Sakura母 さん プロフィール

  •  
Sakura母さん: カミカミ’SS
ハンドル名Sakura母 さん
ブログタイトルカミカミ’SS
ブログURLhttp://sakungo.a-thera.jp/
サイト紹介文櫻蘭(Sakura)と珊瑚(Sango) 2ワン合わせてサクンゴの日常を亀足で更新中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/05/13 23:02

Sakura母 さんのブログ記事

  • 百箇日<br />
  • 2月4日、櫻蘭の百箇日にお供えした桜と珊瑚水木の枝お正月に帰省した時、サクンゴに供えてとお友達から頂いたアレンジメントに入っていました。さすがに、桜は散ってしまったので新たに購入しましたが、珊瑚水木は頂いたもの。珊瑚水木という植物があることを知らなかったぁ・・・植物のサクンゴも仲良く寄り添っています。早いね。もぅ、100日経ったなんてね・・・ [続きを読む]
  • 49日に・・・
  • 12月15日、櫻蘭の49日に偶然にもアニマルコミュニケーションを受ける事ができました正直、信じる信じないは別にして母の心は軽くなりました。櫻蘭の魂は、息を引取る1時間前に珊瑚や櫻蘭のご先祖が迎えに来てくれていて、金色の光に包まれて一度は上っていったそうですが、途中で『チョッと待って』と戻ってきてくれ、三週間の間母の傍に居てくれたそうです小夏の顔を舐めたり、父・母のお膝にいたりして三週間経って、『じゃぁ行 [続きを読む]
  • 櫻蘭の最後の日々
  • 櫻蘭の様態が変わってきたのは約2週間前からでした・・・10/15食欲が落ちてきたささみ・鶏肉・豚肉・レバー、どれもダメフードにかけたふりかけだけは舐めてくれる食欲が出ることを期待して馬肉を注文する10/18馬肉が届いた。食いつきを期待していたが。。。2口くらいしか食べてくれなかった。BONEにいたっては舐めてもくれないお散歩に出るが、後ろ脚に力が入らずフラフラで、壁の方に向かって行ってしまう特に右足が辛いように感 [続きを読む]
  • 櫻蘭とのお別れ
  • 10月28日土曜日の夜に旅立った櫻蘭翌日は台風の大荒れのお天気だったので、翌々日に荼毘にふす事にしました。10月29日、日曜日は家族揃って家で過ごしました。櫻蘭の毛色はきれいなゴールドで毛質は柔らかく、母の自慢でした初めて櫻蘭を抱っこした時に「アンゴラの襟巻と同じ感触だと」思った程です母は櫻蘭の体に頬ずりするのが大好きでした。スリスリする度に「母、ウザイ!!」って顔をされていました。でも、スリスリできるの [続きを読む]
  • 櫻蘭と小夏のお出かけ
  • 小夏が来て3ヶ月余りの間に少しですがお出掛けが出来ました7/29・30黒姫高原のラブバードへ!大好きなワンコピザを食べてゴキゲンな櫻蘭と初めてのウマウマピザに大興奮の小夏でした温泉好きの櫻蘭、妙高高原のペット用足湯にも浸かったね安曇野アートヒルズミュージアムのガラスのチューリップと一緒に記念撮影小夏にモデルの心得を教えてくれた?寄居PAの星の王子様とも9/3ワンコと入れる焼き肉屋「うしすけ」で目の色を変えて [続きを読む]
  • 櫻蘭、旅立ちました
  • 10月28日、19時55分櫻蘭が虹の橋へと静かに旅立ちました16歳と2ヶ月余りの犬生でした櫻蘭は我が家に来た3ヶ月の時はパルボに感染していましたが、乗り越えてくれました。それ以降は病気らしい病気もせず、シニアになって13歳で腎臓病を患うまで健康に過ごしてくれました。14歳からは点滴治療になり、今まで本当に頑張ってくれました。櫻蘭と出会って下さった皆様、ありがとうございました [続きを読む]
  • 櫻蘭の変化
  • 小夏にあまり関心を持っていないようにも見えていた櫻蘭内心はチョッと違っていたみたいまずは食事。小夏に刺激されたのか少〜し食欲が出てきたそしてお散歩。今まではタラタラ歩き、座り込んだりすることもあったが、小夏が来てからは歩き方に元気を感じられる。しかも!先に歩いて行った小夏の後を追って、短い距離ではあるが走るのだ!!珊瑚が逝ってしまってからはそんな姿を見ていなかった母は涙が出るほどうれしかったのです [続きを読む]
  • 小夏の過去
  • 繁殖犬として生きてきた小夏どんな生活を送っていたのか想像する事しかできません推定5歳なのに、ベビタンのようにプニプニの肉球きっと、お散歩なんて連れて行ってもらってなかったんだろうな・・・でも、LODの預かりスタッフ様に世話になっている間にお散歩デビューし、我が家に来た時には上手に歩く事ができていました。また、トイレシーツの認識があり、かなりの成功率だったのです♪これも、預かりスタッフ様のおかげです! [続きを読む]
  • 初めての夜は・・・
  • 就寝の時間電気を消し、父母は寝室へ。櫻蘭は小夏の隣の自分のベッドへすると、パタパタと部屋の中を歩き始める小夏の足音がその後、始まった激しいギャン吠えサクンゴからは聞いたことがない低音の吠え声が暫く続いたと思ったら、母は初めて聞きましたワンコの遠吠えを!!『ワォ〜ン!!』って、テレビでしか聞いたことがなかったよ。誰か仲間を呼んでるの??でも、「ここで出て行ったり声を掛けたりしたらダメだ」と父と心を鬼 [続きを読む]
  • 櫻蘭と小夏
  • 小夏が来た事に櫻蘭の反応は意外にも我関せずな感じで・・・歓迎するでもなく拒否るでもないう〜ん、無反応??小夏は、家の中を探検して櫻蘭のベッドにテケテケと入っていき、櫻蘭も小夏のいる自分のベッドに何事もないかのように入っていき・・・暫くは一緒にいましたが、小夏に自分のベッドを教えるために移動してもらいました [続きを読む]
  • 小夏です
  • 7月7日、七夕の夜にサクンゴ家の三女がやってきましたLodでつけてもらったお名前そのまま『小夏』ですカニンヘンの小夏ですが、ボディは3.55Kgの大夏さん2?台目指して、先ずはダイエットです!小夏には、他にも里親希望の方がいらっしゃいました。その方の思いも受け止めて、小夏を大切にしていきます。改めて、このご縁を結んでくださったLod様に感謝します。そして、この一年・・・全く更新しないこのブログを気にかけてくださ [続きを読む]
  • 縁あって
  • お話を伺ったのは、3年前に発足したダックスを中心に保護している『Loved one D』という団体です。4月30日に代表とお会いして、その後、一度だけ他の団体の譲渡会を見に行きましたが、そことはご縁を感じる事が出来ず、里親募集サイトを見ながらも、問い合わせをすることはなく、2ヶ月が過ぎました。6月下旬、ブリーダー崩壊で11頭のダックスをLodでレスキューされましたその中に、とても気になる子がいました。でも、推定年齢が5 [続きを読む]
  • 保護犬さん
  • 眠っていることが多いとはいえ、一緒にお留守番をしているワンコさんがいたら、櫻蘭は楽しい?イヤ、この年で新しい子が来たらストレスになるかも、もうこのまま穏やかに残りの時間を過ごさせた方がいいのかも?と、2つの考えが行ったり来たりしていました。でも、もし、迎え入れるならばベビタンではなく、櫻蘭のストレスにならいシニアワンコさんサクンゴが元気だった頃から気になっていた保護犬さんにしようと思ったのです。迎 [続きを読む]
  • この1年の櫻蘭の事
  • 珊瑚が居ない毎日のたまらない寂しさ悲しみを、それまでと何ら変わらない様子の櫻蘭が癒してくれていました。お散歩に出ると時折、珊瑚がしていたような行動をとることもあり、きっと、一生懸命頑張ってくれていたんだと思います。しかし、2か月を過ぎた頃から櫻蘭がだんだんご飯を食べなくなってきました。元々療法フードは食べてくれなくなっていたので、普通のドライフードにしていたのですが、イラナイというのです種類を変え [続きを読む]
  • あれから1年
  • 今日10/3は珊瑚のお誕生日であり、命日珊瑚が逝ってからもう、1年・・・まるで昨日の事のようで、闘病中に苦しそうにしていた珊瑚を抱いていた時の肩の感触、息を引取った瞬間は未だに鮮明で、涙が出てきます。たくさんの楽しい思い出をくれました。尻尾をブンブン振りながら、まん丸キラキラお目目で母のことを見つめてくれていた珊瑚のことを忘れた日は一日もなく、今でも本当に愛おしい存在です。珊瑚、あなたの姿を見ることは [続きを読む]
  • 櫻蘭です
  • 久し振りの登場、櫻蘭です。珊瑚が逝ってしまってから、『サクちゃんどうしてる?』ってお尋ね下さった皆様、櫻蘭は元気ですよ!母は、『珊瑚のオタンチンがうつってる』って言ってますが、珊瑚が担当だったお笑い部門も櫻蘭が担っていくのです。珊瑚の分まで長生きしますから、これからもサクンゴ家をヨロシクお願いします。 [続きを読む]
  • 四十九日
  • 11/20(日)珊瑚の四十九日をオレンジ色の朝日を眺めながら迎えました。次第に雲一つない青空と優しい日差しに包まれていき、『珊瑚は虹の橋でゴキゲンに過ごしているんだ』と確信したのです。珊瑚が逝ってから今まで、母は温かな日差しの中に珊瑚を感じていました。きっとこれからも珊瑚はお陽様の一筋の光となって近くに居てくれるんだと思います。お贈り頂いたお花や励ましのお言葉、本当にありがとうございました。ラブママさ [続きを読む]
  • 珊瑚の最後の2週間 -お別れ-
  • 10/4(火)珊瑚は家族一緒に眠るベッドが大好きだった。夜、自分が寝むたくなると『もぅ、寝る時間ですよ。開けてくだちゃい』って寝室の扉の前でアピールしていた。闘病中は、母とリビングで寝ていたから寂しかったよね。体調の良い時は、寝室のベッドに上がりたそうにスロープの下まで行った事もあったね。旅立った日の最後の夜は久し振りに皆一緒にベッドで眠った。許してくれるかな?お別れの日は秋晴れ 朝日が差し込み珊瑚に [続きを読む]
  • 珊瑚の最後の2週間 -旅立ち-
  • 10/1(土)朝、自力で起き上がる事が出来ない。ふらつきながらトイレに行く。トイレで後足が立たず、お尻をついてチッチする。前足も痙攣し、倒れる事が多くなり、オムツを使用し始めるささみ・おいも・ヨーグルト・・・珊瑚が好きだったものも食べてくれなかったが、夕方にスナックボーイのレバーはがっついて食べてくれた。ならばと、同じメーカーのデビフのウェットフード缶をあげると食べてくれた。あばら骨背骨がクッキリして [続きを読む]
  • ぐ〜たらわんこ
  • ワンコとのお出掛け情報を紹介してくれる『イヌトミィ』というサイトで行われていたフォトコンテストで特別賞を頂きました。テーマは『ぐ〜たらわんこ』珊瑚が逝ってしまって、昔の写真を見返している時に見つけて応募した写真です。審査結果のメールを読んだ時に、珊瑚からのプレゼントだぁ〜って思った母なのです・・・よろしければコチラからもご覧下さい [続きを読む]
  • 珊瑚の最後の2週間 -悪化の兆し-
  • 9/29(木)朝、食欲ない。後足に力が入らないようで、オスワリしていると前に滑りヨタツク。前脚を突っ張った状態でオスワリして、横にゴロンとできないようだ。手足を突っ張らせ、目の焦点が合っていない。痙攣か?と感じ、座薬の準備をするが少しすると目の焦点が戻った。点滴・お薬を飲み、眠る。11時頃に起きてトイレに行く。バランスを崩しそうになるがちゃんと歩く。食欲が出て来て、ささみ・おイモとid缶も食べた。ひと眠り [続きを読む]
  • 珊瑚の最後の2週間 -自宅療養-
  • 9/27(火)ずっと腕に巻かれていた静脈点滴の針がなくなって、歩きやすくなったようだ。食欲はあるが、i/d缶は食べてくれない。櫻蘭は嬉しそうに食べているのだから美味しい筈なんだけどなぁストックしていた低脂肪のウェットフードを与えると食べてくれた。何でもいいからとにかく食べてくれないと・・・早く、食いしん坊珊瑚に戻ってね。薬は相当苦いらしく口に入れたらすぐに吐き出してしまい、飲ませるのに一苦労。自宅での皮 [続きを読む]
  • 珊瑚の月命日
  • 珊瑚が旅立って一月・・・もぅ、一ヶ月経ったの?つい、まだ数日前の様な気がしています。珊瑚、そっちで懐かしいお友達に逢えた?美味しいものも食べてる?いっぱい走ってる?笑ってる? 珊瑚が楽しく過ごしてくれている事が今の母の願いです今日は少し、昔の写真を見返していました。珊瑚、お得意のポーズ被り物が似合ったね間違い探し楽しい思い出がいっぱいです。 [続きを読む]
  • 珊瑚の最後の2週間 -回復傾向-
  • 9/24今日は土曜日の為、19時までの入院。輸血の効果が出ているようで、昨日の血球容積 18→22になった。BUN 111.2→106.4 Cre 3.4→2.5 炎症マーカー 3.5→3.2 と少しではあるが良くなっている。リパーゼは、1000以上で不明だが、少しでも良くなっていると信じよう。明日は病院がお休みの為、自宅での皮下点滴と投薬で対応する事になった。BUNが100を超えているので念の為に、状態が悪化して痙攣を起こした時の座薬が出され [続きを読む]
  • 珊瑚の最後の2週間 -輸血-
  • 9/21(水)食欲があり、i/d缶を食べてくれた。ビーフシチュー味と記載があり、低脂肪だが美味しいらしくSakuraは速効完食でした。いつも珊瑚が使っているベッドを持って9時に病院に預け夜お迎えに行くと、病院にも少し慣れたのか持ち込んだベッドの効果か、今日はお昼寝していたらしい。血液検査は昨日に比べて、炎症マーカー 7.0→6.0、Creが4.2→3.9に下がったが、BUNが89.0→112.3、リパーゼが775→1000以上と悪化していた。 9 [続きを読む]