脱クルマフォーラム さん プロフィール

  •  
脱クルマフォーラムさん: 脱クルマフォーラム
ハンドル名脱クルマフォーラム さん
ブログタイトル脱クルマフォーラム
ブログURLhttp://toinaosu.seesaa.net/
サイト紹介文クルマ優先でなく人優先の社会へ。安全に道を歩きたい。排気ガス、クルマ騒音のない生活を。
自由文クルマ優先でなく人優先の社会へ。 安全に道を歩きたい。 排気ガス、クルマ騒音のない生活を。
公共交通、自転車は私たちの足。 守ろう地球。 減らそうクルマ、増やそう子どもの遊び道。
(クルマ社会を問い直す会有志による。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2014/05/10 15:55

脱クルマフォーラム さんのブログ記事

  • クルマメーカーに言いたい−2
  • 最初は普段気付かない事から。タイヤの問題。昔、タイヤは幅が細かった。今はどうだ。幅広のタイヤばかりになってしまった。その結果、接地面積が大きくなったためか、やたらにタイヤの走行騒音が大きくなってしまったと感じる。加えて、発生する粉塵も多くなったのではないだろうか。雨の日の水ハネも多くなったように感じる。廃タイヤの嵩も多くなった。それより何より資源の消費が増えたことを忘れてはならない。何故そうなった [続きを読む]
  • クルマメーカーに言いたい
  • 戦後累計60万人もの死者を出し、そしてまだ年間4千人弱の死者を出し続けているクルマ社会。このクルマ社会は資本主義、自由競争を前提とした商業主義が大きく発展させたことは間違いないと思うのだが、クルマ社会そのものに内在する問題、例えば頻発する交通事故などは社会体制が変わって社会主義国となっても本質的には変わらないと思う。それはクルマというシステムに思想的な問題があるからである。つまり、クルマの安全確保は [続きを読む]
  • ドライバーは近くを見ない
  • これ本当です。教習所の実技で最初の頃習うこと、「遠くを見なさい!」。そうなんです、クルマを真っ直ぐ走らせるとき、間近を見ていると蛇行をし易いのです。おまけに、上の方を見るようにしつけられます。それは、信号機、標識なんかが高いところにあるからなんです。そういうわけで、間近の道路は余り見てません。慣れてくると、遠くを見て運転しないと目が非常に疲れると分かります。特に、近い地面を見ていると地面が視野内で [続きを読む]
  • ドライバーは他人の迷惑を気にしない
  • ドライバーにもいろいろいますから、一概には言えないのですが、一般の良識あるドライバーでも、迷惑に気付いていない事が多数あります。例えば、ただ走っているだけでも、騒音、排気ガス、タイヤ粉塵を多量にまき散らしています。こんな事が、世間の常識になっていて、何にも感じなくなってしまっているのですね。寝静まっている、早朝、深夜にエンジンを掛けて暖気運転する。道路で洗車をする。なんて云うのもあります。もっと、 [続きを読む]
  • ドライバーは警察を憎む
  • これは大概のドライバーの気持ちではないでしょうか。とかく警察の取り締まりはとかく評判が芳しくない。隠れてこそこそ捕まえようとする。一見広くて安全そうなところで捕まえる。狭くて危なそうなところでは捕まえない。わざと違反をさせてから捕まえる。違反にも斟酌があって不平等に感じる。違反が認定しやすい違反ばかり狙う。罰金のノルマがあるのではないか。などなど。ドライバーで警察の好きな人は皆無でしょう。それとい [続きを読む]
  • ドライバーは自分は運転が上手いと思っている
  • これは一般論としては難しいのですが、下手だと思っている人は慎重に運転すると思います。そういう人ばかりだと安心なのですが、そうとばかりは言えない。高速道路のあおりだってそうです、100キロ制限で走っているクルマを150キロ以上で追い上げる。一瞬のハンドルの操作ミスが死に至る。でも本人は上手いと思ってやっています。60キロ制限の複数車線の大きな道路をミズスマシのように右に行ったり左に行ったりして割り込 [続きを読む]
  • ドライバーは歩行者が邪魔
  • いろんな状況があるのですが。道路をスイスイ進んでいると横断歩道があって歩行者が横断している。危ない、ブレーキを踏まなければならない。面倒です。出来るなら踏みたくない。歩行者がいなければと思う。狭い道に歩行者が歩いている、邪魔だどけ!!クルマ優先だ!これも本音。場合によっては警笛で脅かす。もっとすごいドライバーがいます。狭い道に歩行者が歩いていてもスピード落とさずすり抜ける。当たってくれば相手が悪い [続きを読む]
  • ドライバーは黄信号はGOと考える
  • 今更ですが、信号が黄に変わっても止まらないクルマが大半です。前にも書きましたが、交通信号なるものは交通整理しているだけですから、なんの安全も担保していません。基本的に道路交通は個人責任なのです。そうであれば、普段の経験がものをいいます。元々、黄信号の意味が極めて曖昧です。「止まれ」なのか、「行って良いのか」ドライバーの判断に任せられているのです。もし、黄で厳格に止まれだと、予告なくいきなり黄になる [続きを読む]
  • ドライバーは交通安全運動を馬鹿にする
  • 交通安全運動が始まっています。あのテントをみると職業運転手は別として、一般のドライバーはまたやっているか、そんな季節か、程度の反応しか示しません。そして、この10日間は警察の取り締まりがキツいかな、と別の心配が先に来ます。何を目指している運動かには全く興味なし。一方、テントを張った、町会、商店会も、警察、交通安全協会から協力しろと言われているから、と義務感だけでやっている。テントに人が座っているの [続きを読む]
  • ドライバーは速度計を見ない
  • 教習所ではメーターを確認し制限速度を守るよう教わった筈なのですが、永く運転しているとだんだんメーターを見なくなるようです。なぜか。慣れてくると景色の流れで大体の速度が分かるようになる。警察が流れに乗れと指導しているので、前車に従って流れに乗っていれば良いと思う。速度違反は、その違反程度で罰金が違うので、15〜20キロオーバーぐらいなら大したことない、と気にしなくなる。制限速度は車道の幅で大体予想が [続きを読む]
  • ドライバーは他人の指示・指摘には従わない
  • そりゃそうでしょう。道交法には警察官の指示には従えと書いてあるが、一般人の指示に従えとは書いていない。指摘に従わない、言うことを聞かないドライバーは山ほどいる。だから、ボランティアで交通整理するのは極めて危険である。事故の危険ともめ事の両方を覚悟しなくてはならない。ここの交通整理といっているのは、単なる駐車の整理程度のことである。注意しておきたいことだが、信号の代わりのような交通整理は一般人には許 [続きを読む]
  • ドライバーは咄嗟に違反をする
  • 前回は確信犯の話をしましたが、今回は必ずしも、のお話しを。クルマを運転していると意外に何も情報がないままで闇雲に目的地に向かうことが良くあります。その良い例が、初めての目的地で、途中経路にどんな規制があるか分からないで出かけることです。最近はカーナビが、その場その場で案内をしてくれるようにはなりましたが、基本的には出たとこ勝負。「まあ、大丈夫、なんとかなる。」と能天気な人が多いので、今まで済まされ [続きを読む]
  • ドライバーは知っていて違反する
  • 警察につかまると「知らなかった」「気付かなかった」と言い訳しますが、大抵の場合ドライバーは分かっていて違反しています。良い例が駐車違反です。目の前に禁止標識があっても平気で駐車したりしてます。規制時間中にスクールゾーンへ進入するのもそうです。ここが難しいところなんですが、道交法を守らなかったら絶対に事故になるかというと、そうは言い切れません。赤信号を無視して、必ず衝突するかというと、そうならない可 [続きを読む]
  • ドライバーは警官が気になる
  • ブログ子が運転していても、警察の姿を見かけると急に心配になったものだった。スピードは大丈夫か、何かやらかしたかと交通標識を探し、慌ててメーターを確認したりした。考えてみると運転免許を取得するために道交法の試験をクリアしないといけないのだが、道交法の免許取得に必要な項目でも100条近くあり、その中で普段の運転の仕方にかかわるものだけでも80条位ある。免許を取得するときは必死で勉強したのだが、その後一 [続きを読む]
  • ドライバーは自分の命が一番大切
  • このブログを毎度読んでいただいている方々には少々不興を買うかも知れませんが、少し逆説的なことを思いつくままに連載してみようと思う。まず初回は、一番肝心な話。「ドライバーは自分の命が一番大切」ということ。ドライバーは運転していて、もし自分の方に対向車線のクルマが突っ込んできたらどうすると思いますか。咄嗟に自分の命が惜しいから、十中八九ドライバーは左にハンドルを切ると思う。勿論、ブレーキは踏むと思うが [続きを読む]
  • 鉄くずに圧殺される
  • 圧殺片側一車線で左折しようとした鉄くず満載のトラックが右に横転。対向車線の軽自動車が潰され、3人死亡。これは怖い、逃げようがない。トラック運転手のスピード出しすぎではないか。クルマ社会の大原則は個人の責任。もう個人の責任で全て終わらせるのはやめてくれ。考え方を変えるべきだ。記事:朝日新聞デジタル [続きを読む]
  • 自転車も左を走って欲しい
  • 昨日、自転車で道路の左端を走っていて、交差点を左に曲がったところ、突然おばさんの乗った自転車が目の前に現れた。正面衝突しそうだったので、慌てて急ブレーキを掛けたら、下り坂だったので後輪が浮き上がり、危うく転倒しそうになった。冷や汗!ところが、ご本人は悪びれることなく平気な顔をして悠然と去って行った。オイオイ、ちゃんと左端を走って欲しいな。自転車は脱クルマの救世主だが、滅茶苦茶な走り方をする人がいる [続きを読む]
  • 警官が75キロオーバー
  • 分かっていて、違反しようとすれば出来てしまうのが、クルマの原始的なところだ。だから、悪いことをしようとすれば誰でも出来てしまう。しかし、「175キロで走っても事故を起こさなければ良いじゃない」と開き直られると、二の句が継げられなくなる。だからいつも言うでしょ。道交法はマニュアルだと。マニュアル通りやっていれば大事故はないのです。他人もマニュアルに沿っているのだから。1人だけ意表を突いたことをやると、ス [続きを読む]
  • これじゃ返納の意味が無い
  • 免許証を返納しても、運転出来てしまうのでは何の意味も無い。どうして行政は精神論にこだわるのであろうか。免許が無ければ運転しないはず。だけど運転は出来てしまう。これでは仏作って魂入れずだ。免許証インターロックを装備させれば良い。メーカーが取付を渋っているとの噂だが、商業主義はもういい加減にして貰いたい。**********************免許返納86歳男の車、歩行者はねる 現行犯逮捕、いわきの [続きを読む]
  • ながらスマホ暴走自転車に妻を殺された83歳夫の慟哭
  • ポケモンGOと言い、メーカーは危険な事が起こることを知りながら、予防措置をいつも怠っている。行政が規制を掛ける前に、業界、メーカーの良識として自主規制が出来ないのであろうか。何も規制しない自由が経済を発展させる。売りまくれの商業主義思想。儲けてなんぼの利益追求のみが目標。クルマ社会もこうやっていつの間にか出来上がってしまった。参照記事:週刊ポスト [続きを読む]
  • あおられる方にも問題が
  • あおり運転は後を絶たない。取り締まりを強化したからかどうか分からないが、今まで隠れていた事実が表に出てきたというところであろう。とはいうものの、あおられる方にも問題なしとは言えないこともあるのではないか。気になるのは、バイクの運転中にあおられ、事故を起こす報道が目立つこと。バイクはその搬送能力に対し余りにも大きな出力を出せるし、全長全幅共に小さいので小回りがきく。そして、ライダーは若者が多い。それ [続きを読む]
  • 58年経ってもなくならない悲惨な事故
  • いろいろ考えさせられる事件だ。道交法施行58年。”バス直前直後の横断は危険だ”と教えられ、歩行者が注意することで激減してきたこのパターンの事故。「なんで歩行者が注意しなくては駄目なの?」と疑問は多いのだが。記事添付図を見ると、児童は横断歩道を渡っている、いや、直近かも知れないが。問題は轢いた方の軽自動車、バスが停まっていて、横断歩道がある。何で徐行しない。こういうシチュエーションにおいてのリスク管 [続きを読む]