リブアップ・ワークス さん プロフィール

  •  
リブアップ・ワークスさん: 猿一匹 酔って候
ハンドル名リブアップ・ワークス さん
ブログタイトル猿一匹 酔って候
ブログURLhttp://liveupworks.hatenablog.jp/
サイト紹介文介護の現場で働く人たちのための応援マガジン「Live-up Worker」(リブアップワーカー)編集長のブログ。
自由文介護の現場で働く人たちのための応援WEBマガジン「Live-up Worker」(リブアップワーカー)編集長大西のブログ。活動記録や日々思ったことなど綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/05/09 16:45

リブアップ・ワークス さんのブログ記事

  • ある福祉大学生の話
  • 「どうなルノー? NISSAN」という『AERA』の一行コピーがありましたが、しばらくこのネタで盛り上がれそうですね。ハイ、大西です。先日、福祉系の大学に通う男の子と知り合いになりました。最近は大学生のインターンシップはめずらしいものではなくなりましたが、その彼は福祉系の施設でなく家具の配送の仕事をインターンシップで選びました。福祉系の大学や専門学校だと、卒業と同時に社会福祉士の資格を取れるカリキュラムが [続きを読む]
  • 『介護再編』を読んで
  • 最近あまり介護・福祉系の本を読んでいなかったので久々に新冊を購入。高齢化社会を迎えるにあたり、介護事業者はどのようなイノベーションや人材育成に努めていけばよいのか、そういった指南が書かれた一冊。もともと介護は、介護保険制度がスタートする2000年前までは医療法人や社会福祉法人といった団体の専売特許であったのですが、2000年以降民間(株式会社)の参入が認められ今や玉石混交。もともと営利団体でない法人は人材 [続きを読む]
  • 「大手だから安心」実は危ない説
  • 有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅のポータルサイトに関する仕事をいただくようになってからずいぶんと経ちます。どんなキーワードを入れて検索しても、上位に来るのはやはり大手資本のところが多い。大手は当然広告費にお金がかけられますからね。これから終の棲家を探す世代は、高度経済成長期にバリバリだった世代。そういった年代の人たちは、一部上場企業の肩書に弱いところがあり、“名前の通っている大手系列のホ [続きを読む]
  • コントの復権
  • 何やらビートたけしが新しい試みを始めるみたい。headlines.yahoo.co.jp「コント番組」の制作ですか。確かにここ数年、しっかりと作り込んだコント番組があまりなかったような気がします。いや、もしかしたら存在していたのかもしれませんが、僕自身すっかりテレビを観なくなったこともあり、さほど世間から注目を集めることなく打ち切りになっていった番組も数多あることでしょう。僕の中で「コント」と言えば、やはり『ドリフ [続きを読む]
  • フライパンへのこだわり
  • 自分は結構料理好きなのですが、よく居酒屋などで出てきたメニューを見よう見まねで作り自分のレパートリーに加えています。写真は、先日仕事の打ち合わせで先輩と行ったカフェで出てきたボウル(と言うとオシャンティですが、まあ丼ですね…)を自作で作ったものです。ごはんの上にサニーレタス、軽く焼いたベーコン、きんぴらごぼう、アボカドを乗せ、その上からごま油をサッと垂らします。撮った写真を先輩に見せたところ(←女 [続きを読む]
  • 東南アジアから来たヘルパーさん
  • 今年のお盆も家族で集まりました。甥っ子が順調に成長して部屋を走り回るようになったり、弟のベトナム転勤が決まったりと平凡な暮らしの中でも毎年何かしらの変化が生まれているものです。有料老人ホームに入居している祖母も帰ってきていました。やはり普段の食事で生魚が出ないせいか、刺身に手を出し満足そうでした。僕は隣にいて皿を手渡したり、食べ物を細かく切ってあげたりしていたのですが、何かをするたびに祖母は「ああ [続きを読む]
  • 第一発見者の憂うつ
  • 先日、大相撲元小結の板井圭介さんが自宅で死亡しているニュースが報道されました。引退後、相撲協会に残れなくて八百長を告発した人ですね。板井さんは一人暮らしで、本人と連絡が取れずに不審に思った元付き人が自宅を訪ねたところ、倒れている板井さんを発見したそうです。何でも水道の水が出しっぱなしだったことから急死の可能性が高いのではと言われています。今年4月に僕の友人の結婚式があり、そこで中学時代の友だちから [続きを読む]
  • 人生100年時代ってマジですか…?
  • 最近「人生100年時代」という言葉をよく耳にします。医療や衛生環境、食生活が大きく改善されたことにより、日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えました。長寿命化にともない、長くなった余生を充実かつ安心して乗り切るために、金融や保険も「人生100年時代」を謳い文句にあの手この手で商品を展開し始めています。首相官邸のHPでも大きく紹介されていますね。www.kantei.go.jp確かに平均寿命が延びているのは事実でしょうが、正 [続きを読む]
  • 振り込め詐欺防止 …なるか?
  • 先日仕事である家に電話をかけたところ、冒頭のガイダンスで「この電話は振り込め詐欺防止のため、会話を録音しています」と流れました。こんなケースはまったく初めてのことだったのでちょっと戸惑いましたが、こういったサービスというか措置もあるんですね。mainichi.jp100%の防止策ではないにしろ、このガイダンスであわてて電話を切るやつも出てきそう。犯罪防止に少しでもつながればいいのですが、あまり世に周知されてない [続きを読む]
  • お互いが「ありがとう」
  • いよいよGW突入! 気候も暖かくなりのんびり過ごす良い季節となりましたね。さて、僕は今のマンションに引っ越してきてから路線バスを使う機会が増えました。最寄駅まで少々距離があるのと、電車の初乗り運賃が高いこともありバスをよく使います。1本で自宅ー銀座〜東京駅まで行けるので便利なんです。ここ数年、バスに乗っていて思うのですが、運転手の接客態度が格段に良くなったような気がします。停留所に着いて扉を開けるとき [続きを読む]
  • 不動産広告とデイサービス
  • このところ毎年取り沙汰されていますが、介護事業者の倒産件数が過去最多を更新したようです。競争の激化で淘汰が加速 介護事業者の倒産、過去最多を更新 昨年度いま仕事で不動産関連の広告を目にする機会が多いのですが……1. 最寄駅から徒歩10分以上の住宅地2. ビルの1階または平屋この2つの条件に合致する空き家のほぼ半数以上、およそ80%くらいはデイサービスや訪問介護ステーションが撤退した後の区画です。介護でダメだっ [続きを読む]
  • ヒーローの条件
  • 一昨日の春分の日、妹の新築祝いに行ってきました。今年で2歳になる甥っ子は「アンパンマン」が大好き。旦那さん方のいとこからいただいた、初期のアンパンマンの絵本を見つけました。表紙を見ると、なんともさえない顔つきで、今のかわいらしいアニメの描写とは似ても似つきません。ストーリーは、砂漠の中でさまよう旅人に顔を分け与え、次のお腹を空かせて困っている人にも顔を与えて、最後はパン工場のエントツに逃げ込んでジ [続きを読む]
  • 映画『サファリ』を観て
  • 先日の久々の休みの日、渋谷までドキュメンタリーの映画を観に行ってきました。最近はアウトプットばかりでいい加減スッカラカンのカッピカピ状態になってきていたので、よいリフレッシュになりました(笑)。『サファリ』はオーストリアのウルリヒ・ザイドル監督が手がけた作品で2016年に公開されました。今回日本で上映された経緯ですが、高校時代の友人である配給元のサニーフィルム代表の有田君(写真左)が直接制作サイドにオ [続きを読む]
  • 守るべきものはお金? それとも命?
  • 長かった。ただ長かった。1月中はほとんど無休で、本日2月2日にやっと1日フルでお休みですよ。疲れた体をリフレッシュするため温泉でもいきたいなー。泊まりはお金もかかるし、日帰りで行けるところとか探そうかなと。今の世の中、交通網も発達してきて、例えば小1時間あれば新幹線で名古屋や仙台あたりにアクセスできますからね。現在リニア中央新幹線が計画中で、開通したらもっと早く名古屋にアクセスできるだろうし、温泉へ行 [続きを読む]
  • 正月 里帰り
  • 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。昨年末から年初まで、特に遠出することなくいつも以上に質素な正月を過ごしておりました…僕は3日の日に松戸の実家に里帰り(と言っても自宅から電車で小一時間の距離だけど)しました。祖母も施設から戻ってきていて、いつも以上に楽しく家族の輪の中に入っていたような気がします。食欲もあり、「あれ食べたいから取ってくれ」と積極的にコミュニケーションも取れるようなの [続きを読む]
  • 大病院で頑張る人たち
  • 先月のニュースになりますが、厚生労働省と財務省が来年度の予算編成で、大病院の周辺に店舗を構える、いわゆる「門前薬局」の調剤報酬を下げ、地域にあるかかりつけの薬局の報酬を上げるそうです(※以下記事、最後まで読むには会員登録が必要)。「門前薬局」報酬下げ 厚労・財務省「かかりつけ」手厚く :日本経済新聞記事の冒頭部には書かれていませんが、こういった門前薬局はユーザー(患者)の服薬まで管理しておらず、「か [続きを読む]
  • 「技は見て盗むもの」は真っ赤なウソ
  • はい、いきなり売れ線ねらいの意図が見え見えの書籍風タイトルな見出しでスンマセン。今回はいわゆる「職人」の世界の話をしようと思います。私は以前シリーズで、金物の職人さんたちの取材をしたことがあります。合計4名の方にお話を伺ったのですが、4名とも共通しておっしゃっていたのが「よく“技は見て盗め”というが、それよりもきちんと教えてあげたほうがはるかに良い」ということ。この発言の裏にはどのような意図がある [続きを読む]
  • 今年のハロウィンは…
  • 世間はハロウィンで盛り上がってますねー。僕も毎年1〜2回くらいは何らかのハロウィンパーティに参加していたんですが、今年は不参加。子どものころにも、仮装して近所の家までお菓子をもらいに歩くハロウィンのイベントはあったのですが、正直あまりこの手のイベントは好きでないんです。ニュースでも奇抜な格好をした人が映し出されていますが、結局日本でのハロウィン=コスプレパーティですからね。でもあれだけ大勢の人が熱狂 [続きを読む]
  • プロのプロによるプロのための…
  • 今月18日に亡くなられた西室泰三氏。東芝、日本郵政、東京証券取引所などの社長を歴任した方で、昨日(20日)の日経新聞にも政財界から故人を悼む声が多数寄せられていました。ところが亡くなった当日、Yahooニュースのコメント欄を見てみると、「相次ぐ経営の失敗で巨額の損失を日本にもたらした張本人」と手厳しいコメントばかりで、故人の功績をねぎらうようなコメントは皆無でした。まあ東芝は今、完全に針のむしろですからね [続きを読む]
  • 山口探訪記 その②
  • <前回からの続き>http://liveupworks.hatenablog.jp/朝早く目覚めたので自室で作業の続きにとりかかる。土曜日の早朝ということもあり窓の外はとても静か。前日の深酒がたたることなく非常に気持ち良い朝を迎えることができました。朝食はうどんの名店「どんどん」。安い値段で色々なトッピングもできておいしいと評判のお店。朝9時の開店ですが、開店前からすでに地元の人で長蛇の列となっておりその人気の高さが伺えます。味は [続きを読む]
  • 山口探訪記 その①
  • 先月末に山口県の方へ行ってまいりました。県が行う企業の誘致プロジェクトの一環で、サテライトオフィス(通信環境を整備して、Skypeなどを活用しながら全国に散らばったメンバーとリアルタイムでコミュニケーションしながら仕事ができる施設)の体験就業に参加させていただくことになりました。地方に住む人や家庭の事情で常時の通勤が難しい人のために、上記のような通信テクノロジーを活用して就業支援を行う株式会社ダンクソ [続きを読む]
  • ケアマネジャーが危惧する介護現場
  • 先日、現役のケアマネジャー(居宅支援のステーション勤務の方2人)を対象にヒアリングする機会がありました。質問項目はいくつかあったのですが、最後に自由記述という形で日々思っていること、問題と感じていることなどを書いていただきました。そのお二人の意見に共通していたのは、介護現場は疲弊しているので抜本的な解決策が必要だという内容でした。ただお二人が指摘していたのは、介護職の肉体的な疲弊というよりは、入居 [続きを読む]
  • 欠点だらけのディスポーザー
  • 突然ですが、皆さん「ディスポーザー」ってご存知でしょうか? シンク(流し)の排水溝に蓋をして、その蓋をひねると内部の攪拌機が動く仕組みで、構内にたまったごみを細かくすりつぶし、そのまま廃水と一緒に流してくれる機械です。ウチのマンションにもディスポーザーが付いているのですが、たびたび攪拌機が回らない、水が詰まるといった状態に見舞われます。(ウチの嫁の)使い方が悪いというのも原因の一つではあるのですが [続きを読む]
  • 骨折
  • 今年のお盆も通常どおり実家に帰省しようと思っています。近い親戚一同集まる機会となるわけですが、母親に聞いたところ、有料ホームに入居している祖母は今年は来ないという。腰に骨折が見られ、座っているのもキツい状態なんだとか。去年、脚の大手術をして以来、歩くことはできなくなったが、車いすでなら積極的に外出をしていました。ただ座位を維持しているのもキツい状態では車いすの移動も難しいはず。心配なのは、今回の骨 [続きを読む]