サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト さん プロフィール

  •  
サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフトさん: サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト
ハンドル名サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト さん
ブログタイトルサラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト
ブログURLhttps://ameblo.jp/netbusinessmsg/
サイト紹介文確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけ。
自由文人様から、お金を貰って提供できるだけの何かを形にするためには、最低でも10年は必要と心得よ。確固とした専門スキルを持たぬ者が「大事なのはお客様」などと主張するのは持たざる者の言いわけに過ぎない。それを、いかにして成すかを理解せぬ者が、何をするかだけを決めるのは間違いのもとである。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/05/25 20:12

サラリーマンの副業+在宅×必要悪ソフト さんのブログ記事

  • 私には挫折した「記憶」がありません。なぜって…
  • みなさんは─、過去に挫折した経験は、おありだろうか?私は─、少なくとも、これまで挫折したという記憶は、自身の「認識」にはない。もっとも─、それは、世間で言うところの「挫折」というものを、自分の中では別の「消化」の仕方をして来ただけかも知れない。つまり─、「挫折」ではなく、「方向性」または「プラン」の見直しであると。自分は、かつてピアノに打ち込んだことがあった。 と言っても─、別にプロを目指して取 [続きを読む]
  • 【 結論!?】チェスって中二病だったのか!?
  • 前回の記事は、こちら─、『 これぞ、まさしくハリウッド版「 中二病 」映画!?』そんなわけで─、ここ数回に渡り「 チェスは中二病!?」というテーマで、プログラミングやマインドの話と絡めながら(!?)、チェスの話題を、グダグダと述べて来たが、まぁ─、読んでいただいた方は、お付き合いいただき誠に恐縮であります。こういった話題は、これからも私がブログを続ける限り、ちょくちょく出て来るかと思いますので、これか [続きを読む]
  • これぞ、まさしくハリウッド版「 中二病 」映画!?
  • 前回の記事は、こちら─、『 プログラマー志望なら、一度は思考ゲームのプログラミングに取り組んでおけ!』ちなみに─、これは日本だけに見られる独自の現象というわけではなく、海外に目を向ければ、欧米などでは─、逆に将棋や囲碁なんかをやってみたりするのが、クールといった話のようで…、最近では─、海外などでも『 Shogi Championship 』が、盛んに開催されたりしているようだ。2017 年には─、 将棋界初の外国人女流棋 [続きを読む]
  • チェスの中二病化を促進する5つの要因!?
  • 前回の記事は、こちら─、『 そもそも、プログラマーなんて、みんな慢性の中二病患者ですから… 』そして─、その後も、チェスについて調べて行くと、ゲーテ曰く「 チェスは知性の試金石 」なる名言に始まり、( 要因① )ローマ法王やフランス国王などもチェスを愛好したという歴史的事実、( 要因② )ヨハネ・パウロ 二世、チェスに関する話はデマもあるようだが、チェス好きは本当だったようだ…。さらには─、1972 年、アイスラ [続きを読む]
  • かつて我々のヒーローだった愛しき中二病中年たち…。
  • 前回の記事は、こちら─、『 中二病も貫き通せば…!?』 【 中二病症例④ 】 プロレスに憧れ、空手を始める。 武器の本を読みふける。 ※かつて、プロレスが最強の格闘技と考えられていた時代、猪木 vs. "熊殺し" のウィリー・ウイリアムスに代表される空手は、その最大の対抗勢力だった!? 【 中二病症例⑤ 】 やってもいないボクシングの真似事をしてみたり、フー [続きを読む]
  • 中二病も貫き通せば…!?
  • 前回の記事は、こちら─、『 ちょっと待て!チェスって中二病だったのか!?』この「中二病」という、何となく分かる気はするが、説明しろと言われると良く分からない「病名」。あらためて調べてみると─、 中二病 ( ちゅうにびょう ) とは─、「 ( 日本の教育制度における ) 中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動 」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを、 [続きを読む]
  • ちょっと待て!チェスって中二病だったのか!?
  • 前回の記事で─、最近、チェスを勉強するために英語のドキュメントに、目を通す機会が増えたという話をしたが、最近、知った話によると─、何やらネットではチェスというのは「中二病」を "患った" 輩が好む、趣味の上位にランキングされる代物らしい…。他にも─、洋楽なんかも、それに当たるそうだ。そう言えば自分も子供の頃 ( あれは確か小学生の頃だったと思うが… )、突然─、洋楽を聴き始める連中が現れたのを記憶している [続きを読む]
  • 詰将棋は〇〇から先に見よ
  • 前回の記事は、こちら─、『 お父さんが調子に乗ってチェスを始めてみた結果…!?』将棋にも詰将棋というのがあるのを、ご存知かと思うが、チェスにも同様、詰チェス (「 チェスプロブレム 」と呼ぶ ) というのがある。いわゆる─、チェックメイトに到る手筋を求める問題だが、あるチェス愛好家の方が、自身のサイトで次のように述べている。 「 チェックメイトや手筋などの問題は解答から先に見ろ 」 チェス [続きを読む]
  • お父さんが調子に乗ってチェスを始めてみた結果…!?
  • 今日は少々、真面目な話。と言っても、普段、不真面目な話をしているつもりはないのだが…(!?)実は─、最近、英語のドキュメントを読む機会が増えた!と言っても、仕事とは関係ない。ソフト開発の仕事などをしていると、リファレンスマニュアルの一部は、依然、英語であったり、また─、海外のサイトなどの情報を参考にしなければならないようなことも、しばしばあるため、英語が読めるに越したことはないのだが、それでも─、 [続きを読む]
  • かつてピアノの師が私に語った、学生諸君への目からうろこの教え
  • 前回の記事は、こちら─、『 二児の父親となったプログラマーが、たまには、いっぱしに父親みたいな講釈を垂れてみる!?』そして─、ぜひとも付け加えておきたいのは、収益を上げる仕組みについてだ。昨今のネットの発達により、収益を上げる仕組みは、随分とお手軽なものになった。( もちろん良い意味で… )従って─、そう遠くない将来、子供や学生でも、いっぱしにビジネスなるものを、やってのける人間は、この日本においても [続きを読む]
  • 「 チェスは知性の試金石 」( ゲーテ ) ← この言葉を実感した瞬間!?
  • 前回の記事は、こちら─、『 小学生の息子に将棋セットを購入するお母さんが放った一言とは…!?』以前─、『 スマホを凝視する、ある社会人女性が見ていた物にシビれた!?』という記事で、将棋の人工知能と対戦する社会人女性の話を紹介したが、確かに─、将棋や、囲碁、チェスなどを前にして深い思索にふける姿は、それだけで絵になるし、何やら思慮深い人間にも思えて来る。もっとも─、この "思える" というところがポイン [続きを読む]
  • 主婦に何かを伝えるとしたら、その適任者は?
  • 前回の記事は、こちら─、『 女性が開発に関わるようになってキッチンは使いやすくなったのか?』「 主婦 」という消費者層に、何らかのメッセージを伝えるとしたら、あなたなら一体、誰を選ぶだろうか?主婦に何かを伝えるとしたら、その適任者は?( ※「 羽生君 」とかいうのは取り敢えず、今は扱わないものとする。)例えば─、そこへ、およそ料理などするようには見えない、スーツ姿の、四、五十代の男性営業部長が出て来て、D [続きを読む]
  • 女性が開発に関わるようになってキッチンは使いやすくなったのか?
  • 以前─、親戚が集まった時に、どういう経緯からだったか、キッチンの話題になった。その時─、ある親戚の叔母さんが、「 最近のキッチンは女性が開発に関わるようになって、ずいぶんと使いやすくなったのよ〜 」と述べた。別にマーケティングの会議をしていたわけではない。親戚同士の、とりとめのない会話の中で発せられた何気ない言葉の一つで、また─、その場にいた一同も、とりたてて頷くわけでも納得するわけでもなく、その [続きを読む]
  • スマホを凝視する、ある社会人女性が見ていた物にシビれた!?
  • 前回の記事で─、将棋名人、故・米長邦雄氏の「 不調の時こそ遊べ 」という言葉をご紹介したが、そういった─、「 遊び 」「 趣味 」「 たしなみ 」といった話題で言うと、以前、こんな女性を見かけたので、ちょっと聞いてほしい。あれは─、たしか去年の秋ごろのことだったと思うが、週末に家族で外出した時のことである。なにやら─、スマホを凝視する社会人とおぼしき女性が目に入った。最近は─、誰もがスマホを片手に街を行 [続きを読む]
  • 不調の時こそ○○すべし!?
  • 明けましておめでとうございます。本年も宜しく、お願い申し上げます。と、まぁ─、堅苦しい挨拶は、このくらいにして…、この時期になると、毎年「 この一年の目標 」なんてものを神妙に考えてみたりもするわけですが、自分も人並みに、これまで、少なからず「夢」を思い描いて来た。もちろん─、それらの多くは実現されることはなかったわけですが、だからと言って、挫折したなどとは思っていない。よくスポーツ選手などが、子 [続きを読む]