室長 さん プロフィール

  •  
室長さん: ものづくり工房 技術室
ハンドル名室長 さん
ブログタイトルものづくり工房 技術室
ブログURLhttp://gijyutusitu.net/monodukuri/
サイト紹介文中学校の技術科教員を2014年に退職して工房を作りました。その工房での活動内容です。
自由文木工、電気、機械、野菜づくり、革加工などいろいろ事に取組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/05/20 22:14

室長 さんのブログ記事

  • ほぞ加工
  •  踏み台製作に行橋市内の方が来ました。段差のある踏み台を3つ作るとのことで、ほぞ穴加工をするということで、近所の木工職人さんの「酔工房」に行って、角のみ盤作業をさせてもらいました。1時間の作業の間にいろいろな木工談義をさせてもらいました。午後からは工房でノミを使ってほぞ穴の仕上げ加工をして今日は終了でした。  午後から電車模型を製作している小学生がきて、日豊線を走行していた「特急にちりん」をつくり [続きを読む]
  • こどもFUKUOKA未来博2018
  •  福岡青年会議所主催の夏休みイベント「こどもFUKUOKA未来博2018」の開催が決まったようです。 8月11日(土)・12日(日)の二日間、福岡市の福岡国際センターで実施されます。大相撲九州場所が行われる会場です。ものづくり工房は、ポンポン船ワークショップで参加します。真夏の二日間身体が持つでしょうか? ミニ四駆大会も当日実施予定で、ものづくり工房の150mコースが会場で使われるようになります。 [続きを読む]
  • ヒノキのお盆づくり
  •  木工旋盤教室。ヒノキ材で30cmのお盆づくり。ヒノキの良い香りと木肌がお盆をひきたてます。遠賀町の女性が2時間で作り上げました。  工房を開けているといろいろな方が来ます。80歳で木工にチャレンジしようという女性、教え子で木工作業を仕事にしていた若者、額縁をつくりたいという男性。そんな方が利用しやすいスペースであるように頑張ります。 [続きを読む]
  • パンチカード
  •  技術科の授業は6月末からプログラムの学習に入ってきています。データーをどう処理してきたかをコンピュータや機織り機、オルゴールなどに使われてきたパンチカードで教えている。IBMの創始者が機織り機や車掌の切符切りの穴開けからヒントを得たデータ処理の方法が当時のアメリカの国勢調査に採用されて、当時のビックデータの処理に使われたパンチカード。そこにはコンピュータ以前のデーターをどう残し、同じパターンのデー [続きを読む]
  • obniz
  •  javaScriptでIoTを簡単に制御できるobnizを使っていろいろと試しています。ブロックプログラムも出来るようになり、このボードはI0Tの導入には最適と感じます。中学生にもScratchよりもjavaScriptを教えて欲しいという生徒もでてきました。Micro:bitを使えばjavaScriptをScratch3が、この夏には使えるようになるようです。ただ、Micro:bitは単体ではwifiが使えないという欠点があり、IoTコントールボードとしてはいまいちかと思 [続きを読む]
  • クリップモーター
  •  電気の利用方法のひとつとして動力を教えます。クリップと100均のネオジウム磁石、ブレッドボードでひとりひとつ製作します。授業でつくるといろいろな工夫がみられます。単純なものなのですが、中学生でもはまってしまいます。明日の2クラスはどうなるか楽しみです。  プログラムを授業に取り入れるのでと図書司書の方に相談すると、生徒用に数種類の本を置いてくれることになりました。ただいま選定中です。  夏 [続きを読む]
  • 糸鋸盤での加工
  •  午前中に行橋市内の小学生が来て、鉄道模型の製作をしました。糸鋸盤を使って車体をくりぬき、窓などを作りました。午後からはソフトボールの練習とのことで、また来週に来ますとのことでした。午後からは革教室と行橋市内の女性が、知人の会社起業のお祝いに看板を製作にきました。糸鋸盤で3Dの看板をつくることになり、今日は文字切り抜きのれんしゅうをしました。後日、本番の作業です。 [続きを読む]
  • 野菜の定植
  •  42名の中学2年生が野菜栽培にいどんでいます。それぞれが育てたい野菜の栽培方法を調べてセルトレイでの育苗をして、今日の作業で20リットルプランターへの定植をおこないました。水やり当番を決めて育てていきます。栽培記録を写真で残していきます。ペットボトル栽培の稲も屋外に移動しました。 [続きを読む]
  • キッチンラックの製作
  •  小倉の方から依頼されていたキッチンラックがようやく出来上がりました。フローリング材、スギの角材、樫材などを使って製作しました。作り始めると面白くなって没頭してしまいます。次の依頼品に今週からかかります。ものづくりはやはり楽しいものです。 [続きを読む]
  • 革の加工
  •  昨日9日(土)の革教室では、古くて色あせた革やシミがついた革などを染色して再利用して加工するなどに挑んでいました。革の染色時間も手間も掛かる作業ですが、自分の希望する色合いに染める楽しみがあります。その革にカービングして財布やバックなどを地道につくっています。月数回ですが、皆さん技を自分のものにしていってオリジナルの作品をつくりあげてきています。どうぞ初心者の方も見学に一度来てみてください。次回 [続きを読む]
  • 神棚の棚製作
  •  神棚を収納する棚を製作に行橋市内の方がきました。自宅の鴨居のスペースに設置するために設計図を書いて材料を持ち込んで製作しました。テーブルソーは初めてということでしたが、練習をして材料のカットを含めて3時間程で出来上がりました。 [続きを読む]
  • ニンニクの収穫
  •  学校の技術科の畑にそばの花が満開です。藍も育ってきました。 工房の畑のニンニクを堀起こしました。とりたての生ニンニクのホイル焼きで食べました。残りは根っこを切り落として天日干しにし、炊飯器で黒ニンニクをつくります。 [続きを読む]
  • ツーバイ材でものづくり
  •   「材料と加工に関する技術」の中学1年生の学習。それぞれが製作したいものの設計図を5月、6月の2ヶ月をかけてつくります。材料はワンバイ材と角材、ベニア板を使います。それぞれの実売価格を提示して、2,000円以内でつくりあげるようにしています。中学生のものづくりでは材料費、強さ、デザイン、製作技術などを考えてほしいものです。(角材は、中学校に余っていた角材を使うので0円です。) 特に材料費を考慮してい [続きを読む]
  • 鉄道模型製作
  •  鉄道模型を製作に行橋市内の5年生が作業に来ました。今までペーパークラフトで電車を製作していたそうですが、5年生になって木材で製作したいと工房に来て、設計図を書くことから始めました。30台ほどのペーパークラフトの作品を今まで作ってきたので、電車については頭の中でイメージ出来ています。プラレレールやHOゲージなどの動く鉄道模型よりも車体を写真に撮ったり製作することが好きだそうで、3時間集中して作業に取り組 [続きを読む]
  • タイヤ交換
  • 小学四年生とお父さんがscrachにチャレンジしてみたいと工房に来ました。塾でもプログラムを学習するようになってきたそうです。2年後の小学校への導入に向けて様々な動きが学校外でも見受けられます。小学生に変数を教えることは難しいと感じています。あまり焦らせることはないと思っています。scrachをしている合間に私の軽トラのスタットレスタイヤをノーマルタイヤにお父さんに交換してもらいました。彼はバイク屋さんです [続きを読む]
  • 野菜の種まき
  •  「生物育成に関する技術」の授業。中学2年生ではスプラウト栽培をして試食。この体験を生かして野菜の種まきから育苗をします。種まき培養土をセルトレイに入れ、各自が栽培方法を調べた野菜の種子を播きました。プランターへの移植へとつなげていきます。 [続きを読む]
  • 座卓製作
  •  依頼品の製作がようやくできました。座卓を集成材で安く作ってということで厚さ30ミリのパイン集成材で製作しました。吸い付き桟に挑んでみたかったのですが、集成材でもあり、今回はビスケットジョイントで留めてみました。それだけでは弱かったので結局、だぼも使いました。畳部屋のパソコン台としては使えそうです。クリアニスを二回塗って仕上げます。6月はイベントやワークショップを入れずに依頼品づくりにつとめる予定 [続きを読む]
  • ケヤキのお椀づくり
  •  木工旋盤でお椀づくり。ケヤキを材料に2時間で完成です。月1回作業に来て木の食器づくりをしている遠賀町の女性がつくりました。ケヤキは堅い材料で、製作には時間が掛かりますが、木目や木肌がお椀にすると生きてきます。  午後から革教室。それぞれの製作品に取り組んでいます。13時から16時までおこなっています。 [続きを読む]
  • 機織り教室
  •  工房にて機織り教室。小倉から2名の方が来て10時から15時まで機織りをしました。講師の方が機織り機を一台もってきて取り組んだようです。一人の方は、古布を使って日傘を作っている方で機織りでいろいろなものを作ることにも挑んでいきたいとのことです。  私は、地域の少年指導員の方々と小倉少年鑑別所へ視察にいってきました。所内を案内してもらいながら、いろいろな話を聞かせてもらいました。 [続きを読む]
  • スプラウト栽培
  •  藍、そば、綿の栽培。順調に育っています。綿は発芽温度が高いのでまだ発芽してないものもあり、発芽適温の学習にもなります。スプラウト栽培はブロッコリ、貝割れ、ルッコラ、豆苗などで1回目の栽培ができました。授業時間に生で食べてみました。日光に当てないで育てたものは苦みが強いことがわかり、2回目の栽培に挑みます。 [続きを読む]
  • ペットボトルでの稲栽培
  •  中学2年生で取り組んでいる種籾から芽がでてきました。セルトレイに移して管理します。ペットボトルでの栽培にむけて順調です。設計図の授業ではIpadをAirplayで使ってTinkercadを使っています。ブラウザソフトなので生徒もIpadでTinkercadを使っています。  入退場門の製作、ほぼ出来上がりました。固定用の金具を取り付け、仕上げの塗装をして完成です。時間がないときには、なぜか他の仕事が入ってきてしまいます。 [続きを読む]
  • 脚立式の門
  •  雨が降るので3m50cmの入場門の製作は出来ないので、工房内で1m80cmの退場門の製作をしました。脚立式に立てかけてペグか杭で止めます。今までは四角の門を穴を掘って埋めて固定していましたが、簡単に設置できるものということで脚立式にしました。スギ材を自動かんな盤をかけて、135度にカットして固定するための脚をつくります。ボルトを埋め込んで開閉式にして完成です。紅白あわせて4台、入場門左右で2台、 [続きを読む]
  • 入退場門製作
  •  革教室では、それぞれの製作課題品をマイペースで製作しています。今日は6名の方が参加して午後13時〜16時まで和やかに取り組んでいました。次回は5月26日(土)13時からです。初めての方もどうぞ見学に来てみてください。  中学校の体育大会で使用する入場門と退場門を依頼されて、今日と明日で製作します。高さ3m50cmの入場門ですが、持ち運びしやすいように脚立方式で製作します。  入院や年度当初の学 [続きを読む]