幸亥 さん プロフィール

  •  
幸亥さん: 幸亥のなら暮らし、花めぐり、美術館巡り。
ハンドル名幸亥 さん
ブログタイトル幸亥のなら暮らし、花めぐり、美術館巡り。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yukio_post
サイト紹介文この10月に念願のならに引越し、晴れたら花見が最優先、美術館や展覧会にも、そんなお楽しみの記録です。
自由文お酒も大好きだから休みは朝から片手にビール、だからお出かけは電車・バス・徒歩ですね。けっこうテクテク歩きます。 アナログ系なので旅行先のパンフレットや、美術館・展覧会のチラシのなど大切に集めて保存してます。 お花、レトロな建物・街並み、銭湯・温泉、美術館・展覧会、めいっぱい楽しみたいなぁ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供270回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2014/05/18 19:44

幸亥 さんのブログ記事

  • 兵庫県立美術館へ。
  • 転居した両親宅近くで溺愛犬ポコちゃんを散歩中、黄色い花が風に揺れ綺麗です。三田市のゆるキャラ“キッピー”、奥さんキジや子どもキジもいます。今では三田市街地で“雉”を見掛けることは、残念ながらほぼありません…。  ?『小磯良平と吉原治良』兵庫県立美術館にて〜5/27迄。あいにく朝からシトシト雨、帰り道に美術館へ。一部増築工事のため、ルート変更や1階常設展が一部閉鎖中です。小磯と吉原が各80点程、過去の展 [続きを読む]
  • 氷室神社のスイレン。
  • 氷室神社のスイレン、咲いてます。今年は親子鴨を見掛けないのが、残念ですね。  ?奈良国立博物館脇の春日大社東西塔跡、たくさんの鹿さんがまどろんで、観光客も集まってます。  ?『奈良の刀剣−匠の美と伝統』奈良県立美術館にて〜6/24迄。七支刀(復元)から地元奈良の月山派を含む、刀剣の歴史を概観。制作工程のパネル展示や研ぎ工程のビデオ映像も分かりやすい。 [続きを読む]
  • 生駒駅前のツバメさん。
  • 近鉄生駒駅では隣接する商業ビルにもたくさんのツバメ達がやってきます。親燕を呼ぶ子燕の鳴き声も可愛いですね。どこも手作り感満載で、ツバメの巣作りを応援しています。東京暮らしではツバメを見掛けなかったので、生駒はいぃとこだなぁと感心。  ?隠居家から不要になった棚を運んで、生駒のお部屋を模様替え。過去25年分の美術展チラシや旅行先の資料をズラリと並べました。数日後、出先から戻るとなんと棚が崩壊しています [続きを読む]
  • 三田/小野公園へ。
  • 既にキハナシヨウブの一番花が終わり、もぅ見頃過ぎ。スイレンが咲き始めです。  ?月曜、両親が山奥の隠居家から駅前のマンションに引っ越しました。春は新緑萌色の山並みを眺め、田んぼではカエルの合唱、夏は歩いて蛍を見て、秋の山紅葉も美しい場所でした。でも年を重ねて車の運転が難しくなると、駅近くスーパー徒歩圏内がいぃですね。隠居家からよく小野公園に散歩に来ていましたが、もぅ来る機会もなくなるなぁ…。    [続きを読む]
  • 奈良/霊山寺のバラ。
  • 5/12現在、見頃です。  ?近鉄富雄駅からバス10分下車すぐ(期間中土日毎時2本)。近くなので、毎年楽しみにしています。品種により開花状況は若干のバラツキがありますが、200種2000株の薔薇が咲き競っています。  ?境内は広く、三重塔や本堂をまわり、美しい新緑を眺めます。去年はパスした奥の院へは往復2キロ、少しひんやりした空気のなか、鳥の囀りを聞きながら歩くのが気持ちいい。  ?境内の“薬師湯殿”は、小野妹子 [続きを読む]
  • 国立民族学博物館へ。
  • 開館40周年『70年万博収集資料−太陽の塔からみんぱくへ−』〜5/29迄。“EEM/日本万国博覧会世界民族資料調査収集団”が、“太陽の塔”地下展示室のために限られた時間と予算で集めた資料約2500点の中から約650点を展示。収蔵品を活用した特別展示のため常設料金のみ、ぐるっとパス利用で無料観覧出来ました。有難いですね。常設展示は歩いても歩いても膨大な展示物がギッシリと、ホントよく集めたもんだと感心するばかり。より [続きを読む]
  • 万博公園のバラ。
  • 5/8現在、バラ見頃です。  ?万博公園のルピナスは初めて見ましたが、ちょっと生育不足やバラツキがありますね。森林のよぅなエリアが、万博当時はパビリオンが建ち並んでいたなんて、信じられないですね。“花の丘”のポピーはそろそろ見頃過ぎ、エリア的にも株数的にも一面に広がるといった雰囲気ではなく残念。あいにくの曇り空でしたが、新緑も綺麗です。  ?万博公園バラ園は広くはないけれど、“太陽の塔”の裏側を望む [続きを読む]
  • “太陽の塔”内部公開へ。
  • 5/8、“太陽の塔”内部公開に行ってきました。  ?新社会人になった頃、先輩方から万博年生まれかぁとよく言われました(ぼくは翌3月生まれ/母のお腹で見物に来たらしい)。京阪神に住んでいれば、遠足など何度も訪れる万博公園。いつも見上げるばかりだった岡本太郎デザインの“太陽の塔”、ぜひその内部も見てみたいと予約を入れました。専用HPがあり、簡単です。料金700円は現地払いのため、ドタキャンが多いとの報道もありま [続きを読む]
  • GWの鹿さん達。
  • この日は快晴、吹く風が気持ちいぃ。鹿さん達は木陰でのんびり、まったり。鹿の子模様が綺麗な夏毛の鹿さんもいますが、大半の鹿さんがはえ変わり中で暑いのかな。  ?雄鹿さん達の角が、ムクムクと成長してきました。成長中の袋角は、うぶ毛に覆われ柔らかい。血流もあるので、触らないであげましょう。  ?GWは朝からたくさんのお客さんに“しか煎餅”を頂きます。午後になるともぅお腹いっぱいになり、愛想なしに…。子ど [続きを読む]
  • 特別開扉“?城寺”&“北円堂”。
  • 毎年5月中のみ公開される“?城寺”(紀寺/正しくは両方王偏)本尊阿弥陀如来さま、光明皇后のお姿写しともいぅ女人形です。お庭にはオオヤマレンゲが咲いていました。  ?崇道天皇社、十輪院、“ならまち”界隈を眺めながら、興福寺へ。猿沢池の柳が綺麗、南円堂前の藤はすっかり終わってます。おじいちゃん(無著・世親像)観るのにお金払うのもねぇ…と、最近パスしていた北円堂特別開扉へ。東京国立博物館『運慶』展でも拝見し [続きを読む]
  • 子供の日“萬葉雅楽会”。
  • 春日大社神苑“萬葉植物園”浮舞台では、南都楽所による“萬葉雅楽会”が毎年“子供の日”に開催されます。今回、初めて観ることが出来ました。“迦陵頻”と“胡蝶”は可愛らしい子ども達による演舞です。池の周囲から観られるので、入園料500円だけで“管弦”と“舞楽”をのんびり座って楽しめます。  ?今年の藤は開花が早かったので、既に数本を残して花はありません。九輪草、シラン、ムラサキ(根が紫の染料となる絶滅危惧種 [続きを読む]
  • 三田/永沢寺ぼたん園。
  • 5/1現在、見頃始めです。  ?永沢寺“ぼたん園”は標高が高く寒冷なため、有名な“花しょうぶ園”周囲に温室のような環境で大切に育てられています。奈良のように古建築などとのコラボはないけれど、ボタンの見本園みたいな感じで多くの種類が楽しめますね。当分楽しめるかと思います。  ?地図で見ると、中央最上部に永澤寺/最下部にJR三田駅があります。真ん中あたりに、何度かご紹介した有馬富士・花山院・小野公園・大日 [続きを読む]
  • 三田/花のじゅうたん。
  • 5/1現在、残念ながら見頃過ぎです。初訪問でしたが、思っていたよりも広くありません…。養生シートに穴を開けて苗を植え込むなど地面が見えないよう手をかけてはいるのですが、現在は芝桜がまるで“花のじゅうたん”のように咲き詰めるような生育でもなく、開花状況も既に見頃過ぎでした。券売所で入場料を支払うと、定価100円引き+絵はがき1枚+「来年はぜひ見頃にお越し下さい」との言葉と平日限定無料招待券を頂きました。そ [続きを読む]
  • 磐之姫命陵の杜若。
  • 4/28現在、見頃です。  ?毎年伺う“磐之姫命陵”の杜若(カキツバタ)、今年は花付も良く綺麗です。近くの法華寺名勝庭園も名所なのですが、陵は無料なのでこちらだけ…。  ?古墳の新緑を眺めながら、不退寺へ。途中、キハナショウブが咲いていたので期待していたら、まだ一輪だけでした。木陰で水温が低いせい…なのかな、新緑がとても美しく、エニシダの黄色が鮮やかです。  ?民家の軒先にも色んなお花が咲いて、歩きなが [続きを読む]
  • 平城宮跡のツツジ。
  • 4/28現在、既に見頃過ぎです。  ?近鉄西大寺駅から徒歩15分、GW後半には天平祭などイベントがありますが、それ以外は平城宮跡は閑散としています。ツツジや野の花を眺めながら、のんびり歩いて“磐之姫命陵”へ(大極殿から20分程)。杜若(カキツバタ)が見頃、後日紹介します。   “2018年4月28日(土)訪問” [続きを読む]
  • なるかわ園地ツツジ園。
  • 4/28現在、見頃です。  ?“なるかわ園地ツツジ園”、今年は花付・咲き揃い共に残念ながら例年ほどではないのですが、それでも壮観です。ここは“大阪府民の森”の一部でもあり、大阪側から複数のハイキングコースが紹介されています(近鉄瓢箪山駅/枚岡駅/額田駅)。ただ大阪側からの生駒山系は急な登り道となり、かなりきつく、コースによっては足元も悪いのでお気をつけ下さい。ぼくはいつもの奈良側から下りながら目指します [続きを読む]
  • 奈良/暗峠越え。
  • 部屋から生駒聖天さまの参道をあがると、15分程で門前へ(生駒ケーブル宝山寺駅)。ここから生駒山系中腹を南へ、奈良公園など平地では既に見頃過ぎの藤花も綺麗です。最後の坂道を上がり始めると、耕し水を入れ始めた棚田や新緑・萌色が美しい。門前から60分程で暗峠、奈良(平城京)と大阪(難波津)を最短で結んだという道中の峠で、今でも奈良県と大阪府の境です。大阪側の入口には立派なガードレールが新設されていましたが、道も狭 [続きを読む]
  • 長谷寺の新緑。
  • 4/21現在、牡丹は残念でしたが、石楠花や新緑などが見頃。広い境内では色んなお花が楽しめます。  ?室町時代、罹災した御本尊の復興勧進のため、原寸大で描かれた大画軸が公開中です〜5/31迄。16m超の高さのため、仮設台を作り斜めに寝かせて展示されています。撮影スポットも用意されサービス満点ですが、大きすぎて画面に入りきりません…。なお通常非公開の本坊大講堂が会場なので、此処に入れるだけでもいぃですね。    [続きを読む]
  • 室生寺の新緑。
  • 4/21現在の様子です。  ?大和八木駅で近鉄線に乗り換えると、車窓の山容が急に近くなります。萌色の新緑に山桜や野藤が彩りを添え、山裾の民家庭先のツツジなどが目をひきます。移動だけでも楽しいなぁ。  ?既に石楠花をご紹介しましたが、室生寺は新緑も美しい。この日はちょうど稚児行列も拝見出来ました。なお弥勒堂は修復作業中。最寄り/近鉄室生口大野駅から、石楠花の期間は臨時バスあり(毎時2本15分)。   “2018 [続きを読む]
  • 大神神社の銀竜草。
  • 4/21現在の様子です。  ?よく拝見しているブログにて、大神神社で“銀竜草”が咲いているとあり出掛けました。去年初めて往馬大社で見た“銀竜草”、帰って調べていると開花が進むと目玉が現れる、別称“幽霊茸”とあったので、ぜひもう一度観たいと思っていたんです。下から覗き込むと、白く丸い部分が、すっかり目玉になっていました。ゲゲゲの鬼太郎“目玉の親父”みたいで可愛いです。大神神社天皇社・活日社の辺りに咲いて [続きを読む]
  • 長谷寺の牡丹。
  • 4/21現在、まだ蕾が残るものの開花済みの花は余りの暑さで傷んでいます…残念。  ?好天続きで地面はカラカラ、当麻寺のような日除け傘もなく、花弁はすっかりグシャグシャになっていました。“花の御寺”として有名ですが、ぼくは何度来てもどぅも相性が悪いようです…。後日、新緑などの写真を紹介します。   “2018年4月21日(土)訪問” [続きを読む]
  • 室生寺の石楠花。
  • 4/21現在、見頃です。 ?3年前、初めて室生寺の石楠花を観に来た折りには、裏年だそぅで花付が悪くガッカリしました。今回は五重塔へつづく石段脇の光景も綺麗で、本当に楽しめました。また本坊へ至る辺りのシャクナゲは、樹勢・花付も素晴らしい。ご予定の方はお早めに。後日、新緑などの写真を紹介します。   “2018年4月21日(土)訪問” [続きを読む]