のらりひょん さん プロフィール

  •  
のらりひょんさん: ぬらくらのブログ
ハンドル名のらりひょん さん
ブログタイトルぬらくらのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/relationshipto/
サイト紹介文コミュニケーションスキルを磨いて、幸せになろう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/05/16 19:09

のらりひょん さんのブログ記事

  • 最大公約数はどこにある?
  • 〜共通の目的がない人達の集まりで感じたこと〜 初対面ではないけど、それほど相手のことを知っている訳でもない。 先日、そのようなグループで話をして、困ったなぁと感じた。 先日、ある職場で一緒だった人達とランチをした。 この場合、最大公約数的な会話といえば、職場の人の話。 ところが… ある人が、こう言った。「YさんとOさん、Sさんのことを話していたよ。人の噂話をするような人達だとは思わなかった。」 一同「(* [続きを読む]
  • 親切ってなんなのか?
  • 私は、麻雀教室に通っている。 そこで親切な先生(女性)と不親切な先生(男性)2人の先生に出会った。 親切な先生は、その人のレベルに合わせて教えてくれる先生だ。そして、終始ニコニコ(*^▽^*)している。 不親切な先生は、概要は板書して説明してくれるけど、ステップを踏みながら教えてくれる先生ではない。 そして、不親切な先生は、麻雀をやっている最中、私の背後に立ち、牌(先生が予想していたのとは違う牌)を切るとき [続きを読む]
  • 複雑さは意図的でしょ
  • 今年も税務署でバイトをすることになった。 そこで、いまからチラチラと今年の確定申告の書類に目を通しているのだけど… あ〜!読むのが面倒くさい ?ァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァ!! ドラえもんの暗記パンがあれば良いのにあっ、暗記するだけじゃダメか(ノ_-。)などとひとり悶々と考えながら、ふと思った。 『なんで、こんなに分かりにくく書いているの?』 と、思っていたら… アメリカの心理学者ダンアリエリー教授が 『人は書式によ [続きを読む]
  • アイコンタクトに思うこと
  • 女性は嘘をつくとき、相手の目をじーっと見る傾向があるそうだ。 それで、思いだしたことがある。 子どもの頃、自分が嘘をついていて、そのことで母親に問いただされたときは、母親の目から絶対目をそらさなかった。 そのとき心の中では『ほら、嘘をついていない証拠に私は目をそらさないでしょ。』と思っていた。それで信用してもらえる、と信じていた。 ところが、母はこう言った。「お兄ちゃんは、嘘をついているときは目をそ [続きを読む]
  • 「ふん」と「うん」の相槌の違い
  • 今日【会話分析】という話を読んでいたら、相槌の「うん」と「ふん」の違いが載っていた。 それによると「うん、うんうん」の相槌は、会話相手の話を促すことも出来るし、すぐに自分の話に切り替えることも出来る。 一方「ふん、ふ〜ん」の相槌は、相槌をした後に、自分の話に切り替えるには、少し間が必要。つまり、“話しの主導権を相手にパスしますよ”という意味合いで使われることが多い。 と、あった。 それを読んで「え〜 [続きを読む]
  • キャラの持続性について
  • 私が勤めていた職場に、ある個性際立つ女性がいた。以下Sさんと呼ぶ。 その彼女のキャラクターは仕切りたがり屋さん八方美人 Sさんは、その力を余すことなく発揮し、またたくまに職場で注目を集める存在になった。仕事も出来るし、向上心もあったので、上司は彼女をグループリーダーに任命した。 Sさんは、営業マンの理不尽な態度や面倒くさい欲求にも、不満げな態度や、反論をしないので、受けが良く、問い合わせは、だんだんと [続きを読む]
  • 天使と悪魔【その10】:リフレーミングするキツネ
  • リフレームには、2つある1は内容を変えること2は状況を変えること この隠喩でいうと、内容のリフレームはキツネは一見偉そう、だけど、それは見方を変えると、信念があるので堂々と振舞っているともいえる。 状況のリフレームはキツネは平和で何も起こらないときは、活躍する機会があまりないけれど、危機が起きたときはその能力を発揮する。だからリスク管理をする役割が最適ってことが分かる。 フレームを変えるって大切 [続きを読む]
  • 急激に変わっていく父
  • 母から電話があった。 「あのね、お父さんの脈拍が36しかないのよ!」 「え!36?」 「そうなの。それで、明日総合病院で診てもらうことになったの。あなた一緒に行ってくれる?」 翌日父に会ってビックリ(゚д゚)! 1カ月前に会ったときと比べて、大分やつれて、顔が黄色い。 「お父さん、調子はどう?」 「あ〜、今日は大丈夫だ。たぶん、一昨日キャベツ食べ過ぎたから脈が遅くなっちゃったんだろう。」 『??キャベツの食べ [続きを読む]
  • 先日一番盛り上がったワークショップとは?
  • 先日、ある中学校で“やる気が出る言葉”というテーマで、講座を開催した。 その講座の中で盛り上がったワークがこれ 『噛み合わない会話』 を実践してみよう♪ これは、二人一組になって、お互い、相反するパターンの思考になりきってもらって、会話してもらうというロールプレイング。 3分の間、ひたすらかみ合わない会話をし続けるのだ。 伝えたいことが伝わらない、これこそストレスの極み。 ところが、このお題を挙げた時点 [続きを読む]
  • 暴言で思ったこと
  • どこかで人はつながっている 〜夫と買い物をしていたときの話〜 先日、夫と近所のスーパーで買い物をしていたら、夫が突然 「いま、すれ違った家族連れのお父さんに、すれ違いざまに『うぜえんだよ。お前。』って言われた。」 と、ショックを受けた表情で言った。 私は「え〜そんなことある?何もしてないのに!?」と言って 「どの人?」と夫に聞いたら 振り返って「あの人」と言うので、見たら、子どもが通う小学校の体操服を着 [続きを読む]
  • 出会うのは何のため?
  • 出会いの意味 様々な人と付き合っていて、不思議だと思うことが 1つ ある。 それは 付き合いの長短がどうして決まるのか?ってこと 相手が私に嫌気がさして去るのもあれば 『ここで付き合いが終わっちゃうんだ(´・ω・`)ウウッ』 ってこともある。 年を重ねて 付き合いの長短は、その人から学ぶべきことを学んだかどうか? なのだろう、と思うようになった。 付き合いの深さも、深いときは、共通点が多い。 共通点を変えるように [続きを読む]