幸亥 さん プロフィール

  •  
幸亥さん: 幸亥のなら暮らし、花めぐり、美術館巡り。
ハンドル名幸亥 さん
ブログタイトル幸亥のなら暮らし、花めぐり、美術館巡り。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yukio_post
サイト紹介文この10月に念願のならに引越し、晴れたら花見が最優先、美術館や展覧会にも、そんなお楽しみの記録です。
自由文お酒も大好きだから休みは朝から片手にビール、だからお出かけは電車・バス・徒歩ですね。けっこうテクテク歩きます。 アナログ系なので旅行先のパンフレットや、美術館・展覧会のチラシのなど大切に集めて保存してます。 お花、レトロな建物・街並み、銭湯・温泉、美術館・展覧会、めいっぱい楽しみたいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/05/18 19:44

幸亥 さんのブログ記事

  • 般若寺の水仙。
  • コスモス寺として有名な般若寺、今は冬枯れと土が露わになりかなり寂しい境内なのですが、凜とした水仙が咲いています。あまり薫りを感じないのは気のせいかな?   “2019年1月8日(火)訪問” [続きを読む]
  • 佐保川の水仙。
  • この写真は、12/30現在の状況です。佐保川の水仙、まだ満開ではないですが、例年よりかなり早く見頃始めとなりました。  平城宮跡の山茶花は、既に終わりましたねぇ。   “2018年12月30日(日)訪問” [続きを読む]
  • 平成30年師走、バタバタでした。
  • 28日には京阪神でも雪が舞い、寒い年末となりました。12月後半は親の体調不良など付添が本格化して、自由な時間が全くなかったなぁ。お出掛けして気分転換したいし、また日記として眼についた光景を載せていきたいと思っていますが、ボチボチと…になりそぅです。 [続きを読む]
  • 京都/東寺へ。
  • 来年3月末から2ヶ月間、東寺講堂の立体曼荼羅から15体もの仏さま達が東京出開帳へお出掛けとのこと。その前にひと目お会いしようと、久しぶりに東寺へ。名残の紅葉と五重塔、講堂・金堂に居並ぶ仏さまを眺めました。東京でたくさん稼いで、無事にご帰還なされますよぅに。  →京都もすっかりクリスマスモード。『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』美術館えきKYOTOにて〜12/25迄。東京在住の頃は何度もちひろ美術館へ [続きを読む]
  • 京都/護王神社へ。
  • 京都御苑に東面する護王神社。御祭神和気清麻呂公が災難にあわれた際、猪たちが現れお護りした故事にちなみ、狛猪が鎮座します。亥年生まれの守護社としても有名で、24年前(2回前の亥年)に京都に居た折に知り、そのご縁でずっと崇敬しております。境内にはあちこちにイノシシが鎮座、奉納されたイノシシグッズがズラリと並びます。来年は亥年なので、初詣準備の真っ最中。今年は親の病気、山奥から街中へ実家を移したり、様子見に [続きを読む]
  • “おん祭”お渡り式(2)。
  • “春日若宮おん祭”お渡り式、影向の松に坐する頭稚児と猿楽披露をチラ見。博物館をサクッと見学し終わると、お役御免のお馬さん達がお尻並べて帰り支度中。行列も終わり、御旅所では神事が始まりました。このあと芸能披露が深夜まで続きますが、稚児流鏑馬を見物して帰途へ。時代行列のたくさんの馬や人であふれた興福寺前も、いつもの静けさを取り戻し、鹿さんが我が物顔で闊歩してます。   “2018年12月17日(月)訪問” [続きを読む]
  • “おん祭”お渡り式(1)。
  • 昨晩の雨も上がり、奈良の祭仕舞い“春日若宮おん祭”お渡り式へ。4回目なのではしょりながら、場所を変え見物を楽しみました。興福寺南大門前、衆徒の背後には落慶した中金堂が聳えます。いつもは静かな五二段や猿沢池の周りも大賑わい。奈良国立博物館では特集展示“おん祭”+常設展が、おん祭当日は無料開放なのも良心的ですね。   “2018年12月17日(月)訪問” [続きを読む]
  • 生駒聖天、大注連縄奉納会。
  • 週間予報では雨マークで心配していましたが、やはり御神威ですかねぇ。生駒聖天大鳥居大注連縄奉納会へ、輪袈裟を頂いて肩に掛けて待っていると、10時過ぎに僧侶さまが降りてこられます。読経のあと、みんなで綱を引き、大注連縄が徐々に上がっていきます。据えられると、散華や紙吹雪が舞い落ちて、まぁ奪い合い…。注連縄の餅米で作られたお餅を頂き、境内参拝へ。ロウソク・線香をお供えして、聖天堂内陣もお参りして、来年の干 [続きを読む]
  • 奈良公園の紅葉終り…。
  • この写真は12/8現在の状況です。  1週間経ち、奈良公園の紅葉もすっかり散ってしまいました。所々に残る葉も、傷んでアップには耐えられませんね…。今年の紅葉狩りは奈良公園ばかりでしたが、来年はどぅなるかなぁ?  寒風に、早々の帰途へ。   “2018年12月8日(土)訪問” [続きを読む]
  • 第24回神戸ルミナリエ。
  • 実家からの帰り道、寄り道して“ルミナリエ”へ。元町駅から迂回路をテクテク歩かされ、元町大丸を眺めて角を曲がれば、遠くに輝くファザードが。徐々に近ずくと大きくなり、回廊に入れば天井を覆うLEDの灯りに包まれるよぅです。関西に戻って毎年伺っています、年に1度ですが震災当時の気持ちを思い起こします。   “2018年12月7日(金)訪問” [続きを読む]
  • 上村淳之“花鳥浄土”初公開。
  • 当麻寺奥の院方丈に、上村淳之さん“花鳥浄土”が新調奉納されました。原画を基に染色により制作された襖絵が、6室を飾ります。近くで観ても、染色との違和感を感じない素晴らしい出来です。なんと撮影可能とのことで、嬉しいですね。皆さんにもお楽しみ頂けるよぅ、たくさんご紹介します。きっとこれからも時期をみて公開されるはずですので、ぜひまた現地でもご覧に頂ければと思います。  →なお練供養は来年から開催日が変わ [続きを読む]
  • 当麻寺奥の院へ。
  • 二上山は近くから見上げると、遠く三輪から眺めるよぅな美しい山容ではないのですが、一帯が山紅葉に色付いて綺麗です。そのお膝元の当麻寺では、現在二塔の片方が修復作業中、ぼくは牡丹の頃と練供養に伺うくらい。今回は既に庭園の紅葉も散り過ぎていましたが、奥の院方丈の特別公開へ伺いました。新調された上村淳之“花鳥浄土”、次回ご紹介します。   “2018年12月5日(水)訪問” [続きを読む]
  • 12/1、生駒聖天大根炊き。
  • 毎年12/1、生駒宝山寺の歓喜天(生駒聖天)さまの大好物である大根のお下がりを頂けます。現世利益の聖天さまは昔から大人気、聖天堂と併せて奥の院大黒天さまにも参拝しました。ズラッと並ぶお地蔵さまには、モミジのお賽銭が…。宝山寺味噌かけの甘い大根炊き、温かくて美味しいです。次は12/16、大鳥居注連縄奉納に伺いたいなぁ。   “2018年12月1日(土)訪問” [続きを読む]
  • 奈良公園の黄紅葉(9)。
  • 紅葉前は県内どこの名所に行こうかと計画していたのですが、今年は結局奈良公園だけになりました。5週連続、毎週土曜に定点観測みたいに通ったので、黄紅葉の変化がよく分かったかなぁ。 →奈良公園、次は“おん祭”ですね。参道や御旅所も着々と準備中。   “2018年12月11日(土)訪問” [続きを読む]
  • 奈良公園の黄紅葉(8)。
  • 奈良公園の今年の紅葉も見納めかなぁと、たくさん写真を撮りました。あと2回、ご紹介します。 →春日大社参道脇、幹中央から竹が飛び出すムクロジ、枝折れ被害で残念な姿に…。 →この秋は暖かい日が続いて、奈良公園全体で紅葉が遅れました。ただ水谷茶屋は、最後にとても綺麗に色付きました。  “2018年12月1日(土)訪問” [続きを読む]
  • 奈良公園の黄紅葉(7)。
  • この写真は12/1現在の状況です。  →奈良公園全域で黄紅葉はピーク過ぎ、傷みや落葉も有りますがまだ楽しめます。曇り予報でしたが午前は薄日、午後から曇って暗い写真も含みます。  →一の鳥居脇→鷺池/浮見堂→丸窓亭→飛火野→春日大社、祓戸社脇の銀杏は枝折れ残念→水谷茶屋、今年はスゴく綺麗です!→若草山麓→手向山八幡→二月堂→東大寺湯屋→猫段→大仏池→鏡池→吉城川、綺麗です!→興福寺。   “2018年12月1 [続きを読む]
  • 秋色の有馬温泉?
  • 午後から雨予報だし、奈良公園までは行けそぅにない…。という訳で実家からの帰りに寄り道して、久しぶりに有馬温泉へ。どんより曇り空だし、残念ながら紅葉名所/瑞宝寺公園は既に見頃過ぎでしたが、炭酸源泉や鼓の滝をグルッと回って、“金の湯”でのんびり。ビールに温泉饅頭に炭酸煎餅は美味しいよねぇ、雨に降られる前に早めの帰途へ。   “2018年11月28日(水)訪問” [続きを読む]
  • 三田/小野公園の紅葉。
  • 親の通院付添のあと、皆なで旧宅近くの三田/小野公園へ。この辺りは山紅葉も綺麗で、公園のメタセコイアが色付いていました。紅葉名所の真っ赤なモミジも素晴らしいですが、柔らかな色合いの紅葉も素敵ですね。小野大日堂の大銀杏も見頃で楽しめました。新しい実家近くは便利な場所です、夕暮れ空が美しい。   “2018年11月27日(火)訪問” [続きを読む]
  • “旧奈良監獄”特別公開(3)。
  • 既に主要な建物についてご紹介しましたが、今回は追加して各房舎を睥睨する中央看守所や階段・扉・窓などディテール含めご紹介。各房には当初のものと思われる石造りの水盤が残り、ドア周囲も角がないよう面取りされています。700人弱も収容可能だったそぅですが、鉄格子の先にある青空をどんな気持ちで眺めたのかな。数年後にオープンする“監獄ホテル”に期待しつつ、“旧奈良監獄”正門を後にしました。   “2018年11月24日( [続きを読む]
  • “旧奈良監獄”特別公開(2)。
  • 赤レンガの高い塀により隔絶された世界、“旧奈良監獄”へ。  →前回ご紹介した建物以外にも、隔離病舎、奈良奉行所から移築された牢舎、医務所、倉庫などが残ります。病院機能と療養が必要な入所者が過ごした医務所は、各房も明るく、窓格子など設備も綺麗ですが、逃走防止の有刺鉄線があちこちに巻かれ、やはり監獄であることを思い出します。  →その設備の老朽化は、2年前まで少年刑務所として使用されていたのが信じられ [続きを読む]
  • “旧奈良監獄”特別公開(1)。
  • 大仏殿を見下ろす奈良坂の近くに“旧奈良監獄”はあります。明治政府の欧化政策の一環として、全国五カ所に設けられた監獄のひとつで、1908年当時の赤煉瓦造りの建物が唯一現存します。  →戦後は少年刑務所として利用され、2年前最後の矯正展(受刑者の製作した物販と見学会)に伺った後、その役割を終えました。既に重要文化財指定され、耐震・改修工事を経て、新たに監獄ホテルとして活用される予定です。  →今回は“赤レン [続きを読む]
  • 奈良公園の黄紅葉(6)。
  • この写真は11/24現在の状況です。  →最近の朝晩の冷え込みで、奈良公園のモミジも一気に色付きました。モミジ名所/吉城川も今が見頃かな、今年はどこも葉の傷みがあるのでお早めに。  →大仏池の大銀杏は台風の枝折れで葉数がなく、例年の黄色い絨毯にはなりませんでした。東大寺東塔跡は大規模な発掘調査中のため、イチョウは色付いてますが入れません。水谷茶屋のモミジはあと一息でしょうか。鷺池・浮見堂のモミジは色付 [続きを読む]
  • 箕面大滝の紅葉。
  • 実家からの出発が遅れ、奈良の紅葉名所までは行けそぅになかったので、初めて箕面大滝へ。  →最寄り阪急箕面駅から2.8キロ、約40分。ゆるやかな登り道で、険しい階段なども全くなく、道中要所に売店やトイレもあり、老若男女気軽に訪れることが出来るのが人気の秘密でしょうか。  →肝心の紅葉はまだ青葉だったり、既に傷んでいたりと、奈良公園同様にかなりバラツキが目立ちます。また去年今年と連続して台風被害に見舞われ [続きを読む]