xufang さん プロフィール

  •  
xufangさん: 開心笑話
ハンドル名xufang さん
ブログタイトル開心笑話
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/xufang106
サイト紹介文中国笑話、謎謎、故事説話等々開心笑話!
自由文笑う門には福来る!ユーモアのある生活を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1137回 / 365日(平均21.8回/週) - 参加 2014/05/09 15:33

xufang さんのブログ記事

  • 中国笑話「両手使い」(一年前の再編集)
  •  ぼくの学生寮には7人のルームメートがいる。そのうちの2人は左利きなのだが、右手も使える。残りの5人は普通に右利きだ。 みんなで料理を食べる時、両手使える奴に対して、これは不利だと考えた右利きの5人は、左手も使えるように練習した。 そして、数週間後、クラスメートの7人全員が、左右両手を使えるようになったのだ。 想像できるだろうか?7人のルームメートがいっしょに食事をする場面を! 7人がみな両手に箸 [続きを読む]
  • 中国笑話「ママは公平だ」(一年前の再編集)
  •  お盆で、親戚たちがみんなぼくのうちに集まった日のことだ。 甥っ子が応接間の中を走り回って、あちこちにぶつかってはいろいろなものを倒していた。 そのあげく、ぼくのママが一番大事にしている茶碗を割ってしまった。 ママは甥っ子を一発殴った。 実はぼくもさっきお茶を飲んでいて、不注意で茶碗を割ってしまったのだったが、ママはぼくを一目にらんだだけで、何も言わなかった。 それを知っていた甥っ子が首を振って、 [続きを読む]
  • 中国笑話「離婚」(一年前の再編集)
  •  週末のことだ。 買い物から帰ってきた妻がひどく怒っている。 抱いていた赤ん坊をソファに座らせると、一気に言った。 「腹が立つわ!占い師にあなたのことを占ってもらったら、ひどいのよ!『あなたのご主人は一生に一度離婚するはずだ』って言うの。つまり私たち夫婦は離婚するっていうことなの?」 ぼくはすぐに彼女を抱きしめて慰めた。 「心配することないよ。ぼくたちは決して離婚しない。」 すると、妻はほっとした [続きを読む]
  • 中国笑話「あたり屋」(一年前の再編集)
  •  ぼくの仕事は当たり屋だ。 朝早く、いつもどおり家を出て、ポケットをさぐったら、いつものようにお金は一円もない。 家を出てすぐ、向こうからアウディがスピードを上げて、こちらにやってきた。 迫って来る数秒間にぼくはお金が手に入ると確信した。  そして、車が目の前に来たところで、ぼくは大仰に倒れ地面に横たわった。 心の中ではこの高価な車から金をゆすり取れるぞと思っていた。 それから、数十秒間たったが、 [続きを読む]
  • 中国笑話「給料アップ!」(一年前の再編集)
  •  この間、部長がぼくを呼んで、みんなに聞こえないようにこっそりと言った。 「なあ、君、君の仕事は間違いがない。給料を5千円アップしてやろう。ただし、このことは決してほかの人には言わないようにしてくれ!」 ぼくは感激して涙が出た。 夜、宴会があった。 その時、酔っぱらった部長がぼくの手を引いて部屋の外へ連れ出して、言った。 「君、申し訳ない。本当のことを言うと、君以外の工員はみんな、1万円アップした [続きを読む]
  • 中国笑話「犬の仇討」(一年前の再編集)
  •  我が家の犬は恨みを忘れない。 最近ずいぶん寒くなってきた。 おととい、仕事から家へ帰った時、手がひどく冷えていたので、腹を出して寝そべっている我が家の犬のお腹に冷たい手を当てて、あたためた。 犬はひどくびっくりした様子で、ブルブルっと体を震わせた。 昨日の晩のこと。 父がこの犬を連れて、散歩に出た。 そして、帰ってきたら、この犬め、ソファでへそを出して寝ている僕のお腹に、二本の冷たい前足を置いた [続きを読む]
  • 中国笑話「男がデートしない理由」
  •  あなたは私に尋ねる。 「どうして最近の男どもは女の子と付き合おうとしないのでしょうか?」 わたしはあなたに答える。 「女の子にごちそうしたり、二人で映画を見に行ったり、どこかへ遊びに行ったりして、最後は彼女を家まで送っていく。それで、少なくとも500元は使わなければならないが、彼女と手をつなぐこともできない可能性がある。何度か繰り返した後、結局、お人よしの友達ということで終わってしまう可能性もある [続きを読む]
  • 中国笑話「美人の友人の写真」
  •  きのうの晩、美人の友人がSNSのグループに、こんなことを発表した。 「今日、わたし、胸の写真を撮りました。透視写真です。見たい人はわたしにお小遣いをください。そうしたら、こっそり写真を送ります。」 グループのメンバーの男たちは彼女に金を送った。 ぼくも好奇心から、お金を送った。 そうして、彼女から写真を受け取った。 胸のX線写真だ。《開心笑吧2016-10-15「照片」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「物売りの声」
  •  晩ご飯の後、団地内を散歩していて、子どものころのことを思い出した。 刀研ぎ、包丁研ぎ、鍋やヤカンの修理、そんな仕事をしている人たちの売り声は趣があってよかった。 それで、知らず、当時を思い出して、やかんと鍋の修理や包丁研ぎの売り声を真似して大声で言いながら歩いた。 すると、思いもよらないことに、鍋とやかんを持ったおじいちゃんや、包丁を持ったおばあちゃんがあちこちから出てきた! 《開心笑吧2016-10- [続きを読む]
  • 中国笑話「乗換駅の駅長」(一年前の再編集)
  •  わたしは友人たちの間で有名な女性です。 これまで友人の男女を引き合わせ、3組結婚させてから、結婚相手の紹介依頼が後を絶ちませんでした。 ところが、去年、結婚した3組がみな離婚してしまい、それで、今度は別の男女を紹介しました。 それから、わたしはみんなに、「乗換駅の駅長」と呼ばれるようになったのです。《開心笑吧2016-10-15「婚姻中?站站? 」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「お金をあげる」(一年前の再編集)
  •  休みの日の朝早く、ママがぼくに言った。 「ねえ!休みの日なのに、どうして家にいるの?世界はこんなに広いんだから、外に出て、世界を見てみようと思わないの?」 「ぼくだって、外へ行きたいよ。でも、お金がないんだよ。お金をくれない?」 「そういうことなら、はい、お金をあげる!」 「ママ、これっぽっちのお金じゃ、どこへも行けないよ。」 「八百屋に行って、野菜を買ってくるのに、それ以上は要らないでしょう! [続きを読む]
  • 中国笑話「最上階のトイレ」(一年前の再編集)
  • 高校生の時、クラスにおかしな奴がいた。校舎は五階建てで、ぼくたちのクラスは2階にあったのだが、そいつはいつも5階のトイレを利用するのだ。ある日、僕はその理由を聞いてみた。「2階にもトイレがあるのに、どうして5階のトイレを使うんだ?」彼が答えた。「だって、ぼくの頭の上で誰かがトイレをしているなんて考えただけで、我慢できないんだ。」《開心笑吧2016-10-12「?次上?所都要到??」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「二重まぶたの手術」
  • 妻「わたし、二重瞼の手術をしようと思う。」夫「そんなことしなくてもいいんじゃない。痛いよ。」妻「そんなに痛くわよ。」夫「そうじゃなくて、ぼくは心配だよ。」妻「あなたって嫌な人ね。麻酔してから手術するから大丈夫よ。」夫「そうじゃないよ。ぼくが心配なのはお金のことだよ。出費が痛いんだよ。」《笑?集-爆笑男女-爆笑最怕没二?2017/10/12 04》 [続きを読む]
  • 中国笑話「再起動」
  •  「少し眠って、もう一度起き上がればいい。」 これは、「まず電源を落としてから、もう一度立ち上げる」という再起動の人間バージョンだ。《笑?集-哲理-郁?的生活,吐槽才快?!2017/10/12》》 [続きを読む]
  • お題「今まで何回引越ししましたか」
  •  生まれて1歳で親が引越し、14年間、一か所に住んでいたけど、中学生の時、一家で他県に引っ越し、その後、3年間で2度引っ越し、大学に入ってから3度引っ越し、社会人になってからは10回以上引っ越していて、同じ場所に住んでも6年以内に引っ越している。 それが、何と、今、住んでいる所は約10年前に引っ越して来たので、人生で二番目に長期間住んでいることになる。 友達を見ると、ぼくが20回近く引っ越しを繰り返 [続きを読む]
  • 中国笑話「家を出た妻」
  •  妻と喧嘩した。 妻はひどく怒って家を出て行った。 四歳になる娘は、そばでまだ食べている。 ぼくは娘を怒鳴りつけた。 「お前、まだ食べてるのか?お前のママがどこへ行ったかわかるのか?」 娘はぼくをちらっと見て、言った。 「自分の責任でしょ。自分で探しに行きなさいよ!」《笑?集-儿童-看到“熊孩子”就莫名的想笑2017/10/11》 [続きを読む]
  • 中国笑話「わたしの彼氏」
  • 麗ちゃんは女社長の娘だ。両親は離婚し、母親と一緒に住んでいる。昨日、麗ちゃんが母親と一緒に公園をぶらぶらしていたら、何年か前に別れた元カレを見つけた。元カレは自分から麗ちゃんに挨拶してきた。「ベイビー!君もここへ来たのかい?」麗ちゃんはちょっと起こって言った。「ベイビー何て言わないで!ちょっと遠慮したらどう?」すると、母親が口を挟んできた。「麗ちゃん、あなたこの人を知ってるの?この人がママの新しい [続きを読む]
  • 中国笑話「悪夢?」(一年前の再編集)
  •  昨晩のことだ。 ぐっすり寝ていたら、隣に寝ていた夫が怖い夢でも見たのだろうか、突然、叫び声をあげて目を覚ました。 わたしはあわてて夫の背中を軽くたたいて、安心させようとした。 「どうしたの?あなた、わたしたちが別れる夢でも見たの?」 夫が言った。 「さっき、腕をお前の胸の上に持っていったら、男が隣に寝ているのかと思って、びっくりしたんだ。」《開心笑吧2016-10-10「老公好像做噩梦了」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「フェイク」(一年前の再編集)
  • 「ママ、最近カニを食べてないけど、どうしてカニの殻が入ったゴミ袋がうちの前にあるの?」「ママがパートで海鮮品の店で働いてるのは知ってるわよね!昨日、向かいの劉おばさんがこれ見よがしに上海ガニを買って行ったのよ。それでね、パート先で出たカニの殻を入れた袋を、彼女に見せつけてやろうと思ったのよ。」《開心笑吧2016-10-08「?了??」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「超自然の能力」
  •  あなたは信じないかもしれないが、世界には本当に超自然の力があるのです。 この間、ぼくには株の世界をコントロールする力があるんだということがわかったのです。 株を買うといつだって株価が下がるのです。 そして、株を売ると株価は上がるのです。 百回試して百回ともそうでした。 それから、天気も掌握しました。 車を洗うと必ず雨が降るんです。 それが偶然だと言うのなら、この超自然の力を証明して見せましょう。 [続きを読む]
  • 中国笑話「初恋のように」(一年前の再編集)
  •  レストランのマネージャーがウェイターたちに話をしていた。 「いいか、君たちはお客様を初恋の人だと思って接客するんだ。そうすれば、店の売り上げも伸びて、君たちの給料もあがるんだ。わかったか?」 ウェイターA「でも、わたしの恋愛は初恋も含めてすべて失敗に終わったんですが・・・。」 ウェイターB「あの〜、わたし、まだ初恋もしたことがありません。」 ウェイターC「そんなに大勢の人と恋愛するなんて、できる [続きを読む]
  • 日記「総選挙」
  •  総選挙が近づいてきた。いよいよ、天下分け目の総決戦というか、金持ち優遇の自民が自滅する時が来たのだろうかと期待感が膨れる。公的なものを公私混同するのは許されない問題だ。 そういや、いたな。公費で家族同伴の温泉旅行に行く都知事。個人的にいたなあと思いだす。自分の弁当のレシートや社員のレシートを会社の支出として計上するなんて、破廉恥な社長がいたなあと思い出す。 今回の選挙、結局は、森友学園、加計学園 [続きを読む]
  • 一年前のお題「釣りに行ったことはありますか?」
  • お題「釣りに行ったことはありますか?」 「釣りに行ったことはありますか」と聞かれたら、いつも一度だけあると答えている。 小学生のころ、友達に誘われて、近くの川へ釣りに行った。川辺に寝そべって、釣り針をつけた糸だけを......>続きを読む 一年前、釣りに行ったことはありますか?というお題に答えて、書いた。釣りに行ったことは一度しかない。その時、苦しむ魚を見て、手を放したということ。魚釣りを楽しむ人た [続きを読む]