木村嘉代子 さん プロフィール

  •  
木村嘉代子さん: モロッコ美容あれこれ
ハンドル名木村嘉代子 さん
ブログタイトルモロッコ美容あれこれ
ブログURLhttps://ameblo.jp/marocbeaute/
サイト紹介文モロッコ美容の魅力とモロッコの天然素材を使った手作りコスメ、さらに、アラビアンビューティーも紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2014/05/18 08:57

木村嘉代子 さんのブログ記事

  • モロッコ美容の植物:高麗人参
  • 高麗人参は、中国や韓国、日本で薬草として珍重され、何千年も前から栽培されてきました。高麗人参の根は、器官の崩れたバランスを正常化し、病気を回避させる力があるといわれています。 若さを保ち、寿命を延ばすといわれ、お茶や料理など、食用としても人気があります。 ビタミンを豊富に含む高麗人参は肉体に活力を与えるだけでなく、精神的にも刺激し、特に記憶の喪失に効果があるといわれています。 美容の分野では、すぐれ [続きを読む]
  • ソロモン王の髭剃りケア
  • 古代の髭剃り後のお手入れです。ピーリング効果があり、自然な仕上がり。1週間に2度行うのがおすすめです。 髭剃りブラシカミソリ黒石けん ブラシを使って黒石けんを泡立て、首と顔につけます。泡をとるように、髭をそっていきます。 間違って傷をつけてしまったら、ミョウバンをつけて、手当てします。 伝統的なアフターシェイブローションとしては、ムスクとヘリオトロープのローション、もしくは、オリエンタル・ベチバーが用 [続きを読む]
  • モロッコ美容の植物:イランイラン
  • イランイランは、“花の中の花”という意味で、カタログ語の「アランイラン」がその由来です。甘くジャスミンに似た官能的な香りで、その昔、ハーレムを快い香りに満たす”誘惑の花”といわれていたそうです。 イランイランの花から抽出された精油は、香水や美容に用いられています。 イランイランの精油は、心をなだめ、リラックスさせる効果があり、感情に刺激し、神経、混乱、心のトラブルを鎮めるといわれています。 スキンケア [続きを読む]
  • コーヒーの出がらしゴマージュ
  • 「バカンスで過ごした砂浜の砂を持ち帰って、ボディケアに使う」というレシピを見つけたのですが、日本では残念ながら、ちょっと危険ですね。 そこで、コーヒーの出がらしで代用した、砂のゴマージュをご紹介します。 ボディ、手足を砂でゴマージュすると、肌のきめが細かくなり、なめらかになります。固い角質でざらざらした肌がすべすべに。 コーヒーの出がらし 1カップバラの花(ドライ) 1カップアルガンオイル 1/2カップ [続きを読む]
  • モロッコ美容の植物:パチョリ
  • パチョリは薬効のある植物として知られ、アジアでは、風邪、吐き気、頭痛のときに用いられます。また、蚊に刺されたときや、蛇に噛まれたときの解毒剤としても知られています。 パチョリは70年代、ヒッピーに好まれた香りで、「自然回帰」のシンボルとされていました。パチョリの強く重い香りは、精神力を高め、神経を刺激し、無気力から脱却して、やる気をおこしてくれます。 パチョリの精油には収れん作用があり、皮膚のたるみを [続きを読む]
  • バラをふんだんに使ったフェイスケア
  • オイリー気味の疲れた肌を引き締めるスキンケアです。 まずは、クレンジングと洗顔。アルガンオイルを加えた黒石けんで、顔を丁寧に洗います。ネットを使うのもおすすめです。お湯ですすぎ、バラ水とイチジクの抽出液をスプレーします。 次に、毛穴の黒ずみをとります。ウチワサボテンオイルにバラ水(あれば、シリアのダマスカスのバラ水)を少し加え、これで顔と首をしっかりマッサージします。ガスールで10分ほどパックをして [続きを読む]
  • モロッコ美容の植物:ロータス(蓮)
  • ロータス(蓮)は世界で最も美しい花として、つねに崇められています。アジアでは、清純、美、神聖さのシンボルです。ヒンドゥー教の伝統では、世界の創造物は、ロータスの花から生まれたといわれています。古代エジプトの墓地のなかに見られる多くの彫刻は、神聖な花”ロータス”を表現しています。 日本では、蓮の地下茎「レンコン」はおなじみの食材です。アジアの国では、蓮の実や茎など、さまざまな部位を食用にします。 中 [続きを読む]
  • 喉のいがいがを癒す飲み物
  • 急に冷え込み、体調管理が難しい季節ですね。こういう時期は、喉が乾燥したり、咳が止まらなかったり、風邪を引いたときのような症状が出やすいといわれています。 そこで、今回は、喉がいがいがするときに効果的な飲み物をご紹介します。 バラ水とオレンジの花水の入ったハチミツレモン。 日本では、飲料としてのバラ水とオレンジの花水は手に入らないので、バラとオレンジの花のハーブティーで代用するのがいいと思います。とり [続きを読む]
  • アラビアン全身パック
  • 休日に試してみたい、全身パックをご紹介します。 アラビアンビューティーのボディケアの基本は、ゴマージュ、洗浄、栄養および水分補給。 黒石けんと垢すり手袋でゴマージュし、シアバターでパックします。シアバターは、細胞を再生し、肌の新陳代謝を高め、皮脂膜を再構築する働きがあるといわれています。 用意するのは、 黒石けん垢すり手袋シアバター です。 シアバターは湯煎して、クリーム状にしておきます。 まず、顔とボ [続きを読む]
  • ローズマリー入り手作り黒石けんで垢すり
  • 黒石けん作り第2弾。黒くないけど、テクスチャーはそれなり…。ローズマリーを漬けたオリーブオイルを使ったので、香りがよく、ローズマリーの効能も期待できそうです。 黒石けんの垢すりは肌をしっとりなめらかにします。 肌を湿らせてから、手のひらに黒石けんをのせ、やさしくボディと顔(眼の周りはさけて)につけます。垢すり手袋などでマッサージするように垢すりします。シャワーですすぎます。仕上げに、 オレンジの花水 [続きを読む]
  • フラワーウォーターの氷スキンケア
  • 氷を使ったスキンケア、ラストは、乾燥肌向けと混合肌向けフラワーウォーターのトニックローションです。コットンに包み、洗顔後の顔と首に。お肌がリフレッシュ! 乾燥肌向け トニックローション オレンジの花水 30ml、ハマメリ水 30ml、矢車菊の水 30mlを混ぜ合わせ、製氷皿に入れて凍らせます。 混合肌向けトニックローション オレンジの花水 30ml、バラ水 30mlを混ぜ、製氷皿に入れて凍らせます。 [続きを読む]
  • モロッコの黒石けん作りに挑戦
  • モロッコで使われている黒石けん。日本ではなかなか手に入らないので、手作りに挑戦してみました。これが第一弾。本場の黒石けんとは違うけど…。 オリーブと黒オリーブを混ぜて、石けん作りの素材に混ぜてみました。香りはそれっぽいけど、いまひとつ。 これからさらに、改良を重ねます! [続きを読む]
  • 目元すっきりヒンヤリ氷ケア
  • 目の周りのむくみを解消し、水分を補給し、生き生きした目元を作るのにおすすめの、氷を使った目元ケアをご紹介します。 混合肌向け緑茶と紅茶の目元ケア 緑茶 1パック、紅茶 1パックを熱湯 60mlに入れて、むらします。冷えたら、製氷皿に入れて、凍らせます。 コットンに包み、まぶたや目の下、目の脇など、目元をマッサージするようにつけます。 乾燥肌の目元には… ジャーマンカモミールと矢車菊のフラワーウォーター各30m [続きを読む]
  • オイル肌用ひんやりトニックローション&目元ケア
  • オイリー肌をリフレッシュさせる、アイスキューブのローションの紹介です。 まずは、バラ水とゼラニウム水を凍らせた、トニックローション。 材料は、バラ水 30ml、ゼラニウム水 30ml。 2つのフラワーウォーターを混ぜ合わせ、製氷皿に入れてて凍らせます。コットンでつまみ、顔と首に直接つけます。ちょっと大胆なお手入れですが、気持ちいいです! ゼラニウム水は手に入りにくいので、精製水にゼラニウムの精油1滴を加えたも [続きを読む]
  • オイリー肌用ミントとハチミツのひんやりアイスパック
  • 夏に最適な、ひんやり冷たい氷のフェイスケアを紹介します。 今回は、ミントとハチミツ入り、オイリー肌用のパック。 材料は、オレンジの花水 30ml、バラ水 30ml、ハチミツ 大さじ3、ミントの葉(生) 6枚 生のミントの葉をみじん切りにし、オレンジの花水、バラ水、ハチミツと混ぜ合わせます。製氷皿に入れて、凍らせます。 できあがった氷1個をガーゼや薄いハンカチにくるみ、洗顔後の顔をマッサージします。溶けてなくなる [続きを読む]
  • ミントティーのリンパ・マッサージ
  • モロッコのミントティーは、緑茶とペパーミントで入れるのですが、この2つはどちらもデトックス効果があることで知られています。ミントティーは飲むだけではなく、マッサージにも使ってしまうそうです。 この緑茶ミントティーを使った、ゴマージュ(スクラブ)のリンパマッサージをご紹介します。リンパの流れを良くし、むくみを解消するマッサージです。 ちょっと時間をかけて、入浴するところからはじまります。 肌の毛穴が開 [続きを読む]
  • 『千一夜物語』で読み解く美容「脱毛用キャラメル」
  • 砂糖を煮詰めたキャラメルを使った脱毛は、『千一夜物語』にも登場します。第32夜の「アニス・アル・ジャリスとアリ・ヌールの物語」です。 王から、「美しいだけでなく、知性的で性格のいい、世界にまたとないような若い女奴隷(←この表現は何ですが)を連れてくるように」と命を受けた大臣は、アニス・アル・ジャリスと呼ばれる理想的な乙女を探し当てました。大臣は、彼女を自分の御殿に連れて帰り、ゆっくり休息をとらせてか [続きを読む]
  • アラビアン・ボディスクラブ
  • アーモンドパウダーやオートミールに、スパイスをミックスしたボディスクラブです。エキゾチックな香りに包まれて、心身ともに癒されてリフレッシュ。 <材料>柑橘系の果皮の粉 小さじ1アーモンドパウダー 小さじ1オートミール 小さじ1クローブの粉 1つかみバラの花びら 小さじ1ナツメグの粉 1つかみスイートアーモンドオイル 大さじ1 上記の材料を混ぜ合わせます。身体を洗った後に、やさしくマッサージしなが [続きを読む]
  • 日焼け後のお手入れ
  • ハーブを使った、日焼け後のお手入れを紹介します。 セントジョーンズワートとナツシロギクのオイル ガラス瓶に、アルガンオイル(20ml)、オトギリソウ(10g)とナツシロギク(10g)入れ、1週間そのままおきます。ときどき瓶を上下して中身をまぜます。これを日焼けした部分にぬります。 ユリの花びらの湿布 オリーブオイルに浸したユリの花びらで、日焼けした部分を湿布します。 ビロードモウズイカの [続きを読む]