Reiko さん プロフィール

  •  
Reikoさん: FLEURINE - フルリーヌ
ハンドル名Reiko さん
ブログタイトルFLEURINE - フルリーヌ
ブログURLhttps://ameblo.jp/fleurine/
サイト紹介文大阪 アート、プリザ、生花。リボンスクール。花を飾る美しい部屋作りをご提案。
自由文奈良、神戸、京都からもお越しです。大阪本町駅すぐの椿堂サロンにてラグジュアリーなアレンジメントをご提案。季節を感じる花を飾りたくなる美しい部屋づくり、幸せいっぱいシンプルライフをご提案。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/05/09 00:26

Reiko さんのブログ記事

  • 小学生最後の運動会が終わってしまいました〜
  • 昨日、お天気が危ぶまれましたが、とてと良いお天気のなかで開催されました。今年はお弁当も余裕だわ〜なんて思っていましたが、結局バタバタと日傘や帽子を忘れて出掛けることになってしまいました。最後の運動会はお重にしない?と提案しましたが、昨年のデリ風が気に入ったようで、今年もデリ風お弁当になりました。娘マカロンが100均で選んだパッケージに、マカロンご希望のメニューで。定番の牛しぐれ巻き、いなり寿司に加え [続きを読む]
  • グリーン×ホワイトリース
  • 素敵なカフェのオープンにアーティフィシャルフラワーリースのご依頼を頂きました。 レッスンでは、同じカラーの小さめのリースをお作りいただくことが多いのですが、今回は一番大きなリースをお作りしました。 どの季節でも飾っていただけるものとして、定番のホワイト×グリーンのリースに決まりました。 今回リボンは少し控えめに、リースと一体となるように仕上げました。 [続きを読む]
  • 着物、箪笥二棹分処分しました。
  • 十月三日〜七日ごろ水始涸「みずはじめてかるる」 田んぼの水を抜き、稲刈りに備える時期。他の水を抜くことを「落とし水」、刈り取りの澄んだ田は「刈田」といいます。 刈り取った稲を稲木にかけたものが田んぼにくつも連なる姿が浮かびます。新潟から新米が届くのを今か今かと待っているところです。 そして、10月から「衣替え」の季節です。娘も1日から、習い事の制服が冬服に変わりました。この風習は中国の宮廷で旧暦の4月1 [続きを読む]
  • アンティーク風な学習机購入しました
  • こちらのシリーズ!ほしかったイメージにぴったりです。大好きなグレーでアンティーク風加工。しかも普通の学習机と変わらない価格です!受注生産というこで、上の飾り棚はなしにしてもらいました。椅子は、私は、木製チェアを推しましたが、娘マカロンはどうしても回転椅子がいいと言うのでこちらにしました。でも、このチェアなら許せる〜。柄も色々選べます。受験生だということをすっかり忘れてバレエに夢中なマカロン。お勉強 [続きを読む]
  • ロースイーツレッスン
  • 美しいサラダそして驚きの味美味しい取り合わせのスムージーこちらのチーズ風タルト!!もうチーズ!チーズ大好きなのでこの材料でチーズケーキになるんだ〜とびっくりです??乳製品、なるべく控えたい!でもチーズだけはやめられないかも〜と思っていました。先日のティラミスといい、このチーズタルトも〜??申し分ないお味です?? [続きを読む]
  • 月見団子とパンづくり
  • 昨日は朝から娘マカロンと手作りパンを焼きました。といっても、いつもの30分でできちゃうパンです。→☆いちじく、りんご、キウイのはいったフルーツパンと、チーズパン。そして夕方には月見団子を作りました。マカロンが作ってくれました。白玉粉も、団子粉も売り切れで、餅粉で作りました。月見団子、そのままでお供えする前に、普通にみたらしときな粉をつけてパクパク。食べながら作ってるし…。関西ではこしあんでくるんでい [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 「中秋の名月」まだ日本人が芋を主食にしていた時代、旧暦8月の満月の夜にこの季節に穫れる里芋や栗、大豆などの収穫を祝う祭りをしていました。これに月や太陽、自然がもたらす恵みへの感謝をこめて、神聖な月を愛でるのが、八月十五夜の「お月見」です。本来は三方に奉書紙を、敷いた上にお団子を15個重ねる。一段目に3×3の9個二段目に2×2の4個一番上に2個を縦並びさせます。そして、お神酒、薄や秋の七草とともに月の出る方 [続きを読む]
  • 9月20日、彼岸の入り
  • 彼岸の入りが今日。中日は、23日の秋分の日、明けは26日となります。 詳細はまた、秋分の日にお伝えしたいと思いますが、数ある仏教徒の国のなかでも、お彼岸の日にお参りに行くのは日本だけの風習です。毎年このお話をさせていただくのですが、お彼岸のお供え物の「おはぎ」と「ぼたもち」のこと。春彼岸には、春に咲く牡丹から「牡丹餅」、秋彼岸には、秋に咲く萩から、「お萩」といわれるようになりました。そして、小豆は秋に [続きを読む]
  • ハロウィンリースお届け
  • 昨年デザインのハロウィンリースに蜘蛛をつけてお届けします。リボンやチュールのポンポンをたっぷりあしらいます。今、家のなかをどんどん削ぎ落としていく作業とは真逆のことをしているように感じます。家の中をシンプルにすればするほど、花やリースが映えるのをとても感じています。フルリーヌの詳しい情報はこちら[ レッスンのお申し込み / お問い合わせ ]        [続きを読む]
  • 敬老の日のプレゼント「 思ってたんと違う〜」
  • 敬老の日に、娘マカロンはこの蒸しパンを作ると決めました!でも、出来上がりは…。「ママ〜!なんか思ってたんと違う‼?」と叫ぶマカロン!「ほんまや〜!何か違う〜!でもおいしいやん??」と、おいしいから「まあ、良いか」ということになりました。その後は逆に夕食をごちそうになり、もっと美味しいスイーツを食べて帰ってきました。マカロンの蒸しパンは、ここちゃんにも味見してもらいました。美味しい??といってました [続きを読む]
  • 子供部屋が、出来ていってます
  • 所狭しと物が溢れていた部屋が、机と、ベッドと教材を入れる小さな棚だけになりました。この二段ベッドも解体して、一段は息子の部屋へ行きました。ぬいぐるみや、小物を入れるケース、洋服を入れる引き出し。山のような本や教材、書類。すべて処分しました。今まで、床も入れてすべてを収納スペースと考えていました。備え付けのクローゼットのみが収納スペースだったんですね。そして、私の持ち物もすべて同じこの部屋に入れる予 [続きを読む]
  • 9月13日「鶺鴒鳴」せきれいなく
  • 「鶺鴒鳴」せきれいなくせきれいの鳴き声が聞こえてくる頃セキレイは主に水辺に暮らし、長い尾を上下に振る習慣があります。イシタタキなどの和名もあります。日本書紀には「にはくなふり」と称され、日本神話の中に、イザナギとイザナミに恋の仕方を教えたことから、「恋教え鳥」と呼ばれ、婚礼の調度に鶺鴒台があるのはそれが由来だとされています。日本各地にセキレイにまつわる伝承があります。フルリーヌの詳しい情報はこちら [続きを読む]
  • マカロンと女子会
  • 今日は学校がお休みになりました。「女子会しよー??」と、マカロン。やることが早くできたら行こうと約束すると、早い早い!!違うところにいく予定でしたが、通りがかったドーナツ屋さんへ。2階は誰も居ませんでした。マカロンはバレエを躍りながら、一緒に楽しく女子会出来ました。マカロン撮影。きれいな夕焼けがでてきたので、女子会は終了しました。 [続きを読む]
  • 重陽の節句
  • 九月九日は長寿を祈る重陽の節句。「菊の節句」ともいわれています。菊を飾って鑑賞し、菊の花を酒に浮かべていただきます。中国の陰陽思想では、奇数は陽の数で、九が2つ重なることから「重陽」といわれました。奇数は縁起がよく九が最大の陽数となり、それが極まるとてもおめでたい日となります。旧暦の九月九日は今の十月半ばで秋たけなわです。季節の花である菊を愛でてたのしみました。「菊尽くし」で飾ります。菊は古くから [続きを読む]
  • カフェ「ノストラ」さん生け込み
  • 柳と月桃の実赤ワインの34倍ものポリフェノールが含まれていることがわかり、その抗酸化作用も注目されている月桃(げっとう)。優れた成分が含まれ、石けん、化粧水、健康食品、ハーブティー等々広く活用されています。月桃は、熱帯・亜熱帯に自生しているショウガ科ハナミョウガ属の多年生常緑草本です。沖縄では野山に自生していますが、民家の庭先でもよく見かけます。葉は長さ40〜60?、濃緑色で光沢があり、長楕円で先 [続きを読む]
  • ドラム式洗濯機がとうとうやって来ました〜
  • 日立のビッグドラム。昔、一度購入しょうとしましたが、入らなかったこちら。 スリムタイプができて、ずっとほしかったもの。 今年の4月から悩んでいてようやく本日納品されました。 新しいものが気になるここちゃん?? 風アイロンの機能がとても優れているそうです!これで私の家事時間がどれだけ削減されるのか楽しみです。 以前の洗濯機。こちらはもって帰ってくださいました。今までありがとう。 [続きを読む]
  • ロースイーツをマカロンと作ってみました
  • なんともレトロなカラーのタルトができました。今日は部屋の模様替えと、娘のマカロンとロースイーツを作る予定でした。ロースイーツ : ローフードと呼ばれる食物を生のまま生きた状態で摂取し、エネルギーに満ちた栄養素を得られる食スタイルのなかの、スイーツの部門です。(ローフードラボさんのテキストから抜粋)まずは、ロースイーツからはじめました。マンゴーのクリームで作る予定でしたが、近くのスーパーに食べ頃のマンゴ [続きを読む]
  • 片付けに救われました。
  • この夏は、私の人生が関わる事が色々ありました。少し落ち着きを取り戻しつつあります。レッスンをお休みさせていただいたりと、皆様にはご迷惑をお掛け致しました。皆様の温かさに感謝しています。ありがとうございます。何も言わず私を癒してくれるここちゃん。カット前。主人と行きたくないと、私の足に腰をかけてる。部屋が片付いて、床に物がなくなると、ここちゃんの声が響くようになりました!参考書の次は、本をほぼすべて [続きを読む]
  • フルリーヌリボンサブバッグ
  • マチのしっかりあるサブバッグ??私も2個、3個と用途に合わせて持っています。お好きなリボンを選んで頂き、形もカゴバッグとは違うテクニックのものもお伝えしています。こちらは、お色違いを作りに来てくださいました。後ろ姿も工夫されています。レッスン後は皆様と近くのお豆腐やさんにランチに行きました。楽しい時間を過ごさせていただきました。 [続きを読む]
  • 断捨離と模様替えの夏休み
  • 今年の夏は、旅行や遊びに行くことはあまりできないので、断捨離と模様替えを決行!出るわ出るわ手放すもの!その中でもかなりの量を処分したのが、塾などのテキスト、プリント類。上の子からの幼児教材、小学校受験用テキスト類、中学受験のテキスト類なんと12箱!塾のテキストプリントを買い取ってくれる業者に依頼して処分してもらうことにしました!電話した当日に無料で引き取りに来てくれました?ごみ置き場に持っていくだけ [続きを読む]
  • 八月十八日〜「蒙霧升降(ふかききりまとう)」
  • まとわりつくような深い霧が立ちのぼり降るころ。「蒙霧」とは、もうもうと立ち込める霧のことをいうのだそうです。そして、平安時代以降から、秋は「霧」といい、春は「霞(かすみ)」というようになったとの事です。「春霞」「霧の帳(とばり)」などのことばがあるように、俳句の季語として使い分けられました。霧の種類にもよりますが、暖かく湿った空気が、冷たい空気と混ざって発生するといわれます。いずれにしても、霧がでると [続きを読む]
  • お盆
  • 八月十三日〜十六日にはお盆を迎えます。ご先祖さまをお迎えする行事です。盆踊りや、お祭りも各地で開かれます。今日はお墓参りへ京都まで行きました。清水寺も近いので雨にもかかわらず沢山の人出でした。それに、今日、十六日の夜には、京都の風物詩である「大文字」もあります。二日間をともに過ごされたご先祖様を送り火を焚いて道を照らし、お送りします。 【精霊馬(しょうりょううま)】精霊は茄子の牛に荷物を乗せキュウ [続きを読む]