みつお さん プロフィール

  •  
みつおさん: Bicycle & Ethnic 2
ハンドル名みつお さん
ブログタイトルBicycle & Ethnic 2
ブログURLhttp://mitsuo177.blog.fc2.com/
サイト紹介文インド・パキスタン・ネパール・スリランカ・タイなどエスニック料理を中心とした食べ歩きの記録と自転車。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/14 16:26

みつお さんのブログ記事

  • 十三の本場系中国料理店@隆福(大阪市淀川区・十三)
  • OHR常連のOさん夫妻と十三の本場系麻辣火鍋店、隆福火鍋城の本店ともいえる本場系中国料理店「隆福」を初訪問。このお店もお客さんはほぼ中国人のみ。メニューは日本人向けの日式中華料理もあるけれど、別葉にて本場系中国料理のメニューがあるので、今回はほぼ本場系からオーダーしてみた。基本的には東北料理なので、もはや定番の羊串から適当に(笑)いろいろオーダー。乾豆腐の中華サラダ。これも定番。〆など。どの料理もパンチ [続きを読む]
  • 麻辣火鍋食べ放題@隆福火鍋城(大阪・十三)
  • OHR常連の某ご夫妻のお誘いにより、十三の麻辣火鍋店、隆福火鍋城を初訪問。当店は来店されるお客さんが、ほぼ中国人という中国式食べ放題鍋店である。大阪の島之内界隈には当店のような現地系火鍋店はたくさんあるが、梅田から阪急電車で2駅という十三にこのようなお店があったとは驚きである。ダシは3種から1つを選ぶことができ、辛いのが苦手な人は豚骨ダシや海鮮ダシが良いと思うけれど、やはり当店一押しは麻辣ダシであろう。 [続きを読む]
  • 客家小炒・梅菜扣肉など@台湾客家料理 新竹(東京・仲御徒町)
  • 仲御徒町に台湾客家料理店があるという情報を得たので、ディナータイムに行ってみることにした。客家は中国広東省や福建省の山間部や台湾の桃園や新竹に華北から移住してきた漢民族で、移住先の住民から見て外来者・よそ者であるので「客家」(はっか)と呼ばれている。客家はタイやマレーシア、シンガポールなどにも移住・定着しているとのことで、東南アジアの中国系の有名人もルーツをたどれば客家人だったりする。「新竹」はビ [続きを読む]
  • ダルバート@ナングロガル(Nanglo Ghar)(東京都新宿区百人町)
  • 東京2日目のランチは新大久保へ。もちろんネパール料理店目当てである。いきたいお店があまりにもあり過ぎたが、迷っていても仕方ないので、手堅く?ナングロガルへ行くことにした。メニューいろいろ。居酒屋的な使い方だとサマエバジとかカジャ系が良いと思うけれど、この日は食事であったのでダルバートをいただこうかと思ったが、せっかくなので上位バージョンのタカリカナセットをいただくことにした。全体的に味濃いめで、ギ [続きを読む]
  • タイ料理全品一律630円@あろいなたべた(東京都千代田区内神田)
  • 東京出張、仕事終了後に巣鴨のプルジャダイニングにに行こうと思っていたが、同行者の希望により神田駅前のタイ料理店あろいなたべたへ。当店は基本的にアラカルト料理1品630円というリーズナブルかつ分かりやすい価格設定であるが、本格的なお店でもある。有楽町ガード下に店があった頃に一度行ったことがあるが、神田駅前に移転してからは初めての訪問となる。メニュー表も分かりやすい。とりあえずラープなど数品オーダー。トム [続きを読む]
  • ホーリースペシャル@ナンディニ虎ノ門店(東京都港区西新橋)
  • 2018年2回目の東京出張。出張先が丸の内あたりだったので、ランチは虎ノ門のニルワナムでも行こうかと思ったが、虎ノ門というか西新橋のナンディニ虎ノ門店にてヒンドゥー教の春祭りであるホーリーを祝うバッフェが開催されるとのことだったので行ってみることにした。ナンディニはニルワナム出身の方が立ち上げた店ということもあり、バフェのスタイルもニルワナムっぽい。まずいろいろ盛ってみた。味自体もニルワナムっぽいが、 [続きを読む]
  • 春節祭@大阪中華学校(大阪市浪速区敷津東)
  • 2月中旬、大国町の大阪中華学校(中華民国・台湾系)にて、今年も春節祭のイベントが開催された。毎年行こうと思っていながら予定が合わず、なかなかイベントに参加することができなかったが、今年はなんとか参加することができた。11時頃現地に到着すると、すでに校内は満員状態。とりあえず客家炒めとか魯肉飯とか色々購入。さらにいろいろ、牛肉麺とか。鶏肉飯〆に551の坦々麺道教の子供の神様である三太子(サンタイツ―)も登 [続きを読む]
  • ダルバートセット@ハリパリワール(西宮市今津水波町)
  • お昼時にたまたま今津の近くにいたので、久しぶりにハリパリワールを訪問してみた。ダルバートをオーダー。この日のダールはたまたまなのか、少し煮詰まった感じで風味が弱かったが、相変わらずのボリュームで、ライスを少し残してしまった。食後にセットのチヤ。午後からのの仕事のことを考えると、軽めのカレー&ナーンのセットの方が良いかもしれない(笑) [続きを読む]
  • 新Cセット@大阪ハラールレストラン
  • 2017年11月より従来のCセット(2カレー、ビリヤニ(プラオ)、サラダ)がリニューアルし、スチールの食器による1プレートでの提供となっている。新Cセットは旧Cセットと比較して、カレー、ビリヤニの量が少しづつ減ったようであるが、日替わりで焼き物もついているので、あれもこれも試してみたい人にとってはお得な内容となっている。好みでナーンあるいはロティを追加すれば完璧。 [続きを読む]
  • 黄燜鶏米飯@楊銘宇(大阪市中央区)
  • 最近、中国で大増殖中らしい黄燜鶏米飯の大チェーン店、楊銘宇の日本支店(FCか?)が何故か大阪中央区にオープンしたらしいという情報を得たので、早速ランチタイムに訪問してみた。黄燜鶏米飯とは山東省ルーツの料理で、楊銘宇は山東省から北京や上海へ進出して2013年頃からブームに火が付いて店舗をさらに拡大して中国全土に店舗網を広げて、全国制覇を果たしたのだそうだ。なお現在はチベットやアメリカにも支店があるらしい。 [続きを読む]
  • 新大久保Bhetghatで食事会
  • 久しぶりの東京出張時にインド食器等販売および業界の表・裏事情?に精通するアジアハンターの小林さんが、同系統(笑)の博識な方々を招集していただき新大久保のネパール料理店Bhetghatにて食事会をセッティングしていただいたので、有難く参加させていただいた。当店は女タカリ族女性がシェフのようで、小林さんのおかげでスペシャルな料理をいろいろいただくことができた。初めていただいたムラコテベ。これは珍しい。〆に噂の50 [続きを読む]
  • 大同電鍋@年末年始は台湾で(番外)
  • 今回の台湾旅行で最大の成果といえるのが、一部マニアの間で評判となっている大同電鍋である。思い切って街の家電小売店(カルフール重慶店近くの大同ショップ)にて購入した。大きい方のほうが使い勝手が良いという話もあったが、そんなに大量調理をしないだろうと思ったので小さい方を購入。日本に正規輸入されているものは、スイッチが2つある先進的?なタイプなので、どうしてもこのシンプルなタイプが欲しかったのである。と [続きを読む]
  • 台電勵進酸菜白肉鍋@年末年始は台湾で⑯
  • 1/1台北 今回の台湾最後の夕食は、古亭駅近くの知る人ぞ知る取材お断りの老舗、台電勵進餐廰で中国東北地方の酸菜白肉鍋を。もともと台湾電力の社員食堂だったがあまりにも美味しいので一般開放されたという食べ放題鍋店(400元/1名)。常に満席との情報があったので、一時間ほど前に現地に着くと、なんとポールポジション(笑)。 受付?のおじさん(ipadを駆使して受付。レジもipadのAirレジを使用していた!)に食べたい肉の種類を [続きを読む]
  • 晉江茶堂@年末年始は台湾で⑮
  • 1/1、月1回予約無しで見学できる台湾総統府の参観開放日であったため、じっくり見学。早朝からイベントが開催されていた(テレビ中継もやっていた)。その後、ランチはMRT古亭駅近くの台湾客家料理店、晋江茶堂へ。見た目はかなり古い店舗に見えるが、それもそのはず、日本統治時代の日本家屋をそのまま使っているそうだ。客家人は台湾の総人口の約3割を占めており客家料理は中国八大料理系統の中では広東料理系に入るとのこと。 [続きを読む]