Okosho さん プロフィール

  •  
Okoshoさん: London smiles
ハンドル名Okosho さん
ブログタイトルLondon smiles
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/okosho/
サイト紹介文英国人の夫と日本人の妻の食いしん坊コンビと日本生まれのスコティッシュフォールドのクーのロンドン生活。
自由文2012年4月にイギリス人のシェフと結婚、
7月に彼との新生活をスタートするため、
スコティッシュフォールドのクーと一緒に
ロンドンにやって来ました。
日本の友人への手紙変わりに、日々の出来事を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/05/11 07:52

Okosho さんのブログ記事

  • 酷暑のロンドン。
  • 毎日毎日晴天で気温は30度に達する日もあるロンドン。もう1ヶ月もこんな状態。異常事態だ。水道会社から、水は大事に使いましょう、なんてメールが来るくらい。そんなお知らせは、初めて来た。雨が降らなくて、イギリスの貯水池は、かなり水位が下がり、スコットランドでは、川が殆ど干えあがり、サケなどの川魚を避難させたらしい、イーストボーンのお義父さんが持ってる簡易冷房(ぶっといホースを窓の外に出して使うヤツ)を毎日 [続きを読む]
  • ウィンブルドン大会ーどんでん返し。
  • ウィンブルドンテニスに行った翌日は、私は仕事。錦織の2回戦があったので本当はこの日に観に行きたかったが、人生はそうそう都合よくいかない。遅いランチブレイクにネットをチェックすると、雨で順延になったチリッチ(クロアチア)とペッラ(アルゼンチン)の試合が再開され、大変なことになっていた。一晩おいてしまうと、色々と調子も狂うのだろう、2セット先取したチリッチを追い、3セット、4セットとペッラが取っていた! [続きを読む]
  • ウィンブルドン大会ーどんでん返し。
  • ウィンブルドンテニスに行った翌日は、私は仕事。錦織の2回戦があったので本当はこの日に観に行きたかったが、人生はそうそう都合よくいかない。遅いランチブレイクにネットをチェックすると、雨で順延になったチリッチ(クロアチア)とペッラ(アルゼンチン)の試合が再開され、大変なことになっていた。一晩おいてしまうと、色々と調子も狂うのだろう、2セット先取したチリッチを追い、3セット、4セットとペッラが取っていた! [続きを読む]
  • ウィンブルドン大会を気軽に楽しむ。
  • いつか行きたい、必ず行きたい、と6年前にロンドンに嫁に来た時から熱望していた、グランドスラムのひとつ、ウィンブルドン大会に遂に行って参りましたっ??錦織やマレーやジョコビッチ達の故障が重なり、昨年のウィンブルドン大会以降はなんとなくつまらなくてテニスの試合自体を全然観てなかったが、夏を迎え地元が華やいでくるにつれて、やはり胸の高鳴りを押さえ切れなくなり、ダンナと二人で、行ってみよう!と相成った。ダ [続きを読む]
  • エルサム・パレス(Eltham Palace)訪問 - 続き。
  • さて、1階に降り、最初の素敵なエントランス・ホールを通ると奥方ヴァージニアの部屋。”Boudoir”と呼ばれる部屋で、”私室、寝室”と辞書にあるので、ヴァージニアのカジュアルな居間・客間といったところか。写真は、ガイドブックからお借りしました。反対側の壁にはエルサム・パレスとその周辺の地図をレザーで作ってあるものが一面に飾られている。当時(1938年)の雑誌も置いてある。フワフワの耳あてってこんな頃からあったの [続きを読む]
  • エルサム・パレス(Eltham Palace)訪問。(編集済)
  • 二人とも休みの日、「今日どこか行く?」とダンナに尋ねると、いつになく真剣な表情で、「エルサム・パレスに行きたいんだ。」という。どこでしょう、そこ。聞いたことありません。なんでもアールデコだったり、素晴らしいデザインに溢れたパレスで、庭も綺麗なんだそう。そう聞いてもさっぱりなんだかわかりません。ずっとず〜っと行きたかったそうだ。なぜか、この日、”今日だ!”と閃いたんだと。とにかく車で向かうことに。エ [続きを読む]
  • 念願のChelsea Flower Showへ。
  • お久しぶりです。今年は時間が過ぎるのがいつもの年より数段早い!もう5月末。。。。 びっくりしてしまう。さて、こちらに来てから、ずっと行きたかったチェルシー・フラワー・ショーへやっと行って来た。これは世界的に有名な、毎年5月に5日間に渡って開催される花・草・木・庭およびその関連商品のショーで、イギリス人なら、一生に一回は行ってみたいと思うと言われるショーである。クラリッジスでアフタヌーンティをしたいと [続きを読む]
  • 暑くてたまらん。パブで涼む。
  • 今週のロンドンは気温が高く、特に木曜日からが辛くなっている。何回も書いているように、普通の家庭には冷房がないので、陽射しが強い部屋=うちのリビングにそういう日に居なくてはならないのは拷問だ。なんかの花粉も飛んでいるので、窓も最低限しか開けられず、二部屋しかない我が家、双方に空気清浄機を入れ、maxで動かしている。日本だけでなく、イギリスも今年は花粉が多いみたい。だから、やはり窓を閉め、扇風機を出さなく [続きを読む]
  • 全身麻酔。
  • 日本滞在もあっと言う間に過ぎた。今回は、昨年の432倍の花粉の数が飛んでる、というヒノキに眼をそれはそれは酷くやられ、辛かったのなんの。特に、久々に行った奈良が致命的であった。初めて、日本を離れるのが、少し嬉しかった(ロンドンもそれなりに花粉あるけど、日本の比でない)。それでも楽しい思い出は沢山あり。折を見てアップしますね。ところで、それ自体は施術と言った方がいい位、全然大したことない手術を今朝、した [続きを読む]
  • 日本に里帰り中。
  • 3/22から日本に里帰り中。4/6までの予定。この時期の帰国は正直辛い。花粉症だからだ。ここのところずっと余裕がなくて、 ブログの更新がままならない。インスタは手軽に写真をアップ出来るのでチョコチョコやっております。@okoshoです。どうぞよろしく。京都の桜。美しくて溜息が出た。 [続きを読む]
  • 魅惑の肉球。
  • かなり冷え込んでいたロンドンだが、先週くらいから、穏やかになって来て、花粉がガンガン飛んでいる。目が痒くてたまらぬ。ベッドルームにも陽射しが燦燦と降り注いでいる。突然、窓際に黒豆発見??ん?。。。日向ぼっこしているクーの後ろ足肉球でした。いつもより、伸びております。。。#cat #scottishfold #coolondonfunnycat #funnycat #londoncat #longcat #smokedtan #catwithpaper #lifeinlondonwithcat #catinstagram [続きを読む]
  • びしょ濡れクー。
  • 先日、約1年振りに、クーを洗った。猫は洗わなくても大概大丈夫なのだが、クーはフケ症なので、たまには洗わねばならない。毎回のことだが、そのたびに八つ裂きにされているが如くの叫び声をあげ、隣近所から、動物虐待でRSPCAに通報されたらどうしようと思うほど嫌がる。そして今朝。いつものように、洗面所の蛇口から細く水を出してやるとペチャペチャと美味しそうに飲み始めたので、そのままにしてダイニングルームに戻ったが、 [続きを読む]
  • 猫はかすがい。
  • 長らく、私達の夕食やその後のテレビ鑑賞中、クーは寝室でベッドの上で寛いでいた。でも、ちょっと覗きに行くと、なんとなくつまんなそう。で、数ヶ月前に、ソファに毛布を敷いて、「ここにおいで」とトントンすると、嬉しそうに飛んで来て寝そべり、私達の食事中、ずっと私達を観察しているようになった。。昨日もここに陣取り、人間の食事風景を観察していたな。。。と思って、少し目を離したら。。。ヘソ天。なんだか異常にリラ [続きを読む]
  • “Sublime” Hanyu!
  • こちらに来てからTVでの自分の思うようなオリンピック観戦がなかなかままならぬ。第一に、やはり英国選手がメインなので、日本選手がどうなっているのかは、ネットがないと殆どわからない。特にヨーロッパ圏外だと時差があるので、なおさら大変。でも、フィギュアスケートでは、羽生や宇野の活躍はBBCでも、録画だとしても、観ることが出来るだろうと期待していた。が、その期待は、いとも簡単に裏切られる。全然やっている様子が [続きを読む]
  • 連続 双子ちゃん。
  • 11月末から、またプロテインダイエットを医師監督の下開始、9kg近く体重を落とした。怪物みたいに太ったので、9kg落ちてもまだまだ。あと3週間頑張るつもり。休みで時間のある朝は、ベーコンかキッパーと、卵二つをポーチドエッグか目玉焼きで頂く。もちろん、卵は、Clarence Courtの高品質の卵。最近何故だか、セールで、6個入り2パックで£4.00で良く出ている。有り難や。先週の休みの日の朝、卵を割った。あれ⁉?双子ちゃん? [続きを読む]
  • 渡辺謙の「王様と私」。
  • このところ、週一でセントラル・ロンドンに地下鉄で行く私。渡辺謙の「王様と私」の7月のロンドン公演の宣伝ポスターがビクトリア駅構内に登場。先週来た時には見かけなかったので、今週からセントラルの主要駅構内に貼り出されたみたい。例のスキャンダルルで、あまりにも脇があまい謙さんかなり嫌になったが、日本人が重要な役を演じている舞台をロンドンで生で観られるなんてなかなかないこと。売り出されて即チケット2枚購入。 [続きを読む]
  • プリンセス・ジンジン。(編集済)
  • 昨年7月に引っ越して行ったパトリックから、久しぶりにジンジンの写真が届いた。なんだか、しばらく見ない間に、可愛らしくお上品になった気が。以前はこんなだった。顔は前から可愛かったが、振る舞いがどことなくドラ娘という雰囲気を醸し出していた。割とよく引っ掻こうとしたし。それに、やけにほっそり?サリー州が新しいお家で、緑が多いから、外で好きなだけ動き回っているのかしら。パトリックによると、引っ越してから、 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます??。(編集済)
  • 明けましておめでとうございます??ブログ更新もなかなか出来なかった昨年でしたが、それでもアクセスして下さり、本当にありがとうございました??♀?今年は、もう少し頻繁に更新したいなあ。クリスマスから新年明けてから昨日まで、イーストボーンやロンドンは雨ばかりで、パッとしない天気が続いたが、気温は高めで暖かい日が続いた。例年、大晦日にはBarrieとMaiteのマーゲイトの自宅や、その息子の家でうちからあるいて10 [続きを読む]
  • クリスマス・プレゼント。
  • お義父さんがケアホームからやって来た。昨日書いたように、毒を盛られたと思われていたので、顔を合わせた時に嫌な顔をされるかと思っていたけど、全くそんな心配することはなかった。お義父さん、今日はかなりしっかり聴こえるみたいだし、私を見て、”顔が一回り小さくなったね”と、最近ダイエットに励み6kg痩せた私を褒めてくれたし、体調良いようだ。例年の様に、隣家のスナックパーティに参加したが、みんなに100歳のお祝い [続きを読む]
  • メリークリスマス??????????
  • 2017年もあっという間に過ぎ去りようとしている。(って、毎年言っていると思う、多分。)ハリー王子とメーガンの婚約、その前にたて続けに、メーガンの生い立ちや先祖のことまで調べたドキュメンタリーが二本放送されたので、”あ、これは!”と思い、ブログに、まもなく婚約するよ、きっと!と、書こうと思ったら、割と早く発表になってしまい、機を逸した。このように、ブログにはうって付けであろうサブジェクトが沢山あるのに、 [続きを読む]
  • 視線で交わす愛。
  • 珍しく、ソファのクーが、私が隣に座ってもスコ座りのままだった。ヒシヒシと彼の私を慕って
    くれる気持ちが伝わって来て、胸がいっぱいになった。#scottishfold #coolondonfunnycat #funnycat #londoncat
    #longcat #smokedtan #cat #catwithpaper #lifeinlondonwithcat #catinstagram #scottishfoldinstagram #catfromjapan #長い猫 #スコ
    ティッシュフォールド #折れ耳 #黒猫 #毛色はスモークタン #ロンドン猫 #変な猫クー #伸び [続きを読む]
  • お義父さん遂に100歳になる。
  • 去る12月6日に、お義父さんが遂に100歳になった。ケアホームに移って1年半、目が弱り、メガネをかけても字が読めなくなったし、耳はますます遠くなり、補聴器は必須、歩行補助のフレームが無いと歩けない等々、流石に色々衰えて来たけれど、度々ジョークを飛ばすし、歯も入れ歯が一本も無く、まあ良く食べること。そんなお義父さん、ケアホームでみんなにお祝いして貰った。お義父さんの家のお隣さん、庭師さん、長年お世話になっ [続きを読む]
  • Rak-su優勝??????
  • ああ、すっかり遅くなってしまいました、ごめんなさい。The X Factorは一昨日ファイナルを迎え、Rak-Suが優勝しました、おめでとう〜〜????????なんと、ファイナルでは、ちょいと数日前に自分達で書いたという歌を披露。これもなかなか良いでないの。本当に才能ある人々ね。グループが優勝したのは、2011年のLittle Mix以来だから、それも新鮮。Rak-Su, 本当に良い曲書くよね。このDimeloも好き??これはGeorge Michael [続きを読む]
  • The X Factor 2017 Rak-Su.
  • 次の放送があるまでに、続きを書こうと思っていたんだけど、失敗。今さっき、2017年のセミ・ファイナルその1が終わったところで、Lloyd Marceyは目出度く明日のセミ・ファイナルその2に進んだ。喉を傷め、ドクターストップがかかったらしいが、それを押し切り見事に歌ったのは、Elton Johnの”I’ll not let the sun down on me”. 確かにいつもより潤いのない声だが、それが逆に今までの彼のShow Tune的な、一般的には飽きられ [続きを読む]
  • The X Factor 2017 Lloyd Marcey.
  • 年を追うごとに、だんだんつまらなくなって来ている、The X Factor。優勝した人でその後もちゃんと活躍出来ているのは、私がイギリスに来た年の優勝者のJames Arthurと物凄い個性で歌手からタレントに転向したRylan Clarkが最後だし。その後の人々は残念ながら全く冴えない。「もう来年は観なくていいね。。。」と、毎年最終回にいつもダンナと話しているのだが、翌年9月末になって、第一次オーディションの様子が放送され始めると [続きを読む]