ダイスケ さん プロフィール

  •  
ダイスケさん: 音楽家ときどき猟師
ハンドル名ダイスケ さん
ブログタイトル音楽家ときどき猟師
ブログURLhttps://ameblo.jp/hiradama/
サイト紹介文ライフル、散弾銃、空気銃で様々なスタイルの狩猟に挑戦、取材をして、雑誌の記事を制作してます!
自由文ライブハウスでトランペットを吹き、ミュージックスクールでレッスンをして、鉄砲で獲物を追ったら、家にこもって雑誌の原稿を書く。そんな音楽家ときどき猟師&Gunライター、ダイスケのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/05/14 15:46

ダイスケ さんのブログ記事

  • 2本減って1本増える
  • いったいなんの事かといいますと、例によって例のごとく、ライフルスコープのお話なのです。 最近ちょっとスコープがたまり気味だなとは思ってたんで、整理してみたところ、銃に載せてないモノだけで8本もあったワケです。 ボクはコレクターではないので(ホントですよ)少し整理しようと思い立ち、この2本を選り分けました。 シャーストーン6.5-20×44と、ツァイスセラ3-9×40です。 ちなみに、たぶんどっちも長野製だと思いま [続きを読む]
  • 秋田ひとり飲み
  • 秋田の国際教養大学で行われた、狩猟関係のフォーラムに呼んで頂きました。 イベント終了後は狩猟生活の編集長と打ち合わせをし、編集長が飛行機で帰還した後は地方出張恒例のひとり飲みタイムです。 秋田美人が11名出勤してるお店もありましたが、もちろんボクは行きませんでしたよ本当ですよ絶対ウソじゃないです。 秋田で飲むと言えば川反ですが、トランペッター時代にも何度となく来ましたですねえ。 ああ、路地なんかもう完 [続きを読む]
  • 札幌 第三モッキリセンター
  • 札幌大通公園テレビ塔の時計を見上げると、現在午後2時15分。 言うまでもなく、まだふつうに昼間ですよね。 んが、これでも開店からすでに15分が経過しておりまして、ガラリと戸を開けたらすでに7〜8人の先客がいたんですから驚きです。 今回の札幌での目的のひとつ、第三モッキリセンターのお話であります! ああモッキリ! 札幌なのになぜかアサヒの瓶ビールってのがなんとも変化球的な楽しさでして。 お刺身はもういいんで [続きを読む]
  • 豪華海鮮の宴はセルフサービスで
  • 札幌に行く際には必ず合流している友人がいるんですが、今回はその彼がまさかの欠席という事で、この日はおとなしくひとりで部屋飲みをする事に。 外に出ると出費がかさんじゃいますから、地元のスーパーマーケットで買って来た海鮮の数々。ボクのような貧乏旅フリーランス人ならではの裏ワザなのです。 右からタコ頭、ホタテ、シャコ、マグロ中トロ、昆布の煮物です。マグロ以外はぜんぶ地物。言うまでもなく冷凍物などありませ [続きを読む]
  • 旭川 自由軒の肉ライス
  • 孤独のグルメであの五郎さんがおとずれたお店、旭川の自由軒。 名物の肉ライスをいただきました。 大阪にもありますよね自由軒。最初からご飯とカレーが混ざってる名物カレーという一品がありまして、トランペッター時代、新歌舞伎座に入った時によく食べに行きました。 こちらの自由軒にもカレー(混ざってはいないようです)は当然あって、カツカレーなんかそれはもう最強に美味しそうだったんですが、初訪問という事でやはり [続きを読む]
  • 最近のラーメン状況ふたたび
  • こういうブログを書いてると、なんだかまるでラーメンばっかり食べているような感じですが、もちろん、ラーメン以外の食事だってちゃんとしてはいるんです。 ただ、どーにも記録に残しておきたくなっちゃうんですよねえラーメンとゆー食べ物は。 ははは。 で、横浜は関内の来々軒。ボクが食べたのは普通の醤油ラーメンです。 これは公式トラップシューターのフミエさんが食べていた味噌バターコーン。 問題はコレです。 地獄の [続きを読む]
  • 第6回 狩猟の魅力まるわかりフォーラム
  • これはまだ先のお話ですが、秋田で開催される狩猟の魅力まるわかりフォーラムに参加させて頂く予定です。 このイベントには過去、栃木と千葉でも呼んで頂きましたので今回は3回目、実はけっこうな常連でもあります。 今回は「狩猟よろず相談所」(笑)をやらせて頂きます〜。 これまでも行く先々で大勢の方に話しかけて頂いて、銃の事やらナイフの事やらいろんな事を相談されてはいたんですが、今回はちゃんと「相談所」と銘打 [続きを読む]
  • ここ最近のラーメン状況
  • 先日、ボクの先輩がSNSに投稿していたラーメン画像にヤラれてしまったんで、ボクもとっておきのラーメン画像をいくつか。 宇都宮市の「一品香」 ここは昔、ボクが通ってた高校の近くにあって、とにかくチャーシューがデカいだけがウリのラーメン屋さんだったんですが、ボクが地元を離れている間に移転して、今では毎日行列の繁盛店になってしまいました。 麺はモチモチなやつ。 今はチャーシューの大きさは普通になってますね。 [続きを読む]
  • ライターではないお仕事あれこれ
  • 最近、狩猟ライター業に関連して、しかしライターではないお仕事が増えつつある今日この頃。 漫画のアドバイザーもそのひとつでして、江本マシメサさん原作の「北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし」という作品で、キャラクターたちが使う銃やナイフの選定や、狩猟シーン、射撃シーンなどのアドバイスを担当させて頂いております。 あくまでもフィクションとファンタジーな世界観の中で、一般の読者が理解しやすく、かつ説得力のあ [続きを読む]
  • ガードのケースとタイコーのトランペット
  • 現役時代、ラッパのソフトケースをたぶん4個は使いつぶしたと思います。とにかくもう毎日毎日持ち歩くワケですから、必ず破れたりジッパーが壊れたりするんです。 どうせ壊れるんで、もっぱら愛用していたのはリッターのナイロン製、いちばん安いやつでした。 ちなみに壊れたソフトケースの内のひとつは、甲府のお弟子さんが破れを縫って修理して、ありがたい事に今でも使ってくださっています。 そのリッターのケースですが、な [続きを読む]
  • タナカ コルトディティクティブスペシャル
  • もうね、パッケージからしてグッドセンスですよホントにもう。 箱の写真は本物のコルトディティクティブスペシャルですが、言うまでもなく中に入っているのはオモチャのエアガンです。 買い物のついでに立ち寄ったホビーオフでなんと2,160円!約30年も昔の品物にしてはかなりのグッドコンディションですし、これを買わないという選択肢はありませんよねふつう。 エジェクターロッドシュラウドのついたこのタイプのディティクテ [続きを読む]
  • 衝撃の超ディープタウン羽生 その2
  • 絶品ホルモン焼き新井屋さんからの帰り、羽生駅まで向かう道の途中にある四つ角です。 再開発が進む西口とは対照的に、旧市街のある東口にはまるで時間が止まってしまったかのような景色がそこかしこに広がっていました。 街灯の形にも趣があります。もしかしてガラス製だったりするんでしょうか。 この町の道端に生えているのは、ドクダミとトクサです。 ん?新名物? 東京甘太郎総本舗チエンストアー(原文ママ)とははじ [続きを読む]
  • 衝撃の超ディープタウン羽生 その1
  • ボクは音楽教室の仕事でもう5年以上は埼玉の羽生市に通ってるんですが、たいていクルマなのとレッスンの終わりが結構遅い時間なんで、教室のあるイオンモール以外にはほとんど行った事がありませんでした。 んが、昨日は生徒さんの発表会で夕方には終わったため、かねてより行こうと思っていたホルモン焼屋さんへ寄る事に。 もちろん、それを見越して電車で行きましたよ。 で、これが知る人ぞ知る新井屋さんの看板です。 矢印が [続きを読む]
  • ひさしぶりの音楽家モード
  • ここ数日、かなり久しぶりに音楽家モードが続きました。 地元社会人ビッグバンドに呼んで頂き、パーティーのお仕事。 さらにはコミュニティFMのミヤラジに呼んで頂いて、まずはパーソナリティーの稲葉さんと打ち合わせ中。 音楽について色々と語らせて頂きまして、ボクはジャズを吹くのは苦手なんですが、語る方はかなり得意だとゆーコトに気付いた次第(笑) もちろん、狩猟ライターのお仕事についても色々と語ってまいりまし [続きを読む]
  • 古峰ヶ原射撃場で地元銃砲安全協会主催のクレー射撃大会
  • 今日はボクが所属する地元銃砲安全協会主催のクレー射撃大会でした。 場所は日本一美しいと言われる古峰ヶ原(こぶがはら)射撃場。 経営元の古峰(ふるみね)神社へとつながる参道入り口の鳥居ですが、自転車と自動車のサイズ感からして、いかに巨大かというのがお分かり頂けると思います。 この石門が射撃場入り口で、ずっと奥にスキート射場と白亜の洋館のようなクラブハウス本館があります。 ボクが参加したのはこちら、バ [続きを読む]
  • 伊香保温泉から榛名神社へ
  • 先週末は伊香保温泉へ親族集合旅行だったんですが、伊香保と言えば、まずはこの石段を登るのがセオリーですよね。 1年と同じ日数、365段をちゃんと登りきりましたよ。 石段の上には伊香保神社があって、ご神木がまたデカイ〜! 榛名湖まで足をのばして、榛名富士の山頂にもロープウェイで行きました。 高崎市内を見下ろす感じ。 肉眼だと地平線のあたりにスカイツリーがうっすらと見えてたんですが、スマホ写真だとさすがに [続きを読む]
  • 特殊詐欺にご用心!
  • 今日は地元銃砲安全協会の総会で警察署へ行って来たんですが、警察官の方からこんなモノを頂いて来ました。 オレオレ詐欺とか振り込め詐欺とかにじゅうぶん注意するよう家族やまわりの人たちに伝えてね、という事だったんですが、実は数年前にボクの父親が息子(つまりボク)を語る詐欺電話を受けた事がありました。 ボクは社会人になってから一度も会社に就職した事がないので、「カイシャ」という言葉をほとんど使った事があり [続きを読む]
  • 北尾トロさんとトークショー in 栃木
  • 栃木県栃木市は、川越と同じような蔵の町です。 ファミリーマートなんかも景観に溶け込むよう、茶色くなってたりします。 そんな蔵の町のカフェ、NAZNA(なずな)さんでお昼にいただいた「ナポめし」 ナポリタンのご飯版なんですが、見た目通りの美味しさで、みんな大好きなあの味ですよ。 ごちそうさまでした〜! 実は昨日、猟師ライターの世界を語るというテーマで、大先輩の北尾トロさんとトークショーをやらせて頂いたん [続きを読む]
  • たて看板のホルスター
  • 銀行のATMに行くと、こんな等身大警察官のたて看板があるんですが、ボクはホルスターが気になっちゃって還付金とかもうぜんぜん頭に入って来ません。 日本のお巡りさんは絶対着けないやつ!それ、ソ連(ロシア)のマカロフ拳銃用ホルスターですから〜! アマゾンだとコレがいちばん近いと思います。↓http://amzn.asia/8a2OVNs たて看板のやつにはクリーニングロッドを差す部分がありませんが、こういうタイプもあったみたいで [続きを読む]
  • 初夏の法事
  • もうすっかり初夏の爽やかな日々が続いておりますが、こういう時にお墓に行くのはなかなか趣き深いモノです。 ここは茨城県との境目あたり、山の上にある古いお寺なんですが、廊下の上を見上げると、おそらくは江戸時代とかの当時モノと思われる籠がなにげなくブラ下がっております。 外に出て山から下を見下ろすと、なんと蒸気機関車が停車する駅が見えるのです。 この汽車、もちろん普通に動いてて切符買えば乗れるんで、「 [続きを読む]
  • オートマグ エーダイグリップとヨネザワ
  • ボクの宝物オモチャのエース、エーダイグリップ製オートマグシルバー仕様。 そこに、ブラック仕様が加わりました〜! 実はこのブラック、エーダイグリップではなくヨネザワ製なのです。 エーダイグリップの倒産後、一部の技術者がヨネザワに移ったという話がありますが、これはそれを裏付ける貴重なモデルだと思います。 エーダイグリップにはなかったASGKマークも追加されています。 ただし、どーにも解せないのがこの部分。 [続きを読む]
  • 鉄剣タロー
  • 昨日は埼玉の羽生でレッスンのお仕事だったんですが、開始までかなり時間があったんでちょいと行田まで足をのばし、鉄剣タローでランチタイム。 知るぞ人知る、昭和タイムスリップの自動販売機オートレストランです。 ズラリ並んだ自動販売機。 店内の半分はガランとした空間になっていて、園 子温監督が映画で使ったというペインティングがそのまま残っており、ちょっと恐ろしげな雰囲気がまたなんとも。 奥のドアがトイレな [続きを読む]
  • 上野はしご酒3軒
  • 昨日は17時に上野で集合して乾杯する予定だったんですが、ボクはその前に某出版社の編集者さんと会う事になっていたんで早めに出発、お昼は小山駅の立ち食いそばで。 めんつゆをいきなり投手に例える、というトリッキーな発想がイカしてますよね。 小山駅のきそばは戦後まもなく開店という由緒正しいお店だそうで、確かにこれぞまさしく関東の駅の立ち食いそば、といった感じの美味しいおそばでした。 某出版社でお話をして、 [続きを読む]
  • 銃検終了!まだまだ運べます
  • 銃砲所持者にとって春の風物詩といえば銃砲検査、略して「じゅーけん」です。 まあ色んな方のSNSなんかを拝見しても、全部の銃をいっぺんに持ち運ぶのが大変だ、みたいな事をおっしゃる方が多いようですが、ボクはキャリーカートを使わずにぜーんぶ身につけてクルマから会場まで持って行きます。 たぶん、ネイビーシールズでもこんなにたくさんは持ち運ばないと思います。 ボクは銃砲安全協会員として受付のお手伝いをさせて頂 [続きを読む]