aya さん プロフィール

  •  
ayaさん: クレマチス マティス そしてワインのある暮らし
ハンドル名aya さん
ブログタイトルクレマチス マティス そしてワインのある暮らし
ブログURLhttp://selaya1108.blog.fc2.com/
サイト紹介文和みのナチュラルガーデン、美を訪ねる、ワインと簡単フレンチで美味礼賛、旅日記などを記しています。
自由文のびやかな筑波山の麓に在住。ガーデニングとワイン、旅が生きがい、そして趣味は美術館巡りと短歌です。
美しい花や自然、アートに満たされた日々で、心地よい豊かな日々を過ごしたいと思っています。
花と画家のなかでも大好きなクレマチス、マティスを冠して、日々の暮らしについて語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/05/19 00:01

aya さんのブログ記事

  • 赤い薔薇
  • 2017年10月21日真っ赤な薔薇をいただいた。職場の勤続記念だ。大学全体の記念式典は、多忙を理由に参加できなかった。あとで直属の上司から、真っ赤な薔薇を二輪、手渡された。自分ではなかなか買わない真っ赤な薔薇。嬉しいような、恥ずかしいような。結婚を機に、途中で違う職場にいたこともあるが、縁あってまた戻って来た。どうやら私の職場では、前の勤務年数と最近の年を足してくれるみたい。殺人的な忙しさだから、あと何年 [続きを読む]
  • チューリッヒ、ポルト、パリ充実の旅⑥ポルトガルご飯
  • 2017年10月14日 ポルトガルの食事は、コメや魚介をふんだんに使ったシンプルなものが多い。タコが多用されるのも親しみが持てるところ。以下、ポルトで食べた、ポルトガル料理の数々。タコの天ぷらタコのグリル 足だけを焼いたものがあるとはガイドで知っていたが、訪れたレストランで注文してびっくり、丸ごとのタコグリルが登場!付け合わせのジャガイモと一緒に、ぺろりと平らげた自分にも驚愕!?市場にも、大きなタコがあり [続きを読む]
  • リビングからお月見
  • 2017年10月8日我が家のささやかな自慢、それはリビングからお月見ができること。決して広くはない家だが、夫と二人であれこれ住みやすい家にしようと、アイデアを出しあった。吹き抜けの窓からできるだけ、たっぷりの光とそよ風が入る家。月が見えるのは全くの想定外だったから、初めて見た時は大感激。だいたい毎年、十五夜の頃には月見ができる。今年は仕事が忙しくて、特に十五夜の週は気持ちにゆとりがなかった。それでもすす [続きを読む]
  • チューリッヒ、ポルト、パリ充実の旅⑤ポルト酒を訪ねる街めぐり
  • 2017年9月29日 ポルトはなんといってもポルト酒の街。街中にポルト酒を売る酒屋やや、ワインセラーがある。ドウロ川上流で作られた葡萄が、ポルトのセラーに運ばれ、熟成される。そして、ドウロ川から港へ、そして世界中にと運ばれた。今回旅メインのワイナリーツアーを振り返る。 街めぐりは、サンベント駅、そしてホテルからほど近い、クレリゴス教会から。ポルトで一番高い塔から、ドウロ川を眺める。対岸にあるのがポルト酒 [続きを読む]
  • チューリッヒ、ポルト、パリ充実の旅③ドウロ渓谷巡り
  • 2017年9月24日 ポルト観光の目玉は、ドウロ渓谷巡り。事前に現地のツアーを予約し、ポルトからアマランテ、ラメーゴ、ピニャオンなどを巡りながら、ドウロ川クルーズ、ワイナリー観光などを楽しむ。 ポルトでピックアップしてもらい、まずは橋が美しい小さな町、アマランテへ。その後、ノッサ・セニョーラ・ドス・レメディオス教会のあるラメーゴで昼食。教会は標高605メートルの丘の上にたち、686段の階段がある。まずは丘の上 [続きを読む]
  • チューリッヒ、ポルト、パリ充実の旅②
  •  2017年9月19日 ポルトはアズレージョの宝庫。しかも荘厳なのに、とっても身近な場所にある。 まずはポルト中心にあるサンベント駅。構内の四方が、見事な青いタイルであふれている。ポルトガルの歴史が、有名アズレージョ作家であるジョルジュ・コラコによって描かれている。王様の入城や戦いのシーンもあるけれど、こちらを微笑みながら見つめる若い女性という身近な絵もあって、親しみが持てる。     サンベント駅前の [続きを読む]
  • チューリッヒ、ポルト、パリ充実旅日記①
  • 2017年9月18日 今年のバカンス、メインはポルトガル第2の街、ポルト。だが、こじんまりした街だし、直行便などはない。ポルトは3泊程度にして、あとは乗り継ぎの街にショートステイ。ということで、往路はチューリッヒ2泊、復路にパリ1泊を追加することにした。少し慌ただしい日程かなと思ったけれども、ポルトはゆっくり、のんびりするのに丁度良い日程だったし、馴染みの二都市はさほど迷わずに行きたいところにさっと行って、 [続きを読む]
  • 美食の旅へ
  • 2017年9月12日待ちに待った今年のバカンス。まずは成田でシャンパンをいただき、気分を盛り上げた。そして飛行機でゆっくり食事を堪能。和食を頼んだら、まずは白身魚の梅肉和えや鶏肉の胡麻和えなど、小品がたくさん並んでいた。二皿目に分厚いサーモンのグリルと牛肉の煮込み。飛行機の中で、リッチなランチだった。旅気分を大いに盛り上げた。ワインもたっぷりのんで、ひたすら日常の喧騒から逃れるように、旅立った。 [続きを読む]
  • 秋の甘い宝石
  • 2017年9月11日寒い夏のまま、秋が訪れたようだ。今年は農作物の出来は今一つだろう。それでも少しずつ、秋の果物が店頭を賑わせている。梨、葡萄が筆頭だ。ゴルフの帰りに、葡萄農家に寄った。高級葡萄のシャインマスカットが安価で販売されていた。皮ごと食べられる甘い葡萄だ。そのまま、そして半分に切ってヨーグルトに入れていただいた。美味だが、茨城産は小ぶりで素朴な感じ。毎年葡萄を送ってくれる友人が、そろそろ山梨の [続きを読む]
  • しっとり蒸し菓子 小男鹿
  • 2017年9月3日秋めいた空になってきた。少し早いが秋の銘菓を抹茶と共にいただいた。徳島の菓子、小男鹿(さおじか)。しっとりした甘さ控えめのカステラのような味わい。和三盆、山芋、うるち米できている。小豆の模様が、小鹿の背を模している。先日の香川旅行で手に入れた銘菓。徳島の菓子だが、香川の高松にも1つだけ直営店がある。街歩きで偶然見つけたのだ。2本購入して、一本はお茶の稽古に持参して喜ばれた。もう1つは冷凍 [続きを読む]
  • うなぎとゴルフ
  • 2017年8月27日真夏のゴルフを楽しんだ。とはいえ、暑さは一段落している今日この頃。しかも30分もかかからない近くのゴルフ場で、早朝から開始したから、比較的楽にプレイできた(体が楽というだけで、スコアとは関係ない)。ランチには鰻重を。ふっくら柔らか、元気の出るメニュー。最近お気に入りの定番ゴルフ飯。野菜が不足と思い、オニオンスライスもオーダー。両手にいっぱい程の器に山盛り玉ねぎ。辛みが少なくて、爽やかな味 [続きを読む]
  • 絡まる朝顔
  • 2017年8月20日寒い夏の日が続く。実家のある宮城では稲や野菜の不作を気にかけている。心配だ。 そんな曇り空、雨模様でも、我が家で元気いっぱいなのが、朝顔。雑草朝顔と私が呼んでいる、やたらと丈夫でどんどん増える。今年もこぼれ種からたくさん発芽して、庭と言わず土のあるところに息づいている。 台所とトイレの窓には黒いフェンスがあり、今年はとみにこの場所の朝顔が美しい。室内からすりガラスをとおして、みどりの葉 [続きを読む]
  • マグロ、タコ、ウニ、アナゴ
  • 2017年8月13日塩釜に出掛けた。理由は一つ、お寿司を食べるため。午前中に母の実家へ墓参、昼前に電車に乗り、本塩釜駅前の寿司屋さんに入った。何度か訪れた美味しい店。マグロの水揚げ港として有名な塩釜だ、膳には赤身とトロのマグロが並ぶ。握りはもちろん、鉄火巻きが絶品!米よりマグロが多い鉄火巻き。ボタンエビはぶりぶりとし、ウニは磯の香りでとろんとしている。勧められるまま、タコの煮物をいただけば、舌で押し潰せ [続きを読む]
  • 東北ムール貝でおしゃべり
  • 2017年8月12日珍しくお盆休みで実家に帰省した。途中、福島の郡山で友人とランチを共にすることにした。手際の良い友人がこじゃれたイタリアンを予約してくれた。ランチメニューに、女川産のムール貝を使ったパスタがあった。迷わずいただくことにした。ムール貝は大好物。ふっくらとした身が美味しい。軽くニンニクと白ワインを効かせたパスタ。思いのほか、美味なランチを味わうことができた。ムール貝というとヨーロッパ産と思 [続きを読む]
  • 香川にやってきました④美味いもの
  • ホテルでいただいた、香川限定ビール。2017年8月9日 旅の楽しみはやはり美味い物。以下、香川でいただいた美味しい物リスト。  もちろん、讃岐うどん。写真左は金比羅でいただいた金比羅うどん。右は高松市内でいただいたかま玉。香川に行ったら、「セルフ」方式で、つまり、自分で湯切りしてトッピング、というのを試したかった。仕事の場、サンポート高松にほど近い、岡じまという店を散歩で発見した。仕事の合間に友人と共に [続きを読む]
  • 香川にやってきました③
  • 2017年8月6日高松の栗林公園に出掛けた。想像以上の素晴らしさ。良く手入れされた松の木。池と木々が織り成す美しい日本庭園。勧められるままにボランティアのガイドさんと一緒に散策したが、意外?にもこれがまた良かった。決して過剰ではない庭園の解説が、適度に年を重ねた自分の知的ニーズにピタリとはまったのだと思う。水戸の松平から高松にきたお殿様。武者小路や石州流の茶室。花や木々の名前。ちょうど知りたいなと思った [続きを読む]
  • 香川にやってきました!②
  • 2017年8月4日あこがれの金比羅さんに詣でた。テレビ番組、ブラタモリで見てから行きたいと願っていた。だが、仕事の合間の数時間で果たして行けるのか?空港から直行便もあるようだが、だいたいスーツケースはどうする?諦めていたのだか、行きの飛行機で気が変わり、やはり金比羅さんに行くことにした。駅のコインロッカーに荷物を預け、腹ごしらえの讃岐うどんをいただき、さっそく歩き始めた。先ずは大門から785段の階段を登り [続きを読む]
  • 香川にやってきました①
  • 2017年8月3日四国は憧れの南国。中で香川には来たことがない。仕事上の機会があり、喜んで文書やプレゼンの準備を整え、やってきた。暑い。陽光がまぶしい。ホテルの窓にはのどかな瀬戸内海が拡がる。目の前に島があって、やたらとウキウキする。ああ、こんなところで暮らしたら、仕事で嫌なことがあっても、せこせこ、ぎすぎすしないのに・・・多分。さっそく讃岐うどんを食べて、スニーカーに履き替えて、歩き始めた。 [続きを読む]
  • 香川にやってきました①
  • 2017年8月3日四国は憧れの南国。中で香川には来たことがない。仕事上の機会があり、喜んで文書やプレゼンの準備を整え、やってきた。暑い。陽光がまぶしい。ホテルの窓にはのどかな瀬戸内海が拡がる。目の前に島があって、やたらとウキウキする。ああ、こんなところで暮らしたら、仕事で嫌なことがあっても、せこせこ、ぎすぎすしないのに・・・多分。さっそく讃岐うどんを食べて、スニーカーに履き替えて、歩き始めた。 [続きを読む]
  • ふわふわ百日紅
  • 2017年7月30日玄関先の百日紅が満開だ。植えた百日紅ではない。数年前に鳥の落とし種と思われる百日紅が勝手に咲き始めたのだ。今年も可愛らしく濃紅色のふわふわした花を咲かせた。私が出先から帰ると、枝が風に揺れて、花も揺れてお出迎えしてくれる。お帰りと言って、歓迎してくれているようだ。花の時季は長いが、更に花の後に切り戻せば、また可愛らしく返り咲きする。勝手に生えた強靭な生命力。夫も気に入って可愛いがり、 [続きを読む]
  • no title
  • 2017年7月23日山形県高畠町にある、小さいけれど由緒ある神社に詣でた。安久津八幡神社である。宮城県七ヶ宿町と高畠をつなぐ国道 沿いに、急に現れる三重の塔。道の駅高畠の真向かいに、さりげなく佇む。小雨のなか、ゆっくりとお参りした。ごくごく小さな神社。だが、なんと860年の建立だという。なんと長い年月、この地を守り、人々の願いを聴いて来たのだろうか。ご朱印は道の駅に隣接する観光所で書き置きのものをいただける [続きを読む]
  • 勿来の関で夏ゴルフ
  • 2017年7月17日意外なところで土地の歴史や地理を感じながらのゴルフを楽しんだ。歌銘としても有名な、関所があった福島の勿来である。宮城の実家に帰る途中、さほど期待せずに安さで予約したゴルフ場。だが、往路で思いがけず海岸線の風景を堪能。その昔はここが奥州の入り口だったのだと、しみじみする。小高い山の上にあるゴルフ場からも、ワンホールだけだが海がみえた。おお、海がみえた、とスイングすれば、近くに停まる船だ [続きを読む]
  • 南国フルーツで暑気払い
  • 2017年7月15日我が家は今、南国フルーツがあふれるほど。上品な甘さのマンゴーと、素晴らしい香りのパッションフルーツ。いずれもいただきものだ。マンゴーは毎年、九州の叔母が送ってくれる。今年は小ぶりながらも、たくさん送ってくれた。パッションフルーツは職場の人が新婚旅行で訪れた沖縄土産。休み明け、私の部屋に置いておいてくれたから、部屋が爽やかな芳しさに満ちていた。果物好きだと聞いたので、とはにかんだ笑顔で [続きを読む]