huahin7 さん プロフィール

  •  
huahin7さん: Anyway, anywhere
ハンドル名huahin7 さん
ブログタイトルAnyway, anywhere
ブログURLhttp://huahin7.blog.fc2.com/
サイト紹介文アジアを旅したり、国内でバイクツーリングしたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/05/16 13:44

huahin7 さんのブログ記事

  • ごく当たり前の地方都市・楚雄(チューション)
  • 香格里拉(シャングリラ)からチベットを抜けてネパールへ、などというルートが成立すれば素晴らしいのだが、今はチベットに入るだけで高額なツアーを組まなくてはならないため、おとなしく大理(ダーリー)へ引き返します。バスで6時間。106元(1800円)。今日は大理の新市街である下関に宿泊。麻婆豆腐をつまみつつビール。翌日は昆明(クンミン)までの中ほどに位置する楚雄(チューション)という町へ。聞いたことのない町に泊まるのも [続きを読む]
  • 標高3000メートル以上の町・香格里拉(シャングリラ)
  • 麗江(リージャン)から香格里拉(シャングリラ)へはバスで3時間半。香格里拉も新市街は普通の町なので、旧市街(古城)へ行く。看板には独克宗古城とあった。入口に月光広場というのがあり、丘の上に立派な寺があった。麗江と違って無料なのがおおらかでいい。巨大マニ車は一人では動かせなかった。丘の上からは古城の町並が見渡せた。屋根は青いトタンに板を並べただけなので、ちょっと見るとボロ屋のよう。しかし降りて町中を歩くと [続きを読む]
  • 水路の流れる美しい町・麗江(リージャン)
  • 大理(ダーリー)から麗江(リージャン)へは3時間半。バスターミナルから旧市街の麗江古城へ歩く。漢字だけの看板が中国っぽくていい。麗江は標高2400メートルだが沖縄と同じくらいの緯度なので11月末でも思ったほど寒くはなかった。古城エリアに入ると古い家並みに石畳、車が通らないので静かで風情があった。土産物屋の並ぶ通りはちょっとうるさい。しかし脇道に入ると人通りが少なく心地いい。木府という観光地は50元(900円)だった [続きを読む]
  • 大理石の語源の町・大理(ダーリー)
  • 臨滄(リンシャン)から大理(ダーリー)へは7時間。雲南省の山間部を走る、眺めの良い道であった。下関のバスターミナルから路線バスに乗って大理古城に着いたときは夜になっていた。大理古城はいわゆる旧市街。観光地として綺麗に整備されていた。ライトアップされた門おばちゃんたちによる踊りの披露大理も10時には消灯、という感じであった。翌朝、宿の屋上から4000メートル級の蒼山の山なみが見えた。大理の町自体が2000メートル [続きを読む]
  • 中国雲南省へ・臨滄(リンシャン)
  • ルアンナムターから中国との国境のボーテンへは1時間ほど。歩いて国境を越え、中国側の町、磨憨(モーハン)へ。15日以内ならビザ無しでOK.国境ゲートを抜けてすぐに食堂や安宿、銀行やバスターミナルがある。念のため少し中国元を用意してきたが、その必要はなかった。ATMで1000元おろして一安心。日本円で引き落とされたのは17323円なので1元は約17円というところ。面倒なので20円と考え、ちょっと少な目、 [続きを読む]
  • ラオスは美味しい・ルアンナムター
  • フエサイからルアンナムターへはバスで4時間。バスターミナルは町の中心部から8キロ離れていたので乗り合いタクシーで行く。ナイトマーケットで生春巻きをつまみにビール。タイと違ってどこの屋台もビールを置いているから便利だ。細めのきしめんに辛味噌の肉そぼろを載せたようなやつ。これが非常に美味かった。北ラオスではこれがポピュラーな感じ。翌日は自転車を借りてルアンナムターの町を観光。ラオスの町は大作りで、割に [続きを読む]
  • 長旅の始まり・バンコク
  • 2017年11月11日から2018年6月2日まで、約6ヶ月半、アジアを旅してきました。ルートは大体以下の通り。1.バンコクから入って北上し、中国雲南省へ(2週間)2.陸路で国境を越えて北ベトナム(2週間)3.北ラオスからメコン沿いに下って南ラオス(1ヶ月)4.南ベトナム(2週間)5.カンボジア(1ヶ月)6.コルカタへ飛んでネパールへ行き、アンナプルナ一周トレッキング(1ヶ月)7.インドのシッキム地方(2週間)8 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【最終日】富士山を回って帰宅
  • 8月30日(水曜日)  山梨県西湖→埼玉県ふじみ野富士山西湖の野鳥の森公園にて起床。テントの向こうは青木ヶ原樹海だが、散策路があって一度歩いたことがあるし、のどかなものだ。富士山の姿も見えた。見晴らしのいいところから富士山を眺めたかったのでパノラマ台へ。以前、本栖湖側から登ったので、今回は精進湖から。50分ほどで到着。本栖湖からより楽なようだ。富士山はなんとか見えたが、あいにく雲がかかってしまい樹海 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【40日目】尾白川渓谷
  • 8月29日(火曜日)  長野県諏訪湖→山梨県西湖5時、諏訪湖畔に張ったテントにて起床。雲がかかった風景も幻想的で悪くない。諏訪湖沿いの並木は早くも色づいているものがあった。この夏はすっかり旅で過ごしたのだなと思う。国道20号を南下し、「道の駅はくしゅう」で水を汲んで、尾白川渓谷へ。渓谷道を歩いて、まずは千ヶ淵。さすがにきれいな水で、気持ち良く水遊びできそうですね。続いて特に名前がついていなかった滝。 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【39日目】高山散策。野麦峠越え
  • 8月28日(月曜日)  岐阜県高山→長野県諏訪湖高山の朝。自分としては昨日の上高地がこの旅最後のクライマックスで、あとはボチボチ帰路に就くという感じである。高山に2泊したことだし、まだ行ったことの無かった「飛騨の里」を見学していくことにした。入場料700円。園内に合掌造りの家などが十数軒残されている場所だ。家の中では囲炉裏に火が焚かれて良い感じ。家ごとに異なった展示や実演などが行われている。養蚕の家 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【38日目】初めての上高地
  • 8月27日(日曜日)  岐阜県高山⇔上高地5時、高山の宮川公園にて起床。今日は上高地へ行き、またここに戻って来るつもりだ。平湯へバイクを走らせ、9時発のシャトルバスで上高地へ。往復2050円。マイカー規制されている先はほぼトンネルであった。大正池で下車。やはり素晴らしい景観だ。穂高連峰が目の前に見える。水はきれいで空気も清浄。さすがに名高い上高地、まさに別世界という感じ。到着早々、納得させられてしま [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【37日目】乗鞍高原へ
  • 8月26日(土曜日)  長野県松本→岐阜県高山5時半に起きてテントを撤収。6時前にはもうワイナリーのスタッフがやってきて作業を始めた。小雨が降っていたので屋根のあるテラスでしばらく本を読み、止んだところでバイクを走らせ松本市内へ。天気がはっきりしないのでコンビニや図書館で待機していたのだが、10時頃には晴れてきたので乗鞍へ行くことにする。まずは大滝へ。40メートルの落差で水しぶきが凄かった。乗鞍観光 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【36日目】松本で雨宿り
  • 8月25日(金曜日)  長野県塩尻市 木曽平沢→長野県松本市5時、木曽平沢の漆器館の駐車場に張ったテントにて起床。コンビニで朝刊を見ると長野は午前中雨の予報なので、早急に山間部を抜けてしまうべく、国道19号を走り塩尻へ。雨を退屈しないで過ごすべく図書館を探したが、立派な市民ホールがあったものの、図書館は見当たらなかった。まだ晴れているし、塩尻駅でかき揚げそばを食べて松本へ向かった。松本城近くの中央図 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【35日目】御嶽山登山
  • 8月24日(木曜日)  岐阜県中津川市 坂下→長野県塩尻市 木曽平沢朝方、山に靄がかかって雨が降りそうだったので、しばらく読書などして待機。やがて靄も払われて日が差してきたので出発する。中山道(国道19号)は、木曽川を見下ろして行くダイナミックな山間路であった。青空が見えてくると心も晴れる。桃介橋付近。由緒ある木造橋のよう。ちなみに今ネットで調べたところ、地名は南木曽町読書(よみかき)とのこと。珍しい [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【34日目】琵琶湖沿岸から中山道へ
  • 8月23日(水曜日)  滋賀県大津市 瀬田→岐阜県中津川市 坂田朝、琵琶湖畔のファミリーマートでパンとコーヒーの朝食。やや雲が多め。この付近から琵琶湖の水が瀬田川へ流出しているとのこと。湖沿いに走って行くと、左手に鏡のような湖面、右手に緑の田畑、雲の切れ間から朝日が柔らかく差し込んでくるという素晴らしいシチュエーション。空気は適度にしっとりしていながらサッパリもしていて、至福の気分でバイクを走らせた [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【33日目】京都散策
  • 8月22日(火曜日) 京都市宝ヶ池→滋賀県大津5時、テニスの壁打ちの音で起こされる。クラブハウスの軒下にテントを張ったが、幸い雨も降らず、よく眠ることができた。下賀茂神社、南禅寺と参拝し、山越道で比叡山へ向かう。しかし登ったところでゲートがあり、ドライブウェイ往復が1600円、さらに延暦寺入園料が700円とのことなので、即、引き返した。京都市内を走って行くと、北野天満宮があったので参拝。七夕飾りが華 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【32日目】関西都市圏。思うに任せぬ一日。
  • 8月21日(月曜日)  岡山県牛深→京都市宝ヶ池牛深の桟橋にて起床。ここにテントを張ったのだが、妙に蒸し暑い夜で、割に頻繁に船のエンジン音がするし、軽油の匂いも漂ってきて、あまりよく眠れなかった。牛深の町並を歩いたが、閑散としていて侘しげな雰囲気であった。すぐ目の前の前島に渡るフェリーがあったが、蒸し暑いし、雲も多めなので、行く気になれなかった。岡山ブルーラインから国道250へと走って行く。フェリー [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【31日目】本州瀬戸内沿いを行く
  • 8月20日(日曜日)  愛媛県大三島→岡山県牛窓朝からまた大三島を一周した。特にどこに止まることもなく、すいた道をどんどん走って行く。実に爽快だ。そして8時の便で本土の忠海へ。バイクを入れて740円。右は海、左は線路と山、そして沿道に住宅や工場が立ち並び、車も結構混んでいる、という道を走って行く。しかし一昔前の風景がそのまま残っているようでもあり悪くなかった。尾道に入ったが以前来たことがあるし、暑く [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【30日目】神峰山、木江、そして大三島へ
  • 8月19日(土曜日)  広島県大崎上島→愛媛県大三島大崎上島の朝。長島という小島に渡る橋があったので走って行く。しかし行った先は工場施設になっていた。てっきり行き止まりと思って引き返したが、後で地図を見るとこれは発電所で、まだ先へ行けたようだ。昨日走っていない道を走って行く。神峰山(かんのみね)への登山道があったので行ってみることにした。山頂付近まで舗装道があり、そこから山道を歩いて470メートルで展 [続きを読む]
  • 吹上コスモス畑
  • 秋の長雨続きの中、昨日は珍しく晴れたので、吹上市(埼玉県)のコスモス畑に行ってきました。荒川河川敷に広大なコスモス畑が作られています。雨と寒さのせいか、やや花がまばらで、すでに枯れ始めているのもありましたが、この週末のフェスティバルを最盛期とするよう種を蒔いているとのことなので、ほぼ満開の状態のはず。8月中旬に蒔いたので二ヶ月で咲くわけですね。コスモスというとピンクや白のものしか知りませんでしたが、 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【29日目】とびしま海道、島めぐり
  • 8月18日(金曜日)  広島県倉橋島→広島県大崎上島倉橋島の須川の小学校で5時起床。倉橋島もまだ東の方に入り組んだ岬や島があるようだが、朝からうねうね走って行く気になれなかったので、西の海沿いを回って呉へ抜けてしまうことにする。江田島が見える。倉橋島と本土をつなぐ音戸大橋。似たような赤いアーチ橋が二つ架かっている。そして呉へ。やはり造船所が多い。潜水艦の資料館が無料だったので見学。潜水艦内部にも入る [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【28日目】江田島観光
  • 8月17日(土曜日)  山口県田布施→広島県倉橋島5時半に起床し、瀬戸内海沿いを走って行く。快晴で、湿気はなく、涼しい。周防大島、岩国、宮島は以前行ったのでパス。海を見ながら広々した道を走って行くと海上を行く気分だ。広島市も通過し、呉へ走って行くと、江田島に渡るフェリーがあった。バイクを入れて620円と安かったので乗って行くことにする。たった12分でも船旅はやはりいい。島へ渡るとなぜかホッと安らぐ。 [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【27日目】雨で連泊。柳井観光。
  • 8月16日(水曜日)  山口県田布施5時半起床。夜に雨が降ることはなかったが、テントを片付けていると雨がパラつき始め、6時にはどしゃぶりとなった。危ないところ。運が良かった。止んだところで出発したが、すぐにまた降り出したので柳井のイオンタウンに避難。店内を一回りし、本屋で立ち読みなどしていたが、どうやら一日雨模様のようなので、もう今日は休みということにして、鳥のたたきとビールを買って外のベンチで飲ん [続きを読む]
  • 西日本ツーリング【26日目】周防灘を回って本州へ戻る
  • 8月15日(火曜日)  大分県杵築→山口県田布施5時半起床。夜中に雨が降ったが小学校の渡り廊下は快適であった。国東半島の海岸線を走って行く。こちらは昨日と異なり楽な道であった。伊美港の姫島行きフェリーターミナルで休憩。姫島までバイクを入れて1000円くらいであり、ちょうど今日が姫島盆踊りとのことであったが、あまりに小さい島なので渡るのは止めておいた。またちょっと行くと竹田津港。ここからは山口県の徳山 [続きを読む]