とビート資料館」が展示されています。展示概要の紹介には『十勝鉄道とビート資料館/十勝鉄道はトテッポという愛称で呼ばれ多くの人から親しまれていました。旧川西村 [続きを読む]
  • めいげつ
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広では、本日の最低気温が「4.3℃(05:47)」のとても寒い朝となりました。11月上旬並みの寒気が流入して、管内で観測する19地点中10地点で、この秋一番の冷え込みとなったそうです。3日夜から4日朝にかけて上空に入り込んだ強い寒気の影響で、各地で今シーズン1番の冷え込みとなりました。北海道内の山沿いなど一部の地域で雨や雪が降り、十勝管内の上士幌町の「三国峠」では雨混じりの「雪」が降っ [続きを読む]
  • えるむ
  • 緑が丘公園内「北海道立帯広美術館」前の「エルム」が、とても綺麗な黄葉へと色づきはじめました。『ハルニレ・ニレ科/別名:アカダモ、ニレ、エルム/特徴:「エルムの杜」などと呼ばれて北海道大学のシンボルとなっている木。落葉広葉樹で、高さ25〜30m、太さ1〜1.5?メートルの大木になる。/葉:長さ4〜15?、幅3〜8?先は急にとがり、ふちには二重のギザギザがある。倒卵形〜倒卵状だ円形で左右の形がやや異な [続きを読む]
  • こうよう
  • 本日、緑が丘公園のある北海道・帯広は、最低気温「8.8℃(05:44)」最高気温「18.6℃(12:52)」「曇り」の「秋」らしい穏やかなの天候になりました。9月に入って5度目の「10℃」を下回り、緑が丘公園内の「彫刻の径」の「紅葉」と「黄葉」が進み、園路も「落ち葉」の「秋色」の絨毯が敷かれるようになりました。「秋色」の「紅葉」「黄葉」に「葉」が彩るメカニズムは、『植物の葉は、太陽の光で養分を作る「光合成」という働きをし [続きを読む]
  • ふゆへ
  • 本日9月23日は「秋分の日」です。「秋分」とは、「昼と夜が同じ長さになる日」とのことですが、緑ヶ丘公園のある北海道・帯広では、日の出時刻「5:15」日の入り時刻「17:23」(気象庁帯広測候所)の、「昼間時間」は「12時間8分」となりました。最低気温は「13.6℃(05:59)」の、緑が丘公園内の最も標高が高い(標高:66.6m/国土地理院Webシステム)「彫刻の径」では、「秋」らしい紅葉が観られるようになってきました。緑が丘 [続きを読む]
  • もにゅめんと
  • 北海道・帯広の「帯広市図書館(帯広市西2条南14丁目3番地1)」での「2017街中散歩」の展示では、緑が丘公園のある北海道・帯広の街中の沢山の「モニュメント」も紹介されています。「北の屋台(北海道帯広市西1条南10丁目7番地)」のシンボルモニュメントの「いきぬきん」も紹介されています。「北の屋台」は、焼き鳥・串焼き・居酒屋・バー・フレンチ・中華・韓国料理やおばんざい等の個性豊かな20軒が軒を並べる屋台村です。農 [続きを読む]
  • じゅうぶん
  • 北海道・帯広の「帯広市図書館(帯広市西2条南14丁目3番地1)」の「2017街中散歩」の展示では、2010(平成22)年に帯広で初めて「登録有形文化財」に指定された「旧双葉幼稚園(2013年3月末閉園、帯広市東4南10)」も紹介されています。2017(平成29)年には、国の「重要文化財(重文)」に建造物として十勝管内で初めて、道東では釧路管内厚岸町の「正行寺本堂」網走市の「旧網走監獄・旧網走刑務所二見ケ丘刑務支所」に次いで3 [続きを読む]
  • ぶんかざい
  • 北海道・帯広の「JR帯広駅」の側には「帯広市図書館(帯広市西2条南14丁目3番地1)」の2階「展示コーナー」では、「地域資料展示」として、緑が丘公園のある帯広・十勝に関連した資料を展示がおこなわれています。9月28日まで「2017街中散歩」の展示がおこなわれています。展示概要の紹介には『街中には、普段何気なく通り過ぎて気が付かないものが沢山あります。この間まであった建物が取り壊され、小さな頃よく連れて行ってもら [続きを読む]
  • あきそば
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広で掲げる「フードバレーとかち」を支える試験研究機関に「道総研畜産試験場/新得町」があります。『畜産試験場/明治9年に札幌郊外の真駒内に「放牧場」として発足し、昭和22年に新得町へと移転。総面積1,573haの試験場は平成12年に「北海道立畜産試験場」として新しい体制での試験研究が開始され、それと同時に庁舎を新しく建て直して研究体制や施設等の大幅な整備を進めました。平成22 [続きを読む]
  • しょしゅう
  • 本日、緑が丘公園のある北海道・帯広では、最低気温が「12.1℃(5:19)」最高気温が「25.1℃(14:08)」となりました。最低気温が15℃を下回る朝方には「肌寒さ」を感じますが、昼間の強い日差しで「夏日」となりましたが、とても過ごしやすい「初秋」を感じさせてくれる陽気になりました。緑が丘公園内の落葉広葉樹の「葉」も「黄」や「赤」が混じるようになってきました。「緑」や「青」が創り出す色彩とそのコントラストがと [続きを読む]
  • ぴざ
  • 9月1〜3日には、緑が丘公園のある北海道・帯広の「JR帯広駅周辺(帯広駅北口・南口広場、とかちプラザ・南公園)」で「とかちマルシェ」が開催されています。ホームページでは『とかちマルシェについて/とかちマルシェは、JR帯広駅周辺を会場として開催する十勝最大の食と音楽のイベントです。統一感のあるおしゃれな会場で、音楽の生演奏を聴きながら、十勝の食の魅力に触れることができます。食の王国「十勝」の魅力を多くの方 [続きを読む]
  • おおいちばん
  • 緑ヶ丘公園内の「グリーパーク」では、8月15日〜19日にかけて「第32回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会」のグループステージ(48チームを12グループに分けてのリーグ戦)と、ラウンド32(1次ラウンドを勝ちあったチームによるトーナメント1回戦))がおこなわれました。「グリーンパーク」では、Fグループで前回31大会覇者の「清水エスパルスジュニアユース」VS「柏レイソルU-15」の屈指のカードを観ることがで [続きを読む]
  • きいろ
  • 昨日25日の緑が丘公園のある北海道・帯広は、前線を伴った低気圧通過後に天気が回復し、すっきりとした青空が広がりました。太陽の日射と、西風が山を越えて暖かく乾いた空気が流れ込むフェーン現象などによって、気温が上昇し、最高気温が「31.3℃(10:52)」の8月2回目の「真夏日」の30度超えの厳しい残暑となりました。本日も青空が広がり、最高気温「29.3℃(13:26)」の「夏日」になりました。緑が丘公園内の園路では「オ [続きを読む]
  • かるがも
  • 本日、緑が丘公園のある北海道・帯広は、高気圧に覆われて、強い日差しと上空に暖かい空気が入り込んで、8月に入って初めての「真夏日」となる最高気温「30.3℃(15:37)」の日となりました。7月23日(30.3℃)以来1ヶ月振りの「真夏日」になります。最高気温が30℃を超えると、緑が丘公園内「十勝池」の「水辺」が涼感がいとおしくなってきます。「十勝池」でカルガモの姿を観ることできました。『カルガモ/学名/Anas poecilorh [続きを読む]
  • すずかぜ
  • 気象庁札幌管区気象台の発表によると、8月1〜15日の平均気温は、帯広市で平年より2.0℃低い18.6℃で、北海道内の主要観測地点22カ所全てで平年値を下回ったそうです。北海道内では8月の「真夏日」は、まだゼロだそうです。日照時間も、平年を下回る地域が圧倒的で、オホーツク海高気圧が張り出し道東沿岸部を中心に曇りや小雨が多く、オホーツク海側が同19%、太平洋側が同47%にとどまったそうです。〔8月18日付け北海道新聞よ [続きを読む]
  • いべんと
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広では、13日19:30〜「第67回勝毎花火大会(十勝毎日新聞社主催)」が十勝川河川敷特設会場でおこなわれました。朝から厚い雲に覆われたこの日の十勝は、時折小雨も混じるあいにくの空模様になりましたが、雨は午前中に上がり「最低気温(℃)13.5℃(03:35)」「最高気温(℃)18.5℃(13:28)」の涼しい日となりました。1929(昭和4年)年に始まった勝毎花火大会は、地域と共に長い歴史を重ね、今年で第 [続きを読む]
  • かんばん
  • 北海道を舞台にした映画に数多く出演した俳優、高倉健さんのすべての作品のハイライトシーンを見ることができる展示会が、北海道・釧路市の「北海道立釧路芸術館」で開催されています。3年前(2014年(平成26年)11月10日)に亡くなられた高倉健さんの功績を知ってもらおうと、生前、出演した作品が時系列にあわせて映像やポスターなどで紹介されています。出演した205本すべての映画のハイライト部分の映像が紹介され、北海道 [続きを読む]
  • おわり
  • 緑が丘公園内の「北海道立帯広美術館」では、北海道新聞社創業130年記念「放浪の天才画家 山下清展」(9月3日まで)が開催されます。山下清氏は「昭和を歩み、駈けぬけた」天才画家です。展示内容は『放浪の天才画家山下清展/Ⅰ、少年期から放浪へ/①少年期の山下清/●「昆虫と清」6点●「学園での出来事」12点●「風景画に生かされた清の静物画」10点/②学園から飛び出して、放浪へ●「戦争そして、放浪へ」4点●「放浪の思 [続きを読む]
  • あう
  • 緑ヶ丘公園のある北海道・帯広の「七夕」は、明後日の8月7日になります。北海道に限らずに、各地でも8月に行われるところがあるようです。北海道の主な地域では8月7日、全国的には7月7日ですから1ヶ月遅れということになるそうです。そのわけは、お盆と同様に、「旧暦」が「新暦」変わるとき、旧暦の7月7日に行われていたものが、新暦の8月7日に変更されたからのようです。「七夕」は「おりひめ(織女)」と「ひこぼし(牽牛)」が1年 [続きを読む]
  • じどうかん
  • 緑が丘公園内にある「帯広市児童館」の1階には、2014(平成26)年11月1日リニューアルオープンした「科学展示室」があります。350?の展示室は、「見て・触れて・ためす」を基本にした参加体験型の展示品が設置され、こどもから大人までが科学の原理と法則を学ぶことができるようになっています。「暮らしから宇宙へ」テーマに、科学展示室内は5つのコーナーで構成されています。『●とかちの自然(十勝・帯広の自然に関連した体 [続きを読む]
  • ゆいつ
  • 緑が公園内の「おびひろ動物園」は、北海道内で2番目の動物園として1963(昭和38)年7月に開園しました。現在、73種400点の動物を飼育しているそうです。動物園内には、遊園地や植村直己記念館も併設されています。 「おびひろ動物園」は、北海道で唯一「ゾウ」が飼育されている動物園です。飼育されている、インドゾウの「ナナ」は、1964(昭和39)年におびひろ動物園に来園しました。現在国内で飼育されている「アジアゾウ」とし [続きを読む]